*

東海S2017の予想を公開!

公開日: : 重賞レース考察・予想

東海ステークス(中京ダート1800m)の予想です。

1月22日に中京競馬場で開催され発走時刻は15:25です。出走馬はグレンツェント、アスカノロマン、ピオネロなど16頭。中京競馬場のダート1800mで行われるGII戦です。

 

今日は競馬終了後に新木場studio coastにフレデリックのライブを見に行ってきます。とてつもなく久々にライブというものを見に行くので、若者に混ざりながらも楽しみたいと思います。ひとまず重賞を当てて気分良く新木場に向かいたいものです。

 

sponsored link

PR
2017年注目必須の指数サイト
●北条流新競馬指数が熱い●

各ブロガー、会員より熱い視線の漢。
かくいう私も驚かされた新指数論。

北条直人

何がすごいのか!??
※無料版は全開催版の前半1〜6レースまで見放題

以下的中実績で信用性を得たい。(無料的中、一部抜粋)

2017年1月7日(土)

2017年1月8日(日)

2017年1月15日(日)

指数予想は自分でやって体験してみないと価値がわからない。
まずは無料で。北条流新競馬指数を今週試してみたい方はこちらから。
>>> コチラからメールアドレス登録

そして無料の実力がわかって、
7レース以降のコラボ指数を見たい方は
【コラボ放題プラン】月額1,980円をご用意。

的中実績(有料的中、一部抜粋)
2017年1月8日(日)

2017年1月14日(土)

2017年1月15日(日)

参考買い目はこのプランで見れる特典。
※うまコラボを使いこなす北条が推奨する買い目だと去年はこんな感じの結果。(一部抜粋)

お申込みの前にコラボ指数の精度が気になる場合
【先週までの指数、結果】【星川オフィシャルブログ】で確認。
それからでも遅くはない。


北条流新競馬指数を月額1,980円ぐらいならという方はこちら。
>>> コチラからメールアドレス登録

買い目を提供されるのは嬉しいことだが、
もちろん自分で予想をして的中させた方が競馬は楽しいはず。

そんなアナタのサポートを全面的にできるのがうまコラボ。
あなたの競馬予想力を高めるシステムがうまコラボ。

今アナタが競馬をやっていて、

こんな気持ちが少しでもあるなら、うまコラボが全面的にサポート。
なぜなら、このシステムを使えば北条の買い目提供はもちろんだが、
今までの自分の予想が、情報不足でマト外れな予想をしていたと気づくことになるだろう。

わからない事があれば星川が対応入ります。
>>> コチラからメールアドレス登録

 

東海ステークス 予想

予想の根拠はコチラです

ホッコータルマエがピークを過ぎてからダート中距離路線は群雄割拠。それは一昨年のダートGI路線がノンコノユメやサウンドトゥルーといった追い込みタイプに牛耳られたのでも明らか。誰がなんと言おうとダートの強い馬は先行タイプでないといけない。その存在がいないせいでダート中距離路線はホッコータルマエ以降は時が止まってしまった。

その時計を少し動かしたのが新勢力のアウォーディー。

ただ、この馬にしてもレベルが低いダート界で相対的に強かっただけで、歴史に名を残すようなダート馬ではない。今のダート界は新星が現れれば一気に一線級に飛躍できるだけのレベルと考えていい。

それでも現在のダート中距離界のトップはアウォーディーで間違いない。この馬との比較で見ていけば本当に強いダート馬というのが見えてくるはずだ。今回は極端なスローペースにもハイペースにもならなそうなメンバー構成。純粋に能力ある馬から買えばいいはずだ。

 

 

 

東海ステークス2017の印

本命 ◎ピオネロ

本命は2017年のダート界の中心になると見ているピオネロに期待したい。

その根拠は3つ。まずはシリウスSのレースレベルが異常に高いということ。1800m通過地点の時計が1:49:7と1800m戦でも速いような時計でしたし、普通に考えれば差し馬が台頭してくる流れで上位3頭のマスクゾロ、ピオネロ、アポロケンタッキーは逆に後ろを突き放しました。その後にオープンを2連勝しているミツバは展開向いたにも関わらずに差をつけましたし、先行策を取ったJDD馬キョウエイギアは成すすべもなく大敗。この事実だけを見てもシリウスSのレベルは相当高い。

そして2つ目はそのシリウスSで先着したアポロケンタッキーのその後の活躍ぶりだ。みやこSで明らかに距離不足の中でグレンツェントに先着。チャンピオンズカップは差し損ねて負けたが、東京大賞典ではアウォーディーに真っ向勝負を挑んでの完勝。今のダート界のトップをアウォーディーと考えればアポロケンタッキーは地力であの馬に勝ったわけで、今回出走しているグレンツェント相手にも先着ということを考えればピオネロもそれぐらいはやれていいということだろう。

最後の3つ目は左回りの中京コースに替わるということ。デビューからの2戦を見ても左回りコースではコーナリングも完璧で追い出してからの反応もピカイチ。BSN賞を見てもゴール前で突き放す一方でしたし、シリウスSで超ハイレベルなレースを経験した後にベスト舞台と言える左回りの1800mに替わったらどんなパフォーマンスを見せてくれるか、期待しかない。

おそらくもう1頭もグレンツェントの能力が抜けているはずで、直線ではこの2頭のマッチレースになりそう。そして位置取り面で自在性あるピオネロがそのまま押し切って先着する可能性が高いと見ている。

 

対抗 ◯グレンツェント

対抗はグレンツェントが普通に強いです。

チャンピオンズカップに出て来ればこの馬を本命にする予定だった馬。賞金足りずにその願いは叶いませんでしたが、もし出走していたら馬券になっていたといまだに思っています。

初ダートのレースを見た時から化け物だと思っていた馬で、見立て通りにこの世代のダートの中心を担う馬になりました。当初は位置が取れない差し一辺倒の馬でしたが今では自在性も身につけて欠点はほとんどない馬に。ダート転向以降は2着以下は1度しかなく、その1回もユニコーンSでTベリー騎手にかなり下手に乗られたのがすべて。

持っているエンジンがピオネロ以外の馬とは違うはずで、みやこSで勝ち負けを演じたアポロケンタッキーが東京大賞典であっさりアウォーディーを倒したところを見ても、この馬は現在のダート界の最強クラス。直線はピオネロとのデッドヒートになる気がします。

 

単穴 ▲

三番手はこの馬の一発に期待したい。

もともとは明け4歳馬のダート勢では伏兵の立場だったが、秋頃から急激に力をつけてついにオープンへ。前走の武蔵野ステークスで重賞挑戦となったが、さすがに時計が速すぎたことに加えて、行ききった馬と差し馬が上位を占めるレースになり、インの中団で速い流れを追いかけたこの馬は一番厳しい競馬になった。

ワンターンの東京マイルよりも内房ステークスで強い競馬を見せているコーナー4回のダート1800mの方が合いそうですし、その時に倒したのは重賞級と見ていいセンチュリオン。能力的にもここは十分に一発あっていいはずです。

 

特注 ☆アスカノロマン

能力認めてもアスカノロマンはこの評価まで。

地方のダートが合わないのを陣営が認めている馬で、実質的に目標はフェブラリーステークスとチャンピオンズカップに絞られる馬。その最大目標であるチャンピオンズカップで3着に激走した後、賞金も持っている馬が東海ステークスで仕上げてくるとはとても思えず、1週前追い切りのバタバタの動きを見ても今回は叩き仕上げか。

馬キャラを見ても、そこまで極端ではないコパノリッキーのような馬で、いかにスムーズに直線に向けるかが好走の鍵。前走のチャンピオンズカップはブライトラインがコパノリッキーを被せに行きましたが、その前にいたアスカノロマンとモンドクラッセには全くプレッシャーかかっておらず、モンドクラッセがあそこまで粘ったのを見ても前2頭はそこまで厳しくない流れだったでしょう。

みやこステークスや帝王賞の大負けっぷりを見ても、4コーナーで被される競馬になるとダメな感じで、能力はあるけどピンかパーな部分があるタイプ。今回は1枠1番で完全にマークされる立場になるでしょうし、先行タイプも多いので出入りは激しくなりそう。脚を溜めて直線で突っ込んでくるだろうグレンツェントとピオネロを凌げるイメージはあまりなく、被されればあっさり馬券外もあると思います。

 

△リッカルド

ここ数戦が全く競馬になっていないリッカルドも面白そう。

エルムステークスの内容を見ても、直線で爆発的な末脚を使えるような馬ではないが、動きたいところで動ける自在脚が魅力なタイプ。2走前の福島民友カップは出遅れの上に直線どん詰まりで全くレースになっていませんし、前走は極端な外差し馬場で最内を突いて全く伸びず。師走S先行組はドリームキラリを筆頭に巻き返し顕著ですし、スムーズに競馬できれば重賞ウィナーの力は侮れないと見ています。

 

△モズライジン

スムーズならばモズライジンも侮れない。

前走の東京大賞典は相手が強かったこともあるが、超スローを後ろから進めたことがすべて。2走前の名古屋グランプリは地方交流の忙しい流れが合わなかった感じ。基礎体力を活かせる舞台ならば相当強そうな馬で、晩秋ステークスではルメールが完璧に捌いたとはいえ圧巻の勝利。BSN賞でピオネロとそう差のない競馬をしているところを見ても、勝ち負けは無理でも3着なら可能だと思います。

 

インカンテーションは「復活するかも!」という陣営コメントで人気しすぎ。みやこSの時も同じようなコメントでていましたし、それだけでこの人気ならあまり買いたくはない。

 

ロワジャルダンは展開が完璧に向いたみやこSでグレンツェントに力差あった内容。道中で動くと最後の脚が使えない馬で、そう考えると大外枠でグレンツェントクラスの馬に通用するとは思えない。

 

印まとめ

◎ピオネロ
◯グレンツェント
 <穴推奨>
☆アスカノロマン
△リッカルド <穴推奨>
△モズライジン

勝負度C

 

推奨買い目

中央競馬の重賞の買い方に関しましては、メルマガにてのみの公開とさせていただいております。会員様は本日配信しましたメルマガにて閲覧ください。

なお、メルマガでは重賞予想の買い目以外の平場の勝負レースも配信しております。ご興味ある方は下記より購読登録をお願いいたします。

 

<ご登録はコチラから>

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

購入する!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━

“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

創業36年【ホースメン会議】

実力を知って頂く為の特別無料配信!!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

—お年玉情報で高配当獲り—

★アメリカJCC(G2)・3点勝負★

毎年恒例のお年玉馬券!◎−穴で50倍

《自信の証明》

AJCCが3点で的中できなければ

的中率7割り「1日1鞍の渾身予想」

を4週間無料配信!!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■実力を知って頂く為の無料配信

1日1鞍〜3鞍の厳選提供から

1/ 8中山12R 1万0380円的中
1/ 5京都金杯 1万1040円的中
1/ 5中山12R 2万4760円的中
1/ 5中山 9R 1万8290円的中
12/25中山 7R 1万7250円的中
12/24中山10R 3万4180円的中
12/23中山 7R 2万3250円的中
12/18中京12R 9万5550円的中
12/18中京11R 6万9300円的中
12/17中京 9R 4万3000円的中

アメリカJCCを無料で見る

関連記事

【紫苑ステークス2018の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

紫苑ステークス2018(中山芝2000m)の考察です。 9月8日に中山競馬場で開催され発走時刻

記事を読む

CBC賞2019の予想を公開!

CBC賞2019(中京芝1200m)の予想です。 6月30日に中京競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

フィリーズレビュー2020の予想を公開!

フィリーズレビュー2020(阪神芝1400m)の予想です。 3月15日に阪神競馬場で開催され発

記事を読む

【鳴尾記念2020の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

鳴尾記念2020(阪神芝2000m)の考察です。 6月6日に阪神競馬場で開催され発走時刻は15

記事を読む

【2016】チューリップ賞の予想を公開!

今日は3/5(土)に行われるチューリップ賞のレース予想を行います。阪神芝1600mで行われるGIII

記事を読む

【2016】京都2歳S / 枠順&展開考察(ヴァナヘイム、プラチナヴォイス等の枠順は如何に)

今日は11/26(土)に行われる京都2歳ステークスのレース考察を行います。京都芝2000mで行われる

記事を読む

京都2歳S [1] 超低レベルのすき間重賞こそ大穴を突きたい

netkeibaのコラムは結構目を通すようにはしてるんですが、今週の「祐言実行」の内容がなかなか興味

記事を読む

札幌記念2018の予想を公開!

札幌記念2018(札幌芝2000m)の予想です。 8月19日に札幌競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

【2016】弥生賞の予想を公開!

今日は3/6(日)に行われる弥生賞のレース予想を行います。中山芝2000mで行われるGII戦です。

記事を読む

京阪杯2018の予想を公開!

京阪杯2018(京都芝1200m)の予想です。 11月25日に京都競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

チャレンジカップ2020の予想を公開!

チャレンジカップ2020(阪神芝2000m)の予想です。 12月

クイーン賞2020の予想を公開!

クイーン賞2020(船橋ダート1800m)の予想です。 12月3

【チャレンジカップ2020の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

チャレンジカップ2020(阪神芝2000m)の考察です。 12月

兵庫ジュニアグランプリ2020の予想を公開!

兵庫ジュニアグランプリ2020(園田ダート1400m)の予想です。

【チャンピオンズカップ2020の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

チャンピオンズカップ2020(中京ダート1800m)の考察です。

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑