*

毎日王冠2021の予想を公開!

公開日: : 最終更新日:2021/10/14 重賞レース考察・予想

毎日王冠2021(東京芝1800m)の予想です。

10月10日に東京競馬場で開催され発走時刻は15:45です。出走馬はダノンキングリー、シュネルマイスター、ヴァンドギャルド、ポタジェなど。東京競馬場の芝1800mで行われるGIIです。

 

[PR] 天皇賞秋トライアル・・・無料予想で当てたい人必見!

━━━━━━━━━━━━━━

中距離得意な無料予想見つけました!

実績かなりエグイのでご覧ください。

中距離重賞・無料予想の実績↓↓

━━━━━━━━━━━━━━

・鳴尾記念 2000m 8→9→5人気

1番人気サンレイポケット

買い目に入れず回収率8901%

推奨通りで収支+44万

━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━

・レパードS 1800m 1→10→6人気

10番人気スウィープザボード

買い目に入れて回収率1604%

推奨通りで収支+7万

━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━

・新潟記念 2000m 12→3→2人気

1番人気ザダル入れず12番人気

マイネルファンロンで回収率2838%

推奨通りで収支+13万

━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━

毎日王冠・京都大賞典

天皇賞秋トライアルの試金石!

中距離得意なココの無料予想ベタ乗り推奨します♪

→天皇賞秋トライアル推奨の無料予想

「なんでこの馬入れてるの?」

騙されたと思ってそのまま買い目乗ってみましょう!

 

毎日王冠 2021予想

先出し本命馬(せっかちな方はこちらから)

下記のバナーのクリック先で馬名は公開しておりますので、どうぞ応援クリックよろしくお願いします。


最強競馬ブログランキングへ

 

毎日王冠の週中分析記事はこちらから

 

毎日王冠 2021予想

予想の根拠

東京芝1800mで行われる名物GIIレース。天皇賞秋とマイルチャンピオンシップの両方の前哨戦を兼ねているステップレースで、実際に出走してくるのもこの2レースを目標にしている馬。このレース次第でどちらに行くか決めようとしているマイラーも多い。

そんなわけでこの毎日王冠は絶妙にマイラー寄りのスピードと中距離寄りの瞬発力のどちらも問われるレースで、最も適性が合うのは「1800mも走れるマイラー」というイメージ。実際に過去のレース結果を振り返っても、サリオス、ダノンキングリー、アエロリット、ステルヴィオ、インディチャンプ、サトノアラジンなど過去にマイルの上級戦で好走した馬の活躍が目立っており、逆にマイル実績がなくて2000m以上での活躍が目立つ馬はスピード負けしている。

そもそも東京芝1800m自体がマイルと中距離の両方の適性を問われる特殊な非根幹条件なので、リアルスティールやスカーレットカラーなど、ドンピシャでこの条件だけ凄く強い馬がいるというのは覚えておきたい。

 

毎日王冠は秋の東京開幕週に行われるため前に行った馬の活躍も目立つのだが、それ以上にこのレースで重要なのは速い上がりを使えるかどうか。過去5年のレース結果を見ても赤字で書いた通りで最速上がりを使っている馬は全て連対。前に行く馬の粘り込みを狙うのも悪くはないが、基本的には絶好の馬場コンディションで抜群にキレるタイプの馬を狙うべきレースだろう。

土曜日の東京芝レースを見てみても、開幕週だからと言って内枠先行勢が幅を利かせるような馬場にはなっていなかった。先行勢がだらしなかったとはいえ東京9Rの山中湖特別では外から差した馬のワンツースリー決着になりましたし、そこまで開幕週だからと言って内枠有利で外枠不利とは考えすぎない方がいい。

 

また、そんな速い上がりを使える馬に有利なレース傾向にも関係しているのかもしれないが、このレースは斤量が軽い3歳馬が圧倒的に有利な傾向。過去3年を見てもステルヴィオ、ダノンキングリー、サリオスが連対して強い競馬をしていますし、このレースは3歳馬が出てきたら軽視しない方がいい感じだ。当初はダービー4着のグレートマジシャンが出走予定で、もうこの馬が圧勝するレースだと見ていたが休養に入ってしまい回避。それでも狙える馬のイメージとしてはグレートマジシャンっぽい馬と見ていいでしょう。

 

これら週中の考察で書いてきたことを最後にまとめると、、、

(1)マイルと中距離の絶妙な中間適性を問われるので「1800mも走れるマイラー」を買うレース

(2)前に行ける馬も大事だが、とにかく速い上がりが使える馬が圧倒的に強いレース

(3)斤量が軽い3歳馬が圧倒的に有利なレース

こんなところでしょうか。もうこれらに当てはまる馬をベタに評価していけばいいと思います。

というわけで予想の発表。

 



 

より詳細な予想考察はメルマガにて

arg1

arg2

メルマガでは金曜日に重賞まとめデータと称して、その週の重賞の全頭診断などを含むより詳細な予想を公開、配信しております。

推奨買い目などもメルマガ限定の公開となっておりますので、ご興味ある方はコチラより詳細をご確認ください。

 

毎日王冠 2021の印

◎ヴァンドギャルド

サドラーズウェルズが入った晩成血統を無理せずに使っていったおかげで徐々に本格化してきた感じがあり、昨秋あたりからはもうGIでも好走できるぐらいの能力はつけてきている印象。それでいてなぜ大きな舞台で活躍できないかと言えば、おそらくこの馬は日本のマイルGIでは基礎スピードが足りないから。

母はフランスの芝2100m重賞を勝っているような馬だが、どうもこの家系は気性的な問題か短い距離を使われることが多い。この馬も本質的な距離適性は1800m以上にありそうなのにずっとマイルを使われてきた感じだが、そこまでスピードを強化した配合ではないのでマイルのGI級になると追走できずにその末脚を勝負できる位置で繰り出すことができない。昨年のマイルチャンピオンシップなんてまさにそんな感じの負け方だっただろう。それ以外でも一昨年のマイラーズカップ3着で見せた末脚などは凄まじいものでした。

そんなGI級の末脚を持っていながら日本のマイルGIではスピード不足という馬だけに、前走は1800mの距離がドンピシャで合うんじゃないかという見解で本命に推奨。最後は怪物が1頭いたおかげで2着に負けましたが、やはりこの馬はこちらの見立て通りでマイルよりも若干距離が長い1800mぐらいがベスト。それでいて能力はGI級。

「1800mを走れるマイラー」が走りやすく「とにかく速い上がりが使える馬が強い」傾向からもいかにも毎日王冠はこういう馬が走るレースだと思いますし、今回は休み明けとはいえ昨年の富士Sの時のような調整過程なので状態は問題なさそう。マイルGI馬2頭は強いと思いますが、この馬も能力はGI級で今回の条件がベストに近いとなればここで一気にその素質を見せつける可能性は高いと見ます。

 

【対抗 ◯7 ダノンキングリー】

これまでに重賞を4勝しているが、そのうちの3勝が芝1800m戦。母系がスピード血統なので2000mでは若干距離が長そうで、かといってマイルで急かして追走するとそこまで伸びないというなかなか難しいタイプ。そんな馬だけに程々の追走スピードで済んでなおかつ2000mよりも距離が短い芝1800mがドンピシャであっているんだろう。そう考えると昨年の安田記念と天皇賞秋の惨敗は出来落ちもあるんだろうが、それぞれマイルのハイペース戦で追走でいっぱいになったり、2000mのハイレベル戦で距離に対応できなかったりと敗因は見えてくる。

今年の安田記念は長期休養明けでフレッシュだったという点もあるが、マイルのGI戦にしてはペースが上がらずに追走に苦労しなかったのが良かった感じ。ちょうど1800mに近いイメージで競馬ができたおかげであれだけの走りを見せることができたか。

今回は3歳時に圧巻のパフォーマンスを見せた毎日王冠ですし、再度の状態落ちなどがなければ条件的には普通に走れて当然の舞台だと思います。

 

【単穴 ▲1 シュネルマイスター】

欧州のスピード血統キングマンの産駒だが、その割に日本向きの基礎スピードや瞬発力も兼ね備えておりそこまで重いイメージはない。何より高速決着だったNHKマイルカップで強い競馬を見せて、今度は古馬相手に速い上がりが問われた安田記念でも連続好走できたんだからこの馬は単純に強いんじゃないだろうか。

トップクラスのマイラーなのでこの距離でこの相手なら楽に番手位置が取れると思いますし、なおかつ1枠でルメールとなればスタートしてすぐにもう勝てるポジションにはいそう。弥生賞を見ても1800mまでなら普通にこなして良いと思いますし、あとは他の人気馬とこの距離でどれだけの差があるかという感じか。

 

【特注 ☆13 トーラスジェミニ】

昨年ぐらいまでは逃げて展開利に恵まれてどこまでという感じの馬だったが、今年に入ってからは控える競馬にも対応できたり安田記念で5着に走ったりと明らかに地力をつけている感じ。

特に驚きでいっぱいだったのは2番手追走から5着に走った安田記念のレースぶりで、今回人気のシュネルマイスターやダノンキングリーと着差はそこまでなかったことからもこのメンバーに入れば2番手グループには確実にいると考えていいか。

これまでの成績から見ても2000mでは距離が長く、七夕賞は特殊馬場のおかげで勝てただけだと思いますし、札幌記念は距離長い上にソダシに早めに捲られては大きく垂れるのも仕方ない。今回の芝1800mというのはこの馬にとってのベスト距離だと思いますし、昨年の毎日王冠はコントラチェックと壮絶に競り合って展開向かずで度外視加納。

控える競馬ができるようになったのになぜ厩舎コメントで「逃げたい」と出ているのかは謎だが、ひとまず今のこの馬なら他に逃げる馬がいれば番手に控えればいいはず。自分でペースを刻むなり、ダイワキャグニーに行かせて2番手から進めるなりどちらでも構わないが、スムーズな先行策で安田記念の時ぐらい走ればこの相手でも馬券圏内はあると思います。

 

【△6 カデナ】

可能性は限りなく低いが大穴の一発あるとしたらこの馬。

溜めて一瞬の脚を使ってこその小回り巧者で、昨年の大阪杯4着や今年の安田記念でのレースぶりを見ても一瞬の決め脚の破壊力はGI級のメンバーに入っても互角かそれ以上。ただ本当に一瞬しか脚が使えないので直線の広いコースでは乗り方が難しく、それこそ安田記念での武豊騎手のように我慢して直線だけに賭ける競馬がベストか。

今回は田辺騎手のインタビューを見ても直線だけに賭ける競馬をするそうですし、普通に考えて条件的には安田記念の時より良いと思いますし、マイルのGIレースでも追走できるスピードがある点はこのレースでは評価できる項目。展開や騎乗など完璧にハマれば能力上位で適性もあると思うので3着の可能性が少しぐらいあっても・・・

 

【消5 ポタジェ】

母父ヴァイスリージェントの血が強く出ている上にステイヤー厩舎の友道厩舎所属。ここ2戦はどちらも雨馬場で瞬発力が問われずにバテないガッツが問われて重賞を連続好走。今回は重賞では初めてのスピード、瞬発力勝負になりますし、これまで1800m以下での実績がないことを考えても普通に厳しいか。好位でキレ負けして終わると思います。

 

【消10 ケイデンスコール】

今年に入ってから成績が安定してきて馬が化けたのは事実だと思うが、京都金杯、中山記念、マイラーズCとどれもかなり相手が弱かった印象。調教の動きを見ても安田記念はデキ抜群だったと思いますし、そんな状態で何もできなかったのを見ても単純に能力が足りなかったんだろう。

中山記念2着の実績だけ見ると「1800mも走れるマイラー」ということでちょうど良さそうだが、中山記念はメンバーレベルが弱かった上に高速馬場の中山芝1800mで完璧に立ち回ったから好走できた感じ。それでいて最後は脚が止まってヒシイグアスに差されていましたし普通に距離は長いと見ていいでしょう。

今回は安田記念で子供扱いされたダノンキングリーとシュネルマイスター、トーラスジェミニ、カデナあたりとの再戦になりますし、1ハロン伸びたところでプラスにならないなら逆転するのは厳しいんじゃないだろうか。

 

印まとめ

◎ヴァンドギャルド
◯ダノンキングリー
▲シュネルマイスター
☆トーラスジェミニ
△カデナ

勝負度 D

 

買い目

毎日王冠の買い目はメルマガ限定での公開となっておりますので、そちらもご覧になりたい方はぜひともメルマガを購読してみてください。

 

土曜競馬はサウジアラビアロイヤルカップはハズレで残念でしたが、新潟8Rと東京9Rの山中湖と区別が本線的中で普通にプラスで終わることができました。

特に山中湖特別はほぼ見立て通りでスカッと決まったのでここで予想を簡単に紹介しておきます。以下、実際にメルマガで配信した内容になります。

↓↓↓

[10/9(土)] 東京9R 山中湖特別 サラ3歳上2勝クラス 芝2000m

◎2   ククナ
◯1   ファユエン <次走注目馬>
▲4   モリノカンナチャン
☆6   メイサウザンアワー

[馬場]A=高速 [バイアス]フラット [展開]スロー〜ミドル [レース質]順当 [勝負度]E

【レース見解】

少頭数ながら豪華なメンバーが揃った一戦。頭数の割にはグレイテストやナギサなど逃げタイプの馬は多いが、秋の東京開催の芝は開幕週と言っても前に行ってキレない馬が粘り込むような馬場にはなりにくい。上位馬と下位馬の間には埋められないレベル差があるように見えますし、ここはサウジアラビアロイヤルカップと同じような感じで末脚キレる能力上位馬が順当に走ってくるんじゃないでしょうか。

【本命 ◎2 ククナ】

アルテミスSでは前が詰まりながらソダシに次ぐ2着、シンザン記念でもイン伸び馬場で大外枠という不利ありながら牡馬の強敵相手に4着。クイーンSでは世代上位のアカイトリノムスメ、アールドヴィーヴルと僅差の3着に走れていますし、桜花賞では藤岡佑介騎手の無気力騎乗があってあそこまで差してくるんだから普通に強い馬でしょう。

消極策に終わった桜花賞から一転してオークスでは横山武史騎乗で攻めの積極策。一気の距離延長でこの戦法では厳しかったと思いますし、前崩れで差し追い込みが上位を独占した結果を考えれば6着に走れているのは普通に評価していいはず。展開を考えるとこの馬が一番強い競馬をしていた可能性さえあるのでは?

今回は東京芝2000mという条件がいかにもベストに見えますし、開幕週で決め手が活きる馬場も父キングカメハメハ×母父ディープインパクトの配合のこの馬には向くはず。内枠有利の東京芝2000mで2枠2番が引けましたし、鞍上も今の日本競馬で最も信頼できるレベルの福永騎手。まぁ人気でもここはあっさり差し切って勝つんじゃないだろうか。

【対抗 ◯1 ファユエン】

ヴァンセンヌ産駒と地味な血統ながら未勝利勝ち、1勝クラス勝ちの内容がともに素晴らしく、能力的にはオープンまで行けていい馬。前走の糸魚川特別はかなりハイレベルなメンバーが揃っていましたし、そんなメンバー相手に出遅れて最後方で超スローペースを大外ぶん回しでは物理的に無理。この馬も上がり33.0を使ってどうしようもなかった感じでしたし、完全にノーカウントでいいレースだろう。

その前走後に転厩して勢史厩舎に移籍。開業2年目でパッとしない成績続きの伊坂厩舎に比べれば勢史厩舎は間違いなく厩舎力強化と言えそうで、課題のスタートなんて調整変わってポンと出る可能性も。前走で酷い騎乗を見せながら三浦騎手は継続で乗せてもらえたあたりさすがに同じ騎乗はしてこないと思いますし、勝負になる位置にさえつけて決め手を発揮できれば今回のメンバーではククナに次ぐ2番目にキレる脚が使えると思います。

【単穴 ▲4 モリノカンナチャン】

未勝利を強い競馬で勝ち上がって以降、一時は低迷していたが、適性合わない東京マイルを使われたり、道悪馬場だったり、どん詰まりだったり不運が続いていた感じ。スムーズな競馬ができていた1勝クラス勝ちや北海ハンデキャップのレースぶりを見ても普通にオープンまでは行ける馬だと思いますし、前走の釧路湿原特別は前日夜にゲリラ豪雨が降ったことで一気にタフ馬場化した札幌芝を苦にした感じだった。

その前走に比べれば今回は馬場や条件は良いと思いますし、ハービンジャー産駒ではあるが今回のメンバーで東京芝2000mなら決め手は2番手グループにいるはず。ククナに勝つイメージはないですが横山武史騎手なら勝負になる位置から2着に持ってきてくれそう。

【特注 ☆6 メイサウザンアワー】

父ノヴェリストでフェアリードール牝系という血統背景を見てもキレはそこまでの中山巧者。東京コースで3戦連続で好走しているが、合わない舞台で地力で走った感じが強く、前走の紫苑Sこそベスト条件に見えたがちょっと物足りないレースぶり。まぁ2勝クラスなら上位争いは確実だと思うが、スパッとキレる脚がない分で2頭ぐらいに差されての3,4着が濃厚と見ます。

【消3 クロスセル】

とにかくキレなくてじりっぽい馬。今回は開幕週の東京芝でいかにもキレ負けしそうですし、7か月の休み明け。普通に考えて厳しいか。

【消5 グレイテスト】

陣営は前走の敗因を逃げられなかったこととコメントしているが、それ以上に1800mの距離が長かった印象。今回は2000mでナギサという同型もいるとなると・・・

【消7 ソニックベガ】

これまでのレースぶりを見てもキレる脚はなさそう。今回はどうもシルクレーシングのコメント情報によると調整失敗の影響がありそう。条件的にも厳しいか。

【消8 ナギサ】

2~3走前は完全に展開に恵まれている。ここは楽逃げ叶ったとして末脚の質で完全に劣る。

【消9 マリノジュリア】

ここでは能力の絶対値もキレの面でも完全に劣る。

【推奨買い目】

馬連 2→1,4 本線

三連単 2→1,4,6 本線

三連単 2→1,4→1,4,6 重ね買い

【買い目及び予想のポイント】

ここは実績断然で条件も合う◎ククナは状態落ちでもない限りは大丈夫そう。相手も3歳牝馬の3頭が強いと思うが、☆メイサウザンアワーはやはり適性は中山コース向きに見える。相対的にメイサウよりキレそうな◯▲相手の馬連がそこそこつくのでこれを買いたい。あとはククナが普通に勝ちそうなので三連単だろう。

<レース結果>
1着:◎ククナ 1番人気
2着:▲モリノカンナチャン
 3番人気
3着:◯ファユエン 5番人気

日曜日もそこそこ買いたい平場のレースがありそうなので、重賞だけでなく平場も当てられるように頑張ります!ご興味ある方はぜひこの機会にメルマガを読んでみてください。

 

現在、徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」では、

初月無料キャンペーンを実施しております!

当サイトをご愛顧頂いている方、データベースを見たい方、競馬力を身につけたい方、とにかく馬券を当てたい方、皆様に満足いただけるようなコンテンツとなっておりますので、ぜひともご購読頂けますと幸いです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

 

月初からお読みいただくのがお得なメルマガのご紹介

さて、2021年も10月になりました。

月初になったということで徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」の新規読者募集をさせていただきます。

 

今までサイト「競馬はビジネスである」を通して、私自身、競馬ブログサイトの中でも最上級に時間をかけた分析の上、説得力のある予想をお伝えしてまいりました。外れても納得できるだけの自慢の予想をお送りできていたかと思います。

その予想・考察に結び付くまでにどのようなデータを作成しているのか?どのようなプロセスを踏んでいるのか?そういったところまでをメルマガ「競馬をビジネスにする」では全て隠すことなくお伝えいたします。

正直な話、私は尋常ではない時間をかけて競馬のデータと考察を行っています。それを必要とされる方がいるのであれば還元できれば。そして勝ち組になっていただければ、というのがこのメルマガの趣旨でございます。

 

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

 

当メルマガはクオリティでどの雑誌やメルマガにも劣っていないと思っております

正直、過大広告や一度の的中を誇張するメルマガなどが多く蔓延っているのが実情。その中で当メルマガは「クオリティだけに特化して」配信しています。もしかすると2、3週連続で不調で当たらないかもしれません。ですが、その間に配信している内容にクオリティの低いものは一切ないと断言できます。

 

おかげさまで発行4年になる当メルマガですが、メルマガ発行業界大手のレジまぐ様の売上ランキングで1位になるまでになりました。

購読者数ランキングに関してもPC版とモバイル版の2つに分かれていながら、どちらも2位と3位という圧倒的な支持を頂いています。

この順位までこれたのも「圧倒的に継続読者数が多い」ということが理由です。小手先の一度の的中などに満足せず、必然的に的中するための分析と回顧の積み重ねでクオリティを維持しているおかげと思っております。

もちろんこれだけでは満足せず、、、

圧倒的なクオリティ業界一を目指します!!!

 

さて、ここでメルマガの各曜日ごとの配信詳細を紹介しましょう。

 

【火曜日】先週の重賞回顧

火曜日に先週の重賞回顧を配信します。後ほど下記に詳細を書いておりますが、金曜日に配信する重賞まとめデータに結果を書き入れた形のPDFファイルとしても配信します。

 

【水曜日】地方競馬の重賞予想

地方交流重賞並びに南関競馬の重賞をメルマガ限定コンテンツとして配信しております。だいたい地方競馬の重賞は水曜日に行われるので、水曜日にメルマガにて予想を配信しております。

※以前は地方交流GI並びに南関のSIレースに関してはブログで全体公開としていましたが、今後はメルマガ限定のコンテンツとなります。

 

【木曜日】中央競馬の全レース回顧

木曜日には前週に行われた中央競馬の全レース分の回顧文&データを配布します。

 

各競馬場ごとに前週に行われた全てのレースの詳細と勝ち馬の評価、そしてそのレースで不利を受けた馬や次走注目するべき馬、危険な人気馬などを全て網羅して配信しております。

そんな、文章でのボリューム満載なレース回顧に加えて、、、

スクリーンショット 2015-12-31 15.45.42

スクリーンショット 2015-12-31 15.46.00

エクセルファイルにて競馬場ごとに新馬戦から上級戦まで、全てのレースの結果情報、レース回顧コメント、先週の結果分析のタイムランク情報などを載せたデータファイルを毎週配信しています!

正直言って回顧をやっているブログ、メルマガはあれど、中央競馬の全レースの回顧をまとめて配信している媒体はウチだけだと思います。

これを見れば縦比較で走破時計やレースラップがどれくらい優秀なのか把握できますし、予想の際にこれを見ればどの馬が強いレースを戦ってきたのかが一目瞭然です。

ただ、この文章だけではなかなかどういうものか伝わりにくいと思うので、2016年の函館競馬場の全レース分析データを下記リンクで無料でダウンロードできるようにしておきました。こちらを見てどんなものか確認頂ければ幸いです。

 

【金曜日】重賞まとめデータ配布
金曜日は重賞のまとめデータを配布します。この時点で重賞のプレ予想を配信いたします。

arg1

arg2

このような形で週末の重賞の出走馬の全頭レビューを印付きでPDFファイルにて配信いたします。

 

【土曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【日曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【不定期】海外競馬のレース予想の配信

最近では海外競馬の馬券もPATで購入できるようになりました。海外競馬のレース予想に関してもメルマガにて配信します。こちらは実施が不定期なので配信日はその時々になりますが、メルマガをご購読いただければ海外競馬まであなたの競馬ライフをカバーいたします。

 

これだけのボリュームあるコンテンツを毎日更新予定!!

サイト記事だけではわからない予想する際に使うデータベースや、結論を導くまでのメソッドをメルマガを通して余すことなくお伝えできればと思っております。

今までなんとなく馬券を買ってきたという方は、ぜひ本当の競馬力を身につけていただくためにも読んでいただければ幸いです。競馬予想の真髄をお見せいたします。

 

なお、現在、徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」では、

初月無料キャンペーンを実施しております!

当サイトをご愛顧頂いている方、データベースを見たい方、競馬力を身につけたい方、とにかく馬券を当てたい方、皆様に満足いただけるようなコンテンツとなっておりますので、ぜひともご購読頂けますと幸いです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

関連記事

チャレンジカップの予想を公開!

今日は比較的買いたい馬が多いですねー。それはなぜかと言うと先週は馬場傾向がわからないので控えめ投資だ

記事を読む

【2016】ターコイズSの予想を公開!

今日は12/17(土)に行われるターコイズステークスの予想です。 【PR】二桁人気馬の激走情報

記事を読む

鳴尾記念2019の予想を公開!

鳴尾記念2019(阪神芝2000m)の予想です。 6月1日に阪神競馬場で開催され発走時刻は15

記事を読む

セントウルS [4] 最近のスプリント戦のトレンド

昨日の「世界の車窓から」を見てチェコがやってて久々にチェコに行きたくなりました。 ちょっと気付

記事を読む

共同通信杯 [1] ドゥラメンテは怪物か?

例年ですと共同通信杯はまぁ関東所属馬で賞金加算したい有力馬がちょくちょく出てくる印象で、クイーンカッ

記事を読む

新潟記念 [1] 魔神斬り狙いのレース

さて、今日から9月です。 といってもわたしの生活が何か変わることがあるか、と言われればそんなこ

記事を読む

ニュージーランドトロフィー2019の予想を公開!

ニュージーランドトロフィー2019(中山芝1600m)の予想です。 4月6日に阪神競馬場で開催

記事を読む

【京成杯オータムハンデ2018の予想ヒント】ローテーションや馬場、展開などを分析考察します

京成杯オータムハンデ2018(中山芝1600m)の考察です。 9月9日に中山競馬場で開催され発

記事を読む

【2016】京王杯スプリングカップの予想を公開!

今日は5/14(日)に行われる京王杯スプリングカップの予想です。東京芝1400mで行われるGI戦です

記事を読む

アンタレスS [4] ローマンレジェンドの不安要素

もうローマンレジェンドの不安要素という記事をここ1年半くらいで書くのが5回目なくらいかと思います。実

記事を読む

10月4週のレース回顧〜富士Sは◎サトノウィザードから印上位大本線で的中もやっぱりGIを当てたい!〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間

菊花賞2021の予想を公開!

菊花賞2021(阪神芝3000m)の予想です。 10月24日に阪

富士ステークス2021の予想を公開!

富士ステークス2021(東京芝1600m)の予想です。 10月2

【富士ステークス2021の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

富士ステークス2021(東京芝1600m)の考察です。 10月2

【菊花賞2021の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

菊花賞2021(阪神芝3000m)の考察です。 10月24日に阪

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑