*

新潟大賞典2021の予想を公開!

公開日: : 最終更新日:2021/05/13 重賞レース考察・予想

新潟大賞典2021(新潟芝2000m)の予想です。

5月9日に新潟競馬場で開催され発走時刻は15:20です。出走馬はポタジェ、ボッケリーニ、サンレイポケット、ダノンマジェスティなど。新潟競馬場の芝2000mで行われるGIIIです。

 

[PR] 高額配当ゲットのチャンス!人気馬が勝っても荒れるNHKマイルC

NHKマイルCといえば2007年973万馬券、2009年238万馬券、
2013年123万馬券など3連単高額配当が飛び出すので有名なG1
3連単発売以降1.2番人気が勝っても10~60万円台配当が5回も出ています
つまり人気馬から相手に人気薄を買うだけで高額配当を当てやすい

だったら毎週大穴あてまくり、競馬大陸で無料で見れる利益直結馬
先週土曜はバーデンバーデンC31万馬券、天王山S23万馬券と高配当的中!!

★バーデンバーデンC
1着5人気マイネルアルケミー
2着12人気アテンフラワー
3着6人気アンブロジオ
3連単311.790円的中!!

NHKマイルCも高配当獲得のチャンスです!!
利益直結馬で穴馬チェックをお忘れなく!!
>>利益直結馬を無料で見る
新潟大賞典、京都新聞杯の穴馬もお奨め!

 

新潟大賞典 2021予想

先出し本命馬(せっかちな方はこちらから)

下記のバナーのクリック先で馬名は公開しておりますので、どうぞ応援クリックよろしくお願いします。


最強競馬ブログランキングへ

 

新潟大賞典の週中分析記事はこちらから

 

予想の根拠

毎年この時期に行われるハンデGIIIの新潟大賞典だが、例年は春の新潟開幕週に行われるのに対して、今年はイレギュラー開催で春から新潟芝が使い込まれてきた最中に開催となる。基本的には例年の傾向はある程度無視して予想をしていいと思います。

 

今年の新潟大賞典の予想における最大のポイントは「イレギュラー開催でメタメタに荒れた新潟芝」と見て間違いないか。例年ならば春の新潟競馬の開幕週に行われる新潟大賞典だが、今年は福島競馬場が地震被災の影響で4月の最初から新潟競馬場を使い倒しているので例年と馬場コンディションがまるで違う。

土曜の新潟メインは少頭数のスローペース戦になったのであんまり馬場の判断ができないようなレースだったが、特殊条件の新潟芝1000mだとはいえはやぶさ賞のレース結果を見れば今の新潟芝の馬場バイアスは明白。

ご覧の通りで上位8頭と下位8頭で外枠と内枠がくっきりと分かれるようなレース結果に。それだけ今の新潟芝はメタメタに荒れた馬場になっており、外回りコースを使用するレースならばできるだけ馬場の良い外側部分をスムーズに通れる馬が有利と言えるでしょう。

 

もう1点、新潟大賞典の予想における重要なポイントは「わりかし隊列がすぐに落ち着きそうな点」じゃないだろうか。

前走でハイペースのマイル戦で逃げているマイスタイルがこのメンバーならスピードの違いであっさりとハナを打つはずで、それに競りかける馬もいなそうな感じ。

トーセンスーリヤ、バイオスパーク、ポタジェ、ダノンマジェスティあたりが押し上げて番手の位置を取りに行くと思いますが、まずスローペースは確定的な感じ。もしマイスタイルがマイル戦の記憶から飛ばして逃げるとしても、2番手以下はついて行かずにスローペースになると思います。

 

前述した通りで今年の新潟大賞典で最も重要なのは「外回りの長い直線でメタメタな馬場の中で相対的に良い部分をいかにスムーズに通れるか」という点。

これで淀みないペースになって前に行く馬がバテる展開になるのであれば外枠の差し馬でも十分に届くと思うのですが、マイスタイルが逃げて隊列が落ち着いてのスローペースになると前の馬はそう簡単にはバテなそう。

まず間違いなくマイスタイル横山典+番手の馬の騎手たちは4コーナー出口から外に持ち出して直線で大きく内側を開ける進路取りになるはず。そうなるとそこから更に外に持ち出そうとする差し馬は大きなコースロスが出てしまいますし、馬群の内側を突くにしても先行馬群がわざわざ開けている部分な訳ですからそこはあまり伸びない。

そう考えると今年の新潟大賞典で最も良いコースを通れる馬は、中枠〜外枠ぐらい(内枠だと3コーナーまでに押し込められてしまう可能性あり)からスッと前目の位置を取れる馬になりそう。昨年もその基準から最も良いコースを通れそうな10番人気の◎トーセンスーリヤを本命に指名しましたが、今年も同じイメージで前目につけて馬場の一番良いところを通れる馬を狙い撃ちたい。

というわけで予想の発表。

 

どんなレースになるかを推理

[コース特徴] 直線が長い新潟外回りコースを使用するので、基本的には前半〜中盤が緩んでの後半勝負になりやすい。
[馬場レベル] D=やや低速
[馬場バイアス] どこを通ってもタフな馬場だが、相対的に外有利。外回りコースなら馬群が内側を開けて走りそう。
[血統傾向] ステイゴールドやロベルトなど、一昔前の日本の競馬を席巻したタフ馬場適性ある血統が有利になりそう。ヨーロッパ競馬に近い馬場、レース質になりそうなので、欧州血統を色濃く持つ馬が有利になりそう。
[レース展開] マイスタイルが逃げてスローペース
[メンバーレベル] C=標準
[想定ラップ] 12.6 – 11.3 – 11.7 – 12.2 – 12.4 – 12.4 – 12.2 – 11.6 – 11.4 – 12.1
[想定時計] 1:59:9
[勝負度] C

※2021年より馬場レベルという基準を設定。基準はS-A-B-C-D-E-Fの7段階。Sが超高速馬場、Fが超タフ馬場というイメージです



 

より詳細な予想考察はメルマガにて

arg1

arg2

メルマガでは金曜日に重賞まとめデータと称して、その週の重賞の全頭診断などを含むより詳細な予想を公開、配信しております。

推奨買い目などもメルマガ限定の公開となっておりますので、ご興味ある方はコチラより詳細をご確認ください。

 

新潟大賞典 2021の印

【本命 ◎8 バイオスパーク】

この馬のキャラクターは「適性距離は1800m〜2000m」「急坂で脚が鈍るので平坦巧者」「タフ馬場を苦にしない」「立ち回りが上手い」の4点。この4点に合致するレースではほぼ崩れずに走れており、函館記念ではハイペースで展開が向かない中で上位に走ったり、適性が向く条件では昨秋に重賞を勝ったりとGIIIでは通用するのは明らか。

近走で負けているレースを見ても、京都新聞杯は直線半ばで一旦は先頭に立って馬券に絡むかというところから伸びあぐねた感じで、単純に距離が長かっただけで強敵相手に強い内容。中山金杯はスローのイン先行決着を大外枠というだけでも厳しかったが、そもそも急坂がダメなので中山コース適性がなかった。そして前走の小倉大賞典は前半から中盤が全く緩まないスピード勝負になってしまい、中距離で立ち回りを活かしてこそのこの馬の良さが全く活きなかったと見ていい。

準オープン勝ちの飛鳥ステークスや2着に好走した都大路ステークスのレースを振り返っても、どちらもタフな馬場で全馬がインを開ける中でその馬場を苦にせずに最短距離を通って上位に走ってきた感じ。ステイゴールドとロベルトの血を併せ持つ血統イメージ通りにタフ馬場は得意と見て良さそうで、今のタフな新潟芝なんて絶好の舞台だろう。

こうして見ていくと今回の新潟大賞典は、、、

(1)得意な芝2000mの距離

(2)平坦な新潟コース

(3)立ち回りの上手さを活かせるスローの展開

(4)荒れ馬場適性を活かせる全馬がインを開けるようなタフ馬場

と、この馬が走るための条件が全て揃った印象。もう直線部分で馬場の良い部分を通るためには最高の枠順が引けたと思いますし、今回乗り替わるこの騎手ならここ2戦よりも前目の位置で積極的に乗ってくる可能性が高い。

おそらく直線で馬場の良い部分を通れる可能性が最も高い馬と見て良さそうで、そんな馬がほぼ最低人気に近いようなオッズで買えるならここは相当に面白いレースになるんじゃないでしょうか?

 

【対抗 ◯13 マイスタイル】

前走のダービー卿チャレンジトロフィーは1年ぶりの休み明けでハイペースで逃げて4着。普通に強い内容だっただろう。今回は叩き2戦目でどう考えても楽なペースで逃げられる相手関係。狙い目には見えるのだが、ここ最近が短距離でのハイペースしか経験していないだけにこの距離延長で制御できるかがポイントになる。鞍上が横山典弘騎手ということを考えても、完璧なペースで逃げ切り5割、よくわからない逃げを打ってどこにもいない5割というイメージです。

 

【単穴 ▲10 ポタジェ】

ここに来て本格化してきたディープインパクト産駒。とは言ってもキレるタイプではなくじわじわと伸びるタイプで、高速馬場よりは今の新潟のような芝が合いそう。なんだかんだで金鯱賞はデアリングタクト、グローリーヴェイズあたりと僅差で走れているわけですし、この枠で西村騎手なら馬場の良いところを通って先行してくれそう。有力だろう。

 

【特注 ☆4 トーセンスーリヤ】

昨年の新潟大賞典の覇者。さすがに昨年はメンバーレベルに恵まれたが、宝塚記念、札幌記念、中山記念でもそこそこには走れておりGIIIぐらいなら上位争いできる馬という事だろう。中山記念は休み明けで仕方ない部分もありましたし、前走の福島民報杯はもうカオスな道悪馬場のハイペースを先行して展開がまるで向いていない。

タフ馬場自体は宝塚記念のレース内容からもこなすと思いますし、この騎手なら昨年同様に積極的に運んで前に行きそう。若干内寄りの枠ですが今年も馬場の良い部分は通れるんじゃないでしょうか。

 

【△6 ヒュミドール】

準オープンは東京芝1800mで強い競馬を見せたが、その後の3戦は長距離戦であと一歩足りず。日経賞でも前半部分は折り合いを欠いていたので今回の距離短縮は良いはずだが、ずっと条件戦から乗り続けている鞍上だからこそ準オープン勝ちのような構えて差す競馬を選びそう。陣営コメントを見ても「折り合い重視」の旨が見て取れますし、そもそも吉田豊騎手は位置を取る騎手じゃないだろう。

タフ馬場不問で能力もあることは知っているが、スローで前目につけられて馬場の良い部分を通れる馬を評価する趣旨には合わないために評価を落とした。

 

【△1 ボッケリーニ】

近走内容を見ても完全に本格化しており、ここでも能力最上位なのは間違いないはず。ただ、今回は新潟の芝が荒れすぎていて全馬がインを開けるような隊列になりそう。この馬は中団ぐらいからの競馬になるでしょうが、そこから馬群の外を回すにしても荒れたインを通るにしても厳しいレースになる感じがします。人気になりそうなので抑えまで。

 

【△14 サトノソルタス】

反動が出やすいので間隔を開けないと走れない馬。ここ2戦は中日新聞杯が大外枠でスローペース、日経新春杯が直線でどん詰まりと敗因は明白だが、今回は距離短縮で秋山騎手となると位置を取りに行くかは微妙なところ。あんまりキレないディープ産駒なので位置が後ろになるとその分だけパフォーマンスを落としそうだ。

 

【△2 サンレイポケット】

新潟記念3着の実績があるようにこの舞台は得意なはずで、相対的にタフ馬場もこなすタイプなはず。ただ、今回は新潟の芝が荒れすぎていて全馬がインを開けるような隊列になりそう。この馬は脚質的にも後ろからになるでしょうし、そこから馬群の外を回すにしても荒れたインを通るにしても厳しいレースになる感じがします。人気になりそうなので抑えまで。

 

【△11 ダノンマジェスティ】

アルアインの全弟という血統背景でもともとクラシックでも期待されていた馬。順調に使えずに6歳になってしまった感じで、近走の条件戦はさすがに能力上位だったが、どれも指数は低いレースばかり。今回は枠や展開はいかにも向きそうだが、果たして能力的に通用するんだろうか。

 

【推奨買い目】

ワイド 8→13,10,4,6,1 本線

馬連 8→13,10,4,6,1 本線

三連複 8→13,10,4→13,10,4,6,1,14,2,11 本線

単勝 8 バイオスパーク ボーナス

ワイド 13→10,4,6 抑え

 

【買い目及び予想のポイント】

ここは私の妄想予想の通りのレースになる前提ですが、その妄想通りになった場合は◎バイオスパークの好走条件が全て揃いそう。それでいて単勝11番人気と恐ろしく人気薄になりそうですし、ここは妄想通りにならなかったら仕方ないと割り切れるオッズ妙味ではないでしょうか。

相手はもう外目の良い部分に出すことができそうな馬を上位に。ワイドだけでもかなりのおっずになりそうなので、あまり三連複に欲を出しすぎないように買いたい。

もともと◯マイスタイルはかなり穴人気すると見ていたので、このオッズで買えるならば抑え馬券は買っておいていいんじゃないだろうか。

関連記事

アイビスサマーダッシュ2019の予想を公開!

アイビスサマーダッシュ2019(新潟芝1000m)の予想です。 7月28日に新潟競馬場で開催さ

記事を読む

京王杯スプリングカップ2017の予想を公開!

京王杯スプリングカップ2017(東京芝1400m)の予想です。 5月13日に東京競馬場で開催さ

記事を読む

仲秋Sの予想を公開!

【あの予想サイト、登録してみたらこんな感じだった!】 今「スマートウィン」というサイトが色々な

記事を読む

【2016】ダイヤモンドSの予想を公開!

今日は朝から平場予想が絶好調!!! 1レースを全場本命馬が好走したのもそうですが、勝負度D以上

記事を読む

京都2歳S [3] 京都が苦手な3つの血統

今日は秩父の方にお仕事。秩父と言えば「あの花」ですよね。私は聖地巡りはしてませんが、アニメで何度も泣

記事を読む

【小倉記念2019の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

小倉記念2019(小倉芝1800m)の考察です。 8月4日に小倉競馬場で開催され発走時刻は15

記事を読む

オーシャンS [1] 強調できない父サンデー系

去年は11番人気の◎スノードラゴンに本命を打ち2着に激走。 なのに、対抗評価の◯ハクサンムーン

記事を読む

【アルテミスステークス2019の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

アルテミスステークス2019(東京芝1600m)の考察です。 10月26日に東京競馬場で開催さ

記事を読む

【マーメイドステークス2018の予想ヒント】過去データやローテ、血統などを分析考察します

マーメイドステークス2018(阪神芝2000m)の考察です。 6月10日に阪神競馬場で開催され

記事を読む

【クイーンS2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

クイーンS2017(札幌芝1800m)の考察です。 7月30日に札幌競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

【宝塚記念2021の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

宝塚記念2021(阪神芝2200m)の考察です。 6月27日に阪

6月3週のレース回顧〜睡眠と規則正しい習慣は大事だと思う今日この頃〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間

マーメイドステークス2021の予想を公開!

マーメイドステークス2021(阪神芝2000m)の予想です。 6

ユニコーンステークス2021の予想を公開!

ユニコーンステークス2021(東京ダート1600m)の予想です。

米子ステークス2021の予想を公開!

米子ステークス2021(阪神芝1600m)の予想です。 6月19

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑