*

テレ玉杯オーバルスプリント2021の予想を公開!

公開日: : 最終更新日:2021/09/28 地方レース考察・予想

テレ玉杯オーバルスプリント2021(浦和ダート1400m)の予想です。

9月23日に浦和競馬場で開催され発走時刻は16:25です。出走馬はラプタス、ベストマッチョ、テイエムサウスダン、サクセスエナジーなど。浦和競馬場のダート1400mで行われるJpnIIIです。

 

火曜日の14時に2回目のモデルナワクチンを摂取して、翌朝からは若干の倦怠感が出るぐらいで普通にウォーキングなどはできていたのですが、15時過ぎくらいから熱が出始めてバタッと倒れていました(>_<)

とは言っても最高で38.2度ぐらいなもので、巷で聞いていた超高熱とまではいかず。夕食を軽く食べた後にカロナールを飲んだら綺麗さっぱり全快しました!摂取直前と直後に2ℓのミネラルウォーターをがぶ飲みしたのが良かったのかもしれません。

もう完全回復したので週末の中央競馬は全く問題なし!その前に本日浦和で開催されるテレ玉杯オーバルスプリントの予想へ・・・

 

[PR] 今週の地方・無料予想!

┣白山大賞典

┣オーバルスプリント

地方2重賞を無料公開と豪華!

中央・地方ともに好調なんです♪

━━━━━━━━━━━━━━

中央・無料予想の実績

(日付/レース/払戻/回収率)

◇9/19 中京6R→19,670円/401%

◇9/18 御宿特別→11,450円/229%

◇9/04 テレQ杯→107,200円/2233%

10→6→2人気決着・・この点数で的中はお見事!

━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━

地方・無料予想の実績

無料予想【黒潮盃】

着順:10→1→5

3連複15.2倍×500円

[払戻額]7,600円

[回収率]152%

当日見た買い目画像↓

━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━

中央では岩室温泉特別・コスモス賞

阿賀野川特別・浦佐特別…さらに潮騒特別では回収率1500%超あり!

今週は地方重賞をベタ乗りしてください。

→地方重賞の無料予想

地方はレース当日サイトのメッセージBOXから買い目チェックしてください。

 

テレ玉杯オーバルスプリント 2021予想

予想の根拠

逃げ馬が毎年のように馬券に絡んでいるレースで、記憶に新しいところではノブワイルドが徹底先行策から連覇を達成。そんなわけで逃げ馬有利なレース傾向もあってか、交流重賞で逃げて2連勝中のラプタスに圧倒的な支持が集まる感じの一戦になりそう。

ただ、前走のサマーチャンピオンは同型不在でかなり楽なマイペースの逃げが打てた結果の圧勝。今回は隣枠のベストマッチョが主張してきそうですし、ダービー馬アランバローズも控える競馬はできないタイプ。小久保厩舎の3頭出しで徹底先行タイプのグランドボヌールはダノンレジーナのための前潰し役の指示が出そうな感じもしますし、さすがにここはハイペースで前は厳しい展開になるんじゃないだろうか。例年の傾向としては先行馬が圧倒的に有利だが、今年は十分に差しも決まるとみます。

というわけで予想の発表。

 

テレ玉杯オーバルスプリント  2021の印

【本命 ◎6 ティーズダンク】

2歳時に全日本2歳優駿3着などがあるが、ここに来て一気に本格化した印象。マイルグランプリでは今の南関マイル路線の上位であるモジアナフレイバー、グレンツェント、ワークアンドラヴあたりを制して勝利でしたし、スパーキングサマーカップは牝馬交流重賞でも互角に戦えるサルサディオーネにあと一歩まで迫り、3着のグレンツェントを大きく突き放した内容は見事の一言でした。

もともと最後はしっかりと伸びてくる馬で、近走は位置が取れるようになって本格化してきた感じ。プリムローズ賞では今回と同じ浦和ダート1400mでセンス良く立ち回って完勝でしたから適性も高そうですし、前がやり合って差しが決まる展開になった場合に一番突っ込んでくるイメージが湧くのはこの馬です。

 

【対抗 ◯5 ハイランドピーク】

もともと中央在籍時に重賞を勝っている馬で、南関移籍初戦のさきたま杯も最後に猛然と追い込んで見せ場十分の内容。前走の浦和スプリントオープンでは断然人気に支持されたが、水の浮くダートで前に行った馬がそのまま粘り込むような馬場に泣いた感じだった。

その前走さえノーカウントにすればここでは実績最上位に見えますし、さきたま杯のメンバーがアルクトス、エアスピネル、ワイドファラオとGI実績がある馬だったのに対して今回のメンバーはそこまで強くはない。小久保厩舎ならグランドボヌールを使ってダノンレジーナとハイランドピーク向きの展開にしてきそうですし、前日オッズでは最低人気になりそうだがそんなになめられる馬では決してないだろう。

 

【△3 サクセスエナジー】

割とキャラがはっきりしている馬で、休み明けがさっぱりダメな叩き良化型で揉まれる競馬を苦手としている。前走は休み明けな上に喉の手術明けで、1コーナーでは大きく外にヨレるというどうしようもないレースぶりだったが、最後に2着まで差し込んできたのは休み明けがダメなこの馬にしては頑張った方。

今回は叩き2戦目で普通ならパフォーマンスを上げてきますし、斤量59kgに関してもこの馬は550kg近い馬体があるのでこれまで59kgの斤量を背負ってもほとんどパフォーマンスを落としていない。前がやりあう想定なら展開も向きそうですし、抑えておいてもいいか。

 

【△4 アンティノウス】

もともと中央の準オープンでも戦えていた馬で、クロフネ産駒らしくじわじわと最後まで伸びてくる点が売り。前走のプラチナカップは好位追走から自分で捲り切ってダノンレジーナを完封するなかなかの勝ちっぷりでしたし、展開向きそうな今回はやれても驚けない。

 

【△11 ダノンレジーナ】

JBCレディスクラシックでは女傑マルシュロレーヌと僅差。その後のレースぶりをみてもマイル以下では全く崩れていない安定株で、能力的にはここでもたりて良さそう。おそらく小久保厩舎はこの馬のためにグランドボヌールを特攻策に使うと思いますし、展開も向くんじゃないだろうか。

 

【△12 テイエムサウスダン】

典型的なサウスヴィグラス産駒で黒船賞のように揉まれずにじわっとスピードを活かす競馬ができれば強い馬。能力自体はここでも最上位でしょうし、揉まれたくない馬なので外枠も良いと思うのですが、今回は超大型馬の休み明けという点が課題。果たして動けるんだろうか?

 

【消1 ラプタス】

1400mで気分良く逃げられれば強い馬だが、ディープブリランテ産駒らしい難しさもある馬。ここ2戦はすんなりと逃げられたおかげで強いパフォーマンスを見せているが、今回はアランバローズ、グランドボヌール、ベストマッチョと同型がズラリと揃った印象。ポラリスSのように控えて競馬ができればやれてもいいが、展開が向かなそうな単勝1倍台の馬をわざわざ買うのも・・・という感じはします。

これまで左回りコースはほとんど使ったことがなく、東京コースでは不可解な惨敗。関東遠征時も結果が出ていない点など色々と不安はありそうで、まぁ来られても仕方がないという感じで馬券的にはこの馬を無視して考えてみたい。

 

【消2 ベストマッチョ】

揉まれずの競馬ができればという先行タイプで中央馬とも互角に戦える馬だったが、ここ2戦は抜群の手応えからちょっと案外な内容。すでに8歳なので限界が見えてきた感じはある。今回は展開がどう考えても向かなそうな感じがするが・・・

 

【消7 カツジ】

揉まれる競馬がダメな馬で、逃げるか最後方からの追い込みしかできないタイプ。そういう極端な馬が浦和ダート1400mに対応できるイメージが持てませんし、血統的にもダート要素がほとんどない。戸崎というだけは怖いが、これを持ってこられたらさすがにもうお手上げです。

 

【消8 グランドボヌール】

2走前の浦和スプリントオープンはレコードにあと一歩まで迫る圧巻のパフォーマンス。やはりこの馬はマイペースの逃げを打ってこそなんだろう。今回は最初からラプタスあたりが出てくるのはわかっていたはずで、その中にわざわざこの馬を出走させてきたのは小久保厩舎がよくやるチームプレーか。厩舎のエース格ダノンレジーナにとっては前が垂れてくれた方が都合が良いですし、何が何でも前をつぶせという指示が出るかもしれません。

 

【消9 トロヴァオ】

一昨年のJBCスプリントで今回のコースで大穴を開けた馬だが、やはり8歳になって少し衰えてきている印象。今回は展開こそ向きそうだが、前走のさきたま杯の内容からも若干限界は見える。

 

【消10 アランバローズ】

今年の東京ダービー馬。スピードに長けたヘニーヒューズ産駒で、羽田盃も東京ダービーも適性外条件で地力だけで走ってきた印象。今回は距離短縮は良いと思うが、どうも逃げないと競馬にならなそうな馬なので展開面が鍵になりそう。左海騎手は逃げると決めたら何が何でも逃げる騎手ですし、ラプタス、グランドボヌール、ベストマッチョあたりと競り合う競馬になると展開的に厳しそうな感じはします。

 

【推奨買い目】

ワイド 6→5,3,4,11,12

ワイド 5→3,4,11,12

三連複 6→5,3,4,11,12

 

【買い目及び予想のポイント】

ここは断然人気ラプタスへのマークの意識が強まり、ベストマッチョが被せにいき、アランバローズも左海の徹底先行策、グランドボヌールは小久保厩舎のチームプレーでやりあう可能性が高いと見る。もしラプタスがスッと控えてアランバローズが楽に逃げちゃったりするとその時点でハズレそうだが・・・

ラプタスは3走前で控える競馬でも走れちゃっているので、ここも来ちゃっても仕方ないとは思うが、前走よりも明らかに展開面など厳しくなるのに単勝1倍台なら競馬のセオリーとして嫌って妙味。ラプタスは無視して前崩れの差し決着に張りたい。

どの差し馬を買うかだが、おそらく能力上位でセンスもありそうな◎ティーズダンクが本命。実績最上位の◯ハイランドピークも人気がなさすぎるので、この2頭をダブル本命のような形でワイドを流したい。

関連記事

東京2歳優駿牝馬の予想を公開!

さて、年末年始と言えども決して暇ではないのが難しいところなのですが、なんとかそろそろ箱根駅伝の予想を

記事を読む

【東京大賞典2019の予想ヒント】過去データやラップなどを分析考察します

東京大賞典2019(大井ダート2000m)の考察です。 12月29日に大井競馬場で開催され発走

記事を読む

【2016】帝王賞の予想を公開!

今日は6/29(水)に行われるのレース予想を行います。大井2000mで行われるSI戦です。 な

記事を読む

【2016】ユングフラウ賞の予想(モダンウーマンらの評価は?)

今日は2/3(水)に行われるユングフラウ賞のレース予想を行います。浦和1400mで行われるSIII戦

記事を読む

シンデレラマイルの予想を公開!

正直、最近南関はさぼって見ていないので力関係とかがいまいち頭に入っていません。馬場傾向等から予想は組

記事を読む

マイルチャンピオンシップ南部杯2019の予想を公開!

マイルチャンピオンシップ南部杯2019(盛岡ダート1600m)の予想です。 10月13日に盛岡

記事を読む

【2016】黒船賞の予想(ダノンレジェンドらの評価は?)

今日は3/15(火)に行われる黒船賞のレース予想を行います。高知1400mで行われるJpnIII戦で

記事を読む

JBCクラシック2019の予想を公開!

JBCクラシック2019(浦和ダート2000m)の予想です。 11月4日に浦和競馬場で開催され

記事を読む

JBCレディスクラシック [1] 盛岡ダート1800mの特徴は?

JBCクラシックに続き、JBCスプリント、に続き今日はJBCレディスクラシックを見ていく。 ま

記事を読む

レディスプレリュード2017の予想を公開!

レディスプレリュード2017(大井1800m)の予想です。 10月5日に大井競馬場で開催され発

記事を読む

【平安ステークス2022の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

平安ステークス2022(京都ダート1900m)の考察です。 5月

【オークス[優駿牝馬]2022の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

オークス2022(東京芝2400m)の考察です。 5月22日に東

5月3週のレース回顧〜競馬も難しくどんよりと悲しい1週間でした〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間

ヴィクトリアマイル2022の予想を公開!

ヴィクトリアマイル2022(東京芝1600m)の予想です。 5月

京王杯スプリングカップ2022の予想を公開!

京王杯スプリングカップ2022(東京芝1400m)の予想です。

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑