*

有馬記念 [5] ゴールドシップについて

公開日: : 最終更新日:2014/12/24 GIレース考察・予想

私はゴールドシップは知り合いがこの馬に関わっているという件もありまして、非常に愛着を持っている馬です。キャラクター的にも愛される馬ですし、ファン投票1位になったのもうなずけます。ただし、馬券を買うかという話とは別です。今回はこのゴールドシップについてを考えてみます。

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」

arg1  全レースデータ

サイトだけでは伝えきれない筆者の競馬予想のメソッドを皆さんへお届け。競馬予想の真髄をあなたへ伝授いたします。詳細はコチラから。  

↓↓↓ココからが本題↓↓↓  

有馬記念は適性的にはベスト舞台

ゴールドシップは一昨年の有馬記念を快勝し、昨年の有馬記念を3着。

間違いなく上がりのかかる中山長距離コースはベスト舞台でしょうし、今回も適性的にはベストに近い条件で評価しなければいけない馬ということは認めます。

ですが、この馬を果たして本命にしていいのでしょうか?

それについてを今日は考えていきたいのです。

 

宝塚記念と有馬記念の決定的違い

同じグランプリレースということで宝塚記念と有馬記念は関連性が強いと言われます。

このゴールドシップも宝塚記念を連覇しているように、グランプリレースは大得意。今年も宝塚記念を勝っていることで有馬記念でも最有力という評価をされています。

ただ、果たしてそんなに簡単に片付けて良い問題でしょうか?

ゴールドシップの馬キャラとして下記2つが挙げられます。

(1) スタートダッシュが全くつかない

(2) 時折見せる出遅れ癖

もともと4回に1回くらいは大きな出遅れをする馬です。いくら条件が合う舞台とはいえ、この馬を本命にするというのはいつだってギャンブルなのです。

それでも私は宝塚記念ではゴールドシップを本命にしました。それは明確な根拠があったからです。そしてそれこそ宝塚記念と有馬記念の決定的違いなのです。

それは、、、

宝塚記念=直線スタート

有馬記念=コーナースタート

宝塚記念は4コーナーを回った直線の入り口からのスタートになります。

スタートが下手なゴールドシップでもそこまで不利にならず、そのまま直線が長く1コーナーまで距離があるので押していければ先行策をとることができます。事実、宝塚記念では二年連続ゴールドシップは先行して快勝しています。

それが有馬記念だとどうでしょうか?

有馬記念のスタート位置は3コーナーのコーナー部分。しかも下り坂スタートです。

ゲートがうまい馬はスピードに乗って先団を形成できるでしょう。

ですが、ゴールドシップはゲートも苦手で、二の脚もつかない。宝塚記念ではすんなりと先団につけられるのに対して、おそらく有馬記念では十中八九それは無理です。周りの馬が位置どりをすっと決めるのを尻目にゴールドシップは出脚がつかなく最後方。こうなるのはほぼ間違いないです。

ゴールドシップを本命評価するのは一向に構いませんし、私も重い芝と坂に関しての適性面では最大級に評価する予定ですが、

ほぼ確実に最後方からの競馬をする馬を本命にする

という事実だけは認識しておかなければいけません。

この位置取りになればゴールドシップが取れる戦法はただ一つ。この馬が使える末脚なんて鋭いものはありませんから、直線向いてから追い出しても間に合わないでしょう。

3コーナーからの捲りロングスパート

本日のお昼に「果たして捲りは決まるのか?」と考えた問題がここで繋がってきます。

恐らくコーナースタートの有馬記念ではゴールドシップは後ろから行かざるを得ない。そうなればゴールドシップの取れる戦法は捲り差しのみ。

こんなにも分かりきった戦法をするとわかってる人気馬にやられるでしょうか?

ましてや5歳冬で凱旋門賞惨敗直後。往年の能力が健在であるかも疑問です。事実、昨年は同じ舞台でラブイズブーシェとそう差のない3着です。

そして、今回は逃げたい馬があまりおらずスローペースが濃厚。皆が3コーナーまで脚を溜めて、3コーナーから一気にスパートをかけてペースが上がったとすれば。

ゴールドシップはスローでいきなりペースが上がるレースを、それよりも早い脚で位置を上げてなおかつ差し切らなければいけないのです

私はこうした理由から、巷で言われているほどゴールドシップは堅くないと考えています。

展開と馬キャラを考えれば安心してこの馬を買えばいいという馬でないことは確か。

それよりは私は今回、こちらの人気馬のほうが信頼性は高いと考えています。

 

その馬の名は?

↓↓↓

☆その馬の名はブログランキングで公開中☆

上記ブログランキングの(C)に記載ありますのでチェックしてみてください!

関連記事

フェブラリーSの予想を公開!

東京競馬場にいますが雨は降るのか降らないのか微妙な模様。現在のところダートは標準よりやや時計かかって

記事を読む

【宝塚記念2017全頭診断】シャケトラ、シュヴァルグランなど

宝塚記念2017(阪神芝2200m)の全頭診断part2です。 6月25日に阪神競馬場で開催さ

記事を読む

マイルCS [5] フィエロに安易に飛びつくのは危険

昨日見たテレビで豊田真奈美特集をやっていた。昔、女子プロを見ていたころ、豊田真奈美はそれこそテレビか

記事を読む

皐月賞 [7] 枠順発表!明暗を探る。

遂に皐月賞の枠順が発表されました!! 今年は15頭と頭数は少ないですが、ここから歴史に残る名馬

記事を読む

【スプリンターズS2017の予想ヒント】想定1番人気レッドファルクス考察

スプリンターズステークス2017(中山芝1200m)の考察です。 10月1日に中山競馬場で開催

記事を読む

天皇賞(秋) [4] 金曜オッズの見解と絶対やってはいけない予想法

さて、金曜がやってまいりました。 景気が回復してきたせいか、競馬人気も回復してきているようで、

記事を読む

【マイルチャンピオンシップ2018の予想ヒント】有力馬分析(モズアスコットやアエロリットなど)

マイルチャンピオンシップ2018(京都芝1600m)の考察です。 11月18日に京都競馬場で開

記事を読む

【JBCレディスクラシック2018の予想ヒント】過去データやレース展開などを分析考察します

JBCレディスクラシック2018(京都ダート1800m)の考察です。 11月4日に京都競馬場で

記事を読む

【2016】ジャパンカップ / 枠順&展開考察(キタサンブラック、リアルスティール等の枠順は如何に)

今日は11/27(日)に行われるジャパンカップのレース考察を行います。東京芝2400mで行われるGI

記事を読む

【エリザベス女王杯2018の予想ヒント】ローテーションや馬場、展開などを分析考察します

エリザベス女王杯2018(京都芝2200m)の考察です。 11月11日に京都競馬場で開催され発

記事を読む

Message

【徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」】をぜひこの機会にご購読下さい!

こんにちわ!「競馬はビジネスである」主催のKAZです。 今回は私

小倉大賞典2019の予想を公開!

小倉大賞典2019(小倉芝1800m)の予想です。 2月17日に

フェブラリーステークス2019の予想を公開!

フェブラリーステークス2019(東京ダート1600m)の予想です。

京都牝馬ステークス2019の予想を公開!

京都牝馬ステークス2019(京都芝1400m)の予想です。 2月

ダイヤモンドステークス2019の予想を公開!

ダイヤモンドステークス2019(東京芝3400m)の予想です。

【フェブラリーステークス2018の予想ヒント】枠順から見るレース見解

フェブラリーステークス2019(東京ダート1600m)の考察です。

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑