*

エリザベス女王杯2018の予想を公開!

公開日: : GIレース考察・予想

エリザベス女王杯2018(京都芝2200m)の予想です。

11月11日に京都競馬場で開催され発走時刻は15:40です。出走馬はノームコア、モズカッチャン、リスグラシュー、カンタービレ、レッドジェノヴァなど。京都競馬場の芝2200mで行われるGIです。

 

PR) かなりの優越感!最高の気分で週初めを迎えたいなら。
________________

どうもふじおです。テンションMAXです。
通勤中もハナウタ歌ってしまいます。

はい、そうです。JBCで当てまくりました!
自分の予想といつも愛用しているうまとみらいとさんの「コラボ指数」をリンクさせて稼ぎました!

コラボ指数はコチラをクリック!

________________

JBCスプリント=指数1位マテラスカイ本命馬
体重戻してこの京都ならもうマテラスカイですね。相手は自信あった6.8
【馬単マルチ4点】各500円
馬単 6-5 3770円 的中! 37.7×500円=18850円の払戻し!

JBCクラシック=ケイティブレイブ本命◎
ここのメンバーでは格違います。
福永Jも主戦でずっと使ってもらっていて、
前走から覚悟が違いましたからね!
相手は、コラボ指数2位のオメガパフューム中心に上位の馬を選びました。
【馬単5点】各500円
8-1.4.7.14.16
馬単 8-14 1690円 的中! 1690×500=8450円の払戻し!

そして最後は、レディスクラシック
僕の本命アンジュデジールでしたが
コラボ指数も30以下の好走期待馬!
これは噛み合ったと思い、もちろん本命で勝負!!
結果は…

なんと!10万以上の払い出し!合計で回収率1000%以上!!
信頼のコラボ指数に背中を押してもらいました!

どうですか?
コラボ指数を参考にすることによってかなりの回収率をあげることが出来ました!

もういまから参考にするしかないですよね⁉ 僕は今週も見ます!

今週はエリザベス女王杯。
日曜日お昼、管理人北条ブログの閲覧可能のエリザベス女王杯最終見解を是非見てください!
競馬の殿堂や城戸の穴馬ではデイリー杯2歳Sと武蔵野Sの見解も公開!
別コンテンツの殿堂馬や城戸の穴馬ではデイリー杯2歳Sと武蔵野Sの見解も見れるのでCHECKですね。

サイトはコチラ
クリック!
メール登録のみです。確認メールきたらクリックしてログイン!

 

エリザベス女王杯 2018予想

エリザベス女王杯の週中分析記事はこちらから

 

予想の根拠

エリザベス女王杯は2010年から振り返ってみても、ほとんどの年で的中している1年で最も相性の良いレース。

【2017年】◎モズカッチャン 5番人気 1着
→☆クロコスミア相手の馬連と馬単大本線

【2016年】◎ミッキークイーン 2番人気 3着
→相手抜けで馬券は外れる

【2015年】◎マリアライト 6番人気 1着
→◯ヌーヴォレコルト ▲タッチングスピーチで印通りの三連単大本線

【2014年】◎ラキシス 3番人気 1着
→◯ヌーヴォレコルト △ディアデラマドレの三連単大本線

【2013年】◎メイショウマンボ 2番人気 1着
→確かラキシスが抜けて単勝の抑えのみだった記憶

【2012年】◎レインボーダリア 7番人気 1着
→◯ヴィルシーナで馬連と馬単の大本線

【2011年】◎アヴェンチュラ 2番人気 2着
→◯スノーフェアリー △アパパネだったが三連複だけ

【2010年】◎スノーフェアリー 4番人気 1着
→◯メイショウベルーガ ▲アパパネで印通りの馬単、三連単大本線

 

ここまで相性が良いのにも理由があり、それはエリザベス女王杯は毎年のように走る馬の傾向が決まっているという事。詳細は考察1を見ていただくとして、その鉄則6か条をまとめるとこのようになる。

(1)2000m以上を走れる若干重め(牡馬相手でも走れそうな)の馬を狙うこと

(2)3歳~4歳しか走れないレースなので5歳以上は完全軽視

(3)3歳クラシック有力馬は人気でも信頼する

(4)とにかくディープインパクト、キングカメハメハを狙うこと

(5)その年の馬場がイン伸びなのか外伸びなのかを把握すること

(6)前に行ける馬はとりあえず評価しておく

これらに当てはまる馬をベタに買えば当たるのがエリザベス女王杯。

上に示した2010年からのエリザベス女王杯で本命を打った馬も、2012年の道悪馬場を考慮して本命を打った◎レインボーダリア以外の全頭がこの鉄則に該当していた馬。

それだけ傾向がはっきり出やすいので、今年もベタにそれに当てはまる馬から大きく狙いたい。

というわけで予想の発表。

 

より詳細な予想考察はメルマガにて

arg1

arg2

メルマガでは金曜日に重賞まとめデータと称して、その週の重賞の全頭診断などを含むより詳細な予想を公開、配信しております。

推奨買い目などもメルマガ限定の公開となっておりますので、ご興味ある方はコチラより詳細をご確認ください。

 

 

エリザベス女王杯  2018の印

本命 ◎カンタービレ

本命は「エリザベス女王杯の鉄則」の全てに当てはまるカンタービレが突き抜ける。

(1)2000m以上を走れる若干重め(牡馬相手でも走れそうな)の馬を狙うこと
→古馬とは初対戦だが母父サドラーズウェルズならば重めの地力タイプだろう

(2)3歳~4歳しか走れないレースなので5歳以上は完全軽視
→今が旬の3歳牝馬

(3)3歳クラシック有力馬は人気でも信頼する
→秋華賞3着で昨年のモズカッチャンと同じ

(4)とにかくディープインパクト、キングカメハメハを狙うこと
→今回のメンバーの中では数少ないディープインパクト産駒

(5)その年の馬場がイン伸びなのか外伸びなのかを把握すること
→内外フラット馬場でどんな競馬もできる絶好の4枠8番

(6)前に行ける馬はとりあえず評価しておく
→前走以外は全てのレースで先行していた馬

エリザベス女王杯はベタに条件に当てはまるディープインパクト産駒かキングカメハメハ産駒を買えばいいレース。今年はそもそも血統的に当てはまるのがカンタービレとスマートレイアーしかおらず、もう一方のスマートレイアーが8歳牝馬ならば自動的にこちらが本命でいいだろう。

明らかにここ2戦で馬が化けており、オークスの敗戦が距離と騒がれているが春時点のこの馬の能力なんてあんなもんだったんだろう。母父サドラーズウェルズのディープインパクト産駒なので、どんな位置からでも溜めて末脚を伸ばす競馬が合うタイプ。前走でもスローペースだったとはいえ上がり33秒を出せていたのはアーモンドアイとこの馬とプリモシーンだけ。プリモシーンが古馬マイル重賞でいきなり勝てるぐらいの馬ということを考えても3着まで突っ込んできたこの馬は間違いなく強い。

前走で溜めて末脚を伸ばす競馬でも強いというのがわかったのは良いが、さすがに今回も同じような位置からの競馬では届かないリスクあり。その点で日本ではとにかく勝負弱いイメージのあるクリスチャン・デムーロが多分に心配なわけだが、「前走はいい脚だった。もう少し前につけられたらグッドチャンス」というコメントを出していますし、おそらくは中団ぐらいの位置にはつける意思はあるだろう。

道中8番手ぐらいの位置で折り合ってスムーズに捌くことができれば、例年のエリザベス女王杯の勝ち馬を見抜いている勘から言ってもここは突き抜けると思います。全てはクリスチャン・デムーロ次第。例年絶大な自信があるレースですが、昨年のミルコほどの信頼はできないと見て勝負度Aではなく勝負度Bにしました。

 

対抗 ◯ノームコア

対抗は能力最上位の3歳馬のノームコアを素直に信頼する。

一部ではルメール騎乗の過剰人気という声も聞かれるが、紫苑ステークスの内容を見ればこの馬が弱いなんて言えないはずで、秋華賞に出走していれば間違いなくこの馬に本命を打っていた。今でも秋華賞に出ていればアーモンドアイと際どい競馬ができていたんじゃないかと思っている。そう考えるのも紫苑ステークスの内容が圧巻だったからで、、、

12.1 – 10.8 – 12.2 – 12.3 – 12.7 – 11.9 – 11.8 – 11.5 – 11.511.2

ご覧の通りで中盤が緩むスローペースだったにも関わらず、この馬は最後に加速ラップを刻んでレコードタイムで勝利してしまった。父ハービンジャー×母父クロフネという配合を見てもこういうレースが得意だとは思えず、おそらく能力の絶対値が相当高いんだろう。

今回も外枠を引きましたが、この馬の抜群のレースセンスと鞍上がルメールということを考えればまず変なレースになるとは思えず、勢いの良い3歳馬をベタに評価するのがエリザベス女王杯の鉄則。秋華賞こそ出ませんでしたが、頓挫といってもおそらくは秋華賞はルメールが乗ってくれないから出なかっただけでしょう。アーモンドアイの次に強い3歳馬だろうこの馬をベタに対抗にしておけばいいはずです。

 

単穴 ▲モズカッチャン

三番手は2頭だけいる「エリザベス女王杯の鉄則」に当てはまるモズカッチャンを評価せざるを得ない。

(1)2000m以上を走れる若干重め(牡馬相手でも走れそうな)の馬を狙うこと
→京都記念、札幌記念で古馬一線級と差のない競馬

(2)3歳~4歳しか走れないレースなので5歳以上は完全軽視
→4歳馬

(3)3歳クラシック有力馬は人気でも信頼する
→3歳馬ではないので関係なし

(4)とにかくディープインパクト、キングカメハメハを狙うこと
→母父キングカメハメハ

(5)その年の馬場がイン伸びなのか外伸びなのかを把握すること
→内外フラット馬場でどんな競馬もできる絶好の4枠7番

昨年、本命を打ったぐらいの馬ですし、そりゃエリザベス女王杯で走るための条件がズラリと揃っているのは当たり前。今年も4歳馬なのでまだ衰えは来ていないはずで、十分に走れそうな感じはするのですが、、、

(6)前に行ける馬はとりあえず評価しておく
この6番目のポイントが若干心配。どうもここ3戦はスタートがあまり良くなく、昨年に比べるとポジションを取れていないレースが多い。ミルコ・デムーロなので少々の出遅れでもリカバーできるとは思いますが、京都の芝では札幌記念のように後方一気は無理でしょうし、このポジション面が若干不安だったので三番手としました。

 

特注 ☆

特注評価として非常に面白そうなのがこの馬だ。

以前から牝馬交流重賞路線では力上位としてみていた馬だが、ここ2戦のパフォーマンスは以前よりも明らかに上。休養で馬が成長したとみて良さそうで、今がこの馬としては絶頂期なんではないだろうか。

エリザベス女王杯はとにかく5歳馬以上は全く馬券に絡まないので評価を下げるのが鉄則だが、この馬に関しては血統的にも今が絶頂期という感じ。スタートも速くてセンス良く競馬ができますし、一発を狙うには絶好の枠順も引けました。この条件ならば5歳ということで評価を落としたとしても、これぐらいの印は打てるはず。

 

△ クロコスミア

昨年に先行策からあわやの競馬を見せたクロコスミアは今年も穴で面白そう。

前走の府中牝馬ステークスも2番手から差のない競馬を見せていますし、距離が伸びて決め手をそこまで必要とされないレースになればパフォーマンスを上げてくるはず。

ただ、昨年の☆印よりも一つだけ評価を落としたのは、昨年ほど京都の馬場が時計がかからなそうなこと。昨年は大雨の連続でかなり時計のかかる馬場で、その上でのスローペース戦でこの馬は完全に恵まれたが、今年はBコース替わりで馬場が回復した影響で昨年ほど時計のかかる馬場ではなさそう。昨年と同じく展開は恵まれそうですが、昨年よりはキレ負けの可能性が高いと見ます。

 

△ レッドジェノヴァ

牡馬相手の京都大賞典で2着に走っている4歳馬ということで「エリザベス女王杯の鉄則」にも該当するレッドジェノヴァだが、その前走のレベルが極めて怪しいのでこれぐらいの評価まで。

改めて見直してみても北海道での1000万→1600万の勝ちっぷりは非常に強い内容で、ここにきて力をつけてきているのは間違いない。ただ、前走の京都大賞典2着をそのままGII2着で牝馬同士なら今回は上位と考えてしまうのはまずそう。

今年の京都大賞典はそもそもメンバーレベルが弱かった上にシュヴァルグランが一気の衰えを見せたせいで、まともなレベルの馬はサトノダイヤモンドだけというような感じのレースに。時計を見てもラップを見ても全く評価できませんし、3着のアルバート、5着のブレスジャーニー、6着のウインテンダネスあたりは次走で展開やハンデに恵まれなかったとはいえ強い競馬は見せられていない。おそらく1着のサトノダイヤモンドと4着のシュヴァルグランもジャパンカップで大敗するはずですし、秋の中距離重賞の中でも屈指の低レベル戦だったと考えて良さそう。

前々で抜群のレースセンスで立ち回れそうなのは良いですし、この絶好枠ならばこの馬の能力をフルには発揮できるとは思いますが、父と母父にサンデーサイレンスを持たないので牝馬同士の瞬発力勝負には弱そうですし、ここまで人気するならばこれぐらいの評価でいいと見ている。

 

△ リスグラシュー

人気馬の中ではリスグラシューは今回はとことん嫌いたい。

前走の府中牝馬ステークスでは本命を打ったが、この馬はマイル〜1800mで末脚の絶対値を問われる条件で強いから。2000m以上のレースで追走にエネルギーを使うようになると最後は伸びてこない馬で、昨年のエリザベス女王杯も展開は向かなかったが最後に伸びなかった。

前走を見てもスタートに課題はありますし、いくらモレイラといってもこの馬を外枠から前付けするのは不可能に近いか。能力的には最上位ということは認めますが、今回の条件でスローペース濃厚と想定するならば昨年と同じような結果になる可能性が高いと見るべきか。

 

△ レイホーロマンス

人気ないところで面白そうなのはレイホーロマンスか。

常に不利を受けているイメージがある馬だが、この馬が最後に伸びてくるのはスローペースで前半部分に脚を溜めていた時。今回は条件と展開が完璧にハマりそうですし、絶好枠が引けて福永騎手というのも単純に乗り替わりはプラス。

ただ、3ヶ月以上の休み明けは人気馬以外は一切来ないのがエリザベス女王杯の傾向ですし、単純に5歳以上馬は魅力的でもあまり評価しない方がいい歴史。これぐらいの評価にとどめます。

 

△ コルコバード

最後の最後でコルコバードを抑えておく。5歳牝馬というだけで限りなく期待値は低いが、牝馬なのにずっと2000m以上の距離にこだわって使われていた馬で、陣営としても何としてもエリザベス女王杯に出したかったはず。外枠もマイナスだが上手く捌けば少しぐらいはチャンスあっても。

 

 

印まとめ

◎カンタービレ
◯ノームコア
▲モズカッチャン

△クロコスミア
△レッドジェノヴァ
△リスグラシュー
△レイホーロマンス
△コルコバード

勝負度B

ここは本命のカンタービレがクリスチャン・デムーロではなくて川田騎手あたりだったら勝負度Aをつけていたレース。疲労は大丈夫だと思うので、あとはクリスチャンが絶好枠からまともな位置で折り合ってくれさえすれば直線は弾けると思います。

買い方も工夫してここはドカンと大きく狙いたいところです!

エリザベス女王杯は毎年当ててやる!

と意気込みだけは大きく書いておきます。それではレースまで楽しみに待ちましょう。

 

推奨馬券

このレースの買い方に関しましてはメルマガにてのみの公開とさせていただいております。会員様はメルマガにて閲覧ください。

重賞以外の平場の予想はメルマガ限定での公開となっておりますので、そちらもご覧になりたい方はぜひともメルマガを購読してみてください。

メルマガでは平場のレースを多数配信します!メルマガに登録いただければ今夜からお読みいただけるのでぜひこの機会に読んでみてください。

 

なお、現在、徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」では、

初月無料キャンペーンを実施しております!

それに加えて、5周年記念の11月には特別プレゼントも実施中!!

(1)「回収率100%を越えるための必須メソッドとその思考法」をプレゼント (11月末迄)

(2)「2歳馬データベース 2018-2019」をプレゼント (11/15迄)

今だけのプレゼント企画を入手するチャンスになります。詳細はコチラからご覧いただけると幸いですが、、、

今、ご購読頂くと実質2ヶ月分お得な時期になります!!

年始にもお年玉企画など毎年やっておりますが、おそらくブログ&メルマガ創設史上、ここまでお得な期間はないかと思われますので、まずはお気軽にご登録頂き、競馬予想の真髄はどういったものかを見ていただければ幸いです。

 

当サイトをご愛顧頂いている方、データベースを見たい方、競馬力を身につけたい方、とにかく馬券を当てたい方、皆様に満足いただけるようなコンテンツとなっておりますので、ぜひともご購読頂けますと幸いです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

購入する!

 

11月初旬からの購読が史上最大にお得なメルマガのご紹介

さて、早いもので2018年も11月になりました。

月初になったということで徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」の新規読者募集をさせていただきます。

 

今までサイト「競馬はビジネスである」を通して、私自身、競馬ブログサイトの中でも最上級に時間をかけた分析の上、説得力のある予想をお伝えしてまいりました。外れても納得できるだけの自慢の予想をお送りできていたかと思います。

その予想・考察に結び付くまでにどのようなデータを作成しているのか?どのようなプロセスを踏んでいるのか?そういったところまでをメルマガ「競馬をビジネスにする」では全て隠すことなくお伝えいたします。

正直な話、私は尋常ではない時間をかけて競馬のデータと考察を行っています。それを必要とされる方がいるのであれば還元できれば。そして勝ち組になっていただければ、というのがこのメルマガの趣旨でございます。

 

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

 

当メルマガはクオリティでどの雑誌やメルマガにも劣っていないと思っております

正直、過大広告や一度の的中を誇張するメルマガなどが多く蔓延っているのが実情。その中で当メルマガは「クオリティだけに特化して」配信しています。もしかすると2、3週連続で不調で当たらないかもしれません。ですが、その間に配信している内容にクオリティの低いものは一切ないと断言できます。

 

おかげさまで発行4年になる当メルマガですが、メルマガ発行業界大手のレジまぐ様の売上ランキングで1位になるまでになりました。

購読者数ランキングに関してもPC版とモバイル版の2つに分かれていながら、どちらも2位と3位という圧倒的な支持を頂いています。

この順位までこれたのも「圧倒的に継続読者数が多い」ということが理由です。小手先の一度の的中などに満足せず、必然的に的中するための分析と回顧の積み重ねでクオリティを維持しているおかげと思っております。

もちろんこれだけでは満足せず、、、

圧倒的なクオリティ業界一を目指します!!!

 

さて、ここでメルマガの各曜日ごとの配信詳細を紹介しましょう。

 

【火曜日】先週の重賞回顧

火曜日に先週の重賞回顧を配信します。後ほど下記に詳細を書いておりますが、金曜日に配信する重賞まとめデータに結果を書き入れた形のPDFファイルとしても配信します。

 

【水曜日】地方競馬の重賞予想

地方交流重賞並びに南関競馬の重賞をメルマガ限定コンテンツとして配信しております。だいたい地方競馬の重賞は水曜日に行われるので、水曜日にメルマガにて予想を配信しております。

※以前は地方交流GI並びに南関のSIレースに関してはブログで全体公開としていましたが、今後はメルマガ限定のコンテンツとなります。

 

【木曜日】中央競馬の全レース回顧

木曜日には前週に行われた中央競馬の全レース分の回顧文&データを配布します。

 

各競馬場ごとに前週に行われた全てのレースの詳細と勝ち馬の評価、そしてそのレースで不利を受けた馬や次走注目するべき馬、危険な人気馬などを全て網羅して配信しております。

そんな、文章でのボリューム満載なレース回顧に加えて、、、

スクリーンショット 2015-12-31 15.45.42

スクリーンショット 2015-12-31 15.46.00

エクセルファイルにて競馬場ごとに新馬戦から上級戦まで、全てのレースの結果情報、レース回顧コメント、先週の結果分析のタイムランク情報などを載せたデータファイルを毎週配信しています!

正直言って回顧をやっているブログ、メルマガはあれど、中央競馬の全レースの回顧をまとめて配信している媒体はウチだけだと思います。

これを見れば縦比較で走破時計やレースラップがどれくらい優秀なのか把握できますし、予想の際にこれを見ればどの馬が強いレースを戦ってきたのかが一目瞭然です。

ただ、この文章だけではなかなかどういうものか伝わりにくいと思うので、2016年の函館競馬場の全レース分析データを下記リンクで無料でダウンロードできるようにしておきました。こちらを見てどんなものか確認頂ければ幸いです。

 

【金曜日】重賞まとめデータ配布
金曜日は重賞のまとめデータを配布します。この時点で重賞のプレ予想を配信いたします。

arg1

arg2

このような形で週末の重賞の出走馬の全頭レビューを印付きでPDFファイルにて配信いたします。

 

【土曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【日曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【不定期】海外競馬のレース予想の配信

最近では海外競馬の馬券もPATで購入できるようになりました。海外競馬のレース予想に関してもメルマガにて配信します。こちらは実施が不定期なので配信日はその時々になりますが、メルマガをご購読いただければ海外競馬まであなたの競馬ライフをカバーいたします。

 

これだけのボリュームあるコンテンツを毎日更新予定!!

サイト記事だけではわからない予想する際に使うデータベースや、結論を導くまでのメソッドをメルマガを通して余すことなくお伝えできればと思っております。

今までなんとなく馬券を買ってきたという方は、ぜひ本当の競馬力を身につけていただくためにも読んでいただければ幸いです。競馬予想の真髄をお見せいたします。

 

なお、現在、徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」では、

初月無料キャンペーンを実施しております!

それに加えて、5周年記念の11月には特別プレゼントも実施中!!

(1)「回収率100%を越えるための必須メソッドとその思考法」をプレゼント (11月末迄)

(2)「2歳馬データベース 2018-2019」をプレゼント (11/15迄)

今だけのプレゼント企画を入手するチャンスになります。詳細はコチラからご覧いただけると幸いですが、、、

今、ご購読頂くと実質2ヶ月分お得な時期になります!!

年始にもお年玉企画など毎年やっておりますが、おそらくブログ&メルマガ創設史上、ここまでお得な期間はないかと思われますので、まずはお気軽にご登録頂き、競馬予想の真髄はどういったものかを見ていただければ幸いです。

 

当サイトをご愛顧頂いている方、データベースを見たい方、競馬力を身につけたい方、とにかく馬券を当てたい方、皆様に満足いただけるようなコンテンツとなっておりますので、ぜひともご購読頂けますと幸いです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

購入する!

関連記事

【天皇賞(春)2018の予想ヒント】レースラップや馬場、展開などを分析考察します

天皇賞(春)2018(京都芝3200m)の考察です。 4月29日に京都競馬場で開催され発走時刻

記事を読む

【ヴィクトリアマイル2018の予想ヒント】枠順から見るレース見解

ヴィクトリアマイル2018(東京芝1600m)の考察です。 5月13日の東京競馬場で開催され発

記事を読む

朝日杯FSはリオンディーズという怪物誕生!

先週は土曜競馬こそちょいマイナスくらいで終わりましたが、日曜が久々に「コテンパン」に負けまし

記事を読む

菊花賞2018の予想を公開!

菊花賞2018(京都芝3000m)の予想です。 10月21日に京都競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

チャンピオンズカップは枠順競馬を制したサンビスタが牝馬初V快挙

チャンピオンズカップの結果によって、この秋のGIで続いていたとある記録が途切れました。 <スプ

記事を読む

チャンピオンズカップ [1] 能力比較と適性把握が全て

JRAのダートってどこで採取されているかご存知ですか?実は株式会社ルナサンドっていう会社が取り扱って

記事を読む

ジャパンカップの予想を公開!

【ジャパンカップ⇒18頭立てがわずか3頭立てに!これってありですか?】 いきなりですが、みなさ

記事を読む

朝日杯FS [3] サンデーサイレンス目覚めの時

アギーレ監督が八百長問題で告発されましたね。恐らくですが監督を続けるのは難しそう。非常事態は手倉森監

記事を読む

安田記念はモーリスがマイルの新王者に!

今日は東京競馬場に行っていたわけですが、やはり朝から鼻水が止まらなくて死ぬ思いでございました。

記事を読む

【スプリンターズS2017の予想ヒント】ダイアナヘイロー&メラグラーナの考察

スプリンターズステークス2017(中山芝1200m)の考察です。 10月1日に中山競馬場で開催

記事を読む

【ジャパンカップ2018の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

ジャパンカップ2018(東京芝2400m)の考察です。 11月2

11月3週のレース回顧〜外人騎手の凄さと日本人騎手の意地と

さて今月からブログの方できちんとレース回顧を書いています。 重賞

福島民友カップ2018の予想を公開!

福島民友カップ2018(福島ダート1700m)の予想です。 11

マイルチャンピオンシップ2018の予想を公開!

マイルチャンピオンシップ2018(京都芝1600m)の予想です。

東京スポーツ杯2歳ステークス2018の予想を公開!

東京スポーツ杯2歳ステークス2018(東京芝1800m)の考察です。

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑