*

チャンピオンズカップ2018の予想を公開!

公開日: : 最終更新日:2018/12/03 GIレース考察・予想

チャンピオンズカップ2018(中京ダート1800m)の予想です。

12月2日に中京競馬場で開催され発走時刻は15:30です。出走馬はルヴァンスレーヴ、ケイティブレイブ、オメガパフューム、サンライズソアなど。中京競馬場のダート1800mで行われるGIです。

 

「土曜重賞ダブル的中」(PR) 

1日、5鞍中4鞍で3連単的中。ステイヤーズS、チャレンジCダブル3連単。
12月は絶好調スタートですね。

葉牡丹賞     3連単76,860
北総ステークス  3連単44,210

葉牡丹賞では1着シークレットラン7番人気21.8倍、
そして3着にサトノラディウス6番人気19.3倍入れて3連単7万超え!
日曜も4万、7万の3連単に出会えるといいですね!
毎週10万ちかい高配当も出てますしね!期待できそうです。
チャンピオンズC含めた5レースを見てみてください。
まだ間に合う!チャンピオンズCを無料で見る
確認メールきたらクリックしてログイン。

 

チャンピオンズカップ 2018予想

チャンピオンズカップの週中分析記事はこちらから

 

予想の根拠

下半期の中央ダート競馬の総決算であるチャンピオンズカップ。今年は3歳馬の台頭もあって例年以上にメンバーが揃った印象だが、その筆頭格だったゴールドドリームの離脱は残念なところ。それでもケイティブレイブやルヴァンスレーヴなど役者は揃っており、実に魅力的なメンバーが揃った印象だ。

 

ポイントとなりそうなのは中京のダートコースの特徴とメンバー構成。

過去4年間の中で割と差しが決まっているように見えるチャンピオンズカップだが、サウンドトゥルーとサンビスタが勝利した年は前半部分で先行馬にかなりのプレッシャーがかかっていて差し有利の流れ。その上でこの2頭ともに完璧なインサイドアウトを決めての勝利でしたし、中京ダートは大外ブン回しでの差しが決まるような甘いコースではない。

普通の流れになれば圧倒的にイン先行有利な舞台で、今回は逃げそうな馬がサンライズソアかアンジュデジールぐらいしかおらず、有力馬のケイティブレイブも福永騎手の溜める競馬で前にプレッシャーをかけなそう、となると顕著に差しが決まる決着は想像しにくい。あるとすればミツバあたりが玉砕覚悟の捲りを仕掛けてきた時ぐらいか。

土曜日の中京ダートの傾向を見ても、4コーナーで外を回した差し馬はもう絶望的と言っていい成績。完全な前残りで決まったダート中距離戦も複数鞍ありましたし、いつも通りの癖の強い中京ダートコースの状態と見て良いだろう。

ゴールドドリームこそ離脱したが、それでも上位人気馬は外を回して差してきそうな馬が多く、今年のメンバーと展開を考えると、そういったタイプの馬は危なそう。スムーズに競馬ができそうな馬を評価して、そういった差し馬をバッサリと切ったメリハリのある予想をしたい。

というわけで予想の発表。

 

より詳細な予想考察はメルマガにて

arg1

arg2

メルマガでは金曜日に重賞まとめデータと称して、その週の重賞の全頭診断などを含むより詳細な予想を公開、配信しております。

推奨買い目などもメルマガ限定の公開となっておりますので、ご興味ある方はコチラより詳細をご確認ください。

 

 

チャンピオンズカップ  2018の印

本命 ◎サンライズソア

本命はダート界でも能力最上位と見ているこの馬がついに覇権を取るチャンスがやってきた。

もともと芝でデビューして新馬戦を好時計で勝利しているような馬で、血統だけ見てもすぐにダートとは感じない馬。中京ダート1800mおよびチャンピオンズカップは芝っぽい血統の馬がやたらと走る舞台で、この馬はいかにもこの舞台に適性がありそうな感じ。◯◯◯◯◯◯◯◯◯産駒は改修後の中京ダート1800mで最多勝を誇っていますし、走ったことがないとはいえコース適性は高そうだ。

そんな芝っぽさのある血統の馬だが、近走は激流のハイペース戦で揉まれに揉まれて地力をつけてきた感じ。特にここ2戦はかなりのハイペースを前付けして粘っており、どちらも負けて強しの内容だった。今回出走して人気になるのはここ2戦での上位馬で、展開を考えればこの馬の逆転は十分に可能。前走のJBCクラシックに関しては古川騎手のテイエムジンソクが何がしたいのかわからないようなタイミングで捲ってきて前の馬はかなり厳しい展開(ラップを見れば一目瞭然)になっており、それでいてあの着差なら最も強い競馬をしたと言える。

今回はケイティブレイブが福永騎手の溜める競馬に徹してくれれば前行く馬は相当楽な展開になりそうで、鞍上はスタートの速さはナンバーワンで先行させたら世界一と言っていい名手。ゲート内で挙動不審になる点が心配ですが、この鞍上ならばしっかりとその対策も行ってくるはず。レースに行けば脚を使い切る競馬をしてくれそうですし、その競馬ができればケイティブレイブやルヴァンスレーヴ相手にも先着できる可能性が十分にあると見て本命に推します。

 

対抗 ◯ケイティブレイブ

対抗は普通に考えてケイティブレイブが馬券外に飛ぶイメージが湧かない。

以前は逃げの競馬しかできなかった馬で、好位で溜めての追い比べに持ち込むとあっさり脆さを見せた馬だったが、今年に入ってからはどんな競馬もできるようになってきた。特に秋の日本テレビ杯とJBCクラシックは今までよりも脚を溜めて瞬発力を活かす競馬を見せての完勝で、いよいよ本格化してきた感じがあります。

今回も福永騎手はスタートを決めてある程度の位置で脚を溜める競馬を狙ってきそう。いい意味でも悪い意味でも勝負しない騎手(日本ダービーは例外だったが)ですし、3〜4番手から前を可愛がりつつ直線に入っていきそう。能力は最上位なのでまず勝ち負けに持ち込むと思いますが、前を捕らえきれずに2、3着というパターンは十分にありそうです。

 

単穴 ▲ルヴァンスレーヴ

三番手は驚異の3歳馬ルヴァンスレーヴをこれ以上の評価には落とせない。

ユニコーンステークス、ジャパンダートダービー、南部杯と全てが圧勝。スタートもそこまで速くなく、決してレースセンスが良いタイプではないが、持っているエンジン性能が他の馬と全く違う感じで、前走にしてもゴールドドリームを置き去りにしたラストの末脚は圧巻だった。

そんな感じで今回は断然の注目を集める存在となるが、不安がないわけでもなさそう。キャリアを通じてもほとんど揉まれる競馬をしておらず、今回は内枠で揉まれた際にどうかという不安はあり。スタートもそこまで速くないので下手をするとポジションを相当落としそうな懸念もあるだろう。

ただ、そこはスワーヴリチャードを外枠からインの番手につけさせたミルコ・デムーロ。まず後ろからの競馬なんてしてこないはずで、この枠を引いたからには好位での競馬を狙ってくるはず。能力最上位の馬にそういう競馬をされたらまず好勝負になるはずで、これぐらいの評価は必要だろう。

 

特注 ☆パヴェル

アメリカからの遠征馬パヴェルは未知数な部分が多いながらも穴としては面白そう。

スティーブンフォスターステークス以外は大差での負けが多いとはいえ、相手は米国の年度代表馬候補のアクセラレートですから仕方なし。ドバイワールドカップで4着に走っているのを見ても、日本のダートレベルならばGI級の能力はあるはずで、あとは日本の馬場や環境に対応できるかどうか。

アメリカの速い前傾ラップの流れで中団ぐらいにはつけられているので、日本の流れならばスッと先行できる可能性あるが、そこまでスタートは速くないのでどれくらいの位置が取れるかが鍵になりそう。ただ、陣営コメントからは先行する意思が見てとれますし、この枠からならばスッと良い位置を取れる感じもします。

当初はもう少し下の評価としていましたが、土曜日の中京の馬場傾向を見る限り、ペース次第では完全に行った行ったで決まる可能性もありそう。その場合に前へ行く馬で能力最上位級のこの馬はこれぐらいの評価にはした方が良いか。

 

△ アンジュデジール

穴としてかなり注目しているのはアンジュデジールだろう。

確かに古馬の一線級と戦うとなると能力的に若干落ちる感じは否めないが、中京ダート1800mは立ち回りの上手さと内枠が引ければ案外対抗できてしまう舞台。あのサンビスタもこの舞台で牡馬を打ち負かしましたし、この馬も十分にやれて良さそう。

父ディープインパクトでダート適性がそこまで高いようには見えませんが、チャンピオンズカップは芝血統がそれなりに走るレース。母父ヴァイスリージェント系の爆走も目立ちますし、血統的にもこのレースで走りそうなイメージ。戦績を見ても左回りコースはパーフェクトですし、砂を被っても問題ない立ち回り型なのでこの枠もベスト。ロスなく2番手ぐらいのラチ沿いをスルスルと回ってくればチャンスありと見ています。

 

△ ウェスタールンド

差しタイプで一頭だけ評価したいのはウェスタールンドだ。

4走前の初ダートのレースを見た時から相当な素質を感じていたが、シリウスステークスで見せた鬼脚は誰もがGIの可能性を感じただろう。そんな事から武蔵野ステークスでは人気に推されたんだろうが、その1戦がダメでも見限るにしては早すぎる。

この馬の母ミクロコスモスはいかにもコーナー4回の舞台が向いていた印象で、この馬も前走はワンターンの東京マイルで脚が溜まらなかった感じも。今回はコーナー4回の舞台に戻りますし、シリウスステークスでイン突きを決めている点も評価できそう。

差しタイプの騎手の中でも藤岡佑介騎手は安易に外を回してくるとは思えず、昨年のプロキオンステークスのキングズガードのようなインサイドアウトを狙ってくる可能性が高い。当初はもう少し上位評価としていたが、土曜日のダートの傾向を見て若干評価を下げた。

 

△ インカンテーション

8歳秋という年齢からも中心視はできないがインカンテーションは穴としては拾っておく。

前走の武蔵野ステークスは最後に完全に伸び負けたが、陣営が「敗因は休み明けが全て」というのが本当であれば許せる内容。その前走を除けば今年は強い相手と接戦を続けてきていますし、前に行ける脚質も魅力。抑えておいてもいいと思います。

 

△ アポロケンタッキー

一気に人気を落としそうなアポロケンタッキーは最後に押さえておく。

ここ2戦は衰えたような内容だが、JBCクラシックの時に意味不明に馬体が増えたことで勝負所で動けていない事が敗因という感じも。日本テレビ杯ではケイティブレイブには負けましたが2着に走れているわけですし、6歳という年齢からもダート馬がそこまで一気に衰えるとは思えず、空気扱いになりそうな今回までは印を打っておきたい。

おそらく体を絞るためにこの連闘作は狙ってのものだと思いますし、調教を見ても絞れた効果はありそう。今回は馬具着用で先行策を狙うとのことですし、こういうズブい馬に小牧騎手は合うはず。初年度のチャンピオンズカップのナムラビクターのような競馬をしてくれれば一発あっておかしくないと見ます。

 

△ ヒラボクラターシュ

能力的に厳しいところはありそうだが、土曜日の馬場を見ているとヒラボクラターシュは最後に抑えておく。なんだかんだでレパードステークスでグリムと差のない競馬をしていますし、馬場の恩恵を受ければ3着ぐらいはあっても。

 

消 オメガパフューム、ノンコノユメ、サンライズノヴァ

まず確実に外を回す差しを狙うだろうオメガパフューム、ノンコノユメ、サンライズノヴァは今回切ります。3頭とも鞍上がインサイドアウトの差しを狙ってくる可能性が限りなく低く、その上でそれなりに人気になるでしょう。3着ぐらいは地力でくる可能性がありますが、そこは馬券を工夫して対処します。

 

印まとめ

◎サンライズソア
◯ケイティブレイブ
▲ルヴァンスレーヴ
☆パヴェル
△アンジュデジール
△ウェスタールンド
△インカンテーション
△アポロケンタッキー
△ヒラボクラターシュ

勝負度 B

 

推奨馬券

このレースの買い方に関しましてはメルマガにてのみの公開とさせていただいております。会員様はメルマガにて閲覧ください。

重賞以外の平場の予想はメルマガ限定での公開となっておりますので、そちらもご覧になりたい方はぜひともメルマガを購読してみてください。

メルマガでは平場のレースを多数配信します!メルマガに登録いただければ今夜からお読みいただけるのでぜひこの機会に読んでみてください。

 

なお、現在、徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」では、

初月無料キャンペーンを実施しております!

当サイトをご愛顧頂いている方、データベースを見たい方、競馬力を身につけたい方、とにかく馬券を当てたい方、皆様に満足いただけるようなコンテンツとなっておりますので、ぜひともご購読頂けますと幸いです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

購入する!

 

本日からの購読開始がお得なメルマガのご紹介

さて、早いもので2018年も12月になりました。

月初になったということで徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」の新規読者募集をさせていただきます。

 

今までサイト「競馬はビジネスである」を通して、私自身、競馬ブログサイトの中でも最上級に時間をかけた分析の上、説得力のある予想をお伝えしてまいりました。外れても納得できるだけの自慢の予想をお送りできていたかと思います。

その予想・考察に結び付くまでにどのようなデータを作成しているのか?どのようなプロセスを踏んでいるのか?そういったところまでをメルマガ「競馬をビジネスにする」では全て隠すことなくお伝えいたします。

正直な話、私は尋常ではない時間をかけて競馬のデータと考察を行っています。それを必要とされる方がいるのであれば還元できれば。そして勝ち組になっていただければ、というのがこのメルマガの趣旨でございます。

 

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

 

当メルマガはクオリティでどの雑誌やメルマガにも劣っていないと思っております

正直、過大広告や一度の的中を誇張するメルマガなどが多く蔓延っているのが実情。その中で当メルマガは「クオリティだけに特化して」配信しています。もしかすると2、3週連続で不調で当たらないかもしれません。ですが、その間に配信している内容にクオリティの低いものは一切ないと断言できます。

 

おかげさまで発行4年になる当メルマガですが、メルマガ発行業界大手のレジまぐ様の売上ランキングで1位になるまでになりました。

購読者数ランキングに関してもPC版とモバイル版の2つに分かれていながら、どちらも2位と3位という圧倒的な支持を頂いています。

この順位までこれたのも「圧倒的に継続読者数が多い」ということが理由です。小手先の一度の的中などに満足せず、必然的に的中するための分析と回顧の積み重ねでクオリティを維持しているおかげと思っております。

もちろんこれだけでは満足せず、、、

圧倒的なクオリティ業界一を目指します!!!

 

さて、ここでメルマガの各曜日ごとの配信詳細を紹介しましょう。

 

【火曜日】先週の重賞回顧

火曜日に先週の重賞回顧を配信します。後ほど下記に詳細を書いておりますが、金曜日に配信する重賞まとめデータに結果を書き入れた形のPDFファイルとしても配信します。

 

【水曜日】地方競馬の重賞予想

地方交流重賞並びに南関競馬の重賞をメルマガ限定コンテンツとして配信しております。だいたい地方競馬の重賞は水曜日に行われるので、水曜日にメルマガにて予想を配信しております。

※以前は地方交流GI並びに南関のSIレースに関してはブログで全体公開としていましたが、今後はメルマガ限定のコンテンツとなります。

 

【木曜日】中央競馬の全レース回顧

木曜日には前週に行われた中央競馬の全レース分の回顧文&データを配布します。

 

各競馬場ごとに前週に行われた全てのレースの詳細と勝ち馬の評価、そしてそのレースで不利を受けた馬や次走注目するべき馬、危険な人気馬などを全て網羅して配信しております。

そんな、文章でのボリューム満載なレース回顧に加えて、、、

スクリーンショット 2015-12-31 15.45.42

スクリーンショット 2015-12-31 15.46.00

エクセルファイルにて競馬場ごとに新馬戦から上級戦まで、全てのレースの結果情報、レース回顧コメント、先週の結果分析のタイムランク情報などを載せたデータファイルを毎週配信しています!

正直言って回顧をやっているブログ、メルマガはあれど、中央競馬の全レースの回顧をまとめて配信している媒体はウチだけだと思います。

これを見れば縦比較で走破時計やレースラップがどれくらい優秀なのか把握できますし、予想の際にこれを見ればどの馬が強いレースを戦ってきたのかが一目瞭然です。

ただ、この文章だけではなかなかどういうものか伝わりにくいと思うので、2016年の函館競馬場の全レース分析データを下記リンクで無料でダウンロードできるようにしておきました。こちらを見てどんなものか確認頂ければ幸いです。

 

【金曜日】重賞まとめデータ配布
金曜日は重賞のまとめデータを配布します。この時点で重賞のプレ予想を配信いたします。

arg1

arg2

このような形で週末の重賞の出走馬の全頭レビューを印付きでPDFファイルにて配信いたします。

 

【土曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【日曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【不定期】海外競馬のレース予想の配信

最近では海外競馬の馬券もPATで購入できるようになりました。海外競馬のレース予想に関してもメルマガにて配信します。こちらは実施が不定期なので配信日はその時々になりますが、メルマガをご購読いただければ海外競馬まであなたの競馬ライフをカバーいたします。

 

これだけのボリュームあるコンテンツを毎日更新予定!!

サイト記事だけではわからない予想する際に使うデータベースや、結論を導くまでのメソッドをメルマガを通して余すことなくお伝えできればと思っております。

今までなんとなく馬券を買ってきたという方は、ぜひ本当の競馬力を身につけていただくためにも読んでいただければ幸いです。競馬予想の真髄をお見せいたします。

 

なお、現在、徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」では、

初月無料キャンペーンを実施しております!

当サイトをご愛顧頂いている方、データベースを見たい方、競馬力を身につけたい方、とにかく馬券を当てたい方、皆様に満足いただけるようなコンテンツとなっておりますので、ぜひともご購読頂けますと幸いです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

購入する!

関連記事

【2016】NHKマイルカップ/ 有力馬考察(メジャーエンブレム、ロードクエストなどの徹底分析)

今日は5/8(日)に行われるNHKマイルカップのレース考察を行います。東京芝1600mで行われるGI

記事を読む

マイルCSはディープ産駒ワンツーも◎ワールドエース惨敗

「THE 消化不良」 もう力を出さずに負けるっていうのは悔しさをどこにぶつけていいかわかりませ

記事を読む

マイルCS [2] 前回の傾向分析を踏まえて狙える馬を探ってみる

もともと英語を勉強していたこともあって、海外旅行は1年に1度は行っていたんですが、ここ最近まったく行

記事を読む

【JBC3競争2018の予想ヒント】枠順から見るレース見解

JBC3競争2018の枠順考察です。 11月4日に東京競馬場で開催され発走時刻はそれぞれJBC

記事を読む

【宝塚記念2017の予想ヒント】枠順や展開、馬場などを分析考察します

宝塚記念2017(阪神芝2200m)の考察です。 6月25日に阪神競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

フェブラリーS [5] 枠順発表!今年初のGIの結末や如何に

一昨日でしょうか。久しぶりに重度の二日酔いにかかりまして、文字通り昼間中ずっと死んでおりました。芋焼

記事を読む

有馬記念 [4] 果たして捲りは決まるのか?

ちょっと師走はあらゆる仕事が舞い込んできて忙しすぎて死にそうなわけでございます。ただし、有馬記念ウィ

記事を読む

NHKマイルCは◎クラリティスカイ快勝も痛恨の2着抜け・・・

正直に申し上げまして先週の土日の平場馬券は散々でございました。 まぁ日曜日の朝一で6番人気◎シ

記事を読む

【2016】高松宮記念 / 有力馬考察(ミッキーアイル、ダンスディレクターなどの徹底分析)

今日は3/27(日)に行われる高松宮記念のレース考察を行います。中京芝1200mで行われるGI戦です

記事を読む

スプリンターズSの予想を公開!

【シリウスステークスの馬単1,870円を○◎で的中。この男の予想は見逃さないでください!】 い

記事を読む

【有馬記念2018の予想ヒント】ローテーションや馬場、展開などを分析考察します

有馬記念2018(中山芝2500m)の考察です。 12月23日に

【阪神カップ2018の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

阪神カップ2018(阪神芝1400m)の考察です。 12月22日

12月3週のレース回顧〜朝日杯はやはり牡馬のものだった

さて先月からブログの方できちんとレース回顧を書いています。 重賞

【有馬記念2018の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

有馬記念2018(中山芝2500m)の考察です。 12月23日に

ディセンバーステークス2018の予想を公開!

ディセンバーステークス2018(中山芝1800m)の予想です。

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑