*

【天皇賞(秋)2021の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

公開日: : GIレース考察・予想

天皇賞[秋]2021(東京芝2000m)の考察です。

10月31日に東京競馬場で開催され発走時刻は15:40です。出走馬はグランアレグリア、コントレイル、エフフォーリア、カレンブーケドールなど。東京競馬場の芝2000mで行われるGIです。今回の記事では過去データやレースラップ、血統、予想オッズなどを考察いたします。

 

[PR] 菊花賞も完璧に的中に導いた最強予想サイトをご覧あれ!

買い方うまっ!!!!

菊花賞/重賞専用情報→397800円獲得

4番人気タイトルホルダーから~~!

────────────────────────────


────────────────────────────

今シーズンここ凄いんです!

G1一発目ではダノンスマッシュ切り捨て

京都大賞典では9番人気
マカヒキ一列目配置!!
ヒートオンビート2人気軽視などなど
今度は菊花賞は4番人気から。。。
────────────────────────────

天皇賞秋から有馬記念までこの勢い続きそうですね。
そして今週末は・・・「天皇賞秋2021」

────────────────────────────

ここでワンポイント
天皇賞秋に関するデータをご紹介。
最近は牡馬相手でもお構いなしに強い牝馬ですが、2019年以降古馬の牡馬混合中距離G1ではノーザンF生産牝馬が(10-2-3-6)
全11Rすべてで連対し、2019年有馬記念リスグラシュー以降は8連勝中です。
今年の天皇賞秋ではカレンブーケドールとグランアレグリアが出走を予定していますが、
ノーザンF生産のグランアレグリアを中心に考えると良さそうです。

────────────────────────────

グランアレグリア・・・ですよね。。強いですもんね。
おそらくコントレイルかどちらか1番人気かな。。。
データ的にはグランアレグリアからなんですが。。
ダノンスマッシュ、ソダシ、レッドジェネシス。。。今シーズン3回1番人気きてないからな。。。
ギリギリまで迷いましょう。で、最終答え合わせはココ!

天皇賞秋2021無料予想アリ!

今年鳴尾記念~夏~先週までで収支+200万の無料予想。
これは頼りになるはずです。
まず一度ここの買い方チェックするためにもメール登録はマストです。前日夜買い目公開なので隅々までサイト内見てみてください。(激推奨予想!)

 

天皇賞(秋) 2021 考察

先出し本命候補(せっかちな方はこちらから)

下記のバナーのクリック先で馬名は公開しておりますので、どうぞ応援クリックよろしくお願いします。


最強競馬ブログランキングへ

 

レース傾向

東京芝2000mで行われる秋古馬3冠の初戦。その秋古馬3冠という言葉も死後になりつつある感じで、それと同時にこのレースの位置付けも変わってきている感じ。以前のこのレースはちょうど中長距離馬もマイラーも出走できる距離、条件ということで、一線級の馬がこぞって集まってきての異種混合格闘戦のような様相でした。特にマイル路線から参戦してくる馬の影響が大きく、それらスピードタイプの馬がペースを引き上げてくれたために極限の底力が問われるスーパーレースになっていました。

ところが最近は秋古馬3戦をフルで走る馬なんてほとんどいなくなり、どの馬も適性距離に一球入魂で使うことが多くなってきた感じ。わざわざ無理してマイラーがここを使うこともなくなってきたのもあって近年は速いペースになることが少なくなってきました。そんな事もあって近年では極限の底力というよりもいかに速い上がりを使えるか、という部分が重要になってきていると思います。

Bコース開幕週に行われるという事もあって以前は超内枠有利のレースでしたが、近年はその傾向はほぼ考えなくて良さそう。東京芝2000mというコース自体が変なところにゲートがあって構造的に内枠有利にはなりやすいですが、近年の東京芝はコース替わりがあったとしても極端にインが伸びるということはない。そんな馬場傾向の変化もあって天皇賞の内枠有利傾向は変わってきていると思います。まだファンは内枠有利を信じている人が多いと思うので、自分の本命馬が内枠に入ったらラッキーというよりも「過剰に売れてしまう、、、」と考えた方がいいかもしれません。

 

POINT1 → 近年はレース質が変化してきており、以前のような底力勝負ではなく瞬発力勝負になりやすい

 

レースラップ分析

前項で書いた通りで、このレースで重要だったのはマイラーが参戦してきていた事。短い距離から参戦してくる馬は基礎スピードが速いですから、これらの馬がペースを引き上げる事でしっかりと地力が問われるラップ構成になる事が多いレースでした。

ところが近年はマイル路線からスピードある馬が出てくる事がほとんどなくなり、過去3年を見てもキセキ、アエロリット、ダノンプレミアムが楽に先手を奪うような展開になっています。

GIレースなのでさすがに中盤で恐ろしくペースが緩む事はあんまりないですが、基本的には先行争いが起きずに隊列がすぐに落ち着くので前傾ラップの底力が問われる展開にはなりにくくなっています。

と言ってもペースが緩みやすいから前有利というわけではなく、今開催の東京芝の傾向を見ても圧倒的に速い上がりを使える差しタイプの馬が有利。今年の天皇賞はいかに速い上がりを使えるかという戦いになると思います。

 

血統傾向

東京芝2000mというオーソドックスな王道条件で末脚の質が問われるとなれば当然走りやすいのはクラシック王道血統。こうしてみてもディープインパクト系やキングマンボ系の活躍が目立っています。

と言ってもディープインパクト産駒でこのレースを勝利したのはスピルバーグだけ。これはおそらく牡馬のディープインパクト産駒が古馬になってから萎れる馬が多いという点が影響してそう。牝馬の一線級のディープインパクト産駒が出てくれば関係ないと思いますし、コントレイルはどうか分かりませんがグランアレグリアに関しては心配する必要はないんじゃないでしょうか。

 

POINT1 → 東京芝2000mというオーソドックスな条件で行われるため、王道クラシック血統がベタに有利。

 




 

考察まとめ

というわけで枠順発表前の天皇賞(秋)の想定オッズはこちら。

枠順発表前の想定オッズ(当サイト予測)

人気 馬名 オッズ
1 グランアレグリア 2.3
2 コントレイル 2.5
3 エフフォーリア 4.0
4 カレンブーケドール 12.5
5 ワールドプレミア 15.2
6 ポタジェ 32.0
7 ヒシイグアス 33.5
8 ペルシアンナイト 52.0
9 トーセンスーリヤ 74.0
10 サンレイポケット 85.0
11 モズベッロ 92.0
12 ユーキャンスマイル 134.0
13 カイザーミノル 154.0
14 カデナ 187.0
15 ラストドラフト 212.0
16 ムイトオブリガード 245.0

 

明確な3強オッズになりそう。グランアレグリアとコントレイルの2頭のどちらかが1番人気になりそうで、エフフォーリアが少し離れての3番人気か。

そこから少し離されてワールドプレミアやカレンブーケドールが人気になりそうです。

 

※今のレベルの高い競馬ファンたちに勝つためには事前にどういうオッズになるのかを把握しておくのが重要。あなたが買おうとしている馬が果たして穴で買えるのか、それとも穴人気してしまうのかは最初から考えておきましょう。というわけで、今年から玄人層に買われて穴人気しそうな馬をピックアップしておきます。

玄人人気ターゲット馬=特になし

もう3強以外に買いようがないレースに見えるので、特に穴人気になる馬もいないんじゃないでしょうか。

 

最後に現時点で面白いと思う馬をピックアップ!

↓↓のバナーのクリック先で馬名は公開しておりますので、どうぞ応援クリックよろしくお願いします。


最強競馬ブログランキングへ

<推奨根拠>

地力が問われるレースならどうかと思いますが、高速馬場の芝2000mの瞬発力勝負ならこの馬が一番強そう。喉の手術の影響が若干心配ですが、まぁ普通に強いんじゃないでしょうか。

できれば台風で大雨でも降ってこの馬を買わなくていいレースになってくれると最高なんですが、、、

 

一方でちょっと危ういと思っている馬はこちら。

↓↓↓

コントレイル

3強以外から危険人気馬を出してもしょうがないので、あえて3頭で嫌うならこれか。

どう考えても3歳時にピークを迎えそうな血統ですし、現4歳世代のレベルも疑問。

まぁそれでも適性高そうな舞台で今回のメンバーなら3着以内には来そうですが、勝ち切るまではどうでしょうか。

 

現在、徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」では、

初月無料キャンペーンを実施しております!

当サイトをご愛顧頂いている方、データベースを見たい方、競馬力を身につけたい方、とにかく馬券を当てたい方、皆様に満足いただけるようなコンテンツとなっておりますので、ぜひともご購読頂けますと幸いです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」のご紹介

さて、2021年も10月になりました。

月初になったということで徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」の新規読者募集をさせていただきます。

 

今までサイト「競馬はビジネスである」を通して、私自身、競馬ブログサイトの中でも最上級に時間をかけた分析の上、説得力のある予想をお伝えしてまいりました。外れても納得できるだけの自慢の予想をお送りできていたかと思います。

その予想・考察に結び付くまでにどのようなデータを作成しているのか?どのようなプロセスを踏んでいるのか?そういったところまでをメルマガ「競馬をビジネスにする」では全て隠すことなくお伝えいたします。

正直な話、私は尋常ではない時間をかけて競馬のデータと考察を行っています。それを必要とされる方がいるのであれば還元できれば。そして勝ち組になっていただければ、というのがこのメルマガの趣旨でございます。

 

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

 

当メルマガはクオリティでどの雑誌やメルマガにも劣っていないと思っております

正直、過大広告や一度の的中を誇張するメルマガなどが多く蔓延っているのが実情。その中で当メルマガは「クオリティだけに特化して」配信しています。もしかすると2、3週連続で不調で当たらないかもしれません。ですが、その間に配信している内容にクオリティの低いものは一切ないと断言できます。

 

おかげさまで発行4年になる当メルマガですが、メルマガ発行業界大手のレジまぐ様の売上ランキングで1位になるまでになりました。

購読者数ランキングに関してもPC版とモバイル版の2つに分かれていながら、どちらも2位と3位という圧倒的な支持を頂いています。

この順位までこれたのも「圧倒的に継続読者数が多い」ということが理由です。小手先の一度の的中などに満足せず、必然的に的中するための分析と回顧の積み重ねでクオリティを維持しているおかげと思っております。

もちろんこれだけでは満足せず、、、

圧倒的なクオリティ業界一を目指します!!!

 

さて、ここでメルマガの各曜日ごとの配信詳細を紹介しましょう。

 

【火曜日】先週の重賞回顧

火曜日に先週の重賞回顧を配信します。後ほど下記に詳細を書いておりますが、金曜日に配信する重賞まとめデータに結果を書き入れた形のPDFファイルとしても配信します。

 

【水曜日】地方競馬の重賞予想

地方交流重賞並びに南関競馬の重賞をメルマガ限定コンテンツとして配信しております。だいたい地方競馬の重賞は水曜日に行われるので、水曜日にメルマガにて予想を配信しております。

※以前は地方交流GI並びに南関のSIレースに関してはブログで全体公開としていましたが、今後はメルマガ限定のコンテンツとなります。

 

【木曜日】中央競馬の全レース回顧

木曜日には前週に行われた中央競馬の全レース分の回顧文&データを配布します。

 

各競馬場ごとに前週に行われた全てのレースの詳細と勝ち馬の評価、そしてそのレースで不利を受けた馬や次走注目するべき馬、危険な人気馬などを全て網羅して配信しております。

そんな、文章でのボリューム満載なレース回顧に加えて、、、

スクリーンショット 2015-12-31 15.45.42

スクリーンショット 2015-12-31 15.46.00

エクセルファイルにて競馬場ごとに新馬戦から上級戦まで、全てのレースの結果情報、レース回顧コメント、先週の結果分析のタイムランク情報などを載せたデータファイルを毎週配信しています!

正直言って回顧をやっているブログ、メルマガはあれど、中央競馬の全レースの回顧をまとめて配信している媒体はウチだけだと思います。

これを見れば縦比較で走破時計やレースラップがどれくらい優秀なのか把握できますし、予想の際にこれを見ればどの馬が強いレースを戦ってきたのかが一目瞭然です。

ただ、この文章だけではなかなかどういうものか伝わりにくいと思うので、2016年の函館競馬場の全レース分析データを下記リンクで無料でダウンロードできるようにしておきました。こちらを見てどんなものか確認頂ければ幸いです。

 

【金曜日】重賞まとめデータ配布
金曜日は重賞のまとめデータを配布します。この時点で重賞のプレ予想を配信いたします。

arg1

arg2

このような形で週末の重賞の出走馬の全頭レビューを印付きでPDFファイルにて配信いたします。

 

【土曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【日曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【不定期】海外競馬のレース予想の配信

最近では海外競馬の馬券もPATで購入できるようになりました。海外競馬のレース予想に関してもメルマガにて配信します。こちらは実施が不定期なので配信日はその時々になりますが、メルマガをご購読いただければ海外競馬まであなたの競馬ライフをカバーいたします。

 

これだけのボリュームあるコンテンツを毎日更新予定!!

サイト記事だけではわからない予想する際に使うデータベースや、結論を導くまでのメソッドをメルマガを通して余すことなくお伝えできればと思っております。

今までなんとなく馬券を買ってきたという方は、ぜひ本当の競馬力を身につけていただくためにも読んでいただければ幸いです。競馬予想の真髄をお見せいたします。

 

なお、現在、徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」では、

初月無料キャンペーンを実施しております!

当サイトをご愛顧頂いている方、データベースを見たい方、競馬力を身につけたい方、とにかく馬券を当てたい方、皆様に満足いただけるようなコンテンツとなっておりますので、ぜひともご購読頂けますと幸いです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

関連記事

秋華賞2018の予想を公開!

秋華賞2018(京都芝2000m)の予想です。 10月15日に京都競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

【ホープフルステークス2019の予想ヒント】ローテーションや馬場、展開などを分析考察します

ホープフルステークス2019(中山芝2000m)の考察です。 12月28日に中山競馬場で開催さ

記事を読む

スプリンターズS [4] 差し・追い込みは決まらないレース

今日から10月になりました。早いもので2015年もあと3ヶ月となりました。競馬はこれからがオンシーズ

記事を読む

【安田記念2020の予想ヒント】ローテーションや馬場、展開などを分析考察します

安田記念2020(東京芝1600m)の考察です。 6月7日に東京競馬場で開催され発走時刻は15

記事を読む

【有馬記念2017の予想ヒント】全頭診断その2

有馬記念2017(中山芝2500m)の全頭診断その2です。 12月24日に中山競馬場で開催され

記事を読む

no image

日本ダービー2017の予想を公開!

日本ダービー2017(東京芝2400m)の予想です。 5月28日に東京競馬場で開催され発走時刻

記事を読む

【チャンピオンズカップ2017の予想ヒント】有力馬診断

チャンピオンズカップ2017(中京ダート1800m)の考察です。 12月3日に中京競馬場で開催

記事を読む

有馬記念 [9] 馬場傾向最終判断

中山10Rの推奨レースは◎マイネルディーン快勝でなんとか良い配当をお届けできましたが、阪神カップが痛

記事を読む

【オークス2020の予想ヒント】ローテーションや馬場、展開などを分析考察します

オークス2020(東京芝2400m)の考察です。 5月24日に東京競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

天皇賞(春) [6] 有力馬の状態診断

土曜競馬は東京は全レース参戦。京都はちょくちょく、新潟はたまーに買ってましたが、東京の馬場が完璧に読

記事を読む

【中日新聞杯2021の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

中日新聞杯2021(中京芝2000m)の考察です。 12月11日

【阪神ジュベナイルフィリーズ2021の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

阪神ジュベナイルフィリーズ2021(阪神芝1600m)の考察です。

12月1週のレース回顧〜師も走ると書く月ですが、怒涛の週末でした〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間

チャンピオンズカップ2021の予想を公開!

チャンピオンズカップ2021(中京ダート1800m)の予想です。

ステイヤーズステークス2021の予想を公開!

ステイヤーズステークス2021(中山芝3600m)の予想です。

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑