*

【2016】京都新聞杯/ レース考察(京都芝2200mで行われるGI戦を徹底考察します)

公開日: : 重賞レース考察・予想

今日は5/7(土)に行われる京都新聞杯のレース考察を行います。京都芝2200mで行われるGII戦です。その前に余談を少し。

 

まさかのTAROの競馬さんでも触れられていたのでレスター優勝についてを少し書きます。

本当を言えばもう少しトットナムが頑張ってもらって、レスターが勝って優勝を決めるところが見たかったのですが、まぁそれは仕方なしということで実にあっぱれでございます。これを「よその国の事だから関係ない」と言ってしまった某人間はまさしく老害という言葉がぴったりかと。

けいば手帖さんが「あれやな、ベイスターズが優勝するくらい凄いことやな」的な事を先週の日曜に行っていましたが、ベイスターズを過大評価するわけでもなく、そんなレベルの低い事ではありません。ベイスターズを例えとするのであれば、、、

ベイスターズが今季からセリーグを10連覇する

ぐらい難しい事だと思います。

今季はイタリア、ドイツ、フランスこそ、ユベントス、バイエルン、パリサンジェルマンと順当なチームが上にいますが、イングランドがレスター、スペインもアトレティコ・マドリーに優勝の可能性があるなど、スモールクラブの活躍が目立ちます(アトレティコをスモールクラブと言ってしまうのは違う気もしますが)

また来季はプレミアの大監督移動があるので、ビッグクラブの巻き返しがあるとは思いますが、こういう大躍進もサッカーの魅力だなぁと思う次第であります。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」

arg1  全レースデータ

サイトだけでは伝えきれない筆者の競馬予想のメソッドを皆さんへお届け。競馬予想の真髄をあなたへ伝授いたします。詳細はコチラから。  

↓↓↓ココからが本題↓↓↓  

【2016】京都新聞杯 予想考察

過去5年のレース傾向

スクリーンショット 2016-05-04 1.49.50

京都で行われる重賞ということで、基本的には内枠の方が有利なレース。過去4年の勝ち馬を見ても3枠より内枠の馬しか勝っていません。ただ、毎年外枠の馬が1頭は馬券に絡んでいますし、内枠の決め打ちだけで良いかと言えば違うレースなのでそこは難しいところ。

京都外回りで行われる重賞というととにかく決め手が重要なレースになると思われそうですが、2011年以外は好走馬の上がりは34秒台で足りるレース。この理由に関しては血統とラップの部分で詳しく解説します。

ここ4年はトーセンホマレボシ、キズナ、サトノラーゼンと3頭がここをステップに日本ダービーで好走しているように、近年は日本ダービーとの関連性が強くなってきている印象。東京の芝が5月末でも前有利の馬場になってきているので、このレースとの関連性が深くなってきている気はします。

 

血統傾向

スクリーンショット 2016-05-04 1.53.32

3歳限定の京都で行われる中距離重賞となれば、もう基本的にはディープインパクト産駒の独壇場になるのは常識的にわかるでしょう。過去5年の中で2回はディープインパクト産駒のワンツースリーになっていますし、もうディープインパクト産駒がいれば無条件に評価するぐらいの優遇は必要と言えます。

ただ、ディープ産駒が走る一方で対照的なスタミナ系の血統も走っているのがこのレースの特徴。まず目立つのがロベルト系、特にタニノギムレット産駒が2勝も挙げている点に注目。それ以外にもグレイソヴリンを持っている馬はよく走っていますし、サンデー系でも少し重めと言えるネオユニヴァース産駒がやたら走っています。

次のレースラップのところで詳しく見ますが、このレースは京都中距離重賞で行われる割に瞬発力勝負にはなりません。スタミナを要求される持続力勝負になる傾向が強いので、ロベルトなりグレイソヴリンを持っている馬が有利になるんでしょう。その2つの血統を持っていて、ある程度上がりが使えるタニノギムレット産駒がよく走っているのは必然と言えそうです。

 

レースラップ傾向

スクリーンショット 2016-05-04 1.53.55

典型的なスローペースと言えるレースになったのは2011年のクレスコグランドの年ぐらい。京都コースなら展開利でなんとかなるんじゃないかと思っている馬が大逃げを打つケースが多く、まずペースは淀みなく流れます。

一般的なトライアルレースよりもペースが流れるので、その分最後の瞬発力勝負にはならない傾向。それでも京都コースで差せる馬ということでディープインパクト産駒がよく走りますが、ロベルト系やグレイソヴリン系を持つ馬が走っている理由もこのラップをみればよくわかるでしょう。

ディープ産駒の切れ味は大事だけど、レースの本質は瞬発力勝負ではなく持続力勝負

ここが京都新聞杯を考える上で重要なポイントだと思います。あとは2014年のような本当のポテンシャル勝負になるのか、それとも2015年のようなある程度立ち回りと決め手重視のレースになるのか、その見極めな感じはします。

 

レース傾向まとめ

今日のところはこの辺りにしておきます。出走メンバーはこんな感じ。

スクリーンショット 2016-05-04 4.51.36

どう考えても距離も持久力勝負も合わない「THE 買ってはいけない」臭がプンプンするスマートオーディンが果たして何倍くらいのオッズになるんでしょうか。もうこの馬の適性はマイルとバレているはずなので、前走勝ったといってもそんな一本被りのオッズになる気はしませんが、他のメンバーを見ても1番人気はスマートオーディンで堅そう。

ロイカバードはきさらぎ賞で見放されそうな感じもあり、超良血のエルプシャフトが未知の人気を被る気はします。

 

現時点で京都新聞杯はこの馬に注目しています。

その馬の名はブログランキングで公開中

 

距離、レース質、血統、能力共に最上位評価でいいはず。勝ちきれないタイプの馬ですが、今回の条件なら頭まであっていいはず。後は差しにこだわらずにある程度の位置で競馬できるかだと思いますが、このレースなら控えてもやれる気はします。

 

関連記事

フェアリーS [3] 有力馬の評価を公開

前回エントリーではフェアリーSって意味ないんじゃない?っていう導入を書いたと思いますが、今年はその割

記事を読む

毎日王冠 [1] 天皇賞から逆算してこのレースの意味合いを考える

さて、今週はGIこそないですが、3日間開催で重賞が3つあるというかなり忙しい週末になりそう。しかも明

記事を読む

【2016】関屋記念 / 有力馬考察(マジックタイム、ヤングマンパワーなどの徹底分析)

今日は8/14(日)に行われる関屋記念のレース考察を行います。新潟芝1600mで行われるGIII戦で

記事を読む

根岸S [1] SSx欧州NDが好走血統

川崎競馬場は久しぶりに来ましたが、気づけば新スタンドできてから来るのは初めてかもしれません。記憶の中

記事を読む

武蔵野S [1] 次の大舞台で走らなそうな馬に期待

音楽の話になってしまいますが、今年のベストアルバムというのを決めなければいけない企画がございまして、

記事を読む

毎日王冠 [2] エイシンヒカリは本当に逃げるのか?

さて、早朝からパソコンをぱちぱち打っておりまして、先ほど「2歳馬番付」完成いたしました!

記事を読む

函館2歳S [2] レース傾向の続き(血統詳細編)

マーキュリーカップは本命の5番人気◎トウショウフリークが3着に粘る大健闘を見せるも、1着のユーロビー

記事を読む

チャレンジC [2] 重ハンデ馬は狙いにくいレース

さて、アーセナルの話をしようか迷いましたが、せっかくなのでけいば手帖のお見舞いの話でも。 &n

記事を読む

【2016】ターコイズS / レース考察(中山芝1600mで行われる重賞を徹底考察します)

今日は12/17(土)に行われるターコイズステークスのレース考察を行います。中山芝1600mで行われ

記事を読む

阪神牝馬Sの予想を公開!

我が横浜ベイスターズの連勝は昨日ストップ。 全てはエレラがボーク取られてしまったことが全てでし

記事を読む

【天皇賞(秋)2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

天皇賞(秋)2017(東京芝2000m)の考察です。 10月29

台風開催お疲れさまでした〜菊花賞は◎クリンチャーで的中〜天皇賞の軽い展望など

昨晩、日本列島を直撃しました台風21号。様々な被害が伝わってきています

菊花賞2017の予想を公開!

菊花賞2017(京都芝3000m)の予想です。 10月22日に京

ブラジルカップ2017の予想を公開!

ブラジルカップ2017(東京ダート2100m)の予想です。 10

富士ステークス2017の予想を公開!

富士ステークス2017(東京芝1600m)の予想です。 10月2

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑