*

【天皇賞(秋)2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

公開日: : 最終更新日:2017/10/26 GIレース考察・予想

天皇賞(秋)2017(東京芝2000m)の考察です。

10月29日に東京競馬場で開催され発走時刻は15:40です。出走馬はキタサンブラック、リアルスティール、サトノアラジン、グレーターロンドン、ステファノス、サトノクラウンなど。東京競馬場の芝2000mで行われるGI戦です。

 
【PR:現在回収率330%を継続中】

まだあなたは競馬で無駄なお金を使いますか?

今回は「裏情報」を駆使して導く規格外の予想を配信するサイトを紹介!

※今なら無料登録で重賞の予想も公開中

 

早速ですがまずは先週の的中実績からご覧下さい!

 

ーー【先週の的中実績】ーーーーーーーーー

10/22 京都8R:なでしこ賞

3連単 08 – 09 – 11(12点勝負/各500円)

回収金額:56,150円

 

10/22 新潟8R:3歳上500万

3連単 11 – 06 – 08(12点勝負/各500円)

回収金額:106,000円

 

10/22 京都11R:菊花賞

3連単 13 – 04 – 14(18点勝負/各300円)

回収金額:1,679,100円

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

これは先週の予想提供の的中結果の一部にしか過ぎませんが

毎週回収率1万パーセント付近の当たりを出しています。

 

「OASIS」は今最も勢いに乗っている競馬予想サイトと言ってもいいでしょう。

 

ではなぜこんな大きな馬券を的中させることが出来るのか?

そしてなぜこれだけ多くの方に支持されてきたのか?

理由は3つの大きな武器を持っているからです。

 

 

【1】競馬業界の中枢との太いパイプライン

過去に競馬業界の中心で活躍したN氏を筆頭に

競馬業界の中枢との太い繋がりがあります。

現在の競馬業界にも「N氏に競馬のいろはを教わった」

という人物も少なくはありません。

 

【2】確かな的中実績と最強馬券師軍団の勝ちへのこだわり

弊社が誇る「最強馬券師軍団」は、

現在記録中の回収率330%の実績にも満足せずに

不的中時のみ購入されたお客様の事も考え

敗因を徹底的に分析し、より高みを目指しています。

 

【3】お客様の目線に立ったソリューションのご提供

お客様のご要望に合った様々なソリューションをご用意。

利益率重視型・確実性重視型など、お客様の状況に応じて

最適なソリューションをご提供しています。

まずはお客様の立場になって第一に考え、

予想をあらゆる視点から提供しているからこそ

これだけの実績を出すことが出来るのです。

 

 

以下、実際にOASISを利用しているお客様の声になります。

 

 

そしてここからが本題なのですが、

もちろん有料情報もこれだけ結果を出しているのでオススメなのですが

実は無料情報もとてつもない実績を叩いているんです。

 

特に無料予想で提供される【重賞レースの予想】は

桁違いの的中率と回収率を誇っています。

 

もちろん重賞レースがない日は平場のレース提供もあります。

そんな圧倒的実績を誇るOASISが

今週も「天皇賞秋の予想」をなんと、

無料で公開することが決まっています!

 

※メールアドレスの登録のみで簡単に無料登録できます。

※スマホの場合はQRコードを読み取るだけで簡単に登録できます。

 

この大チャンス逃してはいけませんよ!

 

↓ 無料登録 ↓

今週の重賞レースの無料予想を今週から受け取る

 

天皇賞(秋) 2017 考察

過去5年のレース傾向

この「競馬はビジネスである」というブログを開設したのは4年前の2013年の天皇賞(秋)ウィークでした。おぼろげな記憶ですが確か大穴アンコイルドを相手本線にして4着で悶絶していた気がします。昔も今もやってることは何も変わりませんね(笑)

そんな天皇賞(秋)は過去の歴史を見てもわかりますが、今のJRAのGIの中でも最も強い馬が強いレースを見せやすい舞台。東京芝2000mという紛れの少ない舞台である程度ペースも流れるのでフロックでの激走はほとんどないと言っていい。

穴が開くとすれば「展開に恵まれれば」とかそういう要素ではなく、「世間から実力を過小評価されていた」パターンで高配当になることがほとんど。実際に天皇賞(秋)で人気薄の身で好走したトーセンジョーダン、ジャスタウェイ、スピルバーグ、ステファノスなどは後にGIで馬券に絡んでいますし、フロックで馬券に絡んだわけではない。基本的には強い馬しか来ないレースということを肝に銘じておきたい。

 

そんな天皇賞(秋)ですが、2014年以前と2015年以降でレース傾向はガラリと変わっているのでそこらへんは要注意。

もともとスタートが変な位置にあるため圧倒的に内枠が有利になりやすい東京芝2000m。この天皇賞(秋)も圧倒的に内枠有利なレースになりやすかった印象で、2014年以前は圧倒的に内枠の馬が有利なレースでした。

ですが、このブログでも何度も書いているようにここ2年ほどで東京芝は激変。秋の東京芝コースは急激にソフト馬場化が進んでおり、いったん雨の影響を受けると極端に外伸び傾向になります。それは天皇賞(秋)のレース傾向にも変化を与えており、ここ2年のレース結果、映像を見ても明らかに外枠有利なレースへと変貌を遂げています。

恐らく今年ぐらいまでは「天皇賞は内枠有利」という長年培われたセオリーが幅を利かせて内枠から人気していくようになると思いますが、来年ぐらいからはそんなセオリーがぶっ飛ぶ気がします。内枠の過剰人気によってオッズ的な妙味があるのは今年までか。

 

そんな内枠有利→外枠有利に傾向変化が生じている天皇賞(秋)ですが、今年も外めを走る馬が有利になりそうなのはまず間違いなさそう。

上記キャプチャは先週の富士ステークスでの3コーナー地点のものですが、今の東京芝コースはこの3〜4コーナーのインの部分の馬場が壊滅的に悪い印象。グリーンチャンネルの馬場リポートでも明確に「3〜4コーナーの内側に傷み」と伝えられていましたし、富士ステークスでもこの部分を通ったペルシアンナイト、サトノアレス、ブラックムーンあたりは軒並み伸びあぐねました。

アイビーステークスではこの部分を通る羽目になったシュバルツボンバーが故障を発生した(というよりも歩様がおかしくなったのでミルコが無理をしなかった感じ)ように、もうここを通る馬はマトモな競馬ができないと思った方が良さそう。

先行タイプの馬ならば内枠を引いても自分で通るコースを選べるので良いですが、内枠を引いた差しタイプの馬は馬群に押し込められてこの悪い部分を通らなければいけなくなりそうで、今年の天皇賞(秋)は内枠を引いた差し馬は評価を下げていいと思います。

 

このような馬場の変化こそありましたが、天皇賞(秋)が基本的には一線級の末脚を持っている差し馬が有利なレースというのはなんら変わっていません

ここ3年はかなりのスローペースだったにも関わらず、上位はほとんどが差し馬が独占していますし、このレースでは決め手が不足している馬の評価を落として、決め手上位の馬を評価すればいい単純なレースです。

 

ここ5年のレース結果を見ても全ての年で同じようなパターンで決着しており、、、

<2016年>
1着:モーリス 5-5-4 33.8(上がり2位) 能力上位の1番人気先行タイプ
2着:リアルスティール 8-10-10 33.5(上がり1位) 決め脚上位タイプ
3着:ステファノス 13-14-14 33.5(上がり1位) 決め脚上位タイプ

<2015年>
1着:ラブリーデイ 4-4-4 33.7(上がり3位) 能力上位の1番人気先行タイプ
2着:ステファノス 8-10-10 33.5(上がり1位) 決め脚上位タイプ
3着:イスラボニータ 13-14-14 33.5(上がり2位)

<2014年>
1着:スピルバーグ 13-14-12 33.7(上がり1位) 決め脚上位タイプ
2着:ジェンティルドンナ 3-3-3 34.4(上がり5位) 能力上位の1番人気先行タイプ
3着:イスラボニータ 3-3-3 34.4(上がり5位)

<2013年>
1着:ジャスタウェイ 11-10-9 34.5(上がり1位) 決め脚上位タイプ
2着:ジェンティルドンナ 2-2-2 35.8(上がり3位) 能力上位の1番人気先行タイプ
3着:エイシンフラッシュ 8-9-10 35.5(上がり2位) 決め脚上位タイプ

<2012年>
1着:エイシンフラッシュ 11-12-12 33.1(上がり1位) 決め脚上位タイプ
2着:フェノーメノ 4-4-4 33.8(上がり4位) 能力上位の1番人気先行タイプ
3着:ルーラーシップ 16-15-15 33.1(上がり1位) 決め脚上位タイプ

 

(1)1番人気に支持されるような能力上位で横綱相撲をするタイプの先行自在タイプがきっちりと能力を見せて好走し、

(2)その一方で相手には上がり最速を使うような決め脚上位タイプが必ず走ってくる

 

これが天皇賞(秋)の近年の上位決着パターン。今年も能力上位の堅軸タイプの馬から絶対的な末脚を持つ馬を相手に買えば当たると思います。

 

 

レースラップ傾向&展開予測

もともと天皇賞(秋)といえばマイラーの馬が多数参戦してくるおかげで激流ペースになりやすく、かなりのハイペースから究極のポテンシャル差し勝負になるのが特徴だった。特に2011年のトーセンジョーダンがレコードをたたき出した年なんて印象的だった。

ただ、近年の天皇賞を見ているとここ3年はスローペースで推移しており、以前のようなハイペースからのポテンシャル差し勝負にはなっていない印象。現代競馬の深刻な逃げ馬不在のスローペース症候群の影響は深そうで、今年も逃げ馬不在(ロードヴァンドールが除外対象)でハイペースにはならないだろう

(ロードヴァンドールはヒットザターゲット回避で出走できる見込み)

 

かといってスローで流れても前残りで決まらないのが天皇賞(秋)。超スローで流れた2014年もスピルバーグが豪脚を見せて勝利しましたし、このレースはスローで推移しても基本的には差し馬が有利なレースであることは覚えておきたい。

 

血統傾向

前述の通りで天皇賞(秋)は末脚の質を問われやすいレース。そうなれば現代競馬で最も良質な瞬発力を持つディープインパクト産駒の好走が多いのは当然だろう。

ディープインパクト産駒の中でも父ディープインパクト×母父軽めのノーザンダンサーという配合の馬がよく走っている印象。東京芝2000mの長い直線を乗り切るには母系にはある程度の底力が必要だが、あまり重めの母系だとキレ負けするという感じでしょうか。

 

キングマンボ系の馬もよく走っているが、どうもエイシンフラッシュは突然変異感が強いですし、これだけを見てキングマンボの血を評価という考えは違う気がします。

 

走破時計予想

今年も極端にペースが上がる事はなさそう。ロードヴァンドールが除外になれば逃げ馬不在でネオリアリズムかキタサンブラックが逃げる形になりそう。

ネオリアリズムが逃げるのであればペースはかなりスローになりそうだが、キタサンブラックが逃げるのならば武豊騎手はそこまでスローには落とさない絶妙なペースでいくだろう。

先週の雨でどれだけ馬場が悪化しているのかがわからないので時計予想は現時点では無謀な気がしますが、

1:58:0〜1:58:9

ぐらいと予想しておきます。

 

考察まとめ

というわけで枠順発表前の天皇賞(秋)の想定オッズはこちら。

 

枠順発表前の想定オッズ(当サイト予測)

人気 馬名 オッズ
1 キタサンブラック 3.5
2 リアルスティール 5.8
3 サトノアラジン 6.1
4 グレーターロンドン 6.2
5 ステファノス 8.4
6 サトノクラウン 9.3
7 ソウルスターリング 12.2
8 マカヒキ 15.4
9 ネオリアリズム 18.5
10 ヤマカツエース 22.1
11 シャケトラ 27.6
12 レインボーライン 32.0
13 ミッキーロケット 35.4
14 サクラアンプルール 54.2
15 ワンアンドオンリー 65.5
16 カデナ 121.0
17 ディサイファ 242.0
18 ヒットザターゲット 255.0

 

宝塚記念のまさかの敗戦があってもキタサンブラックの1番人気は間違いないでしょう。ただ、今回はメンバーレベルがかなり高いのでそれなりにオッズはバラけると思います。

2番人気は毎日王冠勝ちのリアルスティールが濃厚だが、前哨戦で最速上がりを狙うというのはもうファンにはバレバレなのでサトノアラジンとグレーターロンドンはほぼ差のないオッズになるか。

 

最後に現時点で面白いと思う馬をピックアップ!

↓↓のバナーのクリック先で馬名は公開しておりますので、どうぞ応援クリックよろしくお願いします。


中央競馬ランキングの説明文欄で馬名公開中

<推奨根拠>

能力を考えるとこの馬が堅軸だと思います。

ただ、今回に関してはこの馬は勝たないと思います。イメージとしてこの馬が負けると思っているのは1頭だけしかいないのでその馬との2頭軸が本線になるかなと、。

 

嫌いたい人気馬も挙げておきましょう。

いくらなんでもここは適性がゼロすぎる。名手の腕があってもここはまず無理だと思います。少しでも人気して欲しいので内枠を引いてほしいところ。

 

さて、先週の日曜は東西メインが的中で勢いもついてきました。天皇賞(秋)もそれなりに自信があるので、今週末もご期待ください。

ブログを読んで興味を持っていただいた方は是非ともメルマガも読んでみてくださいね!

↓↓↓

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」のご紹介

さて、早いもので2017年もなんと10月になりました。

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」の新規読者募集をさせていただきます。

 

今までサイト「競馬はビジネスである」を通して、私自身、競馬ブログサイトの中でも最上級に時間をかけた分析の上、説得力のある予想をお伝えしてまいりました。外れても納得できるだけの自慢の予想をお送りできていたかと思います。

その予想・考察に結び付くまでにどのようなデータを作成しているのか?どのようなプロセスを踏んでいるのか?そういったところまでをメルマガ「競馬をビジネスにする」では全て隠すことなくお伝えいたします。

正直な話、私は尋常ではない時間をかけて競馬のデータと考察を行っています。それを必要とされる方がいるのであれば還元できれば。そして勝ち組になっていただければ、というのがこのメルマガの趣旨でございます。

 

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

 

さて、ここでメルマガの各曜日ごとの配信詳細を簡単に紹介しましょう。

 

【月曜日】重賞回顧データ配布

【火曜日】競馬力に直結する週間コラム

週1で良いのでコラム的なものを書いて欲しいというリクエストを多数頂きました。火曜日に競馬力に直結する週間コラムを配信させていただこうと思います。取りあえげるテーマ等はリクエスト頂ければ反映します。

【水曜日】全レース分析

水曜日には前週に行われた全レース分のデータを配布します。

スクリーンショット 2015-12-31 15.45.42

スクリーンショット 2015-12-31 15.46.00

エクセルファイルにて競馬場ごとに新馬戦から上級戦まで、全てのレースの結果情報、レース回顧コメント、先週の結果分析のタイムランク情報などを載せたデータファイルになります。

正直言って回顧をやっているブログ、メルマガはあれど、中央競馬の全レースの回顧をまとめて配信している媒体はウチだけだと思います。

これを見れば縦比較で走破時計やレースラップがどれくらい優秀なのか把握できますし、予想の際にこれを見ればどの馬が強いレースを戦ってきたのかが一目瞭然です。

 

また、エクセルでの全レース分析データの配信と同時に、メルマガ内にて前週の全レースの中で不利を受けたりペースに泣かされたりして次走は狙い目だと思われる馬を多数ピックアップしてお伝えしております。

↓こんな感じ↓

この次走注目馬リストをnetkeibaのMy登録馬に書きいれたり、JRA-VANのMy登録馬に書き込んでおけば、その馬が次に出走してきた時には狙い目が丸わかり!他のファンよりも間違いなく一歩先へ行った予想ができると思います。

【木曜日】新馬戦レビュー

木曜日は前週のレースの中でも特に新馬戦だけを抜き出して、そのレースレベルや勝ち馬の将来性についてを配信しております。

↓こんな感じ↓

水曜日に全レースの回顧を配信した上で、新馬戦に関してはここまで細かいレビューを出しています。まず他ではここまでの回顧は出していないでしょう。とにかく競馬を極めたいマニアな方のために新馬もここまでやっちゃいます。

【金曜日】重賞まとめデータ配布
金曜日は重賞のまとめデータを配布します。この時点で重賞のプレ予想を配信いたします。

arg1

arg2

このような形で週末の重賞の出走馬の全頭レビューを印付きでPDFファイルにて配信いたします。

【土曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。

【日曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。

【不定期】地方競馬の予想

地方競馬の予想はメルマガ限定コンテンツとさせていただきます。

 

これだけのボリュームあるコンテンツを毎日更新予定!!

サイト記事だけではわからない予想する際に使うデータベースや、結論を導くまでのメソッドをメルマガを通して余すことなくお伝えできればと思っております。

今までなんとなく馬券を買ってきたという方は、ぜひ本当の競馬力を身につけていただくためにも読んでいただければ幸いです。競馬予想の真髄をお見せいたします。

 

いまご登録頂ければ本日の回顧号からすぐにお読み頂けますので、是非とも今週分からお試しにお読みいただければと思います。

 

なお、現在、徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」では、

初月無料キャンペーンを実施しております!

 

まずはお気軽にご登録頂き、競馬予想の真髄はどういったものかを見ていただければ幸いです。

当サイトをご愛顧頂いている方、データベースを見たい方、競馬力を身につけたい方、とにかく馬券を当てたい方、皆様に満足いただけるようなコンテンツとなっておりますので、ぜひともご購読頂けますと幸いです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

購入する!

関連記事

オークス [4] 逃げ宣言のココロノアイをどう見るか?

ヌーヴォレコルトの宝塚記念出走が白紙ですかぁ・・・ ここだけの話、ヴィクトリアマイルの残り20

記事を読む

エリザベス女王杯 [1] フレッシュな乙女に期待

さて、一週のインターバルを経てまたGIが帰ってくる。今週は京都芝2200mのエリザベス女王杯。私個人

記事を読む

日本ダービーはハナ差の接戦をマカヒキが勝利!史上最強世代の頂点に!

忙しい週末でございました。まず最初に金曜日の競馬大会議にお越しいただいた方はありがとうございました。

記事を読む

チャンピオンズカップ [2] 各ステップレースのレベル検証

浦和記念は、、、 1着:◯ハッピースプリント 2着:◎サミットストーン 3着:△ソ

記事を読む

【朝日杯フューチュリティステークス2017の予想ヒント】枠順と馬場から見るレース見解

朝日杯フューチュリティステークス2017(阪神芝1600m)の考察です。 12月17日に阪神競

記事を読む

【有馬記念全頭特集】オーシャンブルー

先ほどの名古屋グランプリは△◎◯で推奨の三連複的中。まぁ1800円と配当は安かったですが、やはり地方

記事を読む

【NHKマイルカップ2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

NHKマイルカップ2017(東京芝1600m)の考察です。 5月7日に東京競馬場で開催され発走

記事を読む

フェブラリーS [5] 枠順発表!今年初のGIの結末や如何に

一昨日でしょうか。久しぶりに重度の二日酔いにかかりまして、文字通り昼間中ずっと死んでおりました。芋焼

記事を読む

【安田記念2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

 安田記念2017(東京芝1600m)の考察です。 6月4日に東京競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

【2016】チャンピオンズカップの予想を公開!

今日は12/4(日)に行われるチャンピオンズカップの予想です。   12月からは「

記事を読む

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑