*

スプリングステークス2022の予想を公開!

公開日: : 最終更新日:2022/03/24 重賞レース考察・予想

スプリングステークス2022(中山芝1800m)の予想です。

3月20日に中山競馬場で開催され発走時刻は15:45です。出走馬はアサヒ、アライバル、アルナシーム、ソリタリオなど。中山競馬場の芝1800mで行われるGIIです。

 

[PR] スプリングS無料予想!

先週は金鯱賞11万獲得

今週も高額馬券を頂き!?

最近検証してますが・・・

3券種公開&的中は初です!

━━━━━━━━━━━━━━

【金鯱賞/無料予想】

馬連8.3倍×2,800円

3連複35.4倍×1,000円

3連単106.1倍×500円

払戻計:111,690円

収支計:+53,090円

━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━

中山記念・大阪城Sも的中で

常時5万円稼いでるイメージ!

スプリングS含め今週の3連休は

ここで競馬を楽しんでください\(^o^)/

→スプリングS無料予想

まずは土曜日の無料予想から様子見OK!ファルコンS公開あるかも注目です。

 

スプリングステークス 2022予想

先出し本命馬(せっかちな方はこちらから)

下記のバナーのクリック先で馬名は公開しておりますので、どうぞ応援クリックよろしくお願いします。


最強競馬ブログランキングへ

 

スプリングステークスはどんなレースになりやすいのか?

弥生賞に続いて行われる皐月賞のトライアルレース。中山芝2000mで行われる弥生賞は実にトライアルレースらしい中弛みのスローペース戦になりやすいが、スプリングステークスは距離が200m短いことでマイラーも多数出走してくる点が最大の特徴。

 

昨年は道悪馬場で例外として良さそう。一昨年も超スローペースで例外に近い形か。それ以外の年を見てみると12秒前後のラップを淡々と刻むことが多く、弥生賞に比べると追走スピードが問われる。明らかに弥生賞よりもスピード寄りのレースと考えていいはずだ。

そんな理由からスプリングステークスはマイル以下の実績を持つ馬が圧倒的に有利な傾向。2019年に至っては2〜3着馬が1400m以下での勝利実績があるような馬でした。

2020年の勝ち馬ガロアクリークはキンシャサノキセキ産駒、2019年の勝ち馬エメラルファイトはクロフネ産駒、2018年の勝ち馬ステルヴィオはロードカナロア産駒とスプリント血統の馬がやたらに走っているのもこのレースの特徴。それだけスピード性能が問われるということでしょう。

 

今年はどんなレースになりそうか?

今開催の中山芝は実に標準的な馬場レベル。金曜に関東地方は長い時間にわたって豪雨となり、どうも土曜の夜も中山競馬場の周辺はかなりの雨が降っている模様。ただ、日付が変わる前に雨は止みそうですし、日曜は終日晴れ予報となると昨年のような道悪馬場にはならないか。

今年は弥生賞のメンバーレベルが高くなりましたが、スプリングステークスもアサヒ、アライバル、アルナシームなどそれなりに素質が高そうな馬が多い印象。そこまで極端に速いペースになりそうなメンバーではないので、ある程度前めで立ち回れる馬が有利になりそうです。例年同様にマイル以下での実績がある馬やスプリント血統の馬を重視するべきでしょう。

 

考察まとめ

【レース質】先行力と追走力が問われる立ち回りスピードレース。<■□■□>

【狙えるタイプ】マイル以下での実績がある馬 or スプリント血統の馬

 



 

より詳細な予想考察はメルマガにて

arg1

arg2

メルマガでは金曜日に重賞まとめデータと称して、その週の重賞の全頭診断などを含むより詳細な予想を公開、配信しております。

推奨買い目などもメルマガ限定の公開となっておりますので、ご興味ある方はコチラより詳細をご確認ください。

 

スプリングステークス 2022の印

【本命 ◎1 ビーアストニッシド】

未勝利勝ちはマイル戦を先行して勝利。京都2歳Sは強風の影響で時計が遅いために評価が決めにくかったが、勝ち馬ジャスティンロックは弥生賞で最も強い競馬で4着、3着馬フィデルがホープフルS4着、4着馬ポッドボレットがすみれS勝ちなら普通にレースレベルは高かったか。シンザン記念は馬群の中で窮屈な競馬になって良さを出しきれていませんし、このレースに関してはノーカウントでいいでしょう。

前走の共同通信杯では本命を打ったが、東京コース適性はないけれども雨馬場ならギリギリ行けると判断してのもの。本質的にはこの馬の先行力が活かせて、なおかつ他馬の末脚が削がれるような時計がかかる小回りコースこそがベスト。今回のような雨の影響が残って時計がかかる中山芝1800mなんてこれ以上ないぐらいのベストコースだろう。

おそらくこの枠でこのメンバーならテンスピードの違いであっさりとハナに立てるでしょうし、唯一の同型と言えそうなグランドラインは今回は控える競馬を示唆。もうベスト条件で馬場も向いて展開も向くとなれば少々人気になろうがこの馬に逆らう必要はないか。

自身がマイル実績あって父もスピード豊かなウォーフロント=ダンジグ系。とにかくスピードや先行力が重要になるスプリングSにドンピシャに合いそうな馬ですし、今回はこの馬がそのまま押し切る可能性まであると見ています。

 

【対抗 ◯7 ディオ】

初戦こそ走り切れなかったがその後の3戦はどれも見せ場十分の内容。ハンスの未勝利は直線向かい風の中で外から1頭だけ差してきましたし、デルマグレムリンの未勝利もハイペースを先行して3着以下を突き離した。

前走もスローの加速ラップを好位からあっさりと突き抜けましたし、回顧で書いた通りに昇級していきなり重賞でも通用しそう。スプリングSはとにかくマイル以下での実績が重要になりますし、素質十分でマイル実績もあるこの馬が今回の最大の穴馬でしょう。

 

【単穴 ▲4 グランドライン】

一本調子に伸びる持続力型。地味な馬ではあるが葉牡丹賞ではボーンディスウェイと僅差。ホープフルSでも1800m地点ではキラーアビリティとボーンディスウェイと差のない競馬ができていましたし、そこまで弱い馬ではないはず。今回はビーアストニッシドの直後で展開には恵まれそうですし、トライアル質の前残りレースになれば穴を開けても。

 

【特注 ☆9 ソリタリオ】

こうやまき賞ではウナギノボリに迫られましたし、シンザン記念も今年に関してはレベルが微妙。そんなわけで現状は過大評価だと見ているが、今回のスプリングSで狙える要素をここまで備えている馬もいないだろう。

マイルで2勝は今回のメンバーで最多ですしマイル重賞でも連対。前に行ける先行力もありますし、横山武史騎手は皐月賞でキラーアビリティに乗るのでここは本番を気にせずに今回のレースを勝つための競馬をしてきそう。血統的にも父、母父ともに非サンデー系で雨上がりの中山芝1800mは合いそうな感じがします。

 

【△12 アライバル】

前走の京成杯は伸びあぐねて4着に負けたが、半年の休み明けで馬体重も増えていましたし、その分で動ききれなかったか。どう考えてもハイレベルだった新潟2歳Sで2着のパフォーマンスは優秀だと思いますし、スプリングSでとにかく重要なのはマイル以下での実績。ただ、この馬はどうも追い出してから加速が遅いタイプに見えますし、中山コースよりも広いコースでこその馬に見えます。

ルメールは皐月賞でイクイノックスに乗る事が決まっているので、ここは目先の勝利を取りに行くと思いますし、おそらく他陣営の馬とは異なりテンから位置を取りに行きそう。中山芝1800mの外枠でどれだけ位置が取れるかは微妙ですが、先を考えずに乗れるという点で少しだけ印を上げた。

 

【×3 サトノヘリオス】

いかにも友道厩舎育成のエアデジャヴー系統の馬という感じで、キレはないが他馬がバテると相対的に伸びてくるタイプ。ホープフルSは強行ローテで状態面も微妙だったとは思うが、どうも4コーナーでの操縦性などを見ても友道厩舎の馬だけにトリッキーな中山は苦手そう。もう少し広いコースで持続力を活かしてこその馬に見えますし、今回はさらに距離短縮となると位置を落としてスピード負けしそう。

 

【×6 ドーブネ】

初戦は外枠不利の札幌芝1500mで外枠から外を回して強い競馬。ただ掛かる所がある馬で、2戦目に1400mで逃げる競馬をしてしまったせいで育成が難しくなったか。朝日杯FSは後方で溜める競馬をしたが伸びませんでしたし、今回はさらに距離を伸ばして果たして変わるんだろうか?

 

【×8 アサヒ】

能力は世代上位というのは認めるが、これまでの4戦はどれも芝1800m。しかも全てのレースが前半スローからの後半ロンスパ勝負で、前半から流れに乗る競馬は一度も経験していない。スプリングSは考察でも書いた通りでマイル以下の実績が非常に重要になりますし、この馬はそういった経験が一切ない上に出遅れ癖もある。人気で嫌うならここじゃないだろうか。

 

【×10 アルナシーム】

ひと捲りで突き抜けた新馬戦のパフォーマンスや伸びないインを突いて朝日杯4着という実績を見ても素質は相当。ただ、掛かり癖がかなりひどい馬で東スポ杯2歳Sは途中から暴走して競馬にならず。前走のつばき賞は超スローで折り合えたとも言えるが、逆にスローすぎて折り合いに集中できたのは良かったんじゃないだろうか。

今回は前走のような競馬では位置を落として後方になってしまいますし、かといって出して行ったら外枠でもろに掛かりそう。かなり難しい競馬になる感じがします。

 

【推奨買い目】

馬連 1→7,4,9,12,3,6,8,10 本線ベース

馬連 1→7,4,9 重ね買い

三連複 1→7,4,9→7,4,9,12,3,6,8,10 本線ベース

三連複 1→7,4,9,12 重ね買い

三連複 1→7,4,9 重ね買い

ワイド 1→7,4 本線

馬単 1→7,4.9 ボーナス

 

【買い目及び予想のポイント】

ここはベスト条件なら人気上等で◎ビーアストニッシドは妙味十分。今回はこの馬が連対圏まであると見て馬連と三連複をベースに買いたい。相手はもうこのレースのセオリー通りにマイル以下で実績がある馬を重視。今回のメンバーでマイル以下の距離で勝利実績があるのは<◎ビーアストニッシド><×ドーブネ><◯ディオ><☆ソリタリオ><△アライバル>のみ。ちょっとドーブネはどう乗るか難しいと思うので、それ以外の馬を自動的に評価。▲グランドラインのみどう考えても恵まれそうなので評価を上げました。

本線の中でも対抗のディオと単穴のグランドラインは人気薄なので、なんとかこれがビーアストニッシドとセットで来てほしい。これらのワンツーあたりで決まってくれると大本線で非常に嬉しいのだが・・・日曜は平場であまり買いたいレースもなさそうなのでなんとかここを当てたい。

関連記事

エプソムC [2] エイシン×サトノの一騎打ちか?

やらなければいけない仕事をそっちのけで3時間野球を見た挙句、サヨナラでホームランを打たれた昨日のやる

記事を読む

アルテミスステークス2019の予想を公開!

アルテミスステークス2019(東京芝1600m)の予想です。 10月26日に東京競馬場で開催さ

記事を読む

【クイーンカップ2022の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

クイーンカップ2022(東京芝1600m)の考察です。 2月12日に東京競馬場で開催され発走時

記事を読む

毎日杯2018の予想を公開!

毎日杯2018(阪神芝1800m)の予想です。 3月24日に阪神競馬場で開催され発走時刻は15

記事を読む

ジャパンカップ [5] 血統面で強調できる馬は?

今日の午後に出馬表が発表。枠順に大変注目したところだが、ジャパンカップよりも枠順に注目したいのは京阪

記事を読む

フラワーC [2] 前走ダート馬の躍進

今週末は阪神大賞典を阪神競馬場で観戦。そのためにいまさっき大阪入りしました。本当はトーホウジャッカル

記事を読む

【2016】富士S / 枠順&展開考察(ロードクエスト、ダノンプラチナ等の枠順は如何に)

今日は10/22(土)に行われる富士ステークスのレース考察を行います。東京芝1600mで行われるGI

記事を読む

【日経新春杯2018の予想ヒント】レースラップや馬場、展開などを分析考察します

日経新春杯2018(京都芝2400m)の考察です。 1月14日に京都競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

【セントライト記念2019の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

セントライト記念2019(中山芝2200m)の考察です。 9月16日に中山競馬場で開催され発走

記事を読む

【函館記念2022の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

函館記念2022(函館芝2000m)の考察です。 7月17日に函館競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

秋開催が始まるので「競馬場徹底攻略ガイド」のプレゼント企画をやります!

さて、気づいたら2022年もあと4ヶ月で秋競馬が今週末から始まります。

レディスプレリュード2022の予想を公開!

レディスプレリュード2022(大井ダート1800m)の予想です。

【サウジアラビアロイヤルカップ2022の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

サウジアラビアロイヤルカップ2022(東京芝1600m)の考察です。

【毎日王冠2022の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

毎日王冠2022(東京芝1800m)の考察です。 10月9日に東

東京盃2022の予想を公開!

東京盃2022(大井ダート1200m)の予想です。 10月5日に

白山大賞典2022の予想を公開!

白山大賞典2022(金沢ダート2100m)の予想です。 10月4

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑