*

【2016】札幌2歳ステークスの予想を公開!

公開日: : 重賞レース考察・予想

今日は9/3(土)に行われる札幌2歳ステークスの予想です。昨年は8番人気◎クロコスミアで的中させたレースなので今年も当てたいところ。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」

arg1  全レースデータ

サイトだけでは伝えきれない筆者の競馬予想のメソッドを皆さんへお届け。競馬予想の真髄をあなたへ伝授いたします。詳細はコチラから。  

↓↓↓ココからが本題↓↓↓  

札幌2歳ステークス 予想

新潟2歳ステークスの分析の際も、今年の2歳馬はメンバーレベル低いと書いた記憶がありますが、それは北海道シリーズとて同じ。ただ北海道シリーズの場合は今年の2歳馬のレベルが低いというよりは、6月の東京開催の新馬戦ができたおかげで有力馬が北海道に流れてこなくなったというのが大きいと思います。昨年の札幌2歳ステークスの好走馬はクラシックで全く活躍できませんでしたし、以前のようなグランデッツァ、ゴールドシップ、コディーノのような素質馬が最初に対決する舞台という意味合いは弱まったか。

昔はこのレースこそ翌年のクラシックを最速で占う、という印象がありましたが、近年はとにかく現時点での能力を競い合うという意味合いに変わってきた印象。そう考えれば今年のメンバーは現時点での能力差は計りやすそう。恐らくあの馬の能力が抜けているはずです。

というわけで、予想の発表。

 

 

本命は◎タガノアシュラのスピードと基礎体力が抜けています

新馬戦はレコードタイムでの大圧勝劇。もう皆が書いていることですが、その2着のサトノアリシアは未勝利→コスモス賞を連勝。大きく引き離した3着以下の馬も未勝利で活躍しているだけに、ここはメンバーレベルの高いレースでタガノアシュラが抜け切ったレースをしたと考えるのが妥当か。

スタートが抜群に速い馬で、溜めてスパッとキレるようなイメージは湧きませんが、現時点での基礎体力とスピードは抜け切っている印象。マンハッタンカフェ産駒なので内枠で揉まれたり変に控えると危ないと見ていましたが、良い具合の外枠を引くこともできましたし、陣営コメントや武豊騎手のコメントを見る限り恐らく逃げの競馬をするはず。先々の事を考えて競馬を教えるというよりは完成度の高さを活かして賞金を稼ぎにくると思います。

初戦もレコード勝ちでしたがまだまだ余裕ある内容でしたし、ここもマンカフェ産駒の脆さを出さなければまず勝ち負けになるでしょう。普通に圧勝まであっていいと思います。

 

武豊騎手はこういうタイプの逃げ、先行馬に乗るとスローペースには落とさず平均ペースで逃げるケースが多く、キャリアの浅い基礎体力のつききっていない2歳馬ですとタガノアシュラの平均ペースの逃げに潰される可能性が高そう。そうなると相手として連れてくる可能性が高いのは、前へ行く馬ではなく控えて決め手を活かす馬でしょう。

 

そう考えると対抗は◯コリエドールで良さそう。

母レクレドールという良血馬で、新馬戦の内容はタガノアシュラの次に評価できそう。スタートはぬるっと出るので早くはありませんが、新馬戦はかなりのスローペースを後ろから差し切る強い内容。加速ラップで終わっているところを見てもまだまだ余力はありそうで、並びかけられてからまた伸びたところを見ても勝負根性は相当。

ベルーフの半弟というところを見ても持続力勝負は問題なさそうで、今回はタガノアシュラに前の馬は潰されそうなのでスタートが遅い事も逆に向きそうな感じもします。

 

三番手は人気でも▲ディープウォーリアに期待。

新馬戦はやや重馬場を早め先頭で押し切る渋い内容。あんまりスパッとキレるディープインパクト産駒のイメージはないですが、最後は加速ラップで終わっているのを見てもまだ余力はあるか。普通に考えてこの血統なら良馬場に替わるのは良さそうで、脚を溜める事でパフォーマンスを一変させることもあるかも。

 

穴として期待したいのはあたりでしょうか。

全く人気ありませんが前走で倒した相手は結構骨っぽい馬。前走のタイムランクはEですが、この馬は時計云々ではなくバテずにグイグイ伸びてくるスタミナ差しタイプの印象。前走も他の馬がバテた中で伸びてきて勝ちきった感じですし、今回はタガノアシュラが前を潰しそうな展開がドンピシャでハマりそうな感じはします。

 

アドマイヤウイナーは新馬戦の内容自体はまずまず。4コーナーでポジションを落としながら直線だけで勝負を決めた事に関しては評価したい。

 

素質馬インヴィクタはとにかくこの枠がネック。ハービンジャー産駒は内枠ですと何もできませんし基本的に昇級しての期待値はゼロ。その中でも札幌2歳ステークスはまだ走りやすい舞台だとは思いますが、重い印を打つ必要はないか。

 

アンノートルは本州組との能力差がどうかというのが鍵ですが、ここ2戦を見る限りバテたと思ってもじわじわ伸びてくる持久力タイプ。条件自体は合いそうですが、アイルハヴアナザーという馬のイメージがいまいちまだ信用できないのでヒモまで。

 

前走は立ち回りの上手さで勝ち上がった感じのあるトリオンフは今回は展開が厳しそう。この枠を引けたことはいいと思います。

 

エトルディーニュはタガノアシュラさえいなければ本命にしてもいいかなと思っていた馬。前走も序盤で折り合いを完全に欠きながら2着を突き放す完勝。ただ外枠でタガノアシュラが逃げる展開となると好走の期待値はかなり下がるか。

 

ブラックオニキスとトラストに関してはちょっとクローバー賞のレベルが低すぎ。中央での1勝馬が1頭しかいないというようなメンバー構成で、未勝利よりもレベルが低かったと言わざるを得ません。

そのレースをブラックオニキスはインを上手く立ち回って勝利した感じ。トラストも前評判から人気していますが、1500mでも折り合いに苦労していた馬が1800mで上手くレースできるかは疑問。今回は前に行きそうなのでそうなるとタガノアシュラに潰される気もします。

 

印まとめ

◎タガノアシュラ
◯コリエドール
▲ディープウォーリア

△1アドマイヤウイナー
△2インヴィクタ
△3アンノートル
△4トリオンフ
△5エトルディーニュ

 

関連記事

京都牝馬S [1] ディープ×福永騎手のジレンマ

昨日の京都最終レース。断然人気は福永騎手騎乗のフミノファルコン。その単勝オッズは1.7倍。戦績的に見

記事を読む

【東海ステークス2020の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

東海ステークス2020(京都ダート1800m)の考察です。 1月26日に京都競馬場で開催され発

記事を読む

【2016】函館記念 / 枠順&展開考察(レッドレイヴン、マイネルミラノ等の枠順は如何に)

今日は7/17(日)に行われる函館記念のレース考察を行います。函館芝2000mで行われるGIII戦で

記事を読む

【2016】中日新聞杯 / レース考察(中京芝2000mで行われるGIII戦を徹底考察します)

今日は3/12(土)に行われる中日新聞杯のレース考察を行います。中京芝2000mで行われるGIII戦

記事を読む

【東京新聞杯2018の予想ヒント】過去データやローテ、血統などを分析考察します

東京新聞杯2018(東京芝1600m)の考察です。 2月4日に東京競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

【マイラーズカップ2021の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

マイラーズカップ2021(阪神芝1600m)の考察です。 4月25日に阪神競馬場で開催され発走

記事を読む

フラワーカップ2019の予想を公開!

フラワーカップ2019(中山芝1800m)の予想です。 3月16日に中山競馬場で開催され発走時

記事を読む

京成杯AH [3] ある程度の高速馬場にはなるはず

今日はある程度、馬場についてのお話になると思いますので、このエントリー以上に馬場のことを知りたい方は

記事を読む

【キーンランドカップ2023の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

キーンランドカップ2023(札幌芝1200m)の考察です。 8月27日に札幌競馬場で開催され発

記事を読む

【2016】ダービー卿CT / レース考察(中山芝1600mで行われるGIII戦を徹底考察します)

今日は4/3(日)に行われるダービー卿チャレンジトロフィーのレース考察を行います。中山芝1600mで

記事を読む

【日本ダービー2024の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

日本ダービー2024(東京芝2400m)のレース考察です。 5月

5月3週のレース回顧〜チェルヴィニアとステレンボッシュの一騎打ちの見立ては合っていたんですが・・・

2024年5月3週の中央競馬レース回顧です。前の週に行われた中央競馬の

オークス2024の予想を公開!

オークス2024(東京芝2400m)のレース予想です。 5月19

メイステークス2024の予想を公開!

メイステークス2024(東京芝1800m)のレース予想です。 5

平安ステークス2024の予想を公開!

平安ステークス2024(京都ダート1900m)のレース予想です。

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑