*

6月2週のレース回顧〜いよいよ夏競馬開幕!最も暑い競馬シーズンのはじまり〜

公開日: : レース回顧

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないので、2021年はサクッと短時間で書けるぐらいの量で回顧を続けていければと思います(メルマガでは通常営業でボリュームある回顧を書きます)

 




 

今週は珍しく回顧記事を月曜早朝に書いております。週末に色々とたくさん出来事があったので、それらを忘れないうちに記録していこうかと。まずは競馬に関係ないことからつらつらと書いてみようと思います。

金曜日からサッカーの欧州選手権EURO2020が開幕。その名前からもわかるように本来なら昨年開催予定でしたが、コロナウイルスの影響で今年に延期。もうヨーロッパではワクチン戦略の影響からコロナウイルス騒動は若干落ち着いたような感じで、試合映像を見てもマスクしないで普通に歌っている人たちばかり。日本も早くこんな感じになってほしいですね。

週末は競馬の予想に専念していたため、まだゆっくり試合を見られていないのですが、本当にびっくりしたのは日曜の朝方に行われたデンマーク vs フィンランドの試合でのアクシデント。

デンマーク代表、絶対的司令塔エリクセンが突然ピッチに倒れ込む。心臓マッサージを受けるなど緊迫した空気に

 

深夜の仕事中にサッカー関連の知り合いのLINEでとんでもない事が起きてしまっていると聞き、WOWOWをつけるとグランド上で心臓マッサージを行っているあまりにもショッキングな映像が飛び込んできて言葉が出ませんでした。幸いなことに一命を取り留めたということですが、いつ何時こういう事が起きてもおかしくなく、そんな時に救急救命行動を取れるかってほんとに大事。もう一度ちゃんと講習を受けに行こうと思った一件でした。

この試合の実況を担当されていたのはグリーンチャンネルの競馬中継でも土曜午前のキャスターでお馴染みの大澤幹朗さん。その日の昼間には競馬中継を担当されていて、そこから深夜にサッカー実況で大変だなぁと漠然と思っていましたが、こんなショッキングなアクシデントにも冷静かつ情熱的に実況として状況を伝えてくれていた仕事ぶりが印象的でした。競馬中継中にも「フランス代表のグリーズマンが持っている馬」などちょいちょいサッカーネタも突っ込んできてくれるのが個人的に嬉しかったりします。いつかお会いしてみたい方です。

 

話はまるで変わりますが、普段は日曜日は競馬中継が終わってからは泥のように寝てしまうのですが、関ジャムがあったので昨日はなんとか頑張って起きていました。

その関ジャムの放送内容は「2週連続東京事変スペシャル」ということで、6月9日(水)にニューアルバム「音楽」を発売したばかりの東京事変のメンバーが全員出演という本当にスペシャルな内容でした。TVerで見逃し配信していると思いますので、お好きなかたはぜひ見てみてください。

音楽は洋楽も邦楽もなんでも色々なものを聴いていますが(基本的に四六時中、ものを書いている仕事なので音楽をずっと聴いているので)なんだかんだで東京事変はすごく好きです。昨年の再結成ライブこそ行けませんでしたが、2012年の活動休止までに行われたライブツアーは全部行っていると思います。

そんなわけで週末の仕事中もひたすらにニューアルバム「音楽」を聴き続けて、もうだいたい耳が全てを覚えてきた感じ。こちらも興味ある方は聴いてみてください。

 

またもや話は完全に変わりますが、先週「バタフライボード」なるガジェットを購入しました。

普段から仕事は全てノートパソコン(Mac Book Air)で行っていて、スケジュール管理やタスクリストなども全てデジタルアプリケーションで行っていますが、どうしても思いついたアイデアやメモをささっと書くようにアナログの記録馬体が必要と思っていました。そのために小型のメモとペンを常に携帯していたのですが、どうも思いつきの落書きのために紙を消費するのも勿体なく何か良い品はないかと探していて出会ったのがこれ。

簡単に説明すると「携帯できる小型ホワイトボード」という類のもので、B5サイズの取り外し可能なホワイトボード型ノートです。

なんと言ってもこの製品の良いところは「書いてすぐに消せる」ところ。

上の写真は競馬の予想をしていて、ざっくり展開を考えよう・・・という時にメモしたものですが、こういうサクッと頭の中を図解したい時にわざわざiPadなどのタブレット端末を取り出して、描画アプリを開いて・・・という手間が省けるので本当に便利です。

下の写真は簡単な直近スケジュールのメモ。ささっと書いてすぐに消せるので、わざわざノートパソコンやタブレット端末を開かずに思いついたことを記録できる手軽さは個人的にすごく便利です。かなりニッチなところをついた商品なのでそこそこ良いお値段はしますが、仕事のメモからプレゼンにまでなんでも使えると思うのでこれはすごくオススメしたいかもしれません!

 

仕事でも日常生活でもなんでもそうですが、思いついたことを忘れないようにメモしておく、という行為って凄まじく大事なことだと思うんですよね。人間って凄いもので画期的なアイデアとか考えをポンポン出てくるんですが、その時は画期的だと思ったことでもメモしておかないとあっさり忘れます。それを阻止するために思いついたことはその場ですぐにメモ、というのを個人的なルールとしています。

先ほど紹介したバタフライボードはそのための画期的なツールなわけですが、もし手元にバタフライボードやメモがない場合でもEvernoteのスクラッチパッド機能(トップ画面に簡単なメモができる機能)を使ったりして、とにかく思いついたことはなんでも忘れないようにしています。それこそランニング中に思いついたことはapple watchのボイスメモ機能に走りながら録音してます。だいたい横浜周辺で走りながらボソボソ呟いている人がいればそれは私だと思います。

今日は文章量の面で割愛しますが、来週の回顧のコーナーではスティッキーズやevernoteなどを駆使して、記録したメモからアイデアをまとめて昇華させていく方法論など書ければと思います。全く関係ない話になりそうですが、お楽しみに。

 

というわけで、競馬の話に移りましょう。

恒例の先週末の競馬の中で次走に注目したい馬のブログ版。これのフルボリュームverをメルマガでは毎週配信しておりますので、ご興味ある方は読んでみてください。

今週はエプソムカップからこの馬をピックアップ。

その馬名はブログランキングの先でご覧ください。

↓↓↓


最強競馬ブログランキングへ

<推奨根拠>

相手本線として馬券を買っていたので直線の進路取りが本当に痛恨。スムーズなら2着はわからなかったですが3着は堅かったかなと。このあたりが重賞で結果が出ていない鞍上なんですかね。

もう少し距離は長い方が良さそうで、コーナーリングはあまり上手くないので新潟芝2000mあたりが合いそうな感じがします。重賞の1つは取れるんじゃないでしょうか。

 

<エプソムカップ レース結果>
1着:◎ザダル 3番人気
2着:無印サトノフラッグ
 6番人気
3着:△ファルコニア 2番人気

ここはザダルにはかなり自信があったんですが、相手は何がきてもおかしくないという見解。ちゃっかり軽視したサトノフラッグに走られて2着を破られるあたりその見解は正しかったということでしょう。

まぁ当初から「単複でいい」と書いていた通りで、単勝メインで購入していたので十分この結果で満足です。ちょっと穴人気しすぎとは思いますがね。8ヶ月の休み明けのこの戦績の馬を3番人気まで支持する今のファンってちょっとレベル高すぎです。

相手がわからないながらも本線として購入していた13番人気◯アトミックフォースが直線半ばまではいい手応えで粘っていたので大本線で決まるかとも思いましたがこちらは残念。もう1頭期待していたアドマイヤビルゴもスムーズに競馬ができていればねぇ・・・という感じでした。

それにしても8ヶ月の休み明けのザダルにあっさり重賞を勝たれるとは、今年の4歳馬のレベルはやっぱり相当に低そうですね・・・

 

<函館スプリントステークス レース結果>
1着:×ビアンフェ 6番人気
2着:◯カレンモエ
 1番人気
3着:×ミッキーブリランテ 4番人気
6着:◎ケープコッド 3番人気

ここは前がやり合ってちょい差しが決まる想定だったので、ビアンフェがそのまま粘り込んでしまう結果ではハズレも仕方ないかな。人気馬の騎手がどれも完璧に乗ってきたので波乱にはならなかったという印象です。

ケープコッドはこちらもザダル同様に穴人気著しかったですが、吉田隼人騎手はほぼ完璧に乗ってきてくれただけにもう少し全体時計が、上がり時計がかかる決着の方が良さそうな感じがしますね。

ビアンフェは跳びが大きくて自分のリズムで競馬ができるかどうかでパフォーマンスがガラリと変わるので、やはり逃げてこそなんでしょう。スプリンターズステークスでは昨年同様にモズスーパーフレアとの兼ね合いがポイントになりそうです。

 

夏競馬の開幕週はほどほどの結果で終わりましたが、個人的にはもっとガツンと当てたかったかなという感じ。それでもそこそこは当たったので楽しい週末でした。簡単にメルマガで配信した平場のレースも振り返ってみます。

以下、実際にメルマガで配信した内容になります。

↓↓↓

[6/13(日)] 東京7R サラ3歳上1勝クラス ダート2100m

◎10 ニシノソワレ <次走注目馬>
◯2   オンザライン
▲4   ラヴォラーレ
☆8   エターナルボンド
△1,3,5,6,7,11,13,15,16

[馬場]B=やや高速 [バイアス]フラット [展開]スロー〜ミドル [レース質]中荒れ [勝負度]E

【レース見解】

クラス再編成後の1勝クラスは3歳馬天国になりがちだが、ダート中長距離は特にクラス編成前のレースレベルが低くなりやすいので3歳馬の優位性が高くなりやすい。ここは次走注目馬を筆頭に3歳勢の力が抜けているように見えるので、ベタに3歳重視で狙ってみたい。

【本命 ◎10 ニシノソワレ】

未勝利勝ち、前走とレース後コメントで砂をかぶることを嫌がる旨が出ており、特に前走に関しては勝負所で砂を被って一気に位置を落として全くレースにならず。普通ならば戦意を喪失して大敗しそうなものだが、直線で馬群の外に出すまで時間がかかった上で外に出した後にしっかり伸びて4着を確保したのは立派。

単純に前走のダノンブレットの1勝クラスは相当なハイレベル戦の可能性が高く、翌日の2勝クラスよりも勝ち時計は速い。この馬はあれだけのロスがあって4着なら今回はパフォーマンスを上げる可能性が高いですし、砂を被らないポジションを取りやすい枠が引けたのもプラス。岩部騎手の継続騎乗ならば勝負所で外に出す可能性が高いと思いますし、単勝以外は思ったほど売れていないので狙って妙味ありと見ます。

【対抗 ◯2 オンザライン】

未勝利勝ちの追って追ってグイグイ伸びたパフォーマンスを見てもいかにもなスタミナタイプで、前走のダノンブレットの1勝クラスでは4着以下を大きく突き放しての3着好走。おそらく先着されたダノンブレットとローズボウルは2勝クラスでもあっさり勝ち負けに持ち込めそうな馬だと思いますし、そんな馬相手の3着なら明らかに1勝クラスでは抜けている。

揉まれる競馬は大丈夫ですし、この枠ならスッと好位のポジションが取れそう。追って追って伸びる馬なので川田騎手とも手が合うと思いますし、まぁこれは人気でも堅軸じゃないでしょうか。

【単穴 ▲4 ラヴォラーレ】

東京ダート2100mは2回使ってパーフェクトな戦績。前走の未勝利勝ちは骨折休養明けとは思えない強い勝ちっぷりで普通に強いパフォーマンス。使っての良化や3歳馬の上昇を考えてもまぁ上位評価でいいんじゃないだろうか。

【特注 ☆8 エターナルボンド】

東京ダート2100mは2回使ってどちらも馬券圏内。アメリカンフェイスの1勝クラスは厳しい流れで、ダルムシュタットの1勝クラスはスローペースで異なる展開の中でどちらも好走できているのは大きい。順当に上位評価でいいか。

【△1 グッドリドゥンス】

前走に関しては敗因=的場騎手でまとめてしまってもよさそう。長距離条件は良さそうだが、東京よりももっとスタミナだけが問われて良さそうなフリオーソ産駒で、構えて外に出す柴田善臣騎手のオーソドックス騎乗では他の馬に差し負けそう。

【△3 フィールザワールド】

未勝利勝ちの圧巻のパフォーマンスを見てもこのクラスでは明らかに能力上位だと思うが、揉まれ弱いので馬群の中での競馬が苦手。今回は条件替わりの魅力はあるが、揉まれる内枠となると評価を上げにくい。

【△5 エルセンブルグ】

アイスフォーリスの子だが大型馬で致命的にズブいのでダートに適性があった感じ。今まで記録している指数的には微妙だが、まだレース数を使われていない馬なので上積みがあるかもしれない。

【△6 カフェキング】

初ダートの前走は大きく離された4着。そこからの長期休養明けで正直ルメールが乗るということ以外に買う材料がない。まぁルメールさんなので△印は打っておく。

【△7 ヴォーグマチネ】

典型的なロージズインメイ産駒のスタミナ型で平坦コースの持続力勝負が合いそうな馬。東京コースよりは新潟コース向きだとは思うが、成長している3歳馬ということで抑えておきたい。

【△11 トップリーチ】

完全な展開待ちタイプでとにかくハマるかどうかという感じ。前走はスローペースで展開に恵まれていない感じですし、さてハマるかどうか。

【△13 アシェットデセール】

ルーラーシップ産駒らしいズブズブのスタミナタイプ。休み明けを使った2走目で一変しましたが、さらに今回パフォーマンスを上げてくる可能性はありそう。

【△15 グリームエース】

陣営コメントを見ても砂を被るとダメそうな馬で、揉まれずに外を回せば魅力的な脚を使ってくる。ここも展開がハマれば一発あっても。

【△16 スキルショット】

左回り専用機で前に行ってどこまでやれるかというタイプ。前走はかなりスローペースに恵まれた感じがあり、さすがにあそこまで恵まれることはなさそう。

【推奨買い目】

三連複 10,2→4,8,1,3,5,6,7,11,13,15,16 (4,8は重ね買い) 本線

枠連 5枠→1枠 本線

ワイド 10→4,8 抑え

【買い目及び予想のポイント】

ここは次走注目馬の◎ニシノソワレと前走レベルが高くて川田騎手なら◯オンザラインが信頼できそう。2頭軸で配当高めの三連複が当たって欲しい。2頭軸にする分のリスクはワイドで抑えは買っておきたい。

<レース結果>
1着:▲ラヴォラーレ 3番人気
2着:◎ニシノソワレ 5番人気
3着:◯オンザライン 1番人気

本命馬に騎乗の岩部騎手が不安だなぁ・・・と思いながら見ていましたが、そんなの杞憂だったようで完璧な騎乗で2着に持ってきてくれました。

 

[6/12(土)] 東京9R 芦ノ湖特別 サラ3歳上2勝クラス 芝1400m

◎8   スイートセント <次走注目馬>
◯3   ショーヒデキラ
▲7   メッシーナ
☆6   ラインハイト

[馬場]A=高速(タフさあり) [バイアス]外伸び [展開]スローペース [レース質]中荒れ [勝負度]F

【レース見解】

少頭数だがブラックジェイドがいるので常識的なスローペースで流れそう。今の馬場を考えても単純に馬場の良いところを通れる馬同士の決め手比べになるのでは?

【本命 ◎8 スイートセント】

色々と難しいところがあるようで試行錯誤しながらにはなっているが、近走は片側にチークピーシーズをつけたことで前進気配。ここ最近はほぼ全てのレースで最速上がりを使えていますし、どこかで末脚がハマればという感じだろう。

母ヒカルアマランサスで半弟がホウオウアマゾンならマイルの距離がダメだと思いませんし、今の外差し馬場でスムーズに末脚を伸ばすことができれば穴を開けても。

【対抗 ◯3 ショーヒデキラ】

もう戦績通りに東京コースしか走らないサウスポー。前走だけ崩れたが、その前走は馬場の内側を突いてモタれてしまってスムーズな競馬ができず。今回は外を突く競馬になると思いますし、末脚を活かせれば巻き返しは必至か。

【単穴 ▲7 メッシーナ】

圧巻の末脚を見せた1勝クラス勝ち時点までは重賞を勝てるんじゃないかというスケールがあった馬だが、昇級後は完全に低迷傾向。今回は長期休養明けになりますが、萩原厩舎のノーザンファーム生産馬のディープ産駒が休養明けからいきなり勝利というのはつい先週に見た話。天栄の実力を考えれば休養でのリフレッシュの方をプラスに取った方がいいか。

【特注 ☆6 ラインハイト】

血統背景や走法を見てもマイルは短いと思うが、近走レベルから言ってもここでも上位の存在。鞍上がルメールなら先行馬が少ないのを見切って2番手ぐらいの位置を取りに行きそうですし、順当に上位評価でいいんじゃないだろうか。

【推奨買い目】

ワイド 8→3,7,6

三連複 8→3,7,6

<レース結果>
1着:☆ラインハイト 1番人気
2着:◎スイートセント 6番人気
3着:▲メッシーナ 4番人気

 

[6/12(土)] 札幌11R 大倉山特別 サラ3歳上2勝クラス 芝1200m

◎1   ブラックダンサー

[馬場]A=高速 [バイアス]イン先行 [展開]ハイペース [レース質]中荒れ [勝負度]F

【レース見解】

札幌芝は開幕週でイン先行有利の高速馬場になりそう。ただ、ここはエムオーシャトル、ゼンノアンジュ、キーダイヤ、インザムービー、コスモアンジュ、トゥールドマジと徹底先行タイプが揃った。ハイペースになって前の馬も足が上がってイン差しが決まるんじゃないだろうか。

【本命 ◎1 ブラックダンサー】

近走は結果が出ていないが、豊橋特別と千種川特別は道悪馬場。大日岳特別は外差し馬場でインを通って度外視可能。きれいな馬でスムーズな競馬ができた時は4〜5走前のように好走できていますし、今回はその時以来の良馬場での競馬ができそう。この枠で鞍上が岩田騎手なら間違いなくラチ沿い好位からのイン突き狙いでしょうし、あの一件以来やたらと裏メインあたりで気合い溢れる騎乗も目立つだけに一発あっていいんじゃないでしょうか。

【推奨買い目】

単複 1 ブラックダンサー

<レース結果>
1着:◎ブラックダンサー 6番人気

 

[6/12(土)] 東京11R ジューンS サラ3歳上3勝クラス 芝2400m

◎4   レティキュール
◯11 シルヴァーソニック
▲8   アンティシペイト
△1,3,5,6,9,10

[馬場]A=高速(タフさあり) [バイアス]外伸び [展開]スロー濃厚だがやってみないと [レース質]中荒れ [勝負度]F

【レース見解】

ブログにて公開した内容になります。

【本命 ◎4 レティキュール】

陣営が早くから溜める競馬を教え込んでいたが、使う距離が短くてキレ負け、差し損ねを繰り返してきた感じ。近走で距離を伸ばしたことで明らかに良さが出てきている感じで、現級でも2走前は多頭数スローで展開が向かず、前走は外を回して前が詰まって追い出し遅れる、と敗因ははっきりしている。

今回のメンバーの中に入れば決め手は最上位だと思いますし、じっくり溜めて瞬発力を活かしてこその馬なのでほどほどの頭数で外伸びの差しが決まる馬場というのは絶好。あとはワンダーコノシュアなりアンティシペイトが差しが決まる流れを作ってくれれば・・・という感じだ。

【対抗 ◯11 シルヴァーソニック】

ここ2戦はどちらも完璧に乗られているとはいえしっかり脚を使えている。今回は外枠から好位が取れそうですし、今回のメンバーでは相対的に決め手も上位。鞍上もルメールとなればまぁ上位争いだろう。

【単穴 ▲8 アンティシペイト】

前走は2000mでは距離が短く位置を落として差し損ね。昨年のダービーウィークに東京芝2400mでダービーより速い時計で勝利しているように素質はオープン級だが、一連のレース内容を見ても決め手に欠ける。今回は騎乗機会で全て逃げている三浦騎手でブリンカー着用。まず間違いなく積極策になるだろうが、この馬自身にとっては良いだろうが今の馬場を考えるとそういう戦法をとる馬はどうなんだろうか。

【△1 コトブキテティス】

今回と同条件で勝ち上がりだが、ここ2戦は再編成前でメンバーレベルが低かった。今の馬場は合いそうだが、今回は相手強化の昇級戦でどこまで。

【△3 ヒーリングマインド】

いかにも重厚な血統のスタミナ差しタイプで今の馬場は合いそう。前走は長期休養明けで無理があったが、今回は2戦目でどれだけ変わってくるか。

【△5 ネプチュナイト】

典型的なルーラーシップ産駒の高齢馬×タンザナイト系という感じで、とにかくキレないので持続力を活かしてこそ。前走もキレ負けしている。

【△6 キタサンバルカン】

ルーラーシップ産駒だが、どうも祖母プチノワールの血が出て一瞬しか脚が使えない。乗り難しいわりに人気するので抑えまで。

【△9 ワンダーコノシュア】

芝に戻してから本格化。逃げて渋といタイプで今回は展開に恵まれたとして外伸び馬場にどこまで抵抗できるか。

【△10 マイネルミュトス】

昇級初戦の前走は人気を裏切ったがどうも力負けだった感じも。外枠を引いたロベルト持ちで穴候補だが、この鞍上というだけで買いたくない。

【消7 メロディーレーン】

致命的にキレないスタミナタイプ。いくら戸崎騎手でも良馬場の東京コースの決め手比べでは無理だろう。

【推奨買い目】

三連複 4→11,8→11,8,1,3,5,6,9,10 (4,11,8は重ね買い)

<レース結果>
1着:◯シルヴァーソニック 1番人気
2着:▲アンティシペイト 2番人気
3着:◎レティキュール 6番人気

 

若干、札幌競馬場の横山和生騎手に「おい、ここは函館じゃないんだぞ!」と言いたくなる事が多い週末でしたが、もっと分析を重ねて夏競馬2週目はより精進して当てられればと思います。

そんなわけで今週も仕事、競馬、プライベートとどれもがんばっていきましょう!

 

以前にもお知らせいたしましたが、6月のメルマガ会員様向けキャンペーンとして、、、

6月中はメルマガ会員全員に「ざっくりイメージで把握する最新種牡馬ファイル2021」を無料配布プレゼント

させていただこうと思います。もともとはメルマガ会員様の継続特典用として作成したものですが、これを期間限定でメルマガ会員全員位配布しようと思います。

もうこのファイルだけで1ヶ月分のメルマガ購読料ぐらいの価値はあるかと思いますので、今月からメルマガをお読みいただくのが非常にお得になっております。それに加えて、当メルマガは初月無料でお読みいただくことができるので、もう2ヶ月分無料ぐらいのお得なキャンペーン期間だと思っていただいて結構です。

この「ざっくりイメージで把握する最新種牡馬ファイル2021」は6月1日(月)の23:00に配信したメルマガにてダウンロードいただくことが可能です。

ぜひこの機会にメルマガをご購読いただいて、ついでにファイルもGETしちゃってください。

 

現在、徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」では、

初月無料キャンペーンを実施しております!

当サイトをご愛顧頂いている方、データベースを見たい方、競馬力を身につけたい方、とにかく馬券を当てたい方、皆様に満足いただけるようなコンテンツとなっておりますので、ぜひともご購読頂けますと幸いです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」のご紹介

さて、2021年も5月になりました。

月初になったということで徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」の新規読者募集をさせていただきます。

 

今までサイト「競馬はビジネスである」を通して、私自身、競馬ブログサイトの中でも最上級に時間をかけた分析の上、説得力のある予想をお伝えしてまいりました。外れても納得できるだけの自慢の予想をお送りできていたかと思います。

その予想・考察に結び付くまでにどのようなデータを作成しているのか?どのようなプロセスを踏んでいるのか?そういったところまでをメルマガ「競馬をビジネスにする」では全て隠すことなくお伝えいたします。

正直な話、私は尋常ではない時間をかけて競馬のデータと考察を行っています。それを必要とされる方がいるのであれば還元できれば。そして勝ち組になっていただければ、というのがこのメルマガの趣旨でございます。

 

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

 

当メルマガはクオリティでどの雑誌やメルマガにも劣っていないと思っております

正直、過大広告や一度の的中を誇張するメルマガなどが多く蔓延っているのが実情。その中で当メルマガは「クオリティだけに特化して」配信しています。もしかすると2、3週連続で不調で当たらないかもしれません。ですが、その間に配信している内容にクオリティの低いものは一切ないと断言できます。

 

おかげさまで発行4年になる当メルマガですが、メルマガ発行業界大手のレジまぐ様の売上ランキングで1位になるまでになりました。

購読者数ランキングに関してもPC版とモバイル版の2つに分かれていながら、どちらも2位と3位という圧倒的な支持を頂いています。

この順位までこれたのも「圧倒的に継続読者数が多い」ということが理由です。小手先の一度の的中などに満足せず、必然的に的中するための分析と回顧の積み重ねでクオリティを維持しているおかげと思っております。

もちろんこれだけでは満足せず、、、

圧倒的なクオリティ業界一を目指します!!!

 

さて、ここでメルマガの各曜日ごとの配信詳細を紹介しましょう。

 

【火曜日】先週の重賞回顧

火曜日に先週の重賞回顧を配信します。後ほど下記に詳細を書いておりますが、金曜日に配信する重賞まとめデータに結果を書き入れた形のPDFファイルとしても配信します。

 

【水曜日】地方競馬の重賞予想

地方交流重賞並びに南関競馬の重賞をメルマガ限定コンテンツとして配信しております。だいたい地方競馬の重賞は水曜日に行われるので、水曜日にメルマガにて予想を配信しております。

※以前は地方交流GI並びに南関のSIレースに関してはブログで全体公開としていましたが、今後はメルマガ限定のコンテンツとなります。

 

【木曜日】中央競馬の全レース回顧

木曜日には前週に行われた中央競馬の全レース分の回顧文&データを配布します。

 

各競馬場ごとに前週に行われた全てのレースの詳細と勝ち馬の評価、そしてそのレースで不利を受けた馬や次走注目するべき馬、危険な人気馬などを全て網羅して配信しております。

そんな、文章でのボリューム満載なレース回顧に加えて、、、

スクリーンショット 2015-12-31 15.45.42

スクリーンショット 2015-12-31 15.46.00

エクセルファイルにて競馬場ごとに新馬戦から上級戦まで、全てのレースの結果情報、レース回顧コメント、先週の結果分析のタイムランク情報などを載せたデータファイルを毎週配信しています!

正直言って回顧をやっているブログ、メルマガはあれど、中央競馬の全レースの回顧をまとめて配信している媒体はウチだけだと思います。

これを見れば縦比較で走破時計やレースラップがどれくらい優秀なのか把握できますし、予想の際にこれを見ればどの馬が強いレースを戦ってきたのかが一目瞭然です。

ただ、この文章だけではなかなかどういうものか伝わりにくいと思うので、2016年の函館競馬場の全レース分析データを下記リンクで無料でダウンロードできるようにしておきました。こちらを見てどんなものか確認頂ければ幸いです。

 

【金曜日】重賞まとめデータ配布
金曜日は重賞のまとめデータを配布します。この時点で重賞のプレ予想を配信いたします。

arg1

arg2

このような形で週末の重賞の出走馬の全頭レビューを印付きでPDFファイルにて配信いたします。

 

【土曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【日曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【不定期】海外競馬のレース予想の配信

最近では海外競馬の馬券もPATで購入できるようになりました。海外競馬のレース予想に関してもメルマガにて配信します。こちらは実施が不定期なので配信日はその時々になりますが、メルマガをご購読いただければ海外競馬まであなたの競馬ライフをカバーいたします。

 

これだけのボリュームあるコンテンツを毎日更新予定!!

サイト記事だけではわからない予想する際に使うデータベースや、結論を導くまでのメソッドをメルマガを通して余すことなくお伝えできればと思っております。

今までなんとなく馬券を買ってきたという方は、ぜひ本当の競馬力を身につけていただくためにも読んでいただければ幸いです。競馬予想の真髄をお見せいたします。

 

なお、現在、徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」では、

初月無料キャンペーンを実施しております!

当サイトをご愛顧頂いている方、データベースを見たい方、競馬力を身につけたい方、とにかく馬券を当てたい方、皆様に満足いただけるようなコンテンツとなっておりますので、ぜひともご購読頂けますと幸いです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

関連記事

10月4週のレース回顧〜コントレイル無敗の3冠達成おめでとう!改めて3歳クラシックの振り返り

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

3月5週のレース回顧〜大雪中止からGI降着まで波乱の週末〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

3月2週のレース回顧〜天下のルメールを嫌うタイミング〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

6月4週のレース回顧〜本格的な春競馬の終焉〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

2月4週のレース回顧〜競馬の世界の別れの週

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

7月2週のレース回顧〜ここまで馬場がクローズアップされる年もあっただろうか〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

5月5週のレース回顧〜強烈な東京芝のバイアス&ミルコどうした?〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

2月2週のレース回顧〜馬券は買い方勝負!〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

5月2週のレース回顧〜1分30秒5という衝撃〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

4月3週のレース回顧〜今年も無敗の皐月賞馬エフフォーリア誕生〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

【菊花賞2021の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

菊花賞2021(阪神芝3000m)の考察です。 10月24日に阪

10月3週のレース回顧〜雨+風で予想以上にタフになった秋華賞デーの阪神〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間

秋華賞2021の予想を公開!

秋華賞2021(阪神芝2000m)の予想です。 10月17日に阪

府中牝馬ステークス2021の予想を公開!

府中牝馬ステークス2021(東京芝1800m)の予想です。 10

エーデルワイス賞2021の予想を公開!

エーデルワイス賞2021(門別ダート1200m)の予想です。 1

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑