*

ダイヤモンドステークス2022の予想を公開!

公開日: : 最終更新日:2022/02/24 重賞レース考察・予想

ダイヤモンドステークス2022(東京芝3400m)の予想です。

2月19日に東京競馬場で開催され発走時刻は15:45です。出走馬はテーオーロイヤル、レクセランス、メロディーレーン、ヴェローチェオロなど。東京競馬場の芝3400mで行われるGIIです。

 

[PR] 今週末の土曜重賞はこのサイトにお任せ!

ワイド・馬連買い目いいですね。
無料公開が精度OKなんです!

────────────────
2/13無料公開買い目

ワイド5点、馬連4点

ワイド,馬連

東京07R 620円,1960円

東京08R 350円,750円

東京09R 850円,790円

東京10R ×

東京11R 450円,960円

東京12R ×

阪神・・6戦3勝
小倉・・5戦2勝
共同通信杯、クイーンCも的中

────────────────

────────── ──────
2/12阪神は6戦6勝でしたね。
小倉8R馬連3290円で一撃がデカい時もあり!

そして今週末は4重賞あります。
荒れ予感ダイヤモンドS、京都牝馬S

まずはここから見るだけ見てみてください。

1着2着はだいたいここに書いてありますね(笑)

京都牝馬ステークス2022予想

ダイヤモンドステークス2022予想

↑からメール登録し
ログイン後、HitMakeをクリック
無料で36レース公開されるので重宝するはずです!

 

ダイヤモンドステークス 2022予想

先出し本命馬(せっかちな方はこちらから)

下記のバナーのクリック先で馬名は公開しておりますので、どうぞ応援クリックよろしくお願いします。


最強競馬ブログランキングへ

 

ダイヤモンドステークスはどんなレースになりやすいのか?

ステイヤーズステークスに次いで長い距離で行われるGIIレース。このレースで重要なのは3400mを走る長距離戦ということに加えて、東京競馬場の長い直線を走るということだろう。

3400mもの長い距離になると前半〜中盤部分が速いペースになることはほぼなく、大体の年で序盤はキャンターのような遅いペースになる。最初の2800mをゆったりスローで助走して、最後の600mで東京競馬場の直線でどれだけ良い脚を使えるかが重要なレースだろう。

 

こうして見ても変にペースが流れたのは2020年のみ。それ以外の年は全て前半から中盤が遅いペースで、直線での決め手比べになっている。

3400mをこなせる潜在的なスタミナ + その上で直線でしっかり末脚を使えるか

の2点が重要なレースだと言えそうです。

 

今年はどんなレースになりそうか?

今週末は東京競馬場で土日ともに現時点では雨が降る予報。金曜夕方時点での東京競馬場の天気予報はこんな感じ。

昼過ぎからしとしとと降り始めて、15〜17時ぐらいから本降りになるような感じでしょうか。実に降り出しの時間も量も難しい予報と言えそうです・・・まぁ降ったとしても先週の共同通信杯ぐらいの馬場で落ち着きそうで、若干タフで差しが決まる馬場になるとしても道悪適性が問われるような馬場にはならないと見ます。

出走馬を見た感じ、逃げそうなのはグレンガリーとカウディーリョぐらいで例年通りに前半から中盤部分はキャンターのように遅いペースになりそう。良馬場にしても若干馬場が渋るにしても、直線部分でしっかり末脚が使える馬を重視するべきだと思います。

 

考察まとめ

【レース質】長距離戦だがスタミナと同じくらい末脚の質が重要<□□■■>

【狙えるタイプ】潜在的なスタミナがありつつ直線でしっかり末脚を使える馬

 



 

より詳細な予想考察はメルマガにて

arg1

arg2

メルマガでは金曜日に重賞まとめデータと称して、その週の重賞の全頭診断などを含むより詳細な予想を公開、配信しております。

推奨買い目などもメルマガ限定の公開となっておりますので、ご興味ある方はコチラより詳細をご確認ください。

 

ダイヤモンドステークス 2022の印

【本命 ◎3 ヴァルコス】

セリの時点で「菊花賞を目指すために購入した」と公言されていた馬で、いかにもこの厩舎らしい前半部分でゆったり走らせて後半ロンスパ戦に持ち込んでこその馬。キャリアハイのパフォーマンスは3歳時の青葉賞で、この時は後半1000m=57.9の超ロンスパ戦を高速馬場で外を捲るような競馬で2着好走。ゆったり走らせて長く良い脚を使うような条件なら間違いなく強いはずだ。

その後はセントライト記念がスロー+直線向かい風で完全に脚を余すレースぶり。菊花賞はスタートで出遅れてそのロスをカバーするために外差し馬場の最内を通って伸びきれず。カシオペアステークスは距離不足で脚を余していますし、ステイヤーズステークスは何も勝負しなかった鞍上の消極的騎乗+小回りコースが苦手な厩舎カラーからもこの馬には合わなかったか。

今回は前半ゆったり走らせての後半ロンスパ戦というベスト条件になりますし、やはりこの厩舎の馬は東京、阪神外回り、中京といった広くて直線の長いコースでこそだろう。引き続き鞍上不安は大いにありますが、今回は一気に人気もなくなりそうなので妙味十分だと思います。

 

【対抗 ◯6 トーセンカンビーナ】

遅咲きだったが4歳時には超ロンスパ戦の阪神大賞典で2着、天皇賞(春)でも5着に好走したように能力はある馬。その後は転厩だったりスタート難もあって一時はスランプに突入したが、ここ2戦は明らかに復調気配。アルゼンチン共和国杯はスタートで出遅れながら最後はスローペースで大外一気で差し込んできましたし、ステイヤーズステークスは超スローで外を捲って早めに仕掛けるという競馬で完全に脚を余しての4着。レースぶりを見ても一番強い競馬をしていたのはこの馬か。

もともとスタートは遅いが最後までバテずに確実に伸びてくる【□□■■】タイプの典型例のような馬。コーナーの比重が小さくて直線が長い東京コースに変わるのは間違いなくプラスですし、阪神大賞典や天皇賞(春)を見ても距離は問題ない。若干雨が降って時計がかかる差し馬場になるのも良いはずで、ここは久々に好走できるタイミングだと思います。

 

【△5 カレンルシェルブル】

すでにセントライト記念で4着に走れているように重賞でも能力は通用。長良川特別も非常に強い勝ちっぷりでしたし、美濃ステークスはおそらくスローでキレ負けしただけだろう。距離さえこなせれば格上挑戦でも十分に通用すると思います。

 

【△7 ヴェローチェオロ】

京都新聞杯で惨敗した春の実績を考えると菊花賞はパフォーマンスを上げてきた感じ。成長はしていると思うが、前走のグレイトフルステークスはスローで奇策の前付けで完全に展開に恵まれた。スタミナはあるが決め手には若干欠けるタイプに見えますし、ここでどこまでやれるか。

 

【△8 アンティシペイト】

ジューンSやオホーツクSの内容からもオープン重賞で通用しそう。昇級初戦のアルゼンチン共和国杯は完全に折り合いを欠いていましたし、AJCCは太目残りで走れる状態になかった。田辺騎手なら後方待機で直線まで動かない追い込み策を選びそうですし、折り合いさえつけば変わってもいいんじゃないだろうか。

 

【△9 テーオーロイヤル】

派手さはないがどんなレースでも最後まで渋とく伸びてくるタイプ。若干雨が降ってタフな馬場での長丁場レースは合いそうで、4歳馬の成長力を考えても無難に上位評価でいいんじゃないだろうか。

 

【△10 レクセランス】

クラシック期間中はスランプに陥っていたがここに来て復調傾向。長距離戦で安定して走ってきていますし、今回もメンバー的に上位争いになっていいか。血統的にあまりタフな馬場になるとどうだろう。

 

【推奨買い目】

三連複 3,6→3,6,5,7,8,9,10

馬連 3,6→3,6,5,7,8,9,10

ワイド 3→6

 

【買い目及び予想のポイント】

ここは東京コースに合いそうなスタミナと末脚を兼ね備えている◎ヴァルコスと◯トーセンカンビーナの2頭が面白そう。それぞれ10番人気、4番人気ぐらいで買えそうですし、メロディーレーン、ゴースト、カウディーリョあたりの中穴帯の馬をバッサリと切れたので、◎◯のダブル本命からの印流しで買ってみたい。

関連記事

カペラステークス2018の予想を公開!

カペラステークス2018(中山ダート1200m)の予想です。 12月5日に中山競馬場で開催され

記事を読む

【京成杯オータムハンデ2022の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

京成杯オータムハンデ2022(中山芝1600m)の考察です。 9月11日に中山競馬場で開催され

記事を読む

ターコイズステークス2019の予想を公開!

ターコイズステークス2019(中山芝1600m)の予想です。 12月14日に中山競馬場で開催さ

記事を読む

クイーンステークス2022の予想を公開!

クイーンステークス2022(札幌芝1800m)の予想です。 7月31日に札幌競馬場で開催され発

記事を読む

スプリングステークス2019の予想を公開!

スプリングステークス2019(中山芝1800m)の予想です。 3月17日に中山競馬場で開催され

記事を読む

【ラジオNIKKEI賞2019の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

ラジオNIKKEI賞2019(福島芝1800m)の考察です。 6月30日に福島競馬場で開催され

記事を読む

チューリップ賞 [3] 人気馬の個別評価

今日も相変わらず花粉が酷いですね。本当に外に出たくないのですが、外に出なければ生きていけないのが人間

記事を読む

エルムステークス2018の予想を公開!

エルムステークス2018(札幌ダート1700m)の予想です。 8月12日に札幌競馬場で開催され

記事を読む

【2016】阪神大賞典 / 有力馬考察(シュヴァルグラン、トーホウジャッカルなどの徹底分析)

今日は3/20(日)に行われる阪神大賞典のレース考察を行います。阪神芝3000mで行われるGII戦で

記事を読む

【2016】フラワーCの予想を公開!

今日は3/21(月)に行われるフラワーCの予想です。中山芝1800mで行われるGIII戦です。 春

記事を読む

秋開催が始まるので「競馬場徹底攻略ガイド」のプレゼント企画をやります!

さて、気づいたら2022年もあと4ヶ月で秋競馬が今週末から始まります。

9月4週のレース回顧〜トライアルも終わって菊花賞の全貌が見えてきました〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間

オールカマー2022の予想を公開!

オールカマー2022(中山芝2200m)の予想です。 9月25日

神戸新聞杯2022の予想を公開!

神戸新聞杯2022(中京芝2200m)の予想です。 9月25日に

ながつきステークス2022の予想を公開!

ながつきステークス2022(中山ダート1200m)の予想です。

【神戸新聞杯2022の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

神戸新聞杯2022(中京芝2200m)の考察です。 9月25日に

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑