*

金鯱賞2023の予想を公開!

公開日: : 最終更新日:2023/03/16 重賞レース考察・予想

金鯱賞2023(中京芝2000m)の予想です。

3月12日に中京競馬場で開催され発走時刻は15:25です。出走馬はプログノーシス、ディープモンスター、マリアエレーナ、フェーングロッテンなど。中京競馬場の芝2000mで行われるGIIです。

 

[PR] 金鯱賞2023攻略法

逃げ宣言はどの陣営?

去年の金鯱賞は完璧的中!
ここ見ておくのが的中への近道!

───────────────

<まず金鯱賞データをご紹介>

春の中京で行われた過去6年<7.8.8.6.10.1番人気>の逃げ馬が<2.2.10.3.1.1着>。昨年は人気のジャックドールが勝ちましたが、一昨年は単勝万馬券で最低人気だったギベオンが10番人気での優勝と人気に関係なく逃げ馬に向いたレースとなっています。今年の逃げ候補はフェーングロッテンヤマニンサルバム。
逃げ宣言
をする陣営コメントにも注意が必要です。

───────────────

そして最後逃げ馬入れてくるか
ここの買い目に注目です!!


金鯱賞2022
3連複6点900円
→31860円


阪神大賞典2022 3連複10点500円
→8400円

先週弥生賞無料公開的中

潮来特別、京都記念、
雲雀S、きさらぎ賞など

選ぶ無料公開レースが的中率OK!!

───────────────

LINE追加し最後馬券前に見てください。

金鯱賞2023予想
逃げ想定3,5人気をどこに配置するか要注目な予想です!

 

金鯱賞 2023 予想

先出し本命候補(せっかちな方はこちらから)

下記のバナーのクリック先で馬名は公開しておりますので、どうぞ応援クリックよろしくお願いします。


最強競馬ブログランキングへ

 

金鯱賞のレース概要

施行時期がコロコロと変わっていた重賞でしたが、近年は大阪杯の前哨戦としてこの時期で安定。大阪杯と同じ坂コースの2000mで別定GIIということもあって有力馬の始動戦に選ばれることも多く、近年はまずまずのレースレベルになってきています。

GIでも勝ち負けになるような馬も出走してくるので人気馬は堅実駆けの傾向。とはいえ、一昨年のギベオンのような大穴の激走も見られるレースで、だいたい穴が開くとすれば先行しての前残り。開幕週の馬場での前残りには警戒したいレースです。

 

データ的な見地からの考察


※過去5年の金鯱賞の前走クラス別成績

この時期に移設してきてからの金鯱賞は特にデータ傾向がはっきり出ているレースではないですが、脚質に関しては傾向がはっきりしています。

こうして見ても逃げ馬の成績が非常に優秀で、過去5年で馬券圏外になったのは一度のみ。開幕週で逃げた馬が圧倒的に有利なレースと言っていいでしょう。

 

ラップ的な見地からの考察

中京芝2000mは坂の途中からスタートですぐに1コーナーに入るのでスローペースは確定的な舞台。過去5年を見ても前半1000mの方がかなり緩むラップ構成になっていますし、こういうラップになることからも前有利のレースというのは間違いないでしょう。

中京芝2000mは向こう正面から下り坂になるので前半はスローペースになってもロングスパート勝負になって長く良い脚が求められる舞台。これが開催後半の馬場だと差しがズバッと決まるんですが、開幕週に行われるので前の馬が止まりません。前目につけて長く良い脚を使える馬が圧倒的に有利なレースと言えるでしょう。

 

血統的な見地からの考察

左回りで直線が長い根幹距離コースということで王道血統の成績が優秀。ディープインパクト系、キングカメハメハ系、ハーツクライ系の血を持っている馬がほとんどですし、その中でもディープインパクト系の成績が非常に優秀です。

ただ、王道血統を持っていればいいだけではなさそうで、このレースは王道血統+高速馬場に対応できるスピード持続力血統を持っていることが重要。端  2aa的に言ってしまえばロベルトとヴァイスリージェントの2血統の成績が非常に優秀で、王道血統+ロベルトorヴァイスリージェント持ちの馬を買えばいいレースだと思います。

 

レベルや馬場、展開などを踏まえて今年はどんなレースになりそうか?

今週が中京競馬場は開幕週。JRA発表の馬場写真を見てもコンディションは良好に見えますし、開幕週の馬場らしく前有利の高速決着になりそうです。

ここの結果次第では大阪杯でも主役候補になりそうなプログノーシスやディープモンスターなど、5歳の上がり馬が中心のメンバー構成。これら5歳馬の能力が上位なのか、それともフェーングロッテンやマリアエレーナなど前に行ける馬が展開利を活かすのか、そのあたりの思考バランスが重要になりそうです。

 

考察まとめ

【レース質】開幕週の馬場での先行力とロンスパ性能が問われる。<■□□■>

【波乱度】人気馬は堅実傾向で波乱は常に先行馬から

【ラップ特徴】前半スローは確定的で後半ロンスパ勝負になる。

【血統特徴】王道血統(特にディープ系)+ロベルトorヴァイスRが有利。

【狙えるタイプ】前に行ける馬(特に逃げ馬の成績が優秀)。

【狙えるタイプ】高速決着に対応できる馬。

 




 

金鯱賞 2023の印

◎マリアエレーナ

昨夏あたりから本格化した感じで、その後のレース内容を見てもこの馬のベスト条件は高速馬場の芝2000mでのスピード持続力勝負。マーメイドSではイン先行有利馬場で1頭だけ外枠から外を回しながら強い競馬でしたし、小倉記念は内枠からスムーズな競馬ができたとはいえその後に重賞を勝つヒンドゥタイムズとジェラルディーナを子供扱いしましたし、高速馬場の持続力勝負ならこの馬はGIでも通用する素材じゃないでしょうか。

その後の2戦は天皇賞(秋)は大きな不利を受けた上に東京コースの瞬発戦が合わず。前走は苦手なタフ馬場で持ち味のスピードの持続力を活かせずで敗因は明白。今回は開幕週の高速馬場の芝2000mという最高の条件が揃いましたし、枠もベストで積極的に乗るだろう鞍上との相性も最高。ここはスムーズな競馬ができれば勝ち負けは堅いと思います。

 

【対抗 ◯1 アラタ】

前走の中山金杯は大幅馬体増ながらほぼ差のない競馬。4コーナーで外を回した分を考えれば最も強い競馬をしていたかも。今回は叩いて上積みが見込めそうですし、何より開幕週の馬場で1枠1番で横山典弘騎手というのは怖いところ。高速決着がどうかですが、昨年の金鯱賞も休み明けで位置が取れなかっただけで最後は伸びていますし、スッと位置さえ取れればやれていいと思います。

 

【単穴 ▲10 フェーングロッテン】

それなりに素質はある馬だが、イン伸び馬場で内枠を引いて完璧な競馬ができたり、外伸び馬場で外枠を引いて完璧な競馬ができたりととにかく恵まれるレースが多い。今回も開幕週の高速馬場で同型不在でマイペースの逃げが打てそうですし、また恵まれる可能性が高いか。

 

【特注 ☆12 プログノーシス】

超ハイレベルな毎日杯3着、その後の条件戦での圧巻のパフォーマンスを見ても素質は間違いなく重賞級。まだ重賞を勝っていないのが驚きと言っていい馬で、今後の活躍次第では秋の天皇賞でも主役になれるような馬か。

今回は鞍上強化で前走より頭数が少なくなるのは間違いなくプラス。と言っても川田騎手でも位置が取れるような馬ではないので、開幕週の馬場で後方から外を回してどれだけ差し込んでこれるか。突き抜けるのはなかなか難しいと思いますが2、3着には来そうな感じがします。

 

【消4 ディープモンスター】

ディープインパクト産駒だが全兄ダノンアレーというのを見てもあまりキレないじり脚タイプ。水準レベルの基礎体力はありそうだが、重賞レベルでは末脚の質で劣りそう。前走の小倉日経オープンもハイペースをイン突きで上手くハマった感じがします。

 

【消11 ヤマニンサルバム】

血統イメージ通りにスピード豊富でかなり掛かるところがある馬。本格化したのは2000m路線でじっと溜める競馬が合っていた感じがしますし、近走はほぼすべてのレースで内枠から完璧に溜める競馬ができていた。名古屋日刊スポーツ杯は同週の中日新聞杯とほぼ同じ時計ではあるが、果たして中日新聞杯と同等レベルの走りでここで通用するかは怪しい。それ以前にこの外枠が厳しそうなイメージで、外々を回って脚が溜まらずで惨敗すると思います。

 

印まとめ

◎マリアエレーナ
◯アラタ
▲フェーングロッテン
☆プログノーシス

勝負度 D

 

買い目

金鯱賞の買い目はメルマガ限定での公開となっておりますので、そちらもご覧になりたい方はぜひともメルマガを購読してみてください。

 

「毎週大きな馬券が当たる!」なんていう誇大広告をあげているところのような派手な結果は期待できませんが、そこそこ毎週当たって2、3週に1回ぐらいドッカーンと大きい万馬券がハマるような感覚で競馬を楽しみたいなら、当ブログが発行しているメルマガ「競馬をビジネスにする」がオススメです。

もう発行して6年になりますが、いまだに発行当時からの読者もいるぐらい購読期間が長い方が多いのがウチのメルマガの特徴。一般的に競馬メルマガやオンラインサロンは誇大広告で煽って一時的にお客を集めるところが多いですが、ウチはそういうところではありません。長く読み続けたい方は長く読んでもらって、少しだけかじってノウハウを身につけたら購読をやめるなんて人も全然OK。

こういうメルマガやオンラインサロンの類の中では珍しく(?)地道に真面目にコツコツと運営していますので、あまり気張らずにお試し読みをしていただければと思います。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」のご紹介

さて、2023年も3月になりました。

ここでは徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」の新規読者募集をさせていただきます。

 

今までサイト「競馬はビジネスである」を通して、私自身、競馬ブログサイトの中でも最上級に時間をかけた分析の上、説得力のある予想をお伝えしてまいりました。外れても納得できるだけの自慢の予想をお送りできていたかと思います。

その予想・考察に結び付くまでにどのようなデータを作成しているのか?どのようなプロセスを踏んでいるのか?そういったところまでをメルマガ「競馬をビジネスにする」では全て隠すことなくお伝えいたします。

正直な話、私は尋常ではない時間をかけて競馬のデータと考察を行っています。それを必要とされる方がいるのであれば還元できれば。そして勝ち組になっていただければ、というのがこのメルマガの趣旨でございます。

 

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

 

当メルマガはクオリティでどの雑誌やメルマガにも劣っていないと思っております

正直、過大広告や一度の的中を誇張するメルマガなどが多く蔓延っているのが実情。その中で当メルマガは「クオリティだけに特化して」配信しています。もしかすると2、3週連続で不調で当たらないかもしれません。ですが、その間に配信している内容にクオリティの低いものは一切ないと断言できます。

 

おかげさまで発行4年になる当メルマガですが、メルマガ発行業界大手のレジまぐ様の売上ランキングで1位になるまでになりました。

購読者数ランキングに関してもPC版とモバイル版の2つに分かれていながら、どちらも2位と3位という圧倒的な支持を頂いています。

この順位までこれたのも「圧倒的に継続読者数が多い」ということが理由です。小手先の一度の的中などに満足せず、必然的に的中するための分析と回顧の積み重ねでクオリティを維持しているおかげと思っております。

もちろんこれだけでは満足せず、、、

圧倒的なクオリティ業界一を目指します!!!

 

さて、ここでメルマガの各曜日ごとの配信詳細を紹介しましょう。

 

【月曜日】先週の重賞回顧

月曜日に先週の重賞回顧を配信します。前週に行われた重賞レース出走馬全ての馬に回顧コメントをつけて配信しております。次走注目馬などもご紹介。

 

【水曜日】中央競馬の全レース回顧

水曜日には前週に行われた中央競馬の全レース分の回顧文&データを配布します。

 

各競馬場ごとに前週に行われた全てのレースの詳細と勝ち馬の評価、そしてそのレースで不利を受けた馬や次走注目するべき馬、危険な人気馬などを全て網羅して配信しております。

そんな、文章でのボリューム満載なレース回顧に加えて、、、

スクリーンショット 2015-12-31 15.45.42

スクリーンショット 2015-12-31 15.46.00

エクセルファイルにて競馬場ごとに新馬戦から上級戦まで、全てのレースの結果情報、レース回顧コメント、先週の結果分析のタイムランク情報などを載せたデータファイルを毎週配信しています!

正直言って回顧をやっているブログ、メルマガはあれど、中央競馬の全レースの回顧をまとめて配信している媒体はウチだけだと思います。

これを見れば縦比較で走破時計やレースラップがどれくらい優秀なのか把握できますし、予想の際にこれを見ればどの馬が強いレースを戦ってきたのかが一目瞭然です。

ただ、この文章だけではなかなかどういうものか伝わりにくいと思うので、2016年の函館競馬場の全レース分析データを下記リンクで無料でダウンロードできるようにしておきました。こちらを見てどんなものか確認頂ければ幸いです。

 

【金曜日】重賞プレ予想
金曜日は重賞のプレ予想を配信いたします。ここで「競馬開催日の競馬ノート」の週末のパスワードを配布いたします。ここから週末のレース予想が始まっていきます!

 

【土曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【日曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【不定期】地方競馬の重賞予想

地方交流重賞並びに南関競馬の重賞をメルマガ限定コンテンツとして配信しております。

※以前は地方交流GI並びに南関のSIレースに関してはブログで全体公開としていましたが、今後はメルマガ限定のコンテンツとなります。

 

【不定期】海外競馬のレース予想の配信

最近では海外競馬の馬券もPATで購入できるようになりました。海外競馬のレース予想に関してもメルマガにて配信します。こちらは実施が不定期なので配信日はその時々になりますが、メルマガをご購読いただければ海外競馬まであなたの競馬ライフをカバーいたします。

 

これだけのボリュームあるコンテンツを毎日更新予定!!

サイト記事だけではわからない予想する際に使うデータベースや、結論を導くまでのメソッドをメルマガを通して余すことなくお伝えできればと思っております。

今までなんとなく馬券を買ってきたという方は、ぜひ本当の競馬力を身につけていただくためにも読んでいただければ幸いです。競馬予想の真髄をお見せいたします。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

関連記事

マーチステークス2023の予想を公開!

マーチステークス2023(中山ダート1800m)の予想です。 3月26日に中山競馬場で開催され

記事を読む

【東京スポーツ杯2歳ステークス2020の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

東京スポーツ杯2歳ステークス2020(東京芝1800m)の考察です。 11月23日に東京競馬場

記事を読む

府中牝馬ステークス2021の予想を公開!

府中牝馬ステークス2021(東京芝1800m)の予想です。 10月16日に東京競馬場で開催され

記事を読む

【2016】富士Sの予想を公開!

今日は10/22(土)に行われる富士ステークスの予想です。   猛烈に眠いので

記事を読む

ユニコーンステークス2022の予想を公開!

ユニコーンステークス2022(東京ダート1600m)の予想です。 6月19日に東京競馬場で開催

記事を読む

【フラワーカップ2023の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

フラワーカップ2023(中山芝1800m)の考察です。 3月18日に中山競馬場で開催され発走時

記事を読む

【CBC賞2019の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

CBC賞2019(中京芝1200m)の考察です。 6月30日に中京競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

【2016】アイビスサマーダッシュ / 枠順&展開考察(ベルカント、ネロ等の枠順は如何に)

今日は7/31(日)に行われるアイビスサマーダッシュのレース考察を行います。新潟芝1000mで行われ

記事を読む

【2016】レパードS / 有力馬考察(ケイティブレイブ、グレンツェントなどの徹底分析)

今日は8/7(日)に行われるレパードステークスのレース考察を行います。新潟ダート1800mで行われる

記事を読む

【フラワーC2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

フラワーC2017(中山芝1800m)の考察です。 3月20日に中山競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

弥生賞ディープインパクト記念2024の予想を公開!

弥生賞ディープインパクト記念2024(中山芝2000m)のレース予想で

オーシャンステークス2024の予想を公開!

オーシャンステークス2024(中山芝1200m)のレース予想です。

チューリップ賞2024の予想を公開!

チューリップ賞2024(阪神芝1600m)のレース予想です。 3

3月1週の中央競馬レースプレビュー 〜引退調教師と新人騎手、別れと出会いが一挙に到来〜

3月1週の中央競馬レースプレビューです。 この記事は週末に行われ

【オーシャンステークス2024の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

オーシャンステークス2024(中山芝1200m)のレース考察です。

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑