*

京都記念2019の予想を公開!

公開日: : 最終更新日:2019/02/11 重賞レース考察・予想

京都記念2019(京都芝2200m)の予想です。

2月10日に京都競馬場で開催され発走時刻は15:35です。出走馬はステイフーリッシュ、パフォーマプロミス、マカヒキ、ノーブルマーズなど。京都競馬場の芝2200mで行われるGIIIです。

 

共同通信杯の予想はどれくらい雪が降るかを見てから正式予想を決定したいので、明日の朝ぐらいに配信する予定でおります。

 

PR)有益な情報を取り入れたい方必見!!

会員様の満足度「信頼」「実績」「結果」
シンジケートは日々、積み重ねてます。

一番重要な「収支」を格段に飛躍させる為にもっとも必要とされる情報源、
強豪他社と比較しても群を貫く情報量の厚みを実現させてます。

★高配当的中実績★
■1月27日日(日)[中京11R]3連単236,240円獲得!
■1月26日日(土)[中京11R]3連単793,120円獲得!
■1月20日日(日)[京都11R]3連単232,840円獲得!
■1月19日日(土)[中京11R]3連単2,127,600円獲得!

たった数分で稼げる効率の良いバイトです。

そして、見て下さい!この充実したラインナップを!


この情報全て無料なんです。本当に無料です。
推奨している馬もしっかりと馬券に絡むので要注目ですよ。

京都記念週はシンジケートのコンテンツに期待できそうですね!

⇒高配当を狙いにいくならココ!

メールアドレスを登録後、確認メールからログインして下さい。

 

京都記念 2019予想

先出しで本命馬を公開(せっかちな方はこちらから)

下記のバナーのクリック先で馬名は公開しておりますので、どうぞ応援クリックよろしくお願いします。


中央競馬ランキングの説明文欄で馬名公開中

 

京都記念の週中分析記事はこちらから

 

予想の根拠

近年は道悪馬場もあってタフなレースになることが多い京都記念。今年は例年以上のタフ馬場になったこともあり、良馬場に回復したとしてもまず間違いなくタフなレースになりそう。

土曜日の京都芝のレースを見ても、大前提として今のタフ馬場を乗り切れる馬かどうかというのは重要ではあるが、ある一定以上の適性と能力さえあればあとは騎手の仕掛けどころと走るルートが非常に重要という感じの馬場状態。

イメージとしてはとにかく道中で脚を使わずにじっとしていた馬の方が有利という感じで、動くのであれば馬のリズムを崩さずに一気に動かないと最後は止まってしまう。小回りダート1700mのような騎手の仕掛け勝負になりやすい馬場と言っていい。

 

今年の京都記念はそんな異端なタフ馬場で行われるわけだが、逃げ馬不在でまずスローペースになりそうな感じ。おそらくはダンビュライトが逃げてそれをステイフーリッシュが2番手かたマークするような形で、切れ味勝負に持ち込みたくないこの2頭がスロー寄りの流れから早めにスパートをするような展開になりそう。スローペースと言っても今の馬場ではただの前残りのレースになる可能性は低く、前述の通りで勝負所を間違えずにじっくり構えるなり動くなら動くなりで馬のリズムを崩さずに競馬ができる陣営が上位に来ると見ている。

絶対的に抜けた存在の馬もいませんし、こういう馬場の時に滅法強い馬場や展開が読める外国人騎手もいないというこのレース。多分に運の要素(レース中に騎手がどう動くかという意味)に左右されるような感じが否めず、狙うと決めた馬から広めに流した方が良いと思います。

というわけで予想の発表。

 

京都記念  2019の印

本命 ◎ノーブルマーズ

本命は能力上位で馬場や展開もベストでハマりそうなこの馬が軸としてふさわしいと見る。

一瞬でキレる脚はないが持続力に優れたタイプ。高速馬場もこなすがタフな馬場でも問題ないのは前走や昨夏の大舞台での実績を見ればわかるところで、能力的にも今回のメンバーでは最上位級と言っていい。

過去の戦績を見ても芝2200mではほぼパーフェクトな戦績を誇っていますし、過去2回重賞で馬券に絡んだのはどちらも非根幹重賞。これぐらいの中途半端なレース条件でこそというタイプの馬で、今回は相手が強くないにも関わらず人気がなさすぎる感じが否めない。京都記念で近年活躍が目立つロベルトの血も母父に持っており、血統も好走を後押しする。

おそらく松若騎手のダンビュライトが逃げそうで、ステイフーリッシュが京都記念のイメージからそれを追いかけるような2番手を取る展開が濃厚。その他の馬は後ろで構えてどこかで動くような競馬になりそうだが、これだけ先行馬がいないレースとなると前半部分はスロー濃厚。今のタフ馬場だと後ろから進める馬は仕掛けどころが非常に重要になりそうで、後ろからでも差し込めるがそれは騎手の勘やギャンブルの要素が非常に大きくなりそう。

その点でこの馬は枠順や展開を考えてもスッとインの3番手ぐらいのポジションが取れそうで、勝負所までじっと動かずにロスのない競馬ができそう。今のタフ馬場では前半部分に脚を使わないというのは非常に重要なポイントと言えそうで、実際にこの馬は過去2回の重賞好走時も内枠でじっとして脚を溜める競馬での激走。内枠巧者とも言っていいだろう。実際に前走後の騎手コメントは「内枠が欲しかったですね。テンに行けず、差す競馬に…。途中でハミをかんだぶん、最後で甘くなってしまいました」というものだった。

今回はその絶好枠が引けた上で厩舎コメントを見ても「せかさずに自分のリズムを守って走れれば、確実に脚を使ってくれるんだ。」というもので好位で脚を溜める競馬を選びそう。ダンビュライトやステイフーリッシュは早めスパートで最後まで持つかが微妙ですし、後ろから行く馬は押し上げる際のエネルギーロスが発生しそうな感じ。その中でこの馬だけは好位インで脚を溜めつつ直線で外に出してチョイ差しができそうなイメージですし、ギャンブル要素の強いレースの中で最も好走要素が高くオッズ的にも魅力的な馬と見ます。

(土曜メインのこの騎手の騎乗を見てしまうとあれをまたやられては・・・という気持ちにもなりますが、こちらの馬はだいぶレースセンスがあるので同じようなことにはならないと期待します)

 

対抗 ◯タイムフライヤー

対抗は血統や適性的にはいかにもハマりそうなタイムフライヤーにします。

2歳時は京都2歳ステークスやホープフルステークスで活躍。3歳以降の活躍を見るとちょっと成長力に疑いをかけたくはなるが、ハイレベルなメンバーが揃っていた菊花賞のあわやという内容を見ても弱い馬には思えず、好走レンジが狭いだけで条件揃えばやれていい馬と見て良さそう。

その好走条件の一つとして平坦コースというのがありそうで、トモの弱いハーツクライ産駒だけに京都コースの方がよく走る可能性はあり。その上で血統的にかなり重い配合なのである程度上がりのかかる馬場、条件でないとキレ負けしそうな感じ。菊花賞で好走できたのも京都コースの長丁場だったということが大きかった感じがします。

今回は調教内容を見ても本調子に戻ってきている感じがしますし、血統的にも母父ブライアンズタイムで今のタフ馬場、近年のこのレースの血統傾向にはベストにマッチしそうな感じ。ただ、陣営コメントを見ていると今回は前半部分でポジションを取りに行きそうで、乗り方次第ではスタミナを消費してしまう感じになっても。前走の中山金杯でも早めに動いて止まりましたし、今のタフな京都では和田騎手が変に動くと最後は止まってしまうかも。そして戦績の割に人気しすぎな印象もあるので対抗評価にとどめた。

 

単穴 ▲パフォーマプロミス

三番手は状態面さえ問題なければパフォーマプロミスが有力。

父ステイゴールドで母父タニノギムレットといかにも今の京都のタフ馬場に合いそうな配合の馬。日経新春杯やアルゼンチン共和国杯のように前半でしっかり脚を溜めての決め手勝負が向きそうな馬で、それでいて高速馬場よりは今のようなタフ馬場の方が向くタイプ。

昨年はGIレースで力負けのような形になっているが、宝塚記念は戸崎、有馬記念はCデムーロが位置を取れずに大外をぶん回す酷い騎乗だった印象。アルゼンチン共和国杯の内容などを見てもGIIレベルでは上位だと思いますし、適性条件に変わって急かさずに乗りそうな福永騎手ならば好走してくる可能性は高いと見る。

明け7歳でそこまで上積みはなさそうで、それでいて藤原厩舎は有馬記念にメイチで作っていただろうことを考えるとこれ以上の評価はできなかった。

 

特注 ☆ステイフーリッシュ

強力3歳世代の中でも条件さえ選べば最上位級に見えるステイフーリッシュも当然評価する。

この馬の今までの最高のパフォーマンスは今回と同じ条件の京都新聞杯。ハイペースを先行してそのまま押し切った内容は非常に評価できるもので、決め手問われずの持続力勝負ならばこの世代でも最上位級。

神戸新聞杯や菊花賞はスローペースに泣いた格好だが、チャレンジカップと中山金杯は展開や枠順向かない中でも地力を見せての好結果。今回は重賞勝ち実績ある京都芝2200mでメンバーレベルもかなり低いとなれば上位争い濃厚か。父ステイゴールドで母母父がロベルトという血統配合も今のタフ馬場には味方しそうだ。

若干のマイナス要素としては強引に動く競馬になる可能性がある事。前述の通りで今の京都のタフ馬場は変に途中で動くと脚が止まる可能性あり、極端なタフ馬場の経験がないこの馬はいかに前半部分でスムーズな競馬ができるかがポイントになりそうだ。

 

△ ブラックバゴ

穴っぽいところではブラックバゴが面白そう。

前半部分で脚を溜めれば最後は自分の脚を使ってくれるタイプ。一昨年のアンドロメダステークスの内容を見てもタフ馬場は問題ないはずで、今回は馬場自体は向きそうな感じ。あとは前半スローペースになりそうな展開でじっくりと脚を溜められるかが鍵になりそうで、こういうタイプの馬はもう腹をくくって直線勝負に賭けた方が良さそうだが。

 

△ ダンビュライト

脚質的に一か八かにはなりそうだがダンビュライトも侮れない。

とにかくジワジワしか伸びない馬で近走は位置が取れずに脚を余す競馬続き。今回はコメントを見ても松若騎手を乗せてきたのを見ても積極策に出る可能性が高そうで、おそらくは他馬との兼ね合いから逃げる競馬になるはず。今の京都の馬場で逃げの手がプラスに出るかは微妙なところだが、前半部分はスローペースで逃げられるはずで上手くハマれば残り目あっていいと見る。

 

△ マカヒキ

ダービー馬のマカヒキは今回はあんまり買いたくはない。

明らかに3歳秋の凱旋門賞遠征で馬がおかしくなった感じで、それに加えてディープインパクト産駒の古馬になってからの成長力不足ですでにダービー馬という称号は忘れて考えた方がいい感じ。昨年は札幌記念で一時の復活を見たが、完全に展開に恵まれたものでしたし、有馬記念の内容などを見ても今はGIIレベルでも断然上位という存在でもないだろう。

札幌記念でタフ馬場を走っているとは言えこの血統で本質的にタフ馬場が得意とは思えず、それに加えて今回は状態面に疑問。終始馬なり調教の上に最終追い切りがポリトラックというのがどうしても解せず、それでいてこの人気となれば軽視が妥当か。

 

△ カフジプリンス

常識的に厳しいと感じつつもノーザンファーム外厩の勢いを考えるとカフジプリンスの激走があっても驚けない。

とにかくズブくてエンジンがかかるのが遅いタイプ。それでも最強世代の中で伏兵として君臨していた馬で、今のタフな馬場は絶好と言って良さそう。1年半の休み明けになりますが、調教はビシビシ動いていますしノーザンファームしがらきで仕上がっているのであればここで大穴を開ける可能性もありと見た。

 

△ ケントオー

最後の抑えにケントオーまで。日経新春杯では展開や馬場が向いたとは言え少差の内容。昨年はクリンチャー、アルアイン、レイデオロ、モズカッチャンという強敵相手に5着に走れているのを見てもこの舞台への適性は高そうで、キャリア終盤で最後の一撃があるとすればここか。

 

 

印まとめ

◎ノーブルマーズ
◯タイムフライヤー
▲パフォーマプロミス
☆ステイフーリッシュ
△ブラックバゴ
△ダンビュライト
△マカヒキ
△カフジプリンス
△ケントオー

勝負度 D

 

推奨馬券

重賞の買い目および重賞以外の平場の予想はメルマガ限定での公開となっておりますので、そちらもご覧になりたい方はぜひともメルマガを購読してみてください。

今週末は京都記念はターゲットレースに指定していますのでブログにて印まで全て公開する予定ですが、それ以外のクイーンカップと共同通信杯は予想全文及び印はメルマガ限定での公開となります。

また上記に記載したような平場レースの予想もメルマガ限定での配信となりますので、ぜひこの機会に当メルマガをご購読いただければ幸いです(^^)

※地方競馬や海外競馬の予想も基本的にはメルマガ限定での配信となります。

 

当メルマガ「競馬をビジネスにする」では、、、

初月無料キャンペーンを実施しております!

まずはお気軽にご登録頂き、競馬予想の真髄はどういったものかを見ていただければ幸いです。

当サイトをご愛顧頂いている方、データベースを見たい方、競馬力を身につけたい方、とにかく馬券を当てたい方、皆様に満足いただけるようなコンテンツとなっておりますので、ぜひともご購読頂けますと幸いです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」のご紹介

さて、2019年も2月になりました。

月初になったということで徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」の新規読者募集をさせていただきます。

 

今までサイト「競馬はビジネスである」を通して、私自身、競馬ブログサイトの中でも最上級に時間をかけた分析の上、説得力のある予想をお伝えしてまいりました。外れても納得できるだけの自慢の予想をお送りできていたかと思います。

その予想・考察に結び付くまでにどのようなデータを作成しているのか?どのようなプロセスを踏んでいるのか?そういったところまでをメルマガ「競馬をビジネスにする」では全て隠すことなくお伝えいたします。

正直な話、私は尋常ではない時間をかけて競馬のデータと考察を行っています。それを必要とされる方がいるのであれば還元できれば。そして勝ち組になっていただければ、というのがこのメルマガの趣旨でございます。

 

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

 

当メルマガはクオリティでどの雑誌やメルマガにも劣っていないと思っております

正直、過大広告や一度の的中を誇張するメルマガなどが多く蔓延っているのが実情。その中で当メルマガは「クオリティだけに特化して」配信しています。もしかすると2、3週連続で不調で当たらないかもしれません。ですが、その間に配信している内容にクオリティの低いものは一切ないと断言できます。

 

おかげさまで発行4年になる当メルマガですが、メルマガ発行業界大手のレジまぐ様の売上ランキングで1位になるまでになりました。

購読者数ランキングに関してもPC版とモバイル版の2つに分かれていながら、どちらも2位と3位という圧倒的な支持を頂いています。

この順位までこれたのも「圧倒的に継続読者数が多い」ということが理由です。小手先の一度の的中などに満足せず、必然的に的中するための分析と回顧の積み重ねでクオリティを維持しているおかげと思っております。

もちろんこれだけでは満足せず、、、

圧倒的なクオリティ業界一を目指します!!!

 

さて、ここでメルマガの各曜日ごとの配信詳細を紹介しましょう。

 

【火曜日】先週の重賞回顧

火曜日に先週の重賞回顧を配信します。後ほど下記に詳細を書いておりますが、金曜日に配信する重賞まとめデータに結果を書き入れた形のPDFファイルとしても配信します。

 

【水曜日】地方競馬の重賞予想

地方交流重賞並びに南関競馬の重賞をメルマガ限定コンテンツとして配信しております。だいたい地方競馬の重賞は水曜日に行われるので、水曜日にメルマガにて予想を配信しております。

※以前は地方交流GI並びに南関のSIレースに関してはブログで全体公開としていましたが、今後はメルマガ限定のコンテンツとなります。

 

【木曜日】中央競馬の全レース回顧

木曜日には前週に行われた中央競馬の全レース分の回顧文&データを配布します。

 

各競馬場ごとに前週に行われた全てのレースの詳細と勝ち馬の評価、そしてそのレースで不利を受けた馬や次走注目するべき馬、危険な人気馬などを全て網羅して配信しております。

そんな、文章でのボリューム満載なレース回顧に加えて、、、

スクリーンショット 2015-12-31 15.45.42

スクリーンショット 2015-12-31 15.46.00

エクセルファイルにて競馬場ごとに新馬戦から上級戦まで、全てのレースの結果情報、レース回顧コメント、先週の結果分析のタイムランク情報などを載せたデータファイルを毎週配信しています!

正直言って回顧をやっているブログ、メルマガはあれど、中央競馬の全レースの回顧をまとめて配信している媒体はウチだけだと思います。

これを見れば縦比較で走破時計やレースラップがどれくらい優秀なのか把握できますし、予想の際にこれを見ればどの馬が強いレースを戦ってきたのかが一目瞭然です。

ただ、この文章だけではなかなかどういうものか伝わりにくいと思うので、2016年の函館競馬場の全レース分析データを下記リンクで無料でダウンロードできるようにしておきました。こちらを見てどんなものか確認頂ければ幸いです。

 

【金曜日】重賞まとめデータ配布
金曜日は重賞のまとめデータを配布します。この時点で重賞のプレ予想を配信いたします。

arg1

arg2

このような形で週末の重賞の出走馬の全頭レビューを印付きでPDFファイルにて配信いたします。

 

【土曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【日曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【不定期】海外競馬のレース予想の配信

最近では海外競馬の馬券もPATで購入できるようになりました。海外競馬のレース予想に関してもメルマガにて配信します。こちらは実施が不定期なので配信日はその時々になりますが、メルマガをご購読いただければ海外競馬まであなたの競馬ライフをカバーいたします。

 

これだけのボリュームあるコンテンツを毎日更新予定!!

サイト記事だけではわからない予想する際に使うデータベースや、結論を導くまでのメソッドをメルマガを通して余すことなくお伝えできればと思っております。

今までなんとなく馬券を買ってきたという方は、ぜひ本当の競馬力を身につけていただくためにも読んでいただければ幸いです。競馬予想の真髄をお見せいたします。

 

なお、現在、徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」では、

初月無料キャンペーンを実施しております!

当サイトをご愛顧頂いている方、データベースを見たい方、競馬力を身につけたい方、とにかく馬券を当てたい方、皆様に満足いただけるようなコンテンツとなっておりますので、ぜひともご購読頂けますと幸いです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

購入する!

 

 

関連記事

福島記念 [2] 実は疑似的な菊花賞

ちょっと近々ボリビアに行こうと思ってます。いや、ちゃんとこのサイトの更新もしますし、お仕事もしながら

記事を読む

ファルコンS [2] ミスプロ系を狙い撃つ

全レース分析しているものとして3場開催は言ってみれば「敵」のようなもんなんですがw、それに加えて4重

記事を読む

【2016】ファルコンS / 有力馬考察(シュウジ、トウショウドラフタなどの徹底分析)

今日は3/19(土)に行われるファルコンステークスのレース考察を行います。中京芝1400mで行われる

記事を読む

【キーンランドC2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

キーンランド2017(札幌芝1200m)の考察です。 8月20日に札幌競馬場で開催され発走時刻

記事を読む

きさらぎ賞 [3] 穴は逃げ馬で決まり

ステイゴールド急死というニュースが飛び込んできてびっくりです。オルフェーヴル、ゴールドシップに続いて

記事を読む

【2016】ローズS / レース考察(阪神芝1800mで行われるGII戦を徹底考察します)

今日は9/18(日)に行われるローズステークスのレース考察を行います。阪神芝1800mで行われるGI

記事を読む

【阪神牝馬ステークス2018の予想ヒント】レースラップや馬場、展開などを分析考察します

阪神牝馬ステークス2018(阪神芝1600m)の考察です。 4月7日に阪神競馬場で開催され発走

記事を読む

【2016】ユニコーンS/ レース考察(東京ダート1600mで行われるGIII戦を徹底考察します)

今日は6/19(日)に行われるユニコーンステークスのレース考察を行います。東京ダート1600mで行わ

記事を読む

【2016】京王杯2歳S/ レース考察(東京芝1400mで行われるGII戦を徹底考察します)

今日は11/5(土)に行われる京王杯2歳ステークスのレース考察を行います。東京芝1400mで行われる

記事を読む

CBC賞 [3] 傾向通りの外枠有利か?それとも?

何度見ても今朝の日本×イングランドの同点に追いつかれたPKのシーンは誤審。なんであれで日本人は騒がな

記事を読む

安達太良ステークスの予想を公開!

安達太良ステークス2019(福島ダート1700m)の予想です。

今週末は選挙もあるよ!・・・週末の注目馬などもご紹介

金曜時点で週末の重賞のネタが尽きかけたので、もろもろの雑記を書きつつ週

【中京記念2019の予想ヒント】ローテーションや馬場、展開などを分析考察します

中京記念2019(中京芝1600m)の考察です。 7月21日に中

【函館2歳ステークス2019の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

函館2歳ステークス2019(函館芝1200m)の考察です。 7月

【中京記念2019の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

中京記念2019(中京芝1600m)の考察です。 7月21日に中

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑