*

エプソムCの予想を公開!

公開日: : 重賞レース考察・予想

本当は今日はサイクリングついでに府中まで行く予定でしたが、風邪がまだ治らず蓄膿症でひっくひっく言っているので自宅観戦。

昨日ほとんど買っていないだけに今日は買うぞー!!

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」

arg1  全レースデータ

サイトだけでは伝えきれない筆者の競馬予想のメソッドを皆さんへお届け。競馬予想の真髄をあなたへ伝授いたします。詳細はコチラから。  

↓↓↓ココからが本題↓↓↓  

エプソムカップ 印

◎サトノアラジン
◯ヒラボクディープ
▲アーデント
にて公開中!!(キーワードA)
△ディサイファ
△フルーキー
△エイシンヒカリ

 

エプソムカップの傾向を考えると有利なのは、

「内枠の馬」

「4歳馬」

 

土曜日の東京芝コースを見ていると有利なのは、

「フラットだが相対的に内枠有利」

「決め手ある馬の馬券内目立つ」

 

エプソムカップの展開面を見ていると有利なのは、

「縦長濃厚である程度の位置を取れる馬」

「エイシンヒカリにコーナーで置いて行かれないコーナリング力ある馬」

 

これらを兼ね備えた馬と言える。

エイシンヒカリが垂れるか垂れないかは正直微妙なところ。かなり人気を被っているので垂れる前提で考えている部分もあるが、アイルランドトロフィーとチャレンジカップの内容を見るとあっさり垂れることも十分ありえそう。

エイシンヒカリがぶっ飛ぶかどうかはわからないが、一つ言えるのはエイシンヒカリは縦長の展開を作りたいということ。そして直線での末脚勝負ではなく、4コーナーでのスピードアップで直線を向いた時点で決定的な差を開きたいはず。

そうなった時に有利なのは、コーナリングで置いて行かれないコーナーでの加速力を備えていて、かつ縦長の展開を差し切れる決め手を持った馬ということになるだろう。

 

全てを兼ね備える◎サトノアラジンを本命に指名する。

ここ2戦を見ている限り間違いなく本格化しており、この中でも決め手はナンバーワン。前走の時計も超優秀で時計勝負も持ってこい。

大跳びで不器用なタイプの馬なので、多頭数でごちゃつく競馬になった時に不安がありそうだが、今回は少頭数でエイシンヒカリが縦長に開きそうなレース。エイシンヒカリを目標に定めたロングスパート力が求められそうで、逆に大跳びの走り方は向きそう。

ここ2戦の本格化は折り合いの魔術師ルメールに乗り替わってからといった面が大きそうで、もともとスタートが下手な馬ではないので、前走は大外枠で後ろからの競馬になったが今回は6〜8番手くらいのある程度の位置は取れるんじゃないだろうか。

内の絶好枠を引き、九州スポーツ杯で完璧なレース運びを見せたように小回り適性もあるのでコーナリングでの加速も問題ないので、エイシンヒカリのスピードアップにも置いて行かれないだろう。あとはエイシンヒカリが化け物でないことを祈るだけだ。

 

対抗は◯ヒラボクディープを指名する。

前走をフロック視する目もあるが、この馬にとってはインでじっとできる展開が非常に向いたんだろう。そんな前走とほとんど同じような展開が期待でき、エプソムカップはとにかく内枠が有利なレース。能力的には外のディサイファ、フルーキーあたりと差がありそうだが、内で脚を溜めればその差は逆転できる範囲。

 

ペースが早くなりそうなので穴は後ろから、ということでユールシンギングあたりが推されて穴人気しているが、私としては今回のレースの穴は前へ行く馬だと思っている。

エイシンヒカリはスタミナで粘り通す馬ではないので、バテた時は一気にバテるはず。そうなった時に前を抜くエネルギーを使わずに、先頭に立てる2、3番手の馬にはかなり展開が向きそう。ちょうどヴィクトリアマイルのケイアイエレガントのような楽な展開が期待できる。

その筆頭が▲アーデントだろう。

前走は完全なキレ負けだが、調子を崩していた時期ならあそこまでも走れなかったはず。スローペースよりは流れて瞬発力が問われないレースの方が向くはずで、ただ2、3番手にいただけでなだれ込める展開を期待したい。

 

ディサイファはコーナリングで加速できる能力もありこの中では能力上位だが、この馬は内枠でないとあまり期待できない。外外でなし崩しに脚を使えば能力上位とは言えない。

フルーキーはサトノアラジンとエイシンヒカリを買わない人は全部この馬を買う、というような人気の引き受け方。この馬はそもそも加速が弱いのでコーナーでかなり置いてかれそう。追ってバテない馬なので最後まで伸びてくるとは思うが、決め手勝負もあまり向かないだけに縦長でコーナリングで置いて行かれた場合にそこまで信頼できるかは疑問。

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第32回 エプソムC(G3)

関係者も大勝負する!

50倍超も狙える!

3点勝負馬券を無料公開!

詳細はココをクリック

━━━━━━━━━━━━━━━━━

前週にGIの安田記念、宝塚記念の前哨戦である鳴尾記念があり、施行時期からして立ち位置が微妙な重賞に見えるが、実は隠れた出世レースとなっていることを知る者は少ない。

安田記念を除外されてスライドしてきた馬や、秋の天皇賞を見据えて同じ東京コースのココを使うといった将来を期待されている素質馬などが出走するので、メンバーレベルは決して低くないのだ。実際にこのレースの好走馬から、ジャスタウェイ、ダノンシャーク、エイシンデピュティ、ダークシャドウ、クラレントなど、後のGI馬や常連が多数出ている。

今年も、将来のGI馬候補を当社シンクタンクは既にマーク済み。「元々、期待していた馬だから、秋はもっと大きいところでと思っているんだ。もちろん、ココでも勝ち負けになると思っているし、このまま順調にいってくれれば、もっともっと稼いでくれるはずだよ」とは、某厩舎関係者。この馬が馬券のカギになることは間違いない。今週はこの馬を含めた3点勝負馬券を特別に無料で公開。将来のGI馬候補を知りたければ、ぜひ当社の情報を入手して頂きたい。

毎週、万馬券的中をお届け!

5/31 京都10R安土城S     2万8010円的中

5/24 東京11Rオークス     2万0150円的中

5/16 新潟11R八海山特別    3万9630円的中

5/10 東京12R日吉特別     6万8160円的中

5/3  東京 9R晩春S      2万1140円的中

4/26 フローラS       1万0710円的中

↓ ↓ ↓ 今すぐ無料で確認する ↓ ↓ ↓

→→関係者も大勝負するエプソムCの3点勝負馬券を特別に無料公開←←

関連記事

【2016】中日新聞杯 / 有力馬考察(アルバートドッグ、サトノノブレスなどの徹底分析)

今日は3/12(土)に行われる中日新聞杯のレース考察を行います。中京芝2000mで行われるGIII戦

記事を読む

【金鯱賞2018の予想ヒント】過去データやローテ、血統などを分析考察します

金鯱賞2018(中京芝2000m)の考察です。 3月11日に中京競馬場で開催され発走時刻は15

記事を読む

シンザン記念2018の予想を公開!

シンザン記念2018(京都芝1600m)の予想です。 1月8日に京都競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

中山牝馬ステークス2019の予想を公開!

中山牝馬ステークス2019(中山芝1800m)の予想です。 3月9日に中山競馬場で開催され発走

記事を読む

東海Sの予想を公開!

みなさんアメリカジョッキークラブカップの予想は決まりましたか? まだの方は是非プロ予想家4人の

記事を読む

【2016】根岸S / レース考察(東京ダート1400mで行われるGIII戦を徹底考察します)

今日は1/31(日)に行われる根岸ステークスのレース考察を行います。東京ダート1400mで行われるG

記事を読む

阪神牝馬ステークス2019の予想を公開!

阪神牝馬ステークス2019(阪神芝1600m)の予想です。 4月6日に阪神競馬場で開催され発走

記事を読む

【小倉大賞典2019の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

小倉大賞典2019(小倉芝1800m)の考察です。 2月17日に小倉競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

エプソムカップ2017の予想を公開!

エプソムカップ2017(東京芝1800m)の予想です。 6月11日に東京競馬場で開催され発走時

記事を読む

アンタレスSの予想を公開!

明日の皐月賞は現地で観戦予定。おそらく今年のメンバーなら夜から並ばなくても良いと思うので、明日の始発

記事を読む

【中山記念2020の予想ヒント】ローテーションや馬場、展開などを分析考察します

中山記念2020(中山芝1800m)の考察です。 3月1日に中山

【阪急杯2020の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

阪急杯2020(阪神芝1400m)の考察です。 3月1日に阪神競

【中山記念2020の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

中山記念2020(中山芝1800m)の考察です。 3月1日に中山

2月4週のレース回顧〜競馬は難しく、だからこそ奥深い〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間

小倉大賞典2020の予想を公開!

小倉大賞典2020(小倉芝1800m)の予想です。 2月23日に

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑