*

【2016】東京新聞杯 / レース考察(東京芝1600mで行われるGIII戦を徹底考察します)

公開日: : 重賞レース考察・予想

今日は2/7(日)に行われる東京新聞杯のレース考察を行います。東京芝1600mで行われるGIII戦です。その前に余談を少し。

 

火水木は昼間にジムに通っているんですが、最近やたらジムに人が増えたような気がします。特に女性、昼間にいるということなので主婦層か大学生だと思いますが。

なんでかなぁ、とずっと思ってたんですが、恐らく「峯岸みなみ」の影響なんじゃないかという結論に至りました。

最近これをよく見ているせいで、恐らくF層が影響を受けたんじゃないでしょうか。個人的にはエアロバイクに乗りながらスマホでテレビドラマの録画とか見てるので、行ってエアロバイクが埋まってたりたまにするので萎えるのですが、皆さんが健康になられるのならそれでいいです。

CMの力って偉大なんだなぁと感じました。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」

arg1  全レースデータ

サイトだけでは伝えきれない筆者の競馬予想のメソッドを皆さんへお届け。競馬予想の真髄をあなたへ伝授いたします。詳細はコチラから。  

↓↓↓ココからが本題↓↓↓  

過去5年のレース傾向

スクリーンショット 2016-02-02 20.06.59

このレースは1番人気が過去5年で一度も連対していないという本命党泣かせのレース。3着内ですら昨年のフルーキーだけですから、1番人気の成績は全くダメ。

2、3番人気の成績はまずまず良くて、ここ5年で二桁人気の好走がゼロということを見ても、そこまで大荒れするレースではなさそう。

そもそもここ数年のマイル路線を見ても、あまりにもメンバーレベルが低くて、その馬が強いのすらもわからないような時代が続きました。だから、人気馬=強いという構図にはなっていなかったんだと思います。

結局、オッズのアヤで3、4番人気になっていた馬が順当に好走していた感じで、これだけを見て今年も1番人気を嫌って、、となるのはちょっと筋違いな気がします。

今年の1番人気はまず間違いなくダノンプラチナでしょう。ちょっとここ5年の1番人気馬とはレベルが違う気もしますし、モーリスを除けば今のマイル界で一番強いのはこの馬でしょう。あんまり逆らわない方がいい気もします。

 

血統傾向

スクリーンショット 2016-02-02 20.06.50

血統的にはニジンスキーやリファールがよく走っていますが、そこまで強調する感じでもないか。ぱっと見、マイルというよりは2000mくらいで走りそうな血統がよく走っている印象。

冬の東京芝ですし、夏の芝よりは若干重めの馬場になるはずで、その分スタミナが要求される感じもあるんでしょう。ダンスインザダークやスペシャルウィークといった、ニジンスキーを持ってて長距離も走れるサンデーサイレンス系が一番向きそう。その上で欧州系統のダンシングブレーヴのようなリファール系を持っていたら言うことなしです。

 

レースラップ傾向

スクリーンショット 2016-02-02 20.13.31

 

ガルボが勝った年は平均ペースになりましたが、それ以外はスローペースかハイペースかに極端に振り切れる傾向があるレース。ただ、スローペースになってもあんまり前残りになるレースではなく、そうなったらそうなったで決め手のある馬が差して来る。

今年はテイエムタイホーあたりがどういう出方をするかですが、いかにも昨年のマイネルメリエンダと被る馬。京都Aコースの恩恵を受けて前残りして、東京替わりで先行馬が展開が向くと思われて結局キレ負けすると思います。

先行馬有利でも差し足が使えない馬は割り引いた方がよさそうです。

 

レース傾向まとめ

今日のところはこの辺りにしておきます。出走メンバーはこんな感じ。

スクリーンショット 2016-02-03 18.28.22

 

ダノンプラチナとダッシングブレイズが被るのは間違いないでしょう。

ダッシングブレイズはいかにも売れそうな戦績ですから、馬連はこの1点がかなり売れるはず。個人的にはこの馬は重賞では怪しい匂いがプンプンしているのでバッサリ切るかも。

netkeibaでは3番人気にグランシルクになっていますが、そんな競馬ファンはバカじゃないと思うので、恐らくトーセンスターダムが3番人気だと思います。もう前走はノーカウントというような売れ方をするはずです。

 

今回一番穴っぽいのはこの馬でしょうか?

その馬の名はブログランキングで公開中

 

この馬はオープン大将と呼ばれていますが、その理由は「スローペースの差し決着でしか来れないから」です。これが中距離馬だったらエイシンフラッシュのように、スローペースのレースで勝ち負けできるんでしょうが、マイルGIで極端なスローなんてありえませんからGIになると一気にパフォーマンスを落とします。

今回はスローペース間違いないですし、大得意の左回りコース。休み明けは(2-1-0-2)と走る馬ですし、この厩舎は西の藤原厩舎と同じくらい馬優先主義な印象。だからこそGIでは勝負にならないですが、高齢になってもGIIIレベルなら走れる馬が多い印象で、この馬も狙うならここな気がしています。

 

関連記事

【福島記念2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

福島記念2017(福島芝2000m)の考察です。 11月12日に福島競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

【アーリントンC2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

アーリントンC2017(阪神芝1600m)の考察です。 2月25日に阪神競馬場で開催され発走時

記事を読む

【シンザン記念2018の予想ヒント】過去データやローテ、血統などを分析考察します

シンザン記念2018(京都芝1600m)の考察です。 1月8日に京都競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

京都牝馬ステークスの予想を公開!

絶賛引越し中で競馬はあまり見れていませんが、狙い目のレースはグリーンチャンネルwebでなんとか見てい

記事を読む

新潟大賞典 [2] ヒットザターゲットの好走パターン

今朝のチャンピオンズリーグはバルセロナが3−0でバイエルンミュンヘンに勝利。 途中まではなんと

記事を読む

ラピスラズリステークスの予想を公開!

Twitterでつぶやきました中山1Rの◎サウスリュウセイと中山2Rの◎トーセンブライトだけで今日は

記事を読む

ファンタジーS [2] 勝ち馬は非SS系を狙え

ヴァイスリージェント系ってわかりやすくて良いですよね。つい3年前ほどの2歳戦でトリップが世代最強馬と

記事を読む

【阪急杯2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

阪急杯2017(阪神芝1400m)の考察です。 2月26日に阪神競馬場で開催され発走時刻は15

記事を読む

【2016】CBC賞 / 枠順&展開考察(エイシンブルズアイ、ベルカント等の枠順は如何に)

今日は7/3(日)に行われるCBC賞のレース考察を行います。中京芝1200mで行われるGIII戦です

記事を読む

東京スポーツ杯2歳S [3] 極限の瞬発力勝負

今週末は競馬が3日間開催というのもありますが、実はJリーグで優勝争いの天王山があったりします。浦和×

記事を読む

【AJCC2019の予想ヒント】ローテーションや馬場、展開などを分析考察します

AJCC2019(中山芝2200m)の考察です。 1月20日に中

【東海ステークス2019の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

東海ステークス2019(中京ダート1800m)の考察です。 1月

【AJCC2019の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

AJCC2019(中山芝2200m)の考察です。 1月20日に中

1月2週のレース回顧〜デムルメの2019年のはじまり

さて、先週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時

京成杯2019の予想を公開!

京成杯2019(中山芝2000m)の予想です。 1月14日に中山

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑