*

AJCC [1] ゴールドシップ中心は揺るがない

公開日: : 重賞レース考察・予想

日経新春杯は能力の劣るビービートレイターを勝たせるためにはあの騎乗しかなかったでしょう。四位騎手は最高の騎乗はしたと思います。血統的にも晩成だと思いますので、自己条件とオープン戦で力をつけて来年の天皇賞(春)あたりで花咲いてくれればいいなぁと。

アドマイヤデウスは強かったですねー。さすが私が日本ダービーで本命にした馬です。さすがに休み明けで重い印は打てませんでしたが、ここで賞金加算できたのでどこに向かうんでしょうか。血統的に長い距離は微妙ですが、今までのレースを見ていると京都の長距離は向きそうなので天皇賞(春)へ向かうのかな。トーホウジャッカルといいなんだかんだで4歳馬が中心になりそうな春のGI戦線。今から楽しみです。

京成杯は1着:☆ベルーフ 2着:◯ブラックバゴ 3着:◎クルーガーとほぼ印通りで決まって、個人的にもこの三連複は厚めに買っていたのでまぁまぁ良かったんですが、◎クルーガー頭までありましたよね・・・少額ですが頭の三連単もボーナスで買っていたので、印通りの決着にはなっても順番が残念でした。

悔やまれるは1コーナーで柴山騎手に前に切り込まれて位置取りが後ろになってしまったこと。直線の意味不明なウイニングポスト伸びを見ていると、もう少し位置どりが前だったら圧勝していた可能性もあったなぁと。まぁ馬券の調子は上向いてきました。もう少し調子が出てきたら平場もたくさん買ってみます。

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」

arg1  全レースデータ

サイトだけでは伝えきれない筆者の競馬予想のメソッドを皆さんへお届け。競馬予想の真髄をあなたへ伝授いたします。詳細はコチラから。  

↓↓↓ココからが本題↓↓↓  

ゴールドシップは無視できません

AJCCを考える上でまず大前提となるのは、ゴールドシップの存在。

単勝は1.7倍くらいにまでなるのかな。とにかく能力が違いすぎる上に、荒れた冬の中山コースとか走らないわけがありません。

私はこういう断然一番人気がいるレースは非常に得意。その馬の能力を把握し、三連単フォーメーションのどの位置に置くか。もし勝てる馬がいるならば断然人気馬を2着に置いて妙味ある馬を1番手に置きます。

今回ゴールドシップをどう評価するか。恐らく1番人気はゴールドシップ、2番人気がフェイムゲーム、3番人気がエアソミュールまでは堅いと思います。

穴党はゴールドシップを2,3着に固定して、フェイムゲームあたりの一発を期待する馬券を買うかもしれません。果たしてそれが正解なのか?

今回、私はフェイムゲームに関しては少々疑いを持っています。

 

有馬記念除外組の散々な成績

というのもフェイムゲームはもともと有馬記念を目指していた馬。ジャパンカップを温存してまで、有馬記念一本で調整していましたし、もし有馬記念に出ていたら私もかなり重い印をつけたでしょう。

ですが、出走順17番手で出走叶わず・・・

勝てる能力がある馬が1週前に出走できないとわかった。フェイムゲームの場合は一頭回避すれば出れる状況なので一週前というよりは当週まで望みはあったでしょう。

一度、レースのために仕上げた馬の調教を緩める。しかも馬の調整が難しいこの冬の時期に。これは非常に難しい作業でしょう。実際、有馬記念を除外された馬の次走は・・・

タマモベストプレイ 日経新春杯 2番人気7着

ラブイズブーシェ  中山金杯 3番人気14着

ショウナンラグーン 万葉ステークス 1番人気4着

ナカヤマナイト   中山金杯 7番人気9着

どの馬も人気よりは走れておらず、一頭も馬券に絡んでいない始末。

フェイムゲームは中山金杯を回避してこちらに臨んできたところからもしっかりと調整を整えてきたとも考えられるが、それでもアルゼンチン共和国杯からここまで間隔が開いて、有馬記念除外組の次走が散々で、それで2番人気であれば全く妙味は感じない。

ハーツクライ産駒は人気を落とした意外な時に好走するもの。ここまでゴールドシップ妥当の一番手にまで押されて期待される今回は危険な匂いがする。というわけで恐らくフェイムゲームには本命は打ちません。適性は認めてもそれだけで本命視するのは安易でしょう。

ゴールドシップ頭固定にするか、勝つ妙味ある馬を探すか。まだその探索中ですが、妙味なさそうなフェイムゲームやエアソミュールを頭で買うよりはこの辺りの方が一発あってもおかしくないかも。

 

その馬の名は?

↓↓↓

☆その馬の名はブログランキングで公開中☆

上記ブログランキングの(A)に記載ありますのでチェックしてみてください!

関連記事

中山牝馬S [1] 上がり上位勢が強調できない理由

名古屋にいるのですが、寒いわ、風強いわ、ひょうが降ってくるわ、ですごい天気です。 真冬かと思う

記事を読む

京都新聞杯2017の予想を公開!

京都新聞杯2017(京都芝2200m)の予想です。 5月6日に京都競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

京王杯2歳ステークスの予想を公開!

さて、日本全国の予想家を困らせているだろう京王杯2歳ステークス。先日の考察でも書いたが、ここは妙味重

記事を読む

中山記念2018の予想を公開!

中山記念2018(中山芝1800m)の予想です。 2月25日に中山競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

七夕賞 [3] 枠順発表!明暗を探る

最近、土日はバタバタしていてほとんど寝られないことが多いので、木曜夜って一番睡眠を取れる日なんですよ

記事を読む

マーメイドS [3] 上位人気馬の短評

さて、今日は日本×イラク戦ですね。 私は日本代表に関しては一切の興味がなく、日本サッカーにはマ

記事を読む

京都記念 [2] 脚質転換を試す絶好の機会

音楽の話になりますが、FUJI ROCKに続いてSUMMER SONICの第一弾も発表になりましたね

記事を読む

キーンランドC [5] 土曜馬場を見た感じの結論

土曜競馬はほとんど勝負はせず、唯一まともに賭けたBSN賞が◎ダブルスターで当たったので、勝負をしない

記事を読む

【小倉記念2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

小倉記念2017(小倉芝2000m)の考察です。 8月6日に小倉競馬場で開催され発走時刻は15

記事を読む

小倉記念は◎アズマシャトルで的中&平場も絶好調!

ちょっと先週末はROCK IN JAPAN FESというものに行っておりまして、お問い合わせにお応え

記事を読む

Message

菊花賞は歴史的なスローでスタミナいらず〜土日の予想結果など

さて、菊花賞の回顧記事も先週に引き続いて非常に遅くなってしまいました。

菊花賞2018の予想を公開!

菊花賞2018(京都芝3000m)の予想です。 10月21日に京

コーフィールドカップ2018の予想を公開!

コーフィールドカップ2018(コーフィールド芝2400m)の考察です。

富士ステークス2018の予想を公開!

富士ステークス2018(東京芝1600m)の考察です。 10月2

【菊花賞2018の予想ヒント】枠順から見るレース見解

菊花賞2018(京都芝3000m)の考察です。 10月21日に京

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑