*

兵庫ゴールドトロフィー2017の予想を公開!

公開日: : 最終更新日:2017/12/28 地方レース考察・予想

兵庫ゴールドトロフィー(園田1400m)の予想です。

12月27日に園田競馬場で開催され発走時刻は15:55です。出走馬はグレイスフルリープ、レーザーバレット、ドリームバレンチノ、サイタスリーレッド、トウケイタイガー、ラブバレットなど9頭。園田競馬場1400mで行われるJpnIII戦です。

 

【PR】一撃回収で帯封を連発するサイトをご紹介します!

圧倒的な情報量を武器に、
安定感のある的中+驚異の回収率を実現!

 

今回紹介するサイトは他のどこのサイトよりも

「帯封馬券」を的中するのに特化した予想を公開しているサイトです。

 

”帯封馬券とは?”

 

これは100万超えの配当の馬券になります。

つまりたった1レースで100万超えの配当を的中してやろう!

 

というコンセプトで予想を提供しているんです。

「そんなこと出来るの?」って思いますよね。笑

 

しかし、一撃帝王では近走も帯封馬券を含む高額的中を公開しております!

先日も中京04Rで「407万馬券」炸裂!

その他の的中実績をその目でご確認ください!

 

【近走の的中実績】

 

12/17(日)阪神07R:2歳500万

三連単:05ー10ー02

回収金額:2,486,300円

 

12/17(日)阪神03R:2歳未勝利

三連単:04ー13ー10

回収金額:1,078,900円

 

12/16(土)中山12R:3歳上1000万

三連単:17ー02ー15

回収金額:5,387,000円

 

 

先週も上記のような帯封超えの馬券を連発しているんです!

ではなぜこれだけの実績を残すことが出来るのでしょうか?

 

それは馬主・生産者側との密接な情報網から得られる極秘情報!

 

なによりも大切な情報を現場から生で仕入れることができるからこそ

これだけの配当的中できているのだと一撃帝王は言います!

 

 

もちろんこれだけでなく確たる予想力が無ければこの結果は得られません。

その結果が、無料情報でも帯超えを達成しているんです。

 

そして今週の無料情報提供レースは「ホープフルS!!」

ホープフルステークスにもメディアには乗らない裏情報があるのでしょうか…。

 

皆さん、このチャンス、絶対に逃してはいけませんよ!

⇒ 無料登録はこちら

 

兵庫ゴールドトロフィー 2017予想

過去のレース傾向

昨年こそJRA所属の1、2、3番人気馬がそのまま上位に来ましたが、当時のダート短距離界で屈指の存在だったノボバカラやニシケンモノノフが出ていたと考えればそれも納得か。

それ以前のレース結果を振り返ってみても、古馬のダート交流重賞では最も地方勢の健闘が見られるレースと言って良さそう。中央からろくな馬が出走してこない事と、地方競馬の主要距離が1400mである事からこの距離の層が厚い事がその理由か。

 

今年に関して言えば中央馬が非常に層が薄い印象。一応のGIウィナーであるドリームバレンチノとグレイスフルリープがいるが、前者は衰え心配ですし後者はそのGI勝ちのレベルがどうだったのか。

一方で地方馬に目を向けてみると、東海地区最強クラスのトウケイタイガー、東北地区最強クラスのラブバレット、北海道地区最強クラスのオヤコダカと例年以上にメンバーは揃った感じ。今年はこの中央馬と地方馬の能力比較が鍵になりそうだ。

※その後、北海道の悪天候の影響でオヤコダカとストーンリバーが回避。タイセイバンデットも故障で回避となり9頭立てと寂しいメンバーにいきなり様変わりしてしまった。これにより展開なども一気に変わりそうで、この点も予想に大きな影響を与えそうだ。

 

 

兵庫ゴールドトロフィー 2017の印

本命 ◎グレイスフルリープ

本命はこの条件でこの相手ならグレイスフルリープの能力が最上位。

特段スタートも速くなく、スピード自体も中央のオープン級と比較すれば平凡だが、ある程度前へ行けるレースならば渋とく粘れるというタイプの馬。それだけに中央のオープン以上のレースではゆったりと先行できる1400mでたまに走れるぐらいで、スッと先行できる地方交流重賞の方が明らかに向いている馬。

昨年のサマーチャンピオンはあっさりと逃げの手を打てたとはいえ好時計での大楽勝。今年の黒船賞でもニシケンモノノフあたりと僅差の3着ならば今回のメンバー相手ならば能力上位でしょう。

負けたレースを見てみると、今年のサマーチャンピオンは1枠1番でスッと行ききれなかったのが全て。最後の直線ではじりじり差を詰めており完全に位置取りで負けた感じでした。前走のカペラステークスは得意ではないダート1200mで最内枠と最悪な条件。終始揉まれる競馬になりながら最後はそれなりに伸びてきたのは評価できる内容でした。

なんだかんだで2走前はスッと2番手を取ってコリアスプリントで韓国3冠馬を完封。今回はメンバー的にもスッと外めの番手は取れそうですし、レーザーバレットやドリームバレンチノが衰えているとなれば変に一気に捲ってこれる馬もいなそう。4コーナーで前を捕らえられればトウケイタイガーは疲弊していてバテそうなので押し切り1着もあっていいと思います。

 

対抗 ◯エイシンヴァラー

対抗は人気なさそうですがエイシンヴァラーが面白いと思います

もともと今年1月の中央ダートOPの勝ち馬。サウスヴィグラス産駒の渋といタイプの馬だが一瞬の脚に欠けるタイプで、中央のダートOPクラスでは位置が取れずに何もできていなかった印象。

それが園田移籍初戦のニッカン菊園特別は外枠からスッと逃げの手を奪うとノーステッキで圧勝。典型的なサウスヴィグラス産駒の短距離馬らしく、揉まれずに先行策が取れれば相当強いということを見せてくれました。

前走の笠松グランプリは1枠1番でスタートダッシュこそ良かったものの、枠順構造的に外側から押し込められて好位が取れず。勝ったラブバレットが完璧な競馬をした一方でこちらは位置が取れず後手後手の競馬になっての2着だった印象。今回はラブバレットのコース適性が下がりますし、枠順配置も逆に。ラブバレットがインに押し込められそうな一方でこの馬は外めの3、4番手ぐらいの位置が取れそう。この形なら中央馬もたいして強い馬はいませんし、十分に上位争いになっていいと思います。

 

単穴 ▲サイタスリーレッド

三番手はスムーズな競馬ができればサイタスリーレッドが巻き返してくるか。

ここ2戦は水の浮く道悪ダートと激流でカオスな決着になりやすいカペラSで不利を受けての大敗。一応、言い訳は効く内容だったが、その一方で馬格がそこまである馬ではないだけに57kgの斤量が堪えたという感じもした。

今回もその57kgの斤量分の不安はあるが、今回はどう考えても外めからスッとトウケイタイガーの2番手の位置が取れそう。能力的にはクラスターカップでハイペースで逃げて3着、オーバルスプリントを逃げて圧勝とここに入れば能力上位な感じはあるだけに、外めを2番手の楽な競馬ならば斤量克服して上位争いになってもなんらおかしくない。

 

特注 ☆ラブバレット

今回もしかすると1番人気に推される可能性もあるラブバレットだが、今回はオッズ妙味的にも狙い時ではない。

もともとこの馬はワンターンの1200m戦で外めから自分の形が取れる時に素晴らしいパフォーマンスを見せる馬。今までに地方交流重賞ではクラスターカップのみ活躍を見せているのもそれが理由で、自分の形が取れるコース条件を結構選ぶタイプ。

その意味で笠松ダート1400mもこの馬には適性高かった感じで、前走も絶好の外枠から番手追走での圧勝。あの内容だけ見れば今回中央馬相手でもと思いがちだが、今回は園田コース替わりで内枠を引いた。

過去のかきつばた記念や兵庫ゴールドトロフィーの内容を見ても、外めの番手が取れずにインを追走する形になるとそこまで強さを見せられていない馬。実際、クラスターカップと笠松グランプリ以外の重賞ではいっつも同じような掲示板止まりぐらいの馬で、それが今回も内枠でインに押し込められるような隊列になりそうなところで1番人気というのは不安。

明らかに笠松グランプリ3連覇が今秋の最大目標だった感じで、前走は-10kgで明らかに勝負仕上げだった。そこからコース替わり、内枠替わり、交流重賞になってオッズ的には1番人気近いものとなるとすればそこまで評価する必要はない。

 

△ トウケイタイガー

地元代表のトウケイタイガーだが、さすがに連戦と長距離遠征のせいで好調時のようなパフォーマンスはできなそう。

確かに能力的にはかきつばた記念を圧勝したぐらいのものはあるが、この馬は昨年の10月から毎月1走ペースで休みなく出走中。しかもその半分近くが遠征レースでここまで酷なローテで厳しいレースを使われている影響が出てきている感じ。

ゴールド争破競争はいくら相手がカツゲキキトキトとはいえ大得意の舞台で負けたのはちょっと疑問の内容でしたし、前走にしてもラブバレットに早めに来られたにせよ何も抵抗できずに4着というのはこの馬らしくない走りと言っていいか。

今回もまず逃げの手を取りそうだが、サイタスリーレッド、グレイスフルリープあたりに外側からマークされる展開になるはずで、近2走同様に厳しい競馬になるのは想像に難しくない。

 

△ ドリームバレンチノ

このレースの相性抜群のドリームバレンチノだが、さすがに明け11歳という年齢で好走を望むのは厳しそう。

近走内容を見ても10歳馬にしては物凄く頑張ってはいるが、さすがにスピードの衰えは否めない印象。恐らくは勝負所でグッと上がっていけないはずで、これが引退レース。久々の松山騎手になりますが、松山騎手は芝時代のこの馬しか乗っていないので岩田騎手のように仕掛け所もあまり心得てはいないはず。抑え程度の評価が妥当ではないでしょうか。

 

△ レーザーバレット

いかにもインで展開は向きそうなレーザーバレットだが斤量と休み明けは確実にマイナス。

前走のさきたま杯オーバルスプリントで2着と復活を遂げたが、あれは斤量56kgの恩恵が大きかった感じ。ダート馬にしてはそこまで馬格が大きくなく、近走結果を見ても58kgを背負わされているときは全く走れていない。

かきつばた記念でも勝負どころで一切反応できませんでしたし、特に顕著だったのが佐加のサマーチャンピオンで、2番手から絶好の競馬をしたのに最後は離されての4着だった。

今回は明け10歳馬で休み明けとローテーション的にも微妙。前走2着の中央馬ということでそれなりに人気しそうですが、今回は軽視が妥当と見ます。

 

全馬短評

馬名 コメント
1 レーザーバレット 展開向くが58kgで休み明け。能力的にも微妙。
2 オヤコダカ 出走取消
3 バズーカ さすがに5秒近く時計を詰めるのは厳しい。
4 ラブバレット 能力最上位だが適性はっきりしている馬。
5 ドリームバレンチノ 酷量59.5kgで引退レース。厳しいが展開は向く。
6 エイシンヴァラー 笠松GPは1枠が堪えた。外めスムーズなら。
7 ストーンリバー 出走取消
8 ドリームコンサート 以前なら通用も最近は衰え目立つ。厳しい。
9 トウケイタイガー 連戦と遠征続きで消耗している。今回も苦戦か。
10 サイタスリーレッド ここ2戦は斤量に泣いてる感じも?過信禁物。
11 タイセイバンデット 出走取消
12 グレイスフルリープ 前走は適性外条件。得意の舞台で外めの番手なら。

 

印まとめ

◎グレイスフルリープ <次走注目馬>
◯エイシンヴァラー <穴推奨>
▲サイタスリーレッド
☆ラブバレット
△トウケイタイガー
△ドリームバレンチノ
△レーザーバレット

勝負度C

 

推奨馬券

 

三連複 ◎→◯▲→◯▲☆△1△2△3 本線ベース

三連複 ◎◯→▲☆△1△2△3 本線重ね買い

三連複 ◎◯→▲☆ 大本線

馬連 ◎→◯▲☆ 本線

馬単 ◎→◯▲☆ ボーナス

三連単 ◎→◯→←▲☆ ボーナス

※まだオッズがわからないので推奨馬券に関しては明日のお昼過ぎ頃に更新しようと思います。

関連記事

佐賀記念2019の予想を公開!

佐賀記念2019(佐賀ダート2000m)の予想です。 2月11日に佐賀競馬場で開催され発走時刻

記事を読む

JBCスプリント [2] 出走馬徹底比較 勝つ馬はどれだ?

どう考えてもマイルチャンピオンシップへ進んだほうがよいと思われるコパノリチャードがJBCスプリントへ

記事を読む

エンプレス杯2019の予想を公開!

エンプレス杯2019(川崎ダート2100m)の予想です。 2月27日に川崎競馬場で開催され発走

記事を読む

【2016】マリーンCの予想(ブチコらの評価は?)

今日は4/13(水)に行われるマリーンCのレース予想を行います。船橋1600mで行われるJpnIII

記事を読む

日本テレビ盃2019の予想を公開!

日本テレビ盃2019(船橋ダート1800m)の予想です。 9月23日に船橋競馬場で開催され発走

記事を読む

北海道スプリントカップ2019の予想を公開!

北海道スプリントカップ2019(門別ダート1200m)の考察です。 6月6日に門別競馬場で開催

記事を読む

東京大賞典2017の予想を公開!

東京大賞典2017(大井ダート2000m)の予想です。 12月29日に大井競馬場で開催され発走

記事を読む

ブリーダーズゴールドカップ2018の予想を公開!

ブリーダーズゴールドカップ2018 (門別ダート2000m)の予想です。 8月16日に門別競馬

記事を読む

関東オークス2018の予想を公開!

関東オークス2018 (川崎ダート2100m)の予想です。 6月13日に川崎競馬場で開催され発

記事を読む

兵庫ジュニアグランプリ2017の予想を公開!

兵庫ジュニアグランプリ2017(園田1400m)の予想です。 11月21日に園田競馬場で開催さ

記事を読む

ブリリアントカップ2020の予想を公開!

ブリリアントカップ2020(大井ダート1800m)の予想です。

【阪神牝馬ステークス2020の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

阪神牝馬ステークス2020(阪神芝1600m)の考察です。 4月

【桜花賞2020の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

桜花賞2020(阪神芝1600m)の考察です。 4月12日に阪神

4月1週のレース回顧〜どうか次の週末も競馬がありますように(祈)〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間

大阪杯2020の予想を公開!

大阪杯2020(阪神芝2000m)の予想です。 4月5日に阪神競

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑