*

フローラステークス2019の予想を公開!

公開日: : 最終更新日:2019/04/21 重賞レース考察・予想

フローラステークス2019(東京芝2000m)の予想です。

4月21日に東京競馬場で開催され発走時刻は15:45です。出走馬はウィクトーリア、シャドウディーヴァ、フェアリーポルカ、エアジーンなど。東京競馬場の芝2000mで行われるGIIです。

 

土曜競馬はメインレース2つを勝負としていましたが、、、

<福島牝馬ステークス 結果>
1着:◎デンコウアンジュ
2着:▲フローレスマジック
3着:◯ダノングレース

→レース予想の全文はコチラからご覧になります。

 

<オアシスステークス 結果>
1着:◎アルクトス
2着:△ドリームキラリ
3着:△スマートダンディー

→レース予想の全文はコチラからご覧になります。

 

本命馬がどちらとも余裕十分の完勝で土曜メインは2戦2勝となりました。

土曜競馬は開幕週で馬場もあんまりわからなかったのでメインレース以外は大して買わず(京都12Rは買いましたがハズレ)でしたが、この2勝で良い結果で終われて良かったです。

この勢いでフローラステークスとマイラーズカップも当てたいところですが、土曜日の馬場を見てフローラステークスはかなり買いたいレースという感じ。勝負度高めで日曜日最大の勝負レースで臨もうと思います。

一方でマイラーズカップはまだちょっと考え中。こちらは日付が変わる頃までには予想を配信する予定です。

 

[PR] 皐月賞・アンタレスSダブル的中の絶好調サイトをご紹介!

皐月賞/3連単・3連複的中!回収率326%
アンタレスS/単勝的中!回収率457%

荒れやすい今週の重賞も攻略して見せます☆


こちらが実際に配信した予想です。
重賞は毎週前日or当日朝に買い目付きで配信。
その他ブログにて調教診断などのコンテンツも日々書いています!

調教診断の高評価馬が続々G1で好走中☆

桜花賞
2人気1着グランアレグリア⇒A評価
7人気2着シゲルピンクダイヤ⇒A+評価

皐月賞
1人気1着サートゥルナーリア⇒S評価
4人気2着ヴェロックス⇒A評価
3人気3着ダノンキングリー⇒A+評価

是非ブログ、LINEのチェックお願いします!

週末3重賞の予想を見る(毎週無料)


 

フローラステークス 2019予想

先出し本命馬(せっかちな方はこちらから)

下記のバナーのクリック先で馬名は公開しておりますので、どうぞ応援クリックよろしくお願いします。


中央競馬ランキング

 

フローラステークスの週中分析記事はこちらから

 

予想の根拠

桜花賞に出走できなかった馬向けのオークスへのトライアル戦。デニムアンドルビー、エバーブロッサム、チェッキーノ、ビッシュ、モズカッチャンなど、オークスでも勝たないまでも馬券圏内に好走する馬を輩出しているトライアル戦ではあるが、今年はどう見ても例年よりはメンバーレベルが落ちる印象。オルフェーヴル産駒の1戦1勝馬セラピアが断然人気になりそうなぐらいですし、これは例年通りに大荒れの可能性も十分にありそう。

メンバーレベルはほぼ全頭拮抗しているような感じで、馬場、枠順、展開によってどの馬にもチャンスがありそうな感じ。東京競馬場は開幕週で明らかにインが有利な馬場になると思いますし、もともと東京芝2000m及びフローラステークスは内枠から上手く立ち回った馬が有利な舞台。ここはベタにそんなイメージで大荒れまで想定して買ってみたい。

というわけで予想の発表。

 

より詳細な予想考察はメルマガにて

arg1

arg2

メルマガでは金曜日に重賞まとめデータと称して、その週の重賞の全頭診断などを含むより詳細な予想を公開、配信しております。

推奨買い目などもメルマガ限定の公開となっておりますので、ご興味ある方はコチラより詳細をご確認ください。

 

 

フローラステークス  2019の印

本命 ◎シャドウディーヴァ

本命は絶好条件が揃ったこの馬から狙ってみたい。

デビューから常に堅実に走っている馬で、前走がキャリア初の馬券圏外となったが今年のフラワーカップは例年以上のハイレベル戦。上位2頭はオークスでも馬券になる可能性がありそうな馬ですし、明らかに先行馬有利の流れで脚を余してのこの結果なら全く問題ないだろう。しかもその日の中山コースはインが荒れていましたし、この馬が通ったコース取りは恵まれたものではなかった。

デビューから4戦の走りを見ても間違いなく中山コースよりは東京コースの方が得意なはずで、未勝利勝ちは東京コースでスローペースを突き抜ける大楽勝で素晴らしい走破時計。昇級初戦の500万でもかなり速い時計に対応しての3着でしたし、その内容も力負けというよりは全く前が止まらない高速馬場で差し損ねての3着という感じでした。

とにかくハーツクライ産駒は中山コースの短い直線でエンジンがかかりきらずに凡走して東京コース替わりで激走する馬が多いですし、この馬はハーツクライ産駒にしては完成度が高くて器用さもありそうなタイプ。今回のような東京芝コースの高速馬場での立ち回り勝負は適性ベストと見て良さそうですし、完璧なポジションを取れそうな絶好枠が引けました。

今回は叩き3走目で状態良化が見込めますし、既に休み明け初戦の500万の時ぐらい走れれば牝馬限定重賞なら馬券に絡めるようなパフォーマンスを見せていた馬。今回は叩き良化+成長分+絶好枠でのベスト条件替わり。加えてこの内枠を最大限に活かしてくれそうな名手まで確保したとなれば、ここはどん詰まりなどのアクシデントがなければ好勝負必至と見ます。

 

対抗 ◯ジョディー

対抗は全く人気ないがジョディーが非常に面白そう。

この馬は過去のレース結果を見ても一目瞭然で、とにかく逃げられるかどうかという馬。前走のフラワーカップはスタート直後に躓いてしまって逃げられず、しかも非常に強い競馬をしたコントラチェックを追いかけての5着なら大健闘と言っていいはず。前述の通りで今年のフラワーカップはハイレベルだったはずで、そこで5着ならば今回のメンバーならば明らかに上位の存在だろう。

今回はウィクトーリアも逃げの戦法を示唆していますが、あちらはここ2戦のレース内容を見てもテンのスピードが大して速くなく、ここは枠順差があっても武藤騎手が乗ればハナは叩けるはず。ダイワメジャー産駒は2000mぐらいならば距離は持ちますし、半姉レーツェルという血統背景からも中距離タイプの可能性はあるだろう。土曜競馬を見てもケンホファヴァルトのような伏兵の逃げ馬が止まらない高速馬場。過少評価されているだけで能力はこの中に入れば上位のこの馬が逃げてしまえば止まらないんではないだろうか?

あまりにも人気がないので、本命馬が万が一飛んだ際の保険はこの馬からも買っておきたい。

 

単穴 ▲パッシングスルー

三番手はこちらも東京コース替わりが絶好に見えるパッシングスルーに期待する。

父ルーラーシップで母父クロフネという配合は一つ上の世代のリリーノーブルと同じ。父と母父どちらもキレない持続力型ではあるが、どちらも東京コースが大得意な血統だけに標準レベルの瞬発力は手に入る好相性のニックスと見て良さそうで、新馬戦のパフォーマンスは圧巻。2〜5着馬までが全て勝ち上がっているハイレベル戦で、スローペースで前が止まらない展開。しかも逃げていたのは先日のニュージーランドトロフィーで重賞を勝ったワイドファラオでしたし、その馬を展開全く向かない中で差し切ったこの馬は相当な逸材だろう。

前走のシンザン記念は期待ほど伸びきれなかったが、冬の京都のタフ馬場や輸送が堪えたはずで4着に走っていれば健闘した部類。今回はベスト条件と言っていいだろう東京コースに戻りますし、おそらく新馬戦で見せた雄大なフットワークや血統からも距離延長はプラスと見て良さそう。ロスなく競馬ができそうな好枠も引けましたし、今回で一躍オークスの伏兵候補に名乗りをあげる可能性はありそうだ。

 

特注 ☆ウィクトーリア

四番手は絶好枠からロスのない競馬ができそうなウィクトーリアにします。

デビュー戦を2歳レコードの圧巻のパフォーマンスで勝利。そして前走の500万でも逃げて勝利したように逃げてこそというイメージはあるが、赤松賞のレース内容を見る限りは逃げなくても競馬はできそう。

ブラックエンブレムの家系通りにそこまでキレる脚はない感じで、それでいて父がヴィクトワールピサなのでスピードの持続力に秀でたタイプ。と言っても逃げなきゃダメという感じの気性面の問題はなさそうで、赤松賞は単にマイルでポジションを取れずに最後に差し込んできたが届かなかっただけと見て良さそう。あの内容ならば2000mで内枠でポジションが取れれば普通に良い勝負になるはず。

小島調教師は「逃げる競馬をする」と言っているが、近2走のテンの速さ及び赤松賞でのジョディーとのスピード差を見てもまず逃げるのはあちらになりそう。戸崎騎手もそこから無理矢理に競りかける競馬はしなそうですし、ジョディーのスロー逃げを二番手から追う形になりそう。前述の通りでポジションさえ取れれば逃げなくても良い馬だと思いますし、土曜日の高速馬場を見ている感じではこの馬が内枠からロスなく競馬をしてくれば無難に上位争いになりそうな感じがします。

 

△ エトワール

絶好枠からロスのない競馬ができそうなエトワールは血統と鞍上が心配。

これまでのレースぶりを見てもセンス抜群で今回も枠を活かしたフローラステークスに向くレースができそう。ただ、近2年で好走しているハービンジャー産駒ではあるが、この馬は母父がシンボリクリスエスという配合。そこまでスパッとはキレないはずで、高速馬場での決め手勝負になってどこまで対応できるか。またベタに内田騎手というのも心配なのでヒモの一番手評価までにした。

 

△ セラピア

初戦のパフォーマンスは確かに優秀だったセラピアだが、どうしてもこの血統で大物の馬が生まれるイメージが湧かない。

父オルフェーヴルで母父タピットというダートを走っていそうな血統背景で、半兄のディープインパクト産駒のグレンマクナスという馬も全くキレない持久力タイプに出た。全姉のサラスはスローで脚を溜めればそれなりにキレる脚を使えるタイプだが、その姉でもペースが流れるとさっぱりというタイプで決して大物ではなかった(紫苑ステークスで3番人気に推されて全く走れずに終わっている)

新馬戦のパフォーマンスはスッと先行してほぼ追わずで上がり33.3の完勝。ただ道中が超スローで時計的価値はゼロに近いですし、これがディープインパクト産駒ならば2戦目で一気にパフォーマンスを上げてくると見て評価を上げますが、果たしてこの血統で初輸送などもあってどれだけやれるんだろうか・・・ここまで人気するとなるとヒモまでで良い感じがします。

 

△ ペレ

完成はまだ先な感じはするが好枠活かせればペレも好走圏内。

新馬戦は強力メンバー相手に3着。未勝利戦は派手に差し切ったとはいえかなりメンバーに恵まれていた印象で、昇級初戦は半信半疑だったが2着に好走。伸び代がいくらでもあるだろうハーツクライ産駒で、半兄はエタリオウと血統背景も優秀。土曜の東京芝は瞬発力タイプのサンデーサイレンス系ばかり走っているような馬場でしたし、内枠を引けたとなればこの馬は抑えておいたほうが良さそうだ。

 

△ ローズテソーロ

ローズテソーロもペレと全く同じようなイメージで抑えます。

未勝利勝ちはかなりのスローペースに恵まれての勝利。現状ではどれくらいのスケールがある馬かはわからないが、少なくとも前走はタフ馬場の中山コースで色々と合わなかった可能性あり。半兄にステイパーシストがいてそこそこ血統はしっかりしていますし、今回は内枠が引けての未勝利勝ちの東京コース戻り。一発あっても驚けないと見て抑えました。

 

△ アモレッタ

1戦1勝のディープインパクト産駒は2戦目で一気にパフォーマンスを上げる傾向にあるが、それでもアモレッタはそこまでの大物には見えない。

とはいえこの血統で内枠が引けてなおかつ藤原厩舎。今回のメンバーでは唯一のディープインパクト産駒にもなりますし、最後に抑えることとします。

 

消 エアジーン

2勝は全て中山コースのタフ馬場での持続力勝負。ウィクトーリアの500万で完全にキレ負けしたのを見ても東京コースでの瞬発力勝負では厳しい。近2年で馬券に絡んでいるハービンジャー産駒及びデムーロ騎手ということで人気になりそうだが消しでいい。

 

消 フェアリーポルカ

500万勝ちの時計が毎日杯よりも速いということで人気になっているが、それは毎日杯が低レベルのスローだったことに比べて、こちらの500万がかなりのハイペースで流れたことが全て。キャリア3戦を見てもいかにもキレないルーラーシップ産駒。土曜の馬場を見ても速い上がりが求められそうですし、そうなるとこの馬は積極的に逃げるような競馬をしないと厳しそう。そういう戦法も取りにくい大外枠を引いたのは絶望的に見えます。この枠を引いた割に相当人気しているので消しでいいと思います。

 

消 フォークテイル

最も評価に迷って最後の最後に消したのがこの馬。

新馬戦のパフォーマンスを見ても相手に恵まれたというだけで特に強さを感じなかった馬。父がロードカナロアで半兄がアルバートという良血なんだかよくわからない配合で、ここ2戦を見てもこの相手では通用しても良いとは思うが絶対的な存在ではない。

サンデーレーシングでロードカナロア産駒でノーザンファーム天栄仕上げということからか、やたらに新聞紙上でも印が打たれていますが、土曜日の馬場を見ても今の東京芝コースで外を回して差し込んでくるのはなかなか難しいはず。来られちゃったらごめんなさいな馬ですが、もう外枠ということだけで最終的に消しました。この馬の存在のおかげでワイドも少し活用したい感じです。

 

印まとめ

◎シャドウディーヴァ
◯ジョディー
▲パッシングスルー
☆ウィクトーリア
△エトワール
△セラピア
△ペレ
△ローズテソーロ
△アモレッタ

勝負度 B

 

推奨馬券

ワイド 2→9,8 本線

馬連 2→9,8,4,3,10,5,1,7 本線ベース

馬連 2→9,8,4,3 重ね買い

三連複 2→9,8,4→9,8,4,3,10,5,1,7 本線ベース

三連複 2→9,8,4,3 重ね買い

ワイド 9→8,4 抑え ※ジョディーの人気がなさすぎるのでここの縦目は抑える

馬連 9→8,4 抑え ※ジョディーの人気がなさすぎるのでここの縦目は抑える

※ここは◎シャドウディーヴァを堅軸と見つつ外枠の馬は完全消しで内枠の馬を人気関係なく来そうな順に上位評価とした。人気馬もバッサリと切った馬がいるので、一応本線の◯ジョディーと▲パッシングスルーの人気薄2頭にはワイドを買う。

その上で馬連と三連複フォーメーションを購入して、なんとか例年通りに内枠の人気薄が絡んで配当が跳ね上がってくれないかという買い方。ワイド、馬連、三連複はそれぞれ1:1:1ぐらいの比率で買おうと思っています。

最終的にシャドウディーヴァを本命にしましたが、ジョディーも本命を迷ったぐらいに買いたい馬。全く人気もないですし、ここからの縦目本線は十分に抑えておく価値はあるでしょう。

関連記事

京成杯 [2] 中山替わりが強調できるハービンジャー産駒

ようやくお酒も解禁できました。大好きな赤ワイン。久しく弱っていて飲めていなかったためバルバレスコを発

記事を読む

北九州記念2017の予想を公開!

北九州記念2017(小倉芝1200m)の予想です。 8月20日に小倉競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

【2016】京成杯 / 枠順&展開考察(ウムブルフ、メートルダール等の枠順は如何に)

今日は1/17(日)に行われる京成杯の枠順&展開考察を行います。中山芝2000mで行われるG

記事を読む

【2016】新潟記念 / 枠順&展開考察(アルバートドック、ダコール等の枠順は如何に)

今日は9/4(日)に行われる新潟記念のレース考察を行います。新潟芝2000mで行われるGIII戦です

記事を読む

【2016】シリウスS / レース考察(阪神ダート2000mで行われるGIII戦を徹底考察します)

今日は10/1(土)に行われるシリウスステークスのレース考察を行います。阪神ダート2000mで行われ

記事を読む

【京王杯スプリングカップ2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

京王杯スプリングカップ2017(東京芝1400m)の考察です。 5月13日に東京競馬場で開催さ

記事を読む

東京新聞杯2018の予想を公開!

東京新聞杯2018(東京芝1600m)の予想です。 2月4日に東京競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

七夕賞の予想を公開!

夏競馬が本格的に始まりました。 夏競馬は芝の中距離の重賞が多いんです。 やはり中距離

記事を読む

【関屋記念2018の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

関屋記念2018(新潟芝1600m)の考察です。 8月12日に新潟競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

【2016】レパードS / 枠順&展開考察(ケイティブレイブ、グレンツェント等の枠順は如何に)

今日は8/7(日)に行われるレパードステークスのレース考察を行います。新潟ダート1800mで行われる

記事を読む

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑