*

京成杯オータムハンデ2018の予想を公開!

公開日: : 最終更新日:2018/09/09 重賞レース考察・予想

京成杯オータムハンデ2018(中山芝1600m)の予想です。

9月9日に中山競馬場で開催され発走時刻は15:45です。出走馬はロジクライ、ミッキーグローリー、ヒーズインラブ、ワントゥワン、ロードクエストなど。中山競馬場の芝1600mで行われるGIIIです。

 

【PR】———————————————

「信頼の情報競馬!」

【第63回京成杯オータムハンデキャップ

極秘情報公開決定!!

先週も3点で当然の本線的中!

””重賞以外の勝負レースも多数存在!””

他では知り得ないマル秘情報を

競馬総本舗 Million では極秘に公開中!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今週のマル秘攻略情報を受取る

>>登録はこちら!<<

 

京成杯オータムハンデ 2018予想

京成杯オータムハンデの週中分析記事はこちらから

 

予想の根拠

秋の中山競馬の開幕週に行われる京成杯オータムハンデ。このレースのポイントは「馬場」「現代競馬の中山芝1600mの傾向」の2点と言って良さそう。

 

まず馬場だが、日本のマイル戦のレコード時計がこの京成杯オータムハンデで記録されていることからもわかるように、この開催の中山競馬場の芝はオール野芝でとんでもなく速いというのが前提として必要な情報。

2014年の中山競馬場の路盤改修と開幕週から差しが効きやすくなるエアレーション作業の影響で2015年と2016年は1分33秒台の時計になったが、エアレーション作業も馴染んできた2017年はハイペースもあったが1分31秒台の決着に。

最近のJRAの競馬場はどこを見ても一昔前の開幕週から差しが効くエアレーション馬場というイメージがなくなり、開幕週から最終週までずっと一定レベルの高速馬場という傾向が強くなってきている(特に小倉競馬場はこの傾向が極端)

中山競馬場も恐らくは昨年見せた高速化がさらに進むはずで、そうなれば今年の京成杯オータムハンデも1分31秒台の決着になる可能性は十分にある。

 

そんな馬場を踏まえた上で考えたいのが「現代競馬の中山芝1600mの傾向」だ。

2コーナー部分の引込み線からスタートしてお椀型の外回りコースを1周回る中山芝1600mはJRA全場の中でもかなり特殊なコース形態。最初のコーナーがスタート直後にあるので外枠の馬は外を回される事になり、断然内枠先行馬が有利というのが一昔前の定説だったが、最近のこのコースの傾向を見ても内枠有利、外枠不利という構図は一切見られない。

時計のかかる冬の中山芝ではインをロスなく回る馬がそのまま粘り込むというケースが目立つが、秋開催の超高速馬場では先行馬も前が止まらないという意識でぶっ飛ばすので予想以上に差しが決まる

 

過去3年の京成杯オータムハンデの直線入り口のキャプチャを並べてみても、中山マイル戦のイメージにあるような「内枠先行立ち回り」とは正反対の決まり手での決着。

現代競馬の中山マイルでは淀みないペースで流れると直線は決め手勝負になりがち。実際に過去3年はグランシルク→ロードクエスト→フラアンジェリコと全て上がり3ハロンを最速で駆け抜けた馬が勝利している。

今年も外枠のウインガニオンが何が何でも逃げるような展開が予想されますし、まず前半ペースは緩まなそう。そう考えれば高速馬場での差し決着になりそうで、スムーズに捌いて最速上がりで差し込んでこれそうな馬を狙えばいいだろう。

というわけで予想の発表。

 

より詳細な予想考察はメルマガにて

arg1

arg2

メルマガでは金曜日に重賞まとめデータと称して、その週の重賞の全頭診断などを含むより詳細な予想を公開、配信しております。

推奨買い目などもメルマガ限定の公開となっておりますので、ご興味ある方はコチラより詳細をご確認ください。

 

 

京成杯オータムハンデ 2018の印

本命 ◎ミッキーグローリー

大混戦に見えるメンバー構成だが、ここは新鋭のこの馬が突き抜ける可能性が高い。

3走前に乗った騎手が「とんでもなく強い」と大絶賛していた馬で、現オープン馬を子供扱いして突き放した内容は本格化を感じさせる内容。その時の騎手が「溜めて溜めて末脚を活かしてこそ良さが出る」とコメントを出していたが、ここ2戦はそれとは正反対の競馬。2走前は超高速馬場で前付けしないと無理と判断した鞍上が外枠から積極的に乗って脚が溜まらずで少差の負け。前走はタフ馬場のミドルペース戦を明らかに早目の仕掛けで馬の力だけで完勝。前走の馬場やペースを考えると普通の馬ならバテて大敗していてもおかしくなく、絶不調だった鞍上を馬の力だけで勝たせたような内容だった。

母◯◯◯◯は6歳で重賞を勝った遅咲きタイプ。この馬も5歳になって一気に本格化してきた印象で、前走内容や3走前の内容を見てもGIIIならまず勝ち負けになると見て良い。3走前の圧勝ぶりを見ても中山マイルはベスト舞台と見て良いですし、脚を溜めて末脚を活かす競馬をする事でここ2戦よりも一気にパフォーマンスを上げてきそう。

今回は絶不調騎手からリーディング争い騎手への乗り替わりは大幅プラスでしょうし、血統的にも初重賞挑戦時の期待値は絶大。加えてタフ馬場の1800mの早仕掛けレースからの距離短縮というローテーションも絶好に見えますし、中団から末脚を活かす競馬をするならばこれ以上ない絶好枠。この条件でこの馬なら鞍上がミスをするとはまず思えないですし、ここは外目から最速上がりを使っての勝ち負けは堅いか。

 

対抗 ◯ゴールドサーベラス

対抗は大得意の中山マイルコースに変わってゴールドサーベラスの一発に期待する。

とにかくこの馬は過去の戦績を見ても中山マイルしか走らない馬。準オープンではこのコースで骨っぽい相手を倒しての完勝。その勢いで挑んだダービー卿チャレンジトロフィーでは最後方から大外をぶん回す不器用な競馬になったが、最後はほとんど差のない0.5秒差の6着に好走。あの内容を見てもこの中山マイルコースであればGIIIなら通用して良いはずだ。

近走はこの馬にとっては適性外条件ばかり。それでも前走は明らかに距離が長い芝2000mの重賞で積極策から7着に粘るなかなかの好内容。確実に力はつけてきている感じですし、今回は満を持しての中山マイル戦。前走である程度前目につけたのも良いですし、外からの差しが効きやすいレース傾向もベスト。鞍上不安で本命は打てませんでしたがここはあっと驚く大駆けあっても良いはずだ。

 

単穴 ▲ロードクエスト

三番手はようやくの絶好条件到来という感じのロードクエストが面白そう。

この馬は若駒時代からずっと思っていたのだが使える脚がとにかく短い馬。一瞬の加速力は凄いのだがそれを持続的に使うのが苦手な馬で、本質的には左回りの直線の長いコースは苦手な馬だろう。実際にここ2戦はパラダイスSも関屋記念も一瞬突き抜けるかという手応えから伸びきれておらず、長く良い脚を求められたのがダメだった感じ。

2年前の京成杯オータムハンデを勝利しているようにこの右回りのマイル条件はベスト。一瞬の加速力を活かせる中山マイルはベスト条件だが、とにかくスタートが遅かったので直線の短い右回りコースではスムーズな競馬ができていなかった印象。

それがスプリント戦を使われた事で近走は行きっぷりが確実に良化しており、ここ2戦のレース内容を見ても今回は好位で脚を溜める競馬ができそう。待望の右回りの直線の短いコースで好位から一瞬の末脚を使うというベスト条件が揃いそうな今回は久々の一発があって良い。

 

特注 ☆ヒーズインラブ

休み明けで状態面さえ整っていればヒーズインラブはここでは上位だろう。

春にはダービー卿チャレンジトロフィーを勝利しているように、コース適性と能力に関しては申し分なし。前走の安田記念はさすがに相手が強すぎた感じですし、GIIIレベルならば威張れるぐらいの能力はあるだろう。

ただ、今回は明らかに先に目標がありそうな中での休み明け。ダービー卿チャレンジトロフィーはあまりにも完璧に捌いての勝利だった感じもあり、藤岡康太騎手が毎度あのような完璧な捌きができるとは思えない。今回はどん詰まる可能性も十分にありと見てこれぐらいの評価に。

 

△ ヤングマンパワー

前走で復調気配見せたヤングマンパワーも走破圏内にはいるだろう。

スピードの持続力が売りの馬で一時期はGIも狙えるぐらいのポジションにはいたが、近走は不甲斐ない競馬続き。そんな中での前走は見せ場十分の4着。復調気配自体は見せたが、展開や相手を考えると以前のこの馬ならば馬券に絡めていた感じも。乗り難しい馬でもありますし、これ以上の評価は難しい。

 

△ ワントゥワン

前走から全てが条件悪化に見えるワントゥワンも抑えの評価まで。

前走は得意の左回りコースで鞍上デムーロ。その上で展開向いて差し決着になっており、この馬にとって全てが良い条件だったという感じが否めない。

今回は戦績を見ても明らかにパフォーマンスを落としている右回りで直線も短い。その上でデムーロ→戸崎の乗り替わりもマイナス。メンバーレベルが大して高くないので突っ込んできてもおかしくはないですが、人気で買いたい感じは一切しない。

 

△ ストーミーシー

外目から鋭い決め脚が使えるという点でストーミーシーは印には入れたい。

ただ、展開待ちの追い込みタイプの馬で、前走はいかにもハマった感じが否めない。今回は骨折休養明けになりますし、そう前走と同じような競馬が連続でできるとは思えない。

 

△ ロジクライ

中京記念2着で間違いなく人気になりそうなロジクライは今回はあまり買いたくない。

典型的な体力型のハーツクライ産駒で、前走は休み明け、左回りコース、ハイペースとこの馬が走れる条件が全て揃っていた。ハイペースを前々で粘った事を評価されるかもしれないが、キレずバテずのこの馬にとってはベストな展開だったはずで、前走ほど向く条件はそうそうないだろう。

ハーツクライ産駒はとにかく消耗が激しい馬が多く、激走後は評価を落としたほうがいいのが定石。休み明けで2着激走後に右回りに変わって人気必至の今回は評価をするところは全くないはずで、割り引いて抑え評価が妥当なところだろう。

 

 

印まとめ

◎ミッキーグローリー
◯ゴールドサーベラス
▲ロードクエスト
☆ヒーズインラブ
△ヤングマンパワー
△ワントゥワン
△ストーミーシー
△ロジクライ

勝負度C

 

推奨馬券

このレースの買い方に関しましてはメルマガにてのみの公開とさせていただいております。会員様はメルマガにて閲覧ください。

重賞以外の平場の予想はメルマガ限定での公開となっておりますので、そちらもご覧になりたい方はぜひともメルマガを購読してみてください。

今週から秋競馬ということで、メルマガでは平場のレースを多数配信します!メルマガに登録いただければ今夜からお読みいただけるのでぜひこの機会に読んでみてください。

 

なお、現在、徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」では、

初月無料キャンペーンを実施しております!

月初の今から購読いただくのが最もお得となっております

まずはお気軽にご登録頂き、競馬予想の真髄はどういったものかを見ていただければ幸いです。

当サイトをご愛顧頂いている方、データベースを見たい方、競馬力を身につけたい方、とにかく馬券を当てたい方、皆様に満足いただけるようなコンテンツとなっておりますので、ぜひともご購読頂けますと幸いです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

購入する!

 

月初の今から購読頂くのが断然お得なメルマガのご紹介

さて、早いもので2018年も9月になりました。

月初になったということで徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」の新規読者募集をさせていただきます。

 

今までサイト「競馬はビジネスである」を通して、私自身、競馬ブログサイトの中でも最上級に時間をかけた分析の上、説得力のある予想をお伝えしてまいりました。外れても納得できるだけの自慢の予想をお送りできていたかと思います。

その予想・考察に結び付くまでにどのようなデータを作成しているのか?どのようなプロセスを踏んでいるのか?そういったところまでをメルマガ「競馬をビジネスにする」では全て隠すことなくお伝えいたします。

正直な話、私は尋常ではない時間をかけて競馬のデータと考察を行っています。それを必要とされる方がいるのであれば還元できれば。そして勝ち組になっていただければ、というのがこのメルマガの趣旨でございます。

 

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

 

当メルマガはクオリティでどの雑誌やメルマガにも劣っていないと思っております

正直、過大広告や一度の的中を誇張するメルマガなどが多く蔓延っているのが実情。その中で当メルマガは「クオリティだけに特化して」配信しています。もしかすると2、3週連続で不調で当たらないかもしれません。ですが、その間に配信している内容にクオリティの低いものは一切ないと断言できます。

 

おかげさまで発行3年になる当メルマガですが、メルマガ発行業界大手のレジまぐ様の売上ランキングで1位になるまでになりました。

購読者数ランキングに関してもPC版とモバイル版の2つに分かれていながら、どちらも2位と3位という圧倒的な支持を頂いています。

この順位までこれたのも「圧倒的に継続読者数が多い」ということが理由です。小手先の一度の的中などに満足せず、必然的に的中するための分析と回顧の積み重ねでクオリティを維持しているおかげと思っております。

もちろんこれだけでは満足せず、、、

圧倒的なクオリティ業界一を目指します!!!

 

さて、ここでメルマガの各曜日ごとの配信詳細を紹介しましょう。

 

【月曜日】重賞回顧データ配布

ここは以前と変わらず、重賞回顧データを配布します。なるべく月曜中に重賞は回顧をお届けできるようにいたします。

 

【火曜日】地方競馬の重賞予想

地方交流重賞並びに南関競馬の重賞をメルマガ限定コンテンツとして配信しております。だいたい地方競馬の重賞は水曜日に行われるので、火曜日の夜にメルマガにて予想を配信しております。

※地方交流GI並びに南関のSIレースに関してはブログで全体公開とする場合がありますのでご了承ください。

 

【水曜日】全レース分析

水曜日には前週に行われた全レース分のデータを配布します。

スクリーンショット 2015-12-31 15.45.42

スクリーンショット 2015-12-31 15.46.00

エクセルファイルにて競馬場ごとに新馬戦から上級戦まで、全てのレースの結果情報、レース回顧コメント、先週の結果分析のタイムランク情報などを載せたデータファイルになります。

正直言って回顧をやっているブログ、メルマガはあれど、中央競馬の全レースの回顧をまとめて配信している媒体はウチだけだと思います。

これを見れば縦比較で走破時計やレースラップがどれくらい優秀なのか把握できますし、予想の際にこれを見ればどの馬が強いレースを戦ってきたのかが一目瞭然です。

ただ、この文章だけではなかなかどういうものか伝わりにくいと思うので、2016年の函館競馬場の全レース分析データを下記リンクで無料でダウンロードできるようにしておきました。こちらを見てどんなものか確認頂ければ幸いです。

 

また、エクセルでの全レース分析データの配信と同時に、メルマガ内にて前週の全レースの中で不利を受けたりペースに泣かされたりして次走は狙い目だと思われる馬を多数ピックアップしてお伝えしております。

↓こんな感じ↓

この次走注目馬リストをnetkeibaのMy登録馬に書きいれたり、JRA-VANのMy登録馬に書き込んでおけば、その馬が次に出走してきた時には狙い目が丸わかり!他のファンよりも間違いなく一歩先へ行った予想ができると思います。

 

【木曜日】新馬戦レビュー

木曜日は前週のレースの中でも特に新馬戦だけを抜き出して、そのレースレベルや勝ち馬の将来性についてを配信しております。

↓こんな感じ↓

水曜日に全レースの回顧を配信した上で、新馬戦に関してはここまで細かいレビューを出しています。まず他ではここまでの回顧は出していないでしょう。とにかく競馬を極めたいマニアな方のために新馬もここまでやっちゃいます。

 

【金曜日】重賞まとめデータ配布
金曜日は重賞のまとめデータを配布します。この時点で重賞のプレ予想を配信いたします。

arg1

arg2

このような形で週末の重賞の出走馬の全頭レビューを印付きでPDFファイルにて配信いたします。

 

【土曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【日曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

これだけのボリュームあるコンテンツを毎日更新予定!!

サイト記事だけではわからない予想する際に使うデータベースや、結論を導くまでのメソッドをメルマガを通して余すことなくお伝えできればと思っております。

今までなんとなく馬券を買ってきたという方は、ぜひ本当の競馬力を身につけていただくためにも読んでいただければ幸いです。競馬予想の真髄をお見せいたします。

 

なお、現在、徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」では、

初月無料キャンペーンを実施しております!

月初の今から購読いただくのが最もお得となっております

まずはお気軽にご登録頂き、競馬予想の真髄はどういったものかを見ていただければ幸いです。

当サイトをご愛顧頂いている方、データベースを見たい方、競馬力を身につけたい方、とにかく馬券を当てたい方、皆様に満足いただけるようなコンテンツとなっておりますので、ぜひともご購読頂けますと幸いです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

購入する!

関連記事

【2016】京阪杯の予想を公開!

今日は11/27(日)に行われる京阪杯の予想です。   キタサンブ

記事を読む

目黒記念2017の予想を公開!

目黒記念2017(東京芝2500m)の考察です。 5月28日に東京競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

【ユニコーンS2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

ユニコーンS2017(東京ダート1600m)の考察です。 6月18日に東京競馬場で開催され発走

記事を読む

【2016】秋華賞 / レース考察(京都芝2000mで行われるGI戦を徹底考察します)

今日は10/16(日)に行われる秋華賞のレース考察を行います。京都芝2000mで行われるGI戦です。

記事を読む

【2016】小倉大賞典の予想を公開!

昨今、競馬情報サイトが乱立しすぎて、 「どれがいいのかわからない!」 「本当に役

記事を読む

【クイーンステークス2018の予想ヒント】ローテーションや馬場、展開などを分析考察します

クイーンステークス2018(札幌芝1800m)の考察です。 7月29日に札幌競馬場で開催され発

記事を読む

日経新春杯2018の予想を公開!

日経新春杯2018(京都芝2400m)の予想です。 1月14日に京都競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

中山牝馬S [1] 上がり上位勢が強調できない理由

名古屋にいるのですが、寒いわ、風強いわ、ひょうが降ってくるわ、ですごい天気です。 真冬かと思う

記事を読む

フィリーズレビューの予想を公開!

中京新聞杯は馬連、馬単本線的中で◎ディサイファが人気してなかったのでなかなかの配当になりました。あの

記事を読む

【新潟2歳ステークス2018の予想ヒント】ローテーションや馬場、展開などを分析考察します

新潟2歳ステークス2018(新潟芝1600m)の考察です。 8月26日に新潟競馬場で開催され発

記事を読む

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑