*

中山記念2018の予想を公開!

公開日: : 重賞レース考察・予想

中山記念2018(中山芝1800m)の予想です。

2月25日に中山競馬場で開催され発走時刻は15:45です。出走馬はペルシアンナイト、ウインブライト、ヴィブロス、アエロリット、マルターズアポジーなど。中山競馬場の芝1800mで行われるGII戦です。

 

土曜競馬は爆発的な的中連発というわけにはいきませんでしたが、それなりに自信があったところが本線でないながらも当てることができてそこそこのプラスで終了。

特にこの時期は3歳戦が当てやすいですね。今日も3歳戦の2つをしっかりと当てられて良かったです。

 

小倉10R くすの木賞 サラ3歳500万下 ダート1700m [勝負度E] [注目]

◎15 コマビショウ <次走注目馬>
◯11 サージュミノル
▲9   キャベンディッシュ
☆5   ハーベストムーン
△14 ブロンズケイ
△12 モンサンフィエール
△1   シンコーメグチャン

ここは前走が馬場が全く合わなかった◎コマビショウがまともならば能力断然だろう。この馬は2走前の初ダートの未勝利勝ちが圧巻の内容で、恐らくあのパフォーマンスを見る限りこの馬はダートなら世代トップクラス。昇級初戦となったもちの木賞は水の浮く不良ダートでもう前へ行った馬とインを通った馬しか来れない超高速馬場。そんな馬場で大外ぶん回しで4着まで来たこの馬は一番強い競馬をしていたはずで、ビッグスモーキーやサージュミノルのその後の走りを見てもここならまず上位争いだろう。展開も向きそうなので圧勝まであっても驚けない。

対抗は小回りダート1700mなら◯サージュミノルが強いはず。近走は先行策を取るも決め手に欠けて勝ちきれない競馬が続いているが、この馬はとにかくスピードと持久力を活かしてこそのタイプで、札幌ダート1700mを圧巻の走破時計で走った未勝利勝ちやもちの木賞2着の内容を見ても相当強いはず。今回は未勝利勝ち以来の小回り1700m条件で、少々厳しい展開になりそうだがまず上位争いになると見ている。

穴っぽいところで面白そうなのは▲キャベンディッシュか。未勝利勝ちが逃げて圧勝だったが、昇級初戦がスローペースで折り合いを完全に欠いて何もできず。前走の東京マイル戦はスタートで大きく出遅れて最後に外から追い込むも差し届かずという内容。ここは立ち回り次第で十分に上位争いになっていいはずだ。

☆ハーベストムーンは未勝利勝ちの時計が物足りないが、凍結防止剤の入った時計のかかる馬場の影響と、余裕十分でほとんど追ってなかったのがその理由か。オメガパフュームの新馬戦のパフォーマンスは圧巻でしたし、ここもまともなら上位争いになって良さそうだ。

<レース結果>
1着:◎コマビショウ    2番人気
2着:▲キャベンディッシュ 7番人気
3着:☆ハーベストムーン  3番人気

 

阪神10R マーガレットS サラ3歳OP 芝1200m [勝負度D] [展開]

◎3   ハゼル
◯7   オジョーノキセキ
▲2   タイセイアベニール
☆5   アンフィトリテ
△6   アイアンクロー
△9   レグルドール
△10 ベルガド
△8   オーヴァーライト

阪神芝は開幕週でまずイン先行絶対有利の馬場になりそう。ここは1200m戦ですがそこまで徹底先行タイプの馬はおらず、スッとハナに行けた馬が断然有利な展開になるだろう。

本命は◎ハゼルが絶好の狙い目じゃないでしょうか。新馬戦を逃げて勝利した後はダートやマイル戦を使われて力を発揮できなかったが、前走の若菜賞は外枠から先行策を取って0.1秒差の4着と健闘。もう1着馬のオジョーノキセキとは枠順だけの差だった感じで、今度はこちらが内枠であちらが外枠ならおそらく着順は逆転できるはず。ダイワメジャー産駒は番手で控える競馬よりも圧倒的にハナに立って逃げた時の方がパフォーマンスを発揮しますし、おそらく開幕週の馬場でスッと逃げられれば勝ち負けになると思います。ここまで人気ないなら狙ってみたい。

対抗は同じく先行策を取りそうな◯オジョーノキセキで良さそうだ。前走に関しては内枠を完璧に立ち回った感じは否めないが、今回もそこまで先行タイプが多くない一戦。純粋に今回のメンバーでは能力上位でしょうし、前が止まらない馬場なら外めの2番手ぐらいから粘り込めると見た。

三番手はインから位置を取れれば▲タイセイアベニールが有力。この馬はとにかくバテないベーカバド産駒なので位置さえ取れればここもなだれ込めそう。ただ速い脚はないのでとにかく位置次第。

断然人気になりそうな☆アンフィトリテだが、前走はタイムランクEで未勝利戦と同レベルの走破時計。ここ2戦を見ても加速が遅いので若干1200mは短そうで、強い馬ではあると思うがルメールというだけでここまで人気するならあまり買いたくはない。

<レース結果>
1着:☆アンフィトリテ  1番人気
2着:◯オジョーノキセキ 3番人気
3着:◎ハゼル      7番人気

日曜競馬も3歳戦は何個かあると思いますし、引き続き的中できるように頑張ります!!というわけで中山記念の予想へ・・・

 

PR【中山記念は赤文字があなたを導く】注目は指数値30以下

2月最終週がやってきました。時が過ぎるのは本当に早いですね。

2018年のG1レース「フェブラリーS」も終わり、残す重賞は「中山記念」「阪急杯」となりました。2月もきっちり勝って終わりたいところです。

そこで、的中率がものすごいことになっている“ある指数”を使って「中山記念」を分析してみました。

こちらは昨年5着まで指数の予想順位を自分でまとめたものです。

指数というのはとても便利だなと思います。
様々な指数の良いところをまとめて弾き出されているので、レースにフィットした数値と言えますし、自分の予想を補完してくれる良きパートナーだと思います。

今すぐこの指数を見て競馬予想したい方はこちらから登録してください。

 

それでは分析結果です。

以下は2017年のコラボ指数を着順に並べ替えたものです。

2017年は2着を除いて「赤文字のコラボ@指数」が並んでいます。つまり、注目すべき点は「30以下の指数」です。

また、過去4年の5着までのコラボ@指数を見ると指数順位が4着以下でも「指数が30以下」である割合が80%以上を占めています。

この指数で組み立てれば中山記念は固いんじゃないでしょうか。

この中山記念の指数予想はサイト運営者「北条氏のブログ」にて日曜日昼、無料公開されます。是非チェックして過去データと照らし合わせてみてください。



精度の高い指数を弾き出す為の裏付けであるデータの豊富さにもビックリします。

隅々までチェックしてください。あなたが必要としているデータが浮かび上がってくるはずです。

もちろん阪急杯も「赤文字のコラボ@指数」要するに「指数30以下」に注目して組み立てていきたいと思います。

あなたの予想に指数を加えてみませんか?
このデータを参考に最少点で的中できたらいいですね。
⇒ こちら

 

中山記念 2018予想

中山記念の週中分析記事はこちらから

 

予想の根拠

レースの最大のポイントはマルターズアポジーの存在。

マイネルハニー陣営が考えるまでもなく「2番手」という言葉を出すぐらいにマルターズアポジーの逃げは絶対的なもので、今回もまず間違いなくこの馬の逃げる展開になりそう。

今回は武士沢騎手から柴田善臣騎手に変わるが、柴田騎手のコメントを見る限り馬のスピードをそのまま発揮させるような乗り方をしてきそうな感じ。無理矢理、抑えずにマルターズアポジーのスピードをそのまま出すような競馬をしてきそうな印象だ。

そうなれば過去のマルターズアポジーが刻んだレースラップが中山記念を読み解くヒントになりそう。

12.2 – 23.0 – 34.6 – 46.7 – 58.6 – 70.1 – 81.7 – 93.8 (34.6-35.2)

12.5 – 23.4 – 34.6 – 45.8 – 57.1 – 68.6 – 80.2 – 91.6 (34.6-34.5)

12.4 – 23.5 – 35.2 – 46.6 – 57.9 – 69.0 – 80.0 – 92.2 (35.2-34.3)

12.0 – 22.5 – 33.9 – 46.1 – 58.0 – 70.0 – 81.6 – 93.4 – 105.3 – 118.2 (33.9-36.6)

12.3 – 23.4 – 35.5 – 47.6 – 59.6 – 71.8 – 83.6 – 95.3 – 106.9 – 118.9 (35.5-35.3)

12.2 – 23.3 – 34.8 – 46.2 – 57.6 – 69.3 – 81.0 – 92.9 – 105.8 (34.8-36.5)

12.3 – 23.6 – 35.6 – 48.4 – 61.0 – 73.1 – 84.9 – 96.5 – 108.0 – 120.8 (35.6-35.9)

古馬重賞初挑戦だった福島記念と大阪杯を除けば、大体は1000m=58秒前後のラップを刻んでいるのが近走のマルターズアポジーの逃げの特徴。

過去5年の中山記念のレースラップと比較しても、恐らくマルターズアポジーが自分のペースで逃げればこんなぬるいペースになるとは思えず、前半58.5ぐらいのペースでは進むと読みます。近年でいえば2013年に近いレースラップになりそうで、その時は淀みないペースで逃げたシルポートが3着に粘り込んだ

開幕週の中山馬場はAコース替わりで極端な外差し馬場になるとは思えず、ある程度ペース流れるにしても上手くインを立ち回った馬に有利な展開になりそう。マルターズアポジーがマイル仕様のペースで逃げる中で追走できて、なおかつ上手く立ち回れるような中山巧者を狙い撃ちたい。

 

より詳細な予想考察はメルマガにて

arg1

arg2

メルマガでは金曜日に重賞まとめデータと称して、その週の重賞の全頭診断などを含むより詳細な予想を公開、配信しております。

推奨買い目などもメルマガ限定の公開となっておりますので、ご興味ある方はコチラより詳細をご確認ください。

 

 

中山記念 2018の印

本命 ◎

本命は最も安定的に今回のレースで走れそうなこの馬に期待します。

昨年は初重賞制覇もあるなど本格化した印象。もともと半兄も6歳で宝塚記念を2着したような遅咲きの血統で、この馬に関しても普通の馬より少し遅い春が訪れたという感じか。

もともと条件戦時代から中山コースは鬼だった馬で、父◯◯◯◯◯◯◯◯のイメージ通りにコーナー4回の1800m〜2000mを大得意としている馬。実際に昨年重賞で好走した2回も小回り1800m〜2000mで内枠を引いた時でしたし、今回も全く同じシチュエーションと言ってよさそう。

昨秋は着順だけ見ると精彩を欠いたように見えるが、天皇賞は4コーナーで外を通らなければ掲示板はあった内容で、有馬記念も致命的な不利がなければ掲示板ぐらいは十分にあっただろう。

休み明けでも他の有力馬に比べればここへの本気度は高そうですし、前が残る展開でも差しが来る展開でもインで脚を溜めて自在に対応できそう。少々穴人気はしそうですが、軸としてはこの馬が一番最適と見ます。

 

対抗 ◯マルターズアポジー

対抗はマルターズアポジーにします。

前走のマイルCSは完全な外差し馬場で逃げ馬にとってはどうしようもなかったレース。本格化以降で崩れたのはGIの2戦と、フェイマスエンドに絡まれた七夕賞ぐらい。それ以外のレースではかなり厳しいペースを自分で刻んで上位争いになっており、今回もよほど厳しいペースを刻まない限りは粘り切りそう。

どうも武士沢騎手から柴田善臣騎手に変わることで人気的にも嫌われそうですし、最初からマイネルハニーが競りかけないと言っている以上、自分のペースでいけそうなこの馬を評価するのは当然か。

 

単穴 ▲ペルシアンナイト

三番手はペルシアンナイトにします。

先行馬が残るような流れになれば対抗のマルターズアポジーは飛ばないとおもいますが、もしマルターズアポジーが潰れるような流れになれば差し馬で能力最上位のペルシアンナイトはまず突っ込んでくるか。

アルアインやレイデオロが今の中距離の一線級という勢力図を考えても、皐月賞で2着に走っているこの馬は中距離路線でも中心と見て良さそうですし、マルターズアポジーがある程度速めのラップを刻むのであれば、マイル路線を使ってきたこの馬は追走も苦にしなそう。調教を見てもそれなりに仕上がっていそうですし、ここはあまり逆らいません。

 

特注 ☆アエロリット

能力があるのは認めるが、アエロリットは厩舎コメントと枠順がちょっとネック。

もう大目標はヴィクトリアマイルであるのは見え見えで、今回はそこに向けての距離短縮ローテを取るための叩き台というのが陣営の思惑だろう。今回の厩舎コメントを見ても「力試し」という言葉をやたら使っており、恐らくあまり仕上げてきていないはず。

マルターズアポジーの存在あるせいで、近走のように自分のペースで競馬ができる可能性もあまり高くないように見えますし、大外枠で出していくとかかる可能性がありそう。本質的に1800mは長いと思うので、折り合い欠いて自滅の可能性は考えておきたい。

 

△ マイネルサージュ <穴推奨>

全く人気ないがマイネルサージュは十分にここで穴を開けても驚けない。

もともと準オープンを勝った時から重賞でもやれると見ていた馬。その後はなぜか積極策を取られることが多くなり、折り合いつかずに凡走というパターンを繰り返していたが、前走で三浦騎手に乗り替わって溜める競馬で復活。その前走で接戦だったスズカデヴィアスやプラチナムバレットといったところとの能力比較で考えても、ここは1枠一番でしっかり脚を溜めれば穴を開けてもおかしくない。

 

△ ショウナンバッハ <穴推奨>

前走さえ度外視すればショウナンバッハは一発あっていいはず。中日新聞杯や福島記念、オールカマーの末脚を見ても重賞で通用する力はあっていいはず。前走のAJCCはいつもより位置を取りに行って脚が溜まらなかったのが敗因と見て良さそう。

高齢馬だけに前走の凡走は逆にプラスと見たほうが良さそうで、前走で力を出し切っていない分、今回は末脚に賭けての一発があっても驚けない。

 

△ ヴィブロス

調教や乗せてきた鞍上の名前を見てもどう考えてもヴィブロスは叩き仕上げだろう。

昨年もこのレースでほぼ完璧にインを回りながら全く伸びなかった前科あり。オーナーとしても一度三行半を突きつけた内田騎手を再び勝負気配の時に乗せるとは思えず、ドバイターフに向けての完全な叩き台と見るのが妥当か。

 

△ マイネルハニー

天敵マルターズアポジーの存在が嫌なマイネルハニーはおさえ評価。ここ2戦はオープン2連勝で本格化とも見えるが、実際はどちらも自分のペースで先行できて完全に展開が向いた形。過去にマルターズアポジーと同じレースに出て全て潰されて馬券外になっているのを見ても、今回も同じパターンになる可能性が高いと見る。

 

△ ウインブライト

人気馬で嫌いたいのはウインブライトだ。重賞で2連続好走ということで人気しているが、ここ2戦は内枠でスローペースを楽に好位につけられるという展開利と枠順利の恩恵を最大限に受けた形。毎日王冠を見ても一線級とのガチンコ勝負では通用しなそうで、今回は人気になるなら嫌う番と見ます。

 

 

印まとめ


◯マルターズアポジー
▲ペルシアンナイト
☆アエロリット
△マイネルサージュ <穴推奨>
△ショウナンバッハ <穴推奨>
△ヴィブロス
△マイネルハニー
△ウインブライト

勝負度C

 

推奨馬券

このレースの買い方に関しましては、メルマガにてのみの公開とさせていただいております。会員様はメルマガにて閲覧ください。

重賞以外の平場の予想はメルマガ限定での公開となっておりますので、そちらもご覧になりたい方はぜひともメルマガを購読してみてください。

 

ちなみに現在、徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」では、

初月無料キャンペーンを実施しております!

まずはお気軽にご登録頂き、競馬予想の真髄はどういったものかを見ていただければ幸いです。

当サイトをご愛顧頂いている方、データベースを見たい方、競馬力を身につけたい方、とにかく馬券を当てたい方、皆様に満足いただけるようなコンテンツとなっておりますので、ぜひともご購読頂けますと幸いです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」のご紹介

さて、早いもので2018年も2月になりました。

月初になったということで徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」の新規読者募集をさせていただきます。

 

今までサイト「競馬はビジネスである」を通して、私自身、競馬ブログサイトの中でも最上級に時間をかけた分析の上、説得力のある予想をお伝えしてまいりました。外れても納得できるだけの自慢の予想をお送りできていたかと思います。

その予想・考察に結び付くまでにどのようなデータを作成しているのか?どのようなプロセスを踏んでいるのか?そういったところまでをメルマガ「競馬をビジネスにする」では全て隠すことなくお伝えいたします。

正直な話、私は尋常ではない時間をかけて競馬のデータと考察を行っています。それを必要とされる方がいるのであれば還元できれば。そして勝ち組になっていただければ、というのがこのメルマガの趣旨でございます。

 

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

 

当メルマガはクオリティでどの雑誌やメルマガにも劣っていないと思っております

正直、過大広告や一度の的中を誇張するメルマガなどが多く蔓延っているのが実情。その中で当メルマガは「クオリティだけに特化して」配信しています。もしかすると2、3週連続で不調で当たらないかもしれません。ですが、その間に配信している内容にクオリティの低いものは一切ないと断言できます。

 

おかげさまで発行3年になる当メルマガですが、メルマガ発行業界大手のレジまぐ様の売上ランキングで1位になるまでになりました。

購読者数ランキングに関してもPC版とモバイル版の2つに分かれていながら、どちらも2位と3位という圧倒的な支持を頂いています。

この順位までこれたのも「圧倒的に継続読者数が多い」ということが理由です。小手先の一度の的中などに満足せず、必然的に的中するための分析と回顧の積み重ねでクオリティを維持しているおかげと思っております。

もちろんこれだけでは満足せず、、、

圧倒的なクオリティ業界一を目指します!!!

 

さて、ここでメルマガの各曜日ごとの配信詳細を紹介しましょう。

 

【月曜日】重賞回顧データ配布

ここは以前と変わらず、重賞回顧データを配布します。なるべく月曜中に重賞は回顧をお届けできるようにいたします。

 

【火曜日】地方競馬の重賞予想

地方交流重賞並びに南関競馬の重賞をメルマガ限定コンテンツとして配信しております。だいたい地方競馬の重賞は水曜日に行われるので、火曜日の夜にメルマガにて予想を配信しております。

※地方交流GI並びに南関のSIレースに関してはブログで全体公開とする場合がありますのでご了承ください。

 

【水曜日】全レース分析

水曜日には前週に行われた全レース分のデータを配布します。

スクリーンショット 2015-12-31 15.45.42

スクリーンショット 2015-12-31 15.46.00

エクセルファイルにて競馬場ごとに新馬戦から上級戦まで、全てのレースの結果情報、レース回顧コメント、先週の結果分析のタイムランク情報などを載せたデータファイルになります。

正直言って回顧をやっているブログ、メルマガはあれど、中央競馬の全レースの回顧をまとめて配信している媒体はウチだけだと思います。

これを見れば縦比較で走破時計やレースラップがどれくらい優秀なのか把握できますし、予想の際にこれを見ればどの馬が強いレースを戦ってきたのかが一目瞭然です。

ただ、この文章だけではなかなかどういうものか伝わりにくいと思うので、2016年の函館競馬場の全レース分析データを下記リンクで無料でダウンロードできるようにしておきました。こちらを見てどんなものか確認頂ければ幸いです。

 

また、エクセルでの全レース分析データの配信と同時に、メルマガ内にて前週の全レースの中で不利を受けたりペースに泣かされたりして次走は狙い目だと思われる馬を多数ピックアップしてお伝えしております。

↓こんな感じ↓

この次走注目馬リストをnetkeibaのMy登録馬に書きいれたり、JRA-VANのMy登録馬に書き込んでおけば、その馬が次に出走してきた時には狙い目が丸わかり!他のファンよりも間違いなく一歩先へ行った予想ができると思います。

 

【木曜日】新馬戦レビュー

木曜日は前週のレースの中でも特に新馬戦だけを抜き出して、そのレースレベルや勝ち馬の将来性についてを配信しております。

↓こんな感じ↓

水曜日に全レースの回顧を配信した上で、新馬戦に関してはここまで細かいレビューを出しています。まず他ではここまでの回顧は出していないでしょう。とにかく競馬を極めたいマニアな方のために新馬もここまでやっちゃいます。

 

【金曜日】重賞まとめデータ配布
金曜日は重賞のまとめデータを配布します。この時点で重賞のプレ予想を配信いたします。

arg1

arg2

このような形で週末の重賞の出走馬の全頭レビューを印付きでPDFファイルにて配信いたします。

 

【土曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【日曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

これだけのボリュームあるコンテンツを毎日更新予定!!

サイト記事だけではわからない予想する際に使うデータベースや、結論を導くまでのメソッドをメルマガを通して余すことなくお伝えできればと思っております。

今までなんとなく馬券を買ってきたという方は、ぜひ本当の競馬力を身につけていただくためにも読んでいただければ幸いです。競馬予想の真髄をお見せいたします。

 

いまご登録頂ければ本日の回顧号からすぐにお読み頂けますので、是非とも今週分からお試しにお読みいただければと思います。

 

なお、現在、徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」では、

初月無料キャンペーンを実施しております!

 

まずはお気軽にご登録頂き、競馬予想の真髄はどういったものかを見ていただければ幸いです。

当サイトをご愛顧頂いている方、データベースを見たい方、競馬力を身につけたい方、とにかく馬券を当てたい方、皆様に満足いただけるようなコンテンツとなっておりますので、ぜひともご購読頂けますと幸いです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

購入する!

関連記事

【京都大賞典2018の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

京都大賞典2018(京都芝2400m)の考察です。 10月8日に京都競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

【2016】札幌記念 / レース考察(札幌芝2000mで行われるGII戦を徹底考察します)

今日は8/21(日)に行われる札幌記念のレース考察を行います。札幌芝2000mで行われるGII戦です

記事を読む

京阪杯の予想を公開!

すみません、急遽東京競馬場に来てしまったもので京阪杯のまとめデータを一斉送信することができません(汗

記事を読む

【アルゼンチン共和国杯2018の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

アルゼンチン共和国杯2018(東京芝2500m)の考察です。 11月4日に東京競馬場で開催され

記事を読む

京阪杯2018の予想を公開!

京阪杯2018(京都芝1200m)の予想です。 11月25日に京都競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

【2016】アーリントンC / 有力馬考察(ボールライトニング、ロワアブソリューなどの徹底分析)

今日は2/27(土)に行われるアーリントンカップのレース考察を行います。阪神芝1600mで行われるG

記事を読む

【2016】共同通信杯 / 有力馬考察(ハートレー、スマートオーディンなどの徹底分析)

今日は2/14(日)に行われる共同通信杯のレース考察を行います。東京芝1800mで行われるGIII戦

記事を読む

【2016】鳴尾記念/ 枠順&展開考察(ヤマカツエース、ステファノス等の枠順は如何に)

今日は6/4(土)に行われる鳴尾記念のレース考察を行います。阪神芝2000mで行われるGIII戦です

記事を読む

北九州記念 [1] あなたは今の小倉馬場を理解していますか?

今週の土曜日に競馬TIMESさん主催のイベントにパネラーとして出演します。 「競馬が大

記事を読む

【デイリー杯2歳S2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

デイリー杯2歳ステークス2017(京都芝1600m)の考察です。 11月11日に京都競馬場で開

記事を読む

【有馬記念2018の予想ヒント】ローテーションや馬場、展開などを分析考察します

有馬記念2018(中山芝2500m)の考察です。 12月23日に

【阪神カップ2018の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

阪神カップ2018(阪神芝1400m)の考察です。 12月22日

12月3週のレース回顧〜朝日杯はやはり牡馬のものだった

さて先月からブログの方できちんとレース回顧を書いています。 重賞

【有馬記念2018の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

有馬記念2018(中山芝2500m)の考察です。 12月23日に

ディセンバーステークス2018の予想を公開!

ディセンバーステークス2018(中山芝1800m)の予想です。

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑