*

中山牝馬Sの予想を公開!

公開日: : 重賞レース考察・予想

今日は2つに狙いを絞った平場レースがどちらも本線的中で幸先はよし。あとは重賞以外は遊び程度に留めて、無駄金を使わないでプラスを確定させておいてかつ、ドカンを狙ってみたいです。

フィリーズレビューの方が自信ありますがこちらもそこそこは。

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」

arg1  全レースデータ

サイトだけでは伝えきれない筆者の競馬予想のメソッドを皆さんへお届け。競馬予想の真髄をあなたへ伝授いたします。詳細はコチラから。  

↓↓↓ココからが本題↓↓↓  

中山牝馬S 印

◎パワースポット
◯シャトーブランシュ
▲ブランネージュ
にて公開中!!(キーワードB)
△バウンスシャッセ
△マイネグレヴィル
×アイスフォーリス

 

セオリー通りに狙うのであればマイネグレヴィルあたりに本命を打って、対抗にバウンスシャッセあたりを狙うのがベター。

どちらも中山コースは得意であり、私も最初はマイネグレヴィルに本命を打つか迷っていた。

だが、よくよく考えてみると、今回のレースでは、馬場、展開等があまりあいそうに思えない。

 

中山牝馬ステークスは基本的に持続力を要求されるレースだ。

過去のレースを振り返ってみても淀みない流れが続くレースが多く、だからこそこのレースでは非サンデー系の好走が目立つ。切れ味よりも持久力が問われる舞台ということだろう。

じゃあ持久力ある馬を買おう、といってマイネグレヴィルあたりを安易に狙えるかと考えるとそう簡単にはいかない。

昨日の中山芝コースを見ただろうか?

かなり緩いペースでも最後の2ハロン目で11秒台を記録した後に、最後の最後に内が伸びずに外の馬に差されるケースが目立った。

おそらくだが、

今週の中山馬場は完全な外差し馬場である

 

気になって調べてみたのだが、昨日の芝コースでの上がり1位を記録した馬の成績は、

上がり1位(3-1-0-1)

勝率60%

連対率80%

 

中山コースはバテない持久力タイプが強く、立ち回りの上手い馬が強調できるコースだが、今週は完全に差し馬場。ディープインパクト産駒もバンバン走っている。

そう考えると、この中山牝馬ステークスも例年通りの持久力勝負と考えていると危ない可能性はある。

第一、逃げる馬はミナレットで、それについていくのはマイネグレヴィル一頭。ミナレットは距離不安がある馬なのでそこまで早いペースではいかないだろう。前半はかなりのスローが予想される。

ただし、キレる末脚が使える馬があまりいないので、バウンスシャッセ、ブランネージュ、アイスフォーリスといった馬は早めに動いて勝ちを狙いに来るはず。恐らく3コーナー過ぎくらいからスパートは始まるんじゃないだろうか。

これで内、先行有利の馬場ならマイネグレヴィルあたりが渋とく伸びて終了、なのだが、今の馬場は断然に先行馬より差し馬。スローで途中で一気にペースが上がる展開になれば、期待できるのは

メンバー中で最速の上がりを使える可能性の高い馬

であるだろう。

 

こうなれば本命は◎パワースポットで決まりだ。

パワースポットは過去のレースでほぼ全て上がり1位か2位を記録するような切れ味自慢の馬。前走もスローの流れを33.3で差し込んできての3着。

パンパンの良馬場でなければ走れない、といったタイプでもなく、愛知杯では極度の道悪を追い込んできて5着に食い込んだ。

今回のメンバーを見渡してみると、ほとんどが切れ味がない馬で、末脚の破壊力では頭二つ抜けている。中山替わりと大外枠で嫌われているが、そもそもこの脚質で枠順なんて関係ないし、今の中山馬場では最も強調できる馬と言える。

 

対抗も外から差してきそうな◯シャトーブランシュを推す。

この馬の場合、タフな中山の馬場は合うと思うが、欲を言えば雨が降って道悪になって欲しかった。純粋な末脚の破壊力ではパワースポットには及ばないだけに、うまく乗ってどこまで差を詰められるか。

 

単穴以下も一応の脚を持っている順に評価した。

▲ブランネージュは昨年のクラシックで能力は見せており、渋とく伸びるタイプの馬だが、脚がないわけではない。

 

マイネグレヴィルは3コーナーで一気にペースが早まって、外からダーっと押し寄せる展開になってどうだろう。

今回は道悪にもならず、差しが有利な馬場。それでいて9.9倍の6番人気は少し過剰人気に映る。

 

アイスフォーリスはもともと中山コースが向かない馬。一応拾ったが強調はできない。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第33回 中山牝馬S(G3)

第49回 フィリーズR(G2)

特大万券が狙える3連単勝負

3連単勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

3連単の平均配当が過去10年で30万円を超えるフィリーズRに、50万円を超える中山牝馬S。どうしてこれほどまで荒れるのかと言えば、大きく言えば気性の難しい馬が多い牝馬限定戦だから。レース前にイレ込みがキツ過ぎたり、フケが来て走る気がなかったりと、凡走する理由は少なからずあるのだ。

まして、フィリーズRは明け3歳馬の若駒のみ。1400mという距離を嫌い、桜花賞を意識する陣営の大半は前週のチューリップ賞を使うことがほとんど。つまり、ココはメンバーレベルがドングリの背くらべになるから、ちょっとした要因でレース結果が大きく入れ替わる。

また、中山牝馬Sだが、紛れやすい小回りの中山という舞台設定にハンデ戦と荒れる要素がタップリ。しかも、社台系を中心に6歳春で繁殖入りが決まっているので、「おそらくラストラン。引退の花道を飾らせていやりたい」と、ココが勝負の引退情報馬が存在することもしばしば。こういう馬が最後の一発を見せることもあるのだ。

こんな荒れる2重賞、『情報』という武器を持たずに馬券を買うことなど危険極まりないことは言うまでもないだろう。当社シンクタンクにはその武器となる新聞には載らない『情報』も確かに持っている。それを一人でも多くの競馬ファンの方に知ってもらうべく、この2重賞の3連単勝負買い目と情報を特別無料公開。ぜひ、この機会を十分に活用してい頂きたい。

本物の情報で毎週、万券的中!

2/28小倉10R萌黄賞     4万0500円的中

2/21東京6R3歳500万下    1万4780円的中

2/14クイーンC       1万1550円的中

2/8東京8R 4歳上1000万下  2万3190円的中

2/1 京都11RシルクロードS  8万0310円的中

1/18京都11R 日経新春杯   1万0150円的中

1/11京都9R 許波多特別   1万9480円的中

↓ ↓ ↓ 今すぐ無料で確認する ↓ ↓ ↓

→→関係者が大勝負するW重賞の3連単勝負を無料公開←←

関連記事

京都2歳ステークス2017の予想を公開!

京都2歳ステークス2017(京都芝2000m)の予想です。 11月25日に京都競馬場で開催され

記事を読む

【中京記念2019の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

中京記念2019(中京芝1600m)の考察です。 7月21日に中京競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

アルゼンチン共和国杯2019の予想を公開!

アルゼンチン共和国杯2019(東京芝2500m)の予想です。 11月3日に東京競馬場で開催され

記事を読む

【アーリントンC2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

アーリントンC2017(阪神芝1600m)の考察です。 2月25日に阪神競馬場で開催され発走時

記事を読む

【日経賞2018の予想ヒント】レースラップや馬場、展開などを分析考察します

日経賞2018(中山芝2500m)の考察です。 3月24日に中山競馬場で開催され発走時刻は15

記事を読む

オーシャンS2017の予想を公開!

オーシャンS2017(中山芝1200m)の考察です。 3月5日に中山競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

【2016】富士Sの予想を公開!

今日は10/22(土)に行われる富士ステークスの予想です。   猛烈に眠いので

記事を読む

【2016】中山牝馬S / 有力馬考察(ルージュバック、アースライズなどの徹底分析)

今日は3/13(土)に行われる中山牝馬ステークスのレース考察を行います。中山芝1800mで行われるG

記事を読む

東京新聞杯の予想を公開!

渋谷の立てこもり事件解決して何よりです。東京の都市の中で最も出没するのが渋谷なのでやはり気がかりでし

記事を読む

ラジオNIKKEI賞 [5] 土曜馬場を見た感じの結論

6月20日、21日の無料予想、2戦2勝! 絶好調の予想家のラジオNIKKEI賞(G3)予想を参

記事を読む

Message

【フェブラリーステークス2020の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

フェブラリーステークス2020(東京ダート1600m)の考察です。

2月3週のレース回顧〜雨と展開は読むのが至難〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間

共同通信杯2020の予想を公開!

共同通信杯2020(東京芝1800m)の予想です。 2月16日に

京都記念2020の予想を公開!

京都記念2020(京都芝2200m)の予想です。 2月16日に京

クイーンカップ2020の予想を公開!

クイーンカップ2020(東京芝1600m)の予想です。 2月15

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑