*

オークス2019の予想を公開!

公開日: : 最終更新日:2019/05/24 GIレース考察・予想

オークス[優駿牝馬]2019(東京芝2400m)の予想です。

5月19日に東京競馬場で開催され発走時刻は15:40です。出走馬はコントラチェック、クロノジェネシス、ラヴズオンリーユー、ダノンファンタジーなど。東京競馬場の芝2400mで行われるGIです。

 

[PR] 土曜も無料予想で的中炸裂の絶好調サイトがオークス予想を無料公開!

土曜無料買い目で10万7000円投資→24万5000円払戻!
日曜版は『オークス(優駿牝馬)』含む5鞍がまた無料公開。

05月18日東京4Rワイド
1-17→5.6倍×10000円→56,000円
14-17→18.9倍×10000円→189,000円

こちら↓実際配信されてた回収率816%

14オメガドーヴィルが10人気で1着!
前走も大敗していて1度も馬券に絡んだことない馬をどうやって買い目に入れたんでしょう?
もう一つのワイドも当てて完璧な予想を提供してくれました。
1日トータル無料予想に丸乗りしても回収率228%
オークス当日の買い目も土曜夜公開。必見です!

→オークス含めた5鞍の買い目(無料)

無料メルマガ登録で見れちゃいます。クリックしてログインするだけ。

 

オークス[優駿牝馬] 2019予想

先出し本命馬(せっかちな方はこちらから)

下記のバナーのクリック先で馬名は公開しておりますので、どうぞ応援クリックよろしくお願いします。


中央競馬ランキング

 

オークスの週中分析記事はこちらから

 

予想の根拠

牝馬クラシックの第2戦=オークス。

阪神芝1600mで行われる桜花賞とは全く異なる東京芝2400mで行われるレースではあるが、牝馬クラシック路線はとにかく桜花賞路線のレベルが高いのが毎年の傾向。玄人ほど毎年フローラステークスのような距離を経験している組を狙うのだが、結局は桜花賞で上位だった馬をベタに買えば当たるという感じのレースで、確かにある程度の距離適性は必要だが、それ以上にサラブレッド個体の能力を把握できるかが重要なレースと言える。

そんな力比べのレースになりがちなので、東京芝2400mという完全な立ち回り勝負になりやすい舞台ではあるが、例年そこまで枠順の有利不利もなく最後は強い馬が差してくるようなレースになりがち。

今年に関しては例年以上に高速馬場という感じもあり、2017年のような立ち回り要素も問われるようなレースになりそうと見ていたが、どうも土曜日の馬場を見ているとインが荒れてきた感じで明らかに外目の方が伸びる馬場に。かといって内枠がダメで外枠が良いというような馬場では全くないが、やたらとキングマンボ持ちやトニービン持ち、そして今の高速馬場では重いかなと思えたステイゴールド系などが走っていましたし、時計自体は速いがタフで地力が問われる馬場になっていると見ていいだろう。

上位人気馬は桜花賞でしっかりと強さを見せたから人気になっているというよりは「無敗だから」「良い騎手が乗っているから」「血統が良いから」という何となく強そうだから人気になっている馬が多そうな感じ。高速傾向ながらタフな馬場で明らかなマイラーには厳しいレースになりそうだが、この距離をこなせて能力上位な馬をベタに狙った方がいいと思います。

というわけで予想の発表。

 

 

より詳細な予想考察はメルマガにて

arg1

arg2

メルマガでは金曜日に重賞まとめデータと称して、その週の重賞の全頭診断などを含むより詳細な予想を公開、配信しております。

推奨買い目などもメルマガ限定の公開となっておりますので、ご興味ある方はコチラより詳細をご確認ください。

 

 

オークス[優駿牝馬] 2019の印

本命 ◎エールヴォア

本命は好走条件が全て揃った上に予想以上に人気がないこの馬の激走に期待する。

父が中距離タイプで母系がダート要素が強くトニービンが色濃く出ているような血統背景。いかにもな大跳びの馬で、もう未勝利勝ちの圧巻のパフォーマンスを見た時から明らかに中長距離向きの馬だと見ていた。陣営も当初から認めていたように、牝馬クラシックの路線体系ではこの馬に合う距離がほとんどなく、それでいて明らかに距離が短いマイル戦でもきっちりと格好をつけてきた辺りはそもそもの能力が相当高いんだろう。

2歳時には出世レースである500万条件を牡馬相手に逃げての完勝。そこから間隔を空けての2走前はハイレベルなメンバー相手に明らかに差し損ねの内容。もう中山コースも狭くて向かない上に距離も1800mでは短かった感じで、それでいて2着と格好をつけてきたんだから能力は示した。

前走の桜花賞は完全な適性外条件なので最初から無理と見ていたが、最内を突いたとはいえこの馬が到底出せるとは思っていなかった上がり32.9なんていう決め手を見せての7着好走。少し離されたことで注目はされていないが、このハイレベル戦で全くの適性外ながらこれだけやれたのだから大々的に評価できるはずだ。

ここ2走のハイレベル戦での内容を見ても能力が足りるのは間違い無し。加えて距離延長に対して出走馬の中でも最もプラス要素が働くと思いますし、実際にこの馬は距離延長ローテでは(2-0-0-0)のパーフェクトな戦績。スッと好位が取りやすい絶好枠が引けましたし、陣営コメントや鞍上のコメントを見ても今回はポジションを取りに行くとのこと。枠順から隊列を想定してみてもスムーズならばインの4、5番手ぐらいが取れそうですし、東京芝2400mで完璧に立ち回れる可能性が高まった。

土曜日の馬場を見ても、ただの高速馬場ではなく外伸びでタフさも問われるようになってきた感じのコンディション。トニービンを持っている点はプラスになりそうですし、上手く好位で立ち回って直線でスムーズに外に出せればここは勝利まであって良いのでは??

もう超絶穴人気で5番人気ぐらいになると見ていたので、まさかここまで人気薄で買えるとは思っていませんでした。大阪杯のアルアインの時と同じような状況が揃ったので、ここはその時以来の大勝負でいきたいと思います。

 

対抗 ◯クロノジェネシス

対抗は能力最上位でコース適性も高そうなクロノジェネシスでいいでしょう。

今までのキャリアを見ても明らかにこの世代の牝馬では最上位の存在。血統背景からも陣営は桜花賞よりもオークスを当初から目標にしていた感じもあり、父が凱旋門賞馬バゴという点を見ても有力馬の中では一番この距離に対しての適性がしっくりくる。

前走の桜花賞は道中で折り合いを欠く面が見られたが、これは距離適性というよりはバゴ産駒特有の前向きすぎる気性が出てしまった感じか。今回はそれを踏まえてしっかりと折り合いをつけて弾けさせる調教をしてきていますし、超スローをしっかりと折り合って突き抜けたアイビーSの内容などを見ても本質的に距離は全く問題ないだろう。

それでも外枠を引いたりすると折り合い面で不安もあった感じだが、前に壁を作れるという点で絶好の内枠をGET。どう考えてもこの世代の牝馬重賞路線で最もレベルが高いのは桜花賞だと思いますし、その桜花賞上位で最もオークスへの適性を感じさせるこの馬はまず勝ち負けまで持ち込めると見ます。

 

単穴 ▲シゲルピンクダイヤ

三番手は距離に若干の不安はあるが能力最上位のシゲルピンクダイヤに期待する。

もともとデビュー戦の頃から期待していた馬ではあったが、まさか桜花賞で2着に走る馬になるとは思いもしなかった。ここ2戦のパフォーマンスは掛け値無しにこの世代の牝馬で最上位と言っていいもので、ハイレベルな桜花賞でグランアレグリアを最も追い詰めたこの馬が5番人気というのは低評価すぎるだろう。

ここ2戦を見ても特にかかるそぶりは無く、桜花賞で上がり32.7なんていう瞬発力が使えるんですから一本調子の短距離向きのダイワメジャー産駒ではない。桜花賞の4コーナー部分では追っ付け通しでしたし、跳びが大きくてエンジンのかかりが遅いところを見てもこの馬は1800m〜2000mぐらいがベストのダイワメジャー産駒というイメージか。

確かに血統的に2400mをこなせるかという不安は若干ありますが、レースぶりを見る限りダノンファンタジーやビーチサンバあたりよりはまず距離適性あるでしょうし、ある程度距離をこなせる下地があれば能力の絶対値でなんとかなるのが3歳春のオークスというもの。おそらくクロノジェネシスと並んで能力最上位のこの馬は当然上位評価にするべきと見ます。

 

特注 ☆ラヴズオンリーユー

四番手は3戦3勝で無敗のオークス戴冠を狙うラヴズオンリーユーにします。

話題先行のクラブ馬でディープインパクト産駒で無敗の戦績。もういかにも人気になる要素が揃った上に桜花賞ではない裏路線からの参戦で上位馬との力関係は未知数。競馬を知っている人であればあるほど嫌いたくなるような馬だが、ディープインパクト産駒は格上げ時や初重賞挑戦、初GI挑戦に滅法強くこういう連勝しているエリート君に逆らうべきではない。

前走の忘れな草賞も相手が弱かったにしても最後は抑える余裕もあっての完勝でしたし、ここをステップにオークスを勝利したミッキークイーンの忘れな草賞ぐらいの価値はあったか。まぁ前走レベルやパフォーマンスはフローラSと差がないぐらいで数字上は評価できないのだが、その前走は明らかに叩き仕上げ。加えてこの時期のディープインパクト産駒の上げ幅はもうみなさんが何度も経験している通りで、フローラS組の馬を上位評価に取るぐらいならば全てを覆す可能性があるこの馬の上げ幅の方に期待した感じです。

 

△ シャドウディーヴァ

やたらに穴人気しているがシャドウディーヴァは純粋に能力が足りないんじゃないか。

東京コースでは複勝率100%という実績に加えて、ハーツクライ産駒でオークスに相性の良い母父ダンジグの血統という点が評価されてのこの人気だとは思うが、そもそもフローラステークスにはどれぐらいの価値があったのかという感じ。

決着時計1:59:5は昨年のサトノワルキューレがフローラSを勝った時計と同じ。馬場水準も同じぐらいだと思いますし、昨年と同じで今年もスローペースの展開。そんなレースを大外一気で差しきったサトノワルキューレがオークスで全く通用しなかったことを考えると、フローラSを最内から全くロスなく立ち回ったこの馬で果たして通用するのかと思うのが正直なところ。フラワーCの内容を見ても一線級とは差がある感じもします。

もちろん血統はベストですしコース適性も文句なし。枠順も絶好のところを引けましたし、この枠順なら岩田騎手はスムーズに立ち回ってこの馬の能力は最大限に出してくれそう。ただ、そもそもの能力が足りないんじゃない?と思ったのでこれぐらいの評価になりました。

 

△ シェーングランツ

桜花賞組で人気を落としすぎな感じのシェーングランツも穴として期待する。

ここ2戦の内容が不甲斐なすぎる感じもするが、アルテミスSとて前がやりあって止まったところを差しきった漁夫の利の内容。もともと不器用でスピードがあるタイプではなく、ここ2戦に関してはマイルのスピード勝負でついていけなかった感じはある。

半姉ソウルスターリングがオークスを勝利していることからも距離は伸びて良さそうですし、前行く馬が止まる傾向のオークスはこの馬の末脚がハマる可能性はありそう。全く人気ないので穴としては面白そうですが、ちょっとさすがに調教が軽すぎる印象あり。この馬なり軽め調整でGIで走れるイメージがあんまりない・・・

 

△ フェアリーポルカ

穴っぽいところで面白いのはフェアリーポルカか。

超ハイレベルだった若駒Sこそ離された3着だったが、ペース流れたとはいえ君子蘭賞は同週の毎日杯よりも速い時計。フローラステークスでは大外枠でスローペースを外外回る最悪の形だったが、最後まで見せ場十分の内容で少差。内枠が引けていればまず勝ち負けだったはずで、今回出走しているフローラS組の馬と能力差はないと見ていい。

いかにも東京芝2400mが合いそうな血統ですし、土曜日の東京芝はトニービンとキングマンボの血がやたらに走っていたのでルーラーシップ産駒は今の馬場に合いそう。400mの距離延長でさらにパフォーマンスを上げられれば一発あっても。

穴っぽいところで非常に面白いとは思っているのだが、フローラSは大外枠からこの馬が強い競馬をしたというのもあるが、この馬がスムーズさを欠く競馬でも上位に好走できちゃうぐらいのレベルだったと解釈する方が正しい気もします。

 

△ウィクトーリア

一応の素質開花に期待してウィクトーリアには印を打ったが、前走のフローラSにはいかほどの価値があったか。

スタートで出遅れたおかげで脚を溜める競馬になったが、直線半ばまで前が詰まって追い出しが遅れたことで脚が溜まりに溜まったような感じ。今回は400mの距離延長で外枠を引きましたし、まず前走のような完璧な競馬はできなそう。良血の上積みと戸崎騎手に期待しての抑え程度で。

 

△ ジョディー

大穴になりますが来たら悔しいジョディーは最後におさえておきます。

とにかくハナにさえ立てれば相当に渋といダイワメジャー産駒で、前走のフローラステークスでも対抗に評価しましたが、交わされるかと思ったところから驚異の粘り腰を見せており、この馬は相手なりに根性を見せて走れるタイプと見て良さそう。

血統を見てもフローラステークスで距離延長OKと評価したように半姉レーツェルが中距離を走っているので芝2400mも問題なさそう。土曜日の外伸び馬場はマイナスと見て抑えの5番手まで評価は落としましたが、人気のコントラチェックを買うならば大穴のこちらの逃げ粘りに期待する方が得策だろう。

 

消 ダノンファンタジー

もう前走のレース回顧時点でオークスを使ってきたら消しとしていたダノンファンタジーは予定通りに消します。

桜花賞の予想時点で調教動画を見ながら「マイルでもギリギリかなぁ。秋はスワンステークスあたりを走ってそう。」と思っていた馬。桜花賞まではギリギリこなせるかと見ていたが、その桜花賞でも最後の最後に伸びを欠いて失速。おそらく今回は後方に下げて脚を溜める競馬をしてくるとは思うが、桜花賞のあの失速ぶりを見るに800mへの距離延長がとてもプラスには見えない。まだまだ人気の一角ということを考えてもここは消しが妥当か。

 

消 コントラチェック

おそらく枠順差からジョディーに先手を奪われるだろうコントラチェックもバッサリ消します。

この馬は過去のキャリアを見ても逃げた時は3戦3勝で全てが大楽勝。一方で2番手以下に控えた場合は新馬戦でも見どころなく負けていますし、サフラン賞でもレッドアネモス程度に先着を許すようなパフォーマンス。もう溜めてもキレない完全なスピード持続力型と見て良さそうで、菜の花賞やフラワーカップは中山コースで自身のスピードを活かしきる最高の競馬ができたと考えて良さそう。

今回は中山→東京替わりでスピード以外の要素が問われるのもマイナスですし、距離が伸びるのもマイナス。それに加えて抽選でジョディーが出てきてしまいあちらが1枠1番を引いてしまうという最悪な枠順に。レーン騎手はこういうタイプを思い切って行かせてしまう戦法は上手いが、スピードタイプの馬を抑え込む騎乗はたびたび失敗を見せていますし、今の外伸びのタフ馬場も確実にマイナスに見える。まず2番手から全く伸びずにズルズルと下がっていくと見ているが・・・

 

消 ビーチサンバ

人気落ちで面白い感じもするがビーチサンバもこの条件は厳しいはず。

もうデビュー戦の頃から書いていたが、この馬はほぼ間違いなく早熟傾向強いマイラー。イメージは全兄フサイチリシャールとほぼ同じと見て良さそうで、兄は距離を伸ばすごとにパフォーマンスを落としていった。その兄も日本ダービーで緩い展開から全く伸びきれずに大敗していますし、この血統に東京芝2400mは普通に考えて長いはずだ。買える要素があるとすれば長距離に強い友道厩舎というところか。

 

印まとめ

◎エールヴォア
◯クロノジェネシス
▲シゲルピンクダイヤ
☆ラヴズオンリーユー
△シャドウディーヴァ
△シェーングランツ
△フェアリーポルカ
△ウィクトーリア
△ジョディー

勝負度 A

ここは買いたい馬と買いたくない馬がはっきりしているレース。大阪杯(◎アルアイン)と並ぶ上半期GI最大の勝負レースに定めてドカンと狙いたいところです!日曜朝に配信する最終予想と買い目等はメルマガにてご確認ください。

 

推奨馬券

オークス[優駿牝馬]の買い目はメルマガにて!

重賞以外の平場の予想はメルマガ限定での公開となっておりますので、そちらもご覧になりたい方はぜひともメルマガを購読してみてください。

 

オークスは1ヶ月前の時点で本命と対抗がほとんど決まっていたレース。その2頭がそこまで人気を被らなそうですし、加えて明確に買いたくない人気馬がかなりいるので馬券も買いやすそう。

現時点で大阪杯(勝負度A想定も雨の影響次第で勝負度Bとしたレース)の◎アルアインぐらいは自信があるので、平場の他のレースを一切買わずに大阪杯勝負としたあの時ぐらいのモチベーションで臨みたいところ。

 

4月中旬から重賞も平場も絶好調で確変時期に突入しつつあります!

先々週は重賞3戦3勝で勝負度B配信のフローラSが大本線的中!そして先週も青葉賞の印通り大本線的中を筆頭に3日間開催は大勝ちで終わることができました^^

 

<フローラステークス レース結果>
1着:☆ウィクトーリア 3番人気
2着:◎シャドウディーヴァ 2番人気
3着:◯ジョディー 9番人気
4着:▲パッシングスルー 6番人気

→フローラステークスのレース予想全文はコチラからご覧ください。

 

<青葉賞 レース結果
1着:◎リオンリオン 5番人気
2着:◯ランフォザローゼス 1番人気
3着:▲ピースワンパラディ 3番人気

→青葉賞のレース予想全文はコチラからご覧ください。

 

ちょうど、初夏を前にして好調期に突入しつつあるように感じております。ぜひこの機会にメルマガをご購読してみてください!

金曜の12時〜15時ごろにメルマガにて重賞まとめデータとプレ予想を配信予定です。今週末は重賞が2つだけなので、平場もバンバン当てていけるよう頑張りますのでご期待ください。

 

当メルマガ「競馬をビジネスにする」では、、、

初月無料キャンペーンを実施しております!

まずはお気軽にご登録頂き、競馬予想の真髄はどういったものかを見ていただければ幸いです。

当サイトをご愛顧頂いている方、データベースを見たい方、競馬力を身につけたい方、とにかく馬券を当てたい方、皆様に満足いただけるようなコンテンツとなっておりますので、ぜひともご購読頂けますと幸いです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」のご紹介

さて、2019年も5月になりました。

月初になったということで徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」の新規読者募集をさせていただきます。

 

今までサイト「競馬はビジネスである」を通して、私自身、競馬ブログサイトの中でも最上級に時間をかけた分析の上、説得力のある予想をお伝えしてまいりました。外れても納得できるだけの自慢の予想をお送りできていたかと思います。

その予想・考察に結び付くまでにどのようなデータを作成しているのか?どのようなプロセスを踏んでいるのか?そういったところまでをメルマガ「競馬をビジネスにする」では全て隠すことなくお伝えいたします。

正直な話、私は尋常ではない時間をかけて競馬のデータと考察を行っています。それを必要とされる方がいるのであれば還元できれば。そして勝ち組になっていただければ、というのがこのメルマガの趣旨でございます。

 

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

 

当メルマガはクオリティでどの雑誌やメルマガにも劣っていないと思っております

正直、過大広告や一度の的中を誇張するメルマガなどが多く蔓延っているのが実情。その中で当メルマガは「クオリティだけに特化して」配信しています。もしかすると2、3週連続で不調で当たらないかもしれません。ですが、その間に配信している内容にクオリティの低いものは一切ないと断言できます。

 

おかげさまで発行4年になる当メルマガですが、メルマガ発行業界大手のレジまぐ様の売上ランキングで1位になるまでになりました。

購読者数ランキングに関してもPC版とモバイル版の2つに分かれていながら、どちらも2位と3位という圧倒的な支持を頂いています。

この順位までこれたのも「圧倒的に継続読者数が多い」ということが理由です。小手先の一度の的中などに満足せず、必然的に的中するための分析と回顧の積み重ねでクオリティを維持しているおかげと思っております。

もちろんこれだけでは満足せず、、、

圧倒的なクオリティ業界一を目指します!!!

 

さて、ここでメルマガの各曜日ごとの配信詳細を紹介しましょう。

 

【火曜日】先週の重賞回顧

火曜日に先週の重賞回顧を配信します。後ほど下記に詳細を書いておりますが、金曜日に配信する重賞まとめデータに結果を書き入れた形のPDFファイルとしても配信します。

 

【水曜日】地方競馬の重賞予想

地方交流重賞並びに南関競馬の重賞をメルマガ限定コンテンツとして配信しております。だいたい地方競馬の重賞は水曜日に行われるので、水曜日にメルマガにて予想を配信しております。

※以前は地方交流GI並びに南関のSIレースに関してはブログで全体公開としていましたが、今後はメルマガ限定のコンテンツとなります。

 

【木曜日】中央競馬の全レース回顧

木曜日には前週に行われた中央競馬の全レース分の回顧文&データを配布します。

 

各競馬場ごとに前週に行われた全てのレースの詳細と勝ち馬の評価、そしてそのレースで不利を受けた馬や次走注目するべき馬、危険な人気馬などを全て網羅して配信しております。

そんな、文章でのボリューム満載なレース回顧に加えて、、、

スクリーンショット 2015-12-31 15.45.42

スクリーンショット 2015-12-31 15.46.00

エクセルファイルにて競馬場ごとに新馬戦から上級戦まで、全てのレースの結果情報、レース回顧コメント、先週の結果分析のタイムランク情報などを載せたデータファイルを毎週配信しています!

正直言って回顧をやっているブログ、メルマガはあれど、中央競馬の全レースの回顧をまとめて配信している媒体はウチだけだと思います。

これを見れば縦比較で走破時計やレースラップがどれくらい優秀なのか把握できますし、予想の際にこれを見ればどの馬が強いレースを戦ってきたのかが一目瞭然です。

ただ、この文章だけではなかなかどういうものか伝わりにくいと思うので、2016年の函館競馬場の全レース分析データを下記リンクで無料でダウンロードできるようにしておきました。こちらを見てどんなものか確認頂ければ幸いです。

 

【金曜日】重賞まとめデータ配布
金曜日は重賞のまとめデータを配布します。この時点で重賞のプレ予想を配信いたします。

arg1

arg2

このような形で週末の重賞の出走馬の全頭レビューを印付きでPDFファイルにて配信いたします。

 

【土曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【日曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【不定期】海外競馬のレース予想の配信

最近では海外競馬の馬券もPATで購入できるようになりました。海外競馬のレース予想に関してもメルマガにて配信します。こちらは実施が不定期なので配信日はその時々になりますが、メルマガをご購読いただければ海外競馬まであなたの競馬ライフをカバーいたします。

 

これだけのボリュームあるコンテンツを毎日更新予定!!

サイト記事だけではわからない予想する際に使うデータベースや、結論を導くまでのメソッドをメルマガを通して余すことなくお伝えできればと思っております。

今までなんとなく馬券を買ってきたという方は、ぜひ本当の競馬力を身につけていただくためにも読んでいただければ幸いです。競馬予想の真髄をお見せいたします。

 

なお、現在、徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」では、

初月無料キャンペーンを実施しております!

当サイトをご愛顧頂いている方、データベースを見たい方、競馬力を身につけたい方、とにかく馬券を当てたい方、皆様に満足いただけるようなコンテンツとなっておりますので、ぜひともご購読頂けますと幸いです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

購入する!

関連記事

有馬記念の予想を公開!

いよいよ有馬記念ですね。 「終わり良ければ全て良し」 「有馬記念当てれば全て良し」 と

記事を読む

菊花賞 [3] スタミナ比べだけでは終わらなそうな今年の菊花賞

すみません、ちょっと昨日風邪っぽい感じでレースの見返しが終わらず、メルマガ配信できませんでした。起き

記事を読む

【皐月賞2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

皐月賞2017(中山芝2000m)の考察です。 4月16日に中山競馬場で開催され発走時刻は15

記事を読む

【秋華賞2019の予想ヒント】ローテーションや馬場、展開などを分析考察します

秋華賞2019(京都芝2000m)の考察です。 10月13日に京都競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

秋華賞2018の予想を公開!

秋華賞2018(京都芝2000m)の予想です。 10月15日に京都競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

【宝塚記念2020の予想ヒント】ローテーションや馬場、展開などを分析考察します

宝塚記念2020(阪神芝2200m)の考察です。 6月28日に阪神競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

【日本ダービー2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

日本ダービー2017(東京芝2400m)の考察です。 5月28日に東京競馬場で開催され発走時刻

記事を読む

【高松宮記念2018の予想ヒント】過去データやローテ、血統などを分析考察します

高松宮記念2018(中京芝1200m)の考察です。 3月25日に中京競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

【NHKマイルカップ2019の予想ヒント】枠順から見るレース見解

NHKマイルカップ2019(東京芝1600m)の考察です。 5月5日に東京競馬場で開催され発走

記事を読む

【2016】阪神JF / レース考察(阪神芝1600mで行われるGI戦を徹底考察します)

今日は12/11(日)に行われる阪神ジュベナイルフィリーズのレース考察を行います。阪神芝1600mで

記事を読む

【宝塚記念2021の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

宝塚記念2021(阪神芝2200m)の考察です。 6月27日に阪

6月3週のレース回顧〜睡眠と規則正しい習慣は大事だと思う今日この頃〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間

マーメイドステークス2021の予想を公開!

マーメイドステークス2021(阪神芝2000m)の予想です。 6

ユニコーンステークス2021の予想を公開!

ユニコーンステークス2021(東京ダート1600m)の予想です。

米子ステークス2021の予想を公開!

米子ステークス2021(阪神芝1600m)の予想です。 6月19

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑