*

ダービー卿チャレンジトロフィー2018の予想を公開!

公開日: : 重賞レース考察・予想

ダービー卿チャレンジトロフィー2018(中山芝1600m)の予想です。

3月31日に中山競馬場で開催され発走時刻は15:45です。出走馬はグレーターロンドン、マルターズアポジー、レッドアンシェル、テオドール、ヒーズインラブなど。中山競馬場の芝1600mで行われるGIII戦です。

 

PR【今週は春の中長距離G㈵戦!大阪杯含む2重賞】

今週は重賞2レース「ダービー卿CT」「大阪杯」
そこで、的中率がものすごいことになっている“ある指数サイト”で2重賞をチェック!

この指数はとても便利!
様々な指数の良いところをまとめて弾き出しているので、レースにフィットした数値と言えるし、自分の予想を補完してくれる良きパートナーになっています。

今すぐこの指数を見て競馬予想したい方はこちらから登録してください。

それでは各レースの過去4年のデータです。

大阪杯は2015年の1着以外、指数上位6頭で決まっています。

赤文字のコラボ@指数」「指数30以下」に注目しましょう。
大阪杯はデータチェックだけでもらったようなものですね。

指数順位だけでなく、指数値が重要なので、まず会員登録してデータチェックすることをおススメします。

 

その大阪杯の指数予想はサイト運営者「北条氏のブログ」にて日曜日お昼頃、無料で公開されるんですよ。登録してない方は今のうちに!

見れるものを見ない手はないじゃないですか。

春の中長距離G㈵戦!「大阪杯」はどうなるか!?
そして「ダービー卿CT」の2重賞を
赤文字のコラボ@指数」要するに「指数30以下」に注目して獲りにいきましょう。

⇒ 大阪杯の予想を見る

 

ダービー卿チャレンジトロフィー 2018予想

ダービー卿チャレンジトロフィーの週中分析記事はこちらから

 

予想の根拠

中山芝コースは例年レベルの時計のかかる馬場。先週までのAコース開催は最後はインが荒れてしまって外差し傾向出ていたが、今週からはBコースになってある程度荒れた部分はラチでカバーされるはず。

上記画像が先週日曜の中山9Rのキャプチャ写真だが、図上の黒い線がBコースのラチと考えるとBコース開幕の今週はラチから3、4頭分外ぐらいの位置が伸びる馬場か。あんまり外をぶん回すような馬(グレーターロンドンなど)を買いやすい馬場ではないだろう。

 

そして今回のレース予想の鍵は何と言ってもマルターズアポジーがどういうペースを刻んで逃げるのかという点。

マルターズアポジーが今までに逃げてきたラップ構成、昨年の同舞台=京成杯オータムハンデで逃げたレースラップ、今回外枠を引いたことで序盤は息が入らなそうな展開などを考えて想定したレースラップと全体時計はこんな感じ。

12.5 – 10.7  – 11.3 – 11.6 – 11.6 – 11.5 – 11.8 – 11.9 (34.5 – 35.2 [1:32:9])

前半3ハロン通過が34.5で1000m通過が57.7。マルターズアポジーにとってこれは特別厳しいハイペースというわけでもなく、これぐらいのペースを単騎で行ければ最後までそうラップは落ちないはず。例年のダービー卿チャレンジトロフィーの走破時計を考えても1分33秒前後での決着が濃厚で、そうなれば上がり3ハロンは35.2程度になる。

マルターズアポジーの逃げるペースを追走できるスピードがありつつ、前目で34秒台中盤、差しなら34秒を切るぐらいの上がりを使える馬を狙いたい。

 

より詳細な予想考察はメルマガにて

arg1

arg2

メルマガでは金曜日に重賞まとめデータと称して、その週の重賞の全頭診断などを含むより詳細な予想を公開、配信しております。

推奨買い目などもメルマガ限定の公開となっておりますので、ご興味ある方はコチラより詳細をご確認ください。

 

 

ダービー卿チャレンジトロフィー 2018の印

本命 ◎テオドール

本命はマイルの距離で折り合いつけばこの馬が一変する可能性大と見ている。

素質は若駒時代から期待されていたが、とにかく折り合い難が酷くて出世が遅れていたような馬。函館2歳ステークス勝ちの母のスピードが前面に出てしまっている印象で、スローの1800m以上では終始引っかかってしまうレースが続いており、めちゃくちゃな競馬続きでよくオープンまで来たなという感じの馬。

この馬に関してはTVh賞と美浦ステークスのレースラップを見れば重賞級の能力があるのは一目瞭然。

【TVh賞】
12.6 – 23.5 – 34.8 – 46.0 – 57.4 – 69.1 – 81.2 – 93.5 – 106.1 (34.8-37.0)

【美浦ステークス】
12.9 – 25.4 – 36.5 – 47.5 – 58.7 – 70.4 – 82.3 – 94.2 – 107.1 (36.5-36.7)

TVh賞は時計の速い馬場だったとはいえ札幌の洋芝で1600m通過が1:33:5という圧巻の時計。美浦ステークスにしても1600m通過が1:34:2。翌週に行われたターコイズSの決着時計が1:34:2ですから、どれだけ優秀な内容で走っていたかがわかるか。

しかもこの2戦は能力を出し切ってこのラップを刻んだのではなく、折り合い欠いて暴走気味の逃げになってこのラップを刻んだ。それでいてここまでのスピード性能を見せるんだからこの馬のポテンシャルは相当なもの。

鹿野山特別や三木特別を見れば折り合いさえつけば最後は鋭い決め脚も使える馬で、今回は淀みなく流れるマイル戦となれば脚が溜まる可能性は高い。ここ数戦よりも位置は落とすだろうが、鞍上のキャラ的にもそこまで後ろの位置にするとは思えず好位〜中団ぐらいの競馬になりそう。TVh賞で前半3F=34.8 5F=57.4を自分で刻んでいるんですから今回のマルターズアポジーのペースでスピード負けもしないでしょうし、逆に周りが負荷がかかる分、この馬にプラスに働きそう。

しっかりと折り合って直線に向ければ恐らくこの距離なら素晴らしい末脚が使えるはずで、秘めているポテンシャルを考えればここは突き抜けてもおかしくない。久々のマイル戦という事で距離とペースに戸惑ってレースに参加できないリスクはあるが、それでも一番強い可能性ある馬が5番人気程度で買えるならばここから入りたい。

 

対抗 ◯ヒーズインラブ

馬の能力は重賞級のヒーズインラブだがあとは鞍上がどう乗るか。

2走前の節分ステークスは同週の東京新聞杯よりも速い時計。ペースこそ違えどより雨の影響を受けて時計がかかった土曜日に行われて、それでいて東京新聞杯よりも速い時計というのは素直に評価できる。この馬の走破時計でもリスグラシューに1馬身先着している計算になりますし、勝ち馬ロジクライが次走でオープンを1:32:9で押し切ったのも当然という感じ。

前走は一転してスローペースからの瞬発力勝負になったがそれにも対応して勝利。一流の決め手と持久力がある事はこの2戦で十分に証明してみせた。

今回は重賞と言っても能力的にはこの馬が最上位レベルという認識でいいはず。本来ならば本命にしたい馬なのだが、こういう末脚タイプの馬に乗る時の藤岡康太騎手は全く信頼ならない。後方の勝負にならない位置で回ってきて脚を余すパターンがかなり想像できそうで、その点で本命にはできませんでした。

 

単穴 ▲レッドアンシェル

三番手はレッドアンシェルがいかにも無難な相手候補という感じ。

抜けて強いイメージはないがそつなく競馬ができる安定型。前走もテン3ハロンだけ速いペースを楽に追走できていましたし、差しが上位に来る展開で3着なら時計面以上に評価はできそう。

なんだかんだで中山マイルの内枠で人気馬の中では最もスムーズに競馬ができそうですし、NHKマイルカップでの1:32:9という時計からも決着時計への裏付けはありそう。絶好枠で1番人気濃厚でなおかつ絶不調の戸崎騎乗となると本命にはしにくいが、相手としては無難に評価するべきと見ます。

 

特注 ☆マルターズアポジー

四番手は自分の競馬さえできればマルターズアポジーでいいはず。

とにかく自分のペースで逃げの手さえ打てれば強い馬で、今回はマイル戦だが完全な同型はいないので恐らくは逃げられるだろう。

昨秋の京成杯オータムハンデでは高速馬場で前半57.1というかなり厳しい展開で4着。今回はあの当時よりも時計のかかる馬場ですし楽にいけるはず。

12.5 – 10.7  – 11.3 – 11.6 – 11.6 – 11.5 – 11.8 – 11.9 (34.5 – 35.2 [1:32:9])

恐らくマルターズアポジーが中山マイルで競られずにマイペースで逃げればこれぐらいのラップになるはずで上がりも35.2程度でまとめられるだろう。そうなれば全体時計は1:32:9になりますし、今回のメンバーで中山マイルを1:32:9で走れる馬はそういないはず。人気なので中心視はできませんが、自分のペースで逃げられれば当然上位評価でいいでしょう。

 

△  キャンベルジュニア <穴推奨>

久々に絶好条件が訪れた感じのキャンベルジュニアは穴候補として面白い。

血統のイメージ通りにスパッとはキレないが持続的な脚が使える馬で、この馬の限界上がりは34.5程度。昨年のダービー卿チャレンジトロフィーは2着だったが、スローペースでロジチャリスとは位置取りの差で負けただけ。この馬は幕張ステークスのパフォーマンスを見てもポテンシャル勝負は得意なので昨年はスローの展開が向かずに2着だった可能性が高い。

それ以降は活躍できていないが、京王杯2歳SとスワンSは道悪馬場でノーカウント。阪神カップはメンバーレベルが高かったことに加えて位置が取れずで相対的にキレ負け。加えて直線でも不利を受けていましたし、ここ3戦は競馬になっていない。

今回は昨年2着の条件でこの馬の上がりで足りそうな舞台。絶好枠を引くことができましたし、ここは人気落ちで穴を開けてもなんら不思議でない。

 

△  サンライズメジャー

年齢と鞍上だけで切る人が多そうなサンライズメジャーだがここ3戦のレース内容だけ見ればここでも能力上位。

オーロカップとキャピタルステークスはどちらも外が伸びない馬場や展開で差し込んできての強い内容。前走の阪神カップはこの馬も33.8の上がりを使ってはいるが、レコード時計がでたハイレベル戦で前が止まらなかったので仕方なし。

キャピタルステークスで時計の裏付けはありますし、今回は阪神カップぐらいの上がりが使えれば馬券圏内に差して来れるはず。もちろん常識的に9歳馬は厳しいですし田中勝春騎手への期待も低いですが、条件上がり馬が中心になりそうなメンバー構成ならば印には入れておきたい。

 

△  ストーミーシー

どうもどこかで穴をあける気がしてならないストーミーシーは抑えておきたい。

この馬は毎回最速に近い上がりを出すがそれがハマるかどうかという馬。前走の東京新聞杯はスローでキレ負けした感じで、京都金杯は出遅れから差してきたがギリギリ届かずの少差。同日のオープン戦と同じ時計で勝った奥多摩ステークスの内容からも重賞で互角に通用していいはずで、今回の中山マイルという条件は3歳時にニュージーランドトロフィーで勝ち負けを演じた舞台。

恐らくある程度上がりのかかる中山マイルぐらいがちょうどハマる可能性が高そうで、末脚を活かす競馬なら最初から外枠の方が競馬はしやすそう。同じ差し馬を買うならグレーターロンドンよりはこちらの方がオッズ的にも魅力はあります。

 

△  グレーターロンドン

人気先行タイプのグレーターロンドンは今回は怪しい人気馬。

どうも天皇賞の道悪馬場を使われてから馬が萎れてしまった感じで、ディセンバーステークスも全盛期のこの馬ならもっと際どい勝負に持ち込めていたはず。

前走の東京新聞杯では積極的に乗って全く伸びなかったところを見ても前半で急かすとダメなタイプで、こういうタイプはマルターズアポジーのような逃げ馬がいる展開は苦手。前走の負けから前半でリズム重視で後方で進めることは間違いなく、そうなればどんな鬼脚を使っても1:32:9ぐらいの決着時計では間に合わない気がします。

 

△ ロジチャリス

最後にロジチャリスは抑えておく。近走を見ても位置が取れずに追ってもフットワークがモタモタしてほとんど能力を発揮できていない感じ。ダイワメジャー産駒らしくバテずに長く良い脚を使うのが売りと見て良さそうで、恐らく近2走の34.7という上がりはミドルペースを先行しても同じくらいのものが使えるはず。

今回はブリンカー着用で池添騎手となれば積極策をとってくるはずで、一応の昨年の覇者ですし前々の競馬での変わり身を警戒はしておく。

 

 

印まとめ

◎テオドール
◯ヒーズインラブ
▲レッドアンシェル
☆マルターズアポジー
△キャンベルジュニア <穴推奨>
△サンライズメジャー
△ストーミーシー
△グレーターロンドン
△ロジチャリス

勝負度C

 

推奨馬券

このレースの買い方に関しましては、メルマガにてのみの公開とさせていただいております。会員様はメルマガにて閲覧ください。

重賞以外の平場の予想はメルマガ限定での公開となっておりますので、そちらもご覧になりたい方はぜひともメルマガを購読してみてください。

 

なお今週末はドバイミーティングがありますが、ドバイゴールデンシャヒーンとドバイターフはブログにて予想配信。ドバイシーマクラシック、ドバイワールドカップの2レースはメルマガ会員限定の配信という形にさせていただこうと思っております。どうぞお楽しみに。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

購入する!

 

【PR:100万超えの配当を連発する競馬予想】

”勝てない競馬はもうやめにしませんか?”

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【最高のIT技術】を駆使して

帯封超えの的中を量産しているサイト!

先週も帯封馬券を含む高額配当を多数的中!

◆◆近走の ”大万馬券” お届け実績!◆◆

3月11日(日)阪神09R 淡路特別

3連単 04−09−05

獲得金額 1,586,100円!

その他俺の競馬の的中実績はこちら!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

これだけの高配当を量産することが出来るのか?

全ての結果には「理由」がある!

儲けることだけを考えて辿り付いたもの…それは

・確かな情報筋からの独占情報
・最新競馬ロジックの駆使
・投資会社からヘッドハンティングした資産運用のノウハウを活用

この3つをMIXすることで、他社には真似できない正解を導き、

競馬をギャンブルから安定した投資へ引き上げることに成功。

これが次世代の投資競馬サイト「俺の競馬」

圧倒的実績を誇る俺の競馬が

今週も「大阪杯の予想」を無料で公開することが決定!!!

■登録方法は超簡単!

※メールアドレスの登録のみで簡単に無料登録できます。

※スマホの場合はQRコードを読み取るだけで簡単に登録できます。

↓↓↓無料登録↓↓↓

重賞レースの無料予想を今週から受け取る

関連記事

東京新聞杯2017の予想を公開!

東京新聞杯2017(東京芝1600m)の予想です。 2月5日に東京競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

京王杯スプリングカップ2017の予想を公開!

京王杯スプリングカップ2017(東京芝1400m)の予想です。 5月13日に東京競馬場で開催さ

記事を読む

阪神カップ [1] 超ハイペース濃厚で狙うはあの差し馬?

少し野球の話でも。金子投手のオリックス残留が決まりましたね。これで同じ関西でも阪神は補強全敗、オリッ

記事を読む

【阪神牝馬S2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

阪神牝馬ステークス2017(阪神芝1600m)の考察です。 4月8日に阪神競馬場で開催され発走

記事を読む

【中山記念2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

中山記念2017(中山芝1800m)の考察です。 2月26日に中山競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

愛知杯2018の予想を公開!

愛知杯2018(中京芝2000m)の予想です。 1月13日に中京競馬場で開催され発走時刻は15

記事を読む

小倉2歳ステークス2018の予想を公開!

小倉2歳ステークス2018(小倉芝1200m)の予想です。 9月2日に小倉競馬場で開催され発走

記事を読む

クイーンC2017の予想を公開!

クイーンカップ2017(東京芝1600m)の予想です。 2月11日に東京競馬場で開催され発走時

記事を読む

関屋記念の予想を公開!

【2週連続で8万馬券と4万馬券を的中させている無料予想】 「夏競馬は調子が重要」「夏競馬は格よ

記事を読む

【毎日王冠2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

毎日王冠2017(東京芝1800m)の考察です。 10月8日に東京競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

【AJCC2019の予想ヒント】ローテーションや馬場、展開などを分析考察します

AJCC2019(中山芝2200m)の考察です。 1月20日に中

【東海ステークス2019の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

東海ステークス2019(中京ダート1800m)の考察です。 1月

【AJCC2019の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

AJCC2019(中山芝2200m)の考察です。 1月20日に中

1月2週のレース回顧〜デムルメの2019年のはじまり

さて、先週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時

京成杯2019の予想を公開!

京成杯2019(中山芝2000m)の予想です。 1月14日に中山

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑