*

函館記念の予想を公開!

公開日: : 重賞レース考察・予想

いきなりですが、みなさんにお聞きしたい事があります。


馬券を買う時に何頭も買うのではなく、

2~3頭のみでバッチリと馬単やワイドを当てたくないですか?


点数をめちゃめちゃ絞って当てた時の快感
って

かなりのものがありますよね。

その分ドキドキ感も半端ないですけど(笑)

そんなあなたに、予想の参考にして欲しい予想家がいます。

その予想家とは・・


「ハンターX(エックス)氏」

ハンターX氏とは・・

ハンターX氏はジョッキー・調教師・オーナー・競馬記者など

ありとあらゆる競馬関係者との人脈を持つ事情通。

それ故、素性は明かせませんが、本当にかなりの情報量を持っています。

ハンターX氏の予想は、印は打っても3頭まで。

そして馬単とワイドというシンプルな券種。


点数は多くても

馬単 4点

ワイド 2点


これだけ印を絞れるという事は情報の質にかなりの自信が

ないとできません。

ハンターX氏の馬単4点以内、ワイド2点以内の買い目を無料で見る!

※メールアドレス入力後、返ってきたメールアドレスに記載されたURLを

クリックして登録を完了させてください。フリーメールアドレスで登録できます。

登録後、「馬スピ特報」というコーナーをご覧ください。

ハンターX氏の函館記念の予想は今週土曜日の夕方頃UPされます。


そんなハンターX氏の予想ですが夏競馬も好調です。

6月28日(日)の宝塚記念では圧倒的1番人気のゴールドシップを無印にして

勝ったラブリーデイに◎を打っていましたが惜しくもハズレ・・(><)


ただ、その翌週(7月4日、5日)の福島競馬場の予想では

2戦2勝と巻き返してくれました!


7月4日(土) 福島11Rテレビユー福島賞で実際配信された予想は・・

馬単2点

ワイド1点

の予想でしたが、結果は見事に

馬単 1,640円的中!

ワイド 310円的中!


そして翌日の5日(日) 福島11R ラジオNIKKEI賞(G3)で実際配信された予想は・・

馬単4点

ワイド2点

の予想でしたが、結果は見事に

馬単 2,190円的中!

ワイド 560円的中!


2レース共に配当は決して高くはありません
が、
点数を絞りに絞っているので、

仮に100円ずつ馬券を買っていたとしたら

馬券代:900円

払戻し額:4,700円

回収率:522%

となっていたわけです。

※もちろん情報料は無料です。


馬券で勝つためにはこのように点数を絞って着実に

的中を積み重ねるという事もかなり有効な作戦となってきます。
是非今週末はハンターX氏の絞りに絞った予想を

無料でお試しください!
今月は

7/18(土)中京11R マレーシアC

7/19(日)函館11R 函館記念(G3)

7/25(土)中京11R 桶狭間S

7/26(日)中京11R 中京記念(G3)


上記4レースの買い目を無料で見ることができます。

ハンターX氏の馬単4点以内、ワイド2点以内の買い目を無料で見る!

※メールアドレス入力後、返ってきたメールアドレスに記載されたURLを

クリックして登録を完了させてください。フリーメールアドレスで登録できます。

登録後、「馬スピ特報」というコーナーをご覧ください。

ハンターX氏の函館記念の予想は今週土曜日の夕方頃UPされます。

 

函館記念 予想

函館芝コースの馬場見解は昨日書いた通りこんな感じ。

「函館芝コースはBコース替わりで一気にイン有利に傾いた格好。埒が外側に行った分、外を回すロスは相当大きくなりそうで、外を回す場合は先行馬を捉えられる位置で被せながら乗る感じでないと厳しそう。最後方から外を回して差し切るようなレースは先週までと違ってできない。

基本的にはインを通る馬と先行馬を中心に買えばいいという感じだろう。
加えて日曜は重馬場濃厚で馬群もばらけそう。よりインと先行有利な傾向は強まる感じか。」

この傾向と被っている部分もありますが、函館記念って結構内枠が有利なレースになります。まぁ施行時期の変更等もありますが、基本的には外をスピード回してぶん回すといった去年のラブイズブーシェ的な競馬よりは、上手いことインの馬群で立ち回る馬のほうが強調できるレース。

 

その馬場傾向を踏まえて展開を予想してみましょう。

ポイントは何と言っても

「マイネルミラノが大外枠に入ったこと」

マイネルミラノという馬は決してスタートの早い馬ではありません。最初の一歩目が遅いですし、実際に小倉大賞典あたりは外枠で逃げれずに何もできずに終わっています。

前走の巴賞は1枠1番で同型不在の少頭数とかなり展開は向いた感じ。今回は大外枠で1コーナーまでの距離はあると言ってもうちの馬にスッと前に行かれるとハナで1コーナーを回れるかは正直微妙。

武豊騎手はノーマル状態ですと無理に先手は主張しない穏やかな騎手ですが、アーデントに関しては結構はっきりした競馬をする傾向。今回もマイネルミラノが大外枠なら行っちゃえという競馬をする可能性は結構ありそうで、少なくともミラノを逃げさせるように待ったりする騎乗はしないはず。

もう一頭サトノプライマシーもマイネルミラノにとっては厄介。マリーンC除外でこちらに回ってきたこの馬は、ダートをずっと使ってきただけに一発狙うとすれば前々で粘りこむしかないわけですから、まぁ確実に先行策を取ります。別に逃げても良さそうですからこのあたりにスッと行かれるとマイネルミラノは非常に厳しい。

こうして考えていくと、マイネルミラノが逃げるという考えをまず持つこと自体が危ない気がする。おそらくこの馬のスタートのダッシュ力を考えても、1コーナーを先頭で入れる可能性は30〜40%くらい。

この馬のキャラを考えてもここで先頭に立っていなければ、好走率は0%に下がると言っていいでしょう。なかなかそう考えると能力は認めてもここで重い印を打つことはできません。

マイネルミラノが逃げられるか逃げられないかはレース展開次第な部分があるのでなんとも言い切れませんが、逃げられたとしても直線でかなり叩いて無理矢理ハナを奪う感じでしょうし、逃げられなかったとしても向こう正面あたりで押し上げて先頭に立とうとするはず。

そうなると、マイネルミラノが逃げる、逃げられない。好走する、好走しないに関わらず、

前傾ラップのかなり引き締まったペースになる

ことは確実に思われる。

 

前へ行った馬は厳しそうで、必然的に消耗戦に強い差し馬が台頭するレースになりそう。

ただ、先にも書いた通り、函館芝コースはBコースに替わって後ろから大外ブン回しは決まりにくくなっている。函館記念自体も大外まくりブン回しが決まるレースというよりは、道中でインでじっとしていて最後の直線で外を出すなりうまく捌いて差し馬が突っ込んでくることが多いレース。

加えてマイネルミラノがいて前が早くなるペースになると馬群はある程度縦長になりそう。そうなると捲る馬にとってはスパートする距離が長くなるため、かなり体力がロスする競馬を強いられそう。早いペースを縦長の長い部分走らなければいけないわけだから捲り競馬をしそうな馬は厳しい。ラブイズブーシェ、ヴァーゲンザイルあたりの馬は一見狙えそうだがこの理由でバッサリと切る。

ラブイズブーシェに関しては調教が動いているので洋芝で一変という論調が多いが、昨年は目黒記念2着からのローテーションで函館記念を制覇。今年は二桁着順しかない成績で果たして洋芝と滞在競馬というだけで変わるだろうか?おそらく今回も二桁着順濃厚と思われ、これで人気しないなら穴馬だが、一桁人気なら走らない妙味を取るべきだろう。

 

捲る馬に加えて厳しそうなのは人気の差し馬。

人気を被る差し馬は縦長の展開を早めに自ら動いて差しに行かなければいけない可能性が高い。特にエアソミュール、レッドレイヴンあたりは人気を背負うので勝ちに行く競馬を迫られるはず。ペース自体は厳しいので恐らく早く動いたものが負けのようなレースになる。こういう展開では人気の差し馬は自分で動かなければいけない分厳しい。

レッドレイヴンなんて藤沢厩舎の馬なり調教しかしていない馬で、人気でハイペースを自ら潰しにいく競馬なんて到底できるとは思えない。まず最後は脚が上がると見てバッサリ切りたい。

エアソミュールはさすがに実績を評価して印は回したが、ぶっ飛ぶ可能性はかなりあると見ている。

 

ここまで読んでいただいた方はおわかりだろうが、前傾ラップの先行馬が厳しいレースで、かつ縦長でまくり競馬や自分から動く差し馬に厳しいレースとなると、

気楽に乗れる差し馬

馬群を捌ける差し馬

とにかくインで死んだふりができる差し馬

こんな感じの馬が非常に有利なレースになるはず。

人気がなくて気楽に乗れる差し馬は前を追いかけて潰しにいく必要がない。また馬群を捌けるタイプの差し馬は捲りにいく必要もないので、直線でスルスルと抜け出すことができる。

そして前傾ラップの消耗戦で前にいく馬や早めに動いた馬が苦しくなるのであれば、そのレースに途中は全く参加せずに体力を温存し、最後の直線で周りがバテたところでインから強襲できるような馬が突っ込んでくる可能性が高そう。

基本的にはそんな感じの狙いで函館記念は予想してみた。

 

本命は◎デウスウルトにした。

チャレンジカップと中山記念の共通点は前傾ラップで前が非常に厳しかったレース。そのどちらでもしっかりと差してきたように、この馬は前傾ラップの消耗戦で差す競馬が非常に得意。

中山記念で好走したようにコーナー4回のコースは向くはずで、中山記念を見直せばわかるように馬群を縫ってスルスルと抜け出せるタイプの差し馬。

そして何より中山記念、中京新聞杯とマイネルミラノが逃げたレースで馬券に絡んでいるのはこの馬にマイネルミラノ適性がある証拠。

前走は超スローペースでキレ負けしたことに加えて、胃潰瘍にやられて本調子ではなかった模様。今回は調教内容も前走と段違いで、これで前走結果が嫌われて5番人気まで落ちるのであれば全力でここから狙いたい。

若干外寄りの枠だが、川田騎手は福島記念でもグランデッツァを同じような枠からうまく導いて勝っており、小回りコースを捌くことは得意にしている。私が思うにこの騎手はノーマルなら本当に中央屈指に上手いはずなんだが追い込み一気の馬で不発のイメージがつきすぎている感じ。今回は中央全場重賞制覇もかかっておりモチベーションも高いだろう。勝ち負けに期待したい。

 

対抗は◯ハギノハイブリッドを推奨する。

京都新聞杯しか走れていないので、早熟馬やフロック視されている部分もあるが、京都新聞杯が平坦コースの中距離重賞のハイペース消耗戦だったことを考えると、今回も全く同じ平坦コース中距離重賞での消耗戦になる。

どうも神戸新聞杯やハンブルクカップを見ても坂で脚が鈍るタイプに見え、平坦コースが得意そうなタイプ。かといってキレる脚はないのでかなり特殊な条件でなければ好走しなそうな馬に見える。

近走もパッとしない成績とはいえ重賞で大負けしているわけではなく、ハンブルクカップでは目黒記念2着のレコンダイトと差のない3着。今年の函館記念のメンバーなら十分に通用するはずで、絶好の内枠を引いた。

ある程度前目の位置は取るそうなので4、5番手のインあたりでじっとしていれば、前が勝手にバテてきてインからスルスルと抜け出しての好走があっても良さそう。これで単勝11番人気なら狙ってみたい。

 

三番手評価は▲ダービーフィズにする。

確実に広いコース向き。小回りコースで一気に加速するようなラップになると確実に置いていかれそうだが、今回は前傾ラップで極端なラップ変化はなさそうなレースになりそう。

ある程度縦長になって窮屈な競馬にならなそうな所もプラス。ちょっと人気しすぎな感じはあるが、今回の弱いメンバー相手なら通用するはずで、岩田騎手なら変に外を捲るよりはロス少なくなるべくインで脚を溜める競馬をしてくれるはず。最後はジャングルポケットのタフさが活きれば差してきていい。

 

大穴は(キーワードC)に期待。

正直この条件への適性は微妙だとは思うし、血統などで推せる点も少ない。ただこの血統の割には距離が延びた方がいいタイプで、能力的にも今回の函館記念のメンバーなら上位クラスに位置するはず。その割に二桁人気と全く人気しないのであれば十分に買えるだろう。

前走のレースも好走組よりは惨敗組の方が函館記念への相性は良く、前走よりも200m距離が長くなるのも良い。インでじっと脚を溜めていれば能力的に一発あって良い。

 

<予想まとめ>

◎デウスウルト
◯ハギノハイブリッド
▲ダービーフィズ
にて公開中!!(キーワードC)
×エアソミュール
×マイネルミラノ

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第51回 函館記念(G3)

想定配当50倍超!3点勝負情報

関係者も大勝負する情報を無料公開

詳細はココをクリック

━━━━━━━━━━━━━━━━━

サマーシリーズ対象レースは、チャンピオンに授与されるボーナスを狙っている陣営の“ヤリ”“ヤラズ”を知ることが重要になる。しかし、この函館記念だけは話が別。なぜならば、本気でチャンピオンを狙うならば、函館記念を選択するのは不利だからだ。

函館記念からチャンピオンを狙うとなると、立地的に次走は札幌記念を使うことがほとんど。しかし、夏競馬で唯一のG2、関係者からは「夏のG㈵」とも言われる札幌記念は一線級が出走し、極めてメンバーレベルが高くなる。今年もトーホウジャッカル、ルージュバックなど参戦予定との話。G3クラスの馬が勝ち負けするにはハードルが高い。過去の例を見ても、連続好走できたのは札幌記念が函館開催となった年のトウケイヘイローのみで、しかも極端な道悪馬場だった。

すなわち、函館記念で厚く狙うべきはサマーチャンピオンシリーズを度外視の『ココがメイチ勝負』の馬。既に当社は「やっぱり函館の水がよっぽど合うんだろうね。デキは最近の中では一番。コレなら一発あるよ!」と盛り上がっている“激穴情報馬”の存在を独占入手済み。この馬が馬券に絡むようなら馬連50倍以上も見込めそうとの話。今週はこの馬を含めた妙味タップリの函館記念3点勝負を無料でお伝えする。ぜひ当社の情報は見ておいて頂きたい。

予告の重賞競走は3点以内で的中!

3連単ならこの配当!

オークス(GI)

◎−▲的中

2万0150円的中

皐月賞(GI)

◎−▲的中

1万2360円的中

中日新聞杯(G3)

◎−○的中

5万0580円的中

↓ ↓ ↓ 今すぐ無料で確認する ↓ ↓ ↓

→→関係者も大勝負する函館記念の3点勝負情報を特別に無料公開←←

関連記事

【2016】クイーンS / 有力馬考察(チェッキーノ、ウインプリメーラなどの徹底分析)

今日は7/31(日)に行われるクイーンステークスのレース考察を行います。札幌芝1800mで行われるG

記事を読む

【2016】中山金杯の予想を公開!

ブロガーの皆さんたちと中山競馬場に来ております。 やはり平日開催ということもあり、例年

記事を読む

【マーチステークス2018の予想ヒント】レースラップや馬場、展開などを分析考察します

マーチステークス2018(中山ダート1800m)の考察です。 3月25日に中山競馬場で開催され

記事を読む

【2016】東海S / 有力馬考察(ロワジャルダン、インカンテーションなどの徹底分析)

今日は1/24(日)に行われる東海ステークスのレース考察を行います。中京ダート1800mで行われるG

記事を読む

【毎日王冠2018の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

毎日王冠2018(東京芝1800m)の考察です。 10月7日に東京競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

関屋記念2017の予想を公開!

関屋記念2017(新潟芝1200m)の予想です。 8月13日に新潟競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

【弥生賞2018の予想ヒント】レースラップや馬場、展開などを分析考察します

弥生賞2018(中山芝2000m)の考察です。 3月4日に中山競馬場で開催され発走時刻は15:

記事を読む

【2016】きさらぎ賞 / 枠順&展開考察(サトノダイヤモンド、ロイカバード等の枠順は如何に)

今日は2/7(日)に行われるきさらぎ賞の枠順&展開考察を行います。京都芝1800mで行われる

記事を読む

京都金杯 [2] 絶対内有利の京都馬場

往路優勝は駒沢=明治の馬連ワイドなだけに、結構当たりそうな予感。総合優勝も東洋の2、3着付けの三連単

記事を読む

ニュージーランドトロフィー2017の予想を公開!

ニュージーランドトロフィー2017(中山芝1600m)の予想です。 4月8日に中山競馬場で開催

記事を読む

菊花賞2018の予想を公開!

菊花賞2018(京都芝3000m)の予想です。 10月21日に京

コーフィールドカップ2018の予想を公開!

コーフィールドカップ2018(コーフィールド芝2400m)の考察です。

富士ステークス2018の予想を公開!

富士ステークス2018(東京芝1600m)の考察です。 10月2

【菊花賞2018の予想ヒント】枠順から見るレース見解

菊花賞2018(京都芝3000m)の考察です。 10月21日に京

【富士ステークス2018の予想ヒント】ローテーションや馬場、展開などを分析考察します

富士ステークス2018(東京芝1600m)の考察です。 10月2

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑