*

アルゼンチン共和国杯2020の予想を公開!

公開日: : 最終更新日:2020/11/12 重賞レース考察・予想

アルゼンチン共和国杯2020(東京芝2500m)の予想です。

11月8日に東京競馬場で開催され発走時刻は15:35です。出走馬はユーキャンスマイル、オーソリティ、サンレイポケット、メイショウテンゲンなど。東京競馬場の芝2500mで行われるGIIです。

 

[PR] G1も無料情報で的中!今週もこのサイトに注目!

アーモンドアイG1で8勝の壁突破!絞りに絞った5頭で堅実なレースもガミらずプラス収支です。

━━━━━━━━━━━━━━

11/01 東京11R:天皇賞秋(無料情報)

1着:9アーモンドアイ

2着:6フィエールマン

3着:7クロノジェネシス

3連単41.3倍×300円

→12,390円獲得

前夜公開の買い目画像↓

━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━

コンスタントに当たる無料情報

11/01東京01R→複勝15,000円

10/31東京12R→ワイド31,200円

10/25新潟04R→複勝13,000円

10/24東京12R→ワイド36,800円

10/17京都02R→複勝13,000円

10/17東京01R→馬連38,400円

10/10新潟01R→3連複38,000円

10/09東京02R→3連複31,800円

━━━━━━━━━━━━━━

お小遣い稼ぎから軍資金稼ぎに最適な無料情報!レース前夜無料公開で複勝~3連単まで好きな買い方やレース選んでください。

無料情報←コチラ

京王杯&アルゼンチン共和国杯の無料提供も期待!今週の勝てるレースはどれかな?

 

アルゼンチン共和国杯 2020予想

先出し本命馬(せっかちな方はこちらから)

下記のバナーのクリック先で馬名は公開しておりますので、どうぞ応援クリックよろしくお願いします。


最強競馬ブログランキングへ

 

アルゼンチン共和国杯の週中分析記事はこちらから

 

予想の根拠

ジャパンカップ、有馬記念の前哨戦として行われるアルゼンチン共和国杯だが、このレースの傾向やポイントなどは週中に書いた考察記事をとりあえずご参照いただくこととして、もう今年のアルゼンチン共和国杯のポイントは馬場が全てだろう。

 

もうこうして土曜の芝レースのパトロールビデオを見ても、直線部分の内側と外側で馬場の色が全く違っており、明らかに内側の馬場はボコボコになっている感じ。

そんなわけで、土曜日の芝レースを見ても、サラブレッドの能力比べというよりは、いかに直線で馬場の良い外側部分を走れるか、というようなレース質になっている感じで、もうインが傷んで外しか伸びない新潟競馬場ぐらいの馬場バイアスが働いていると見ていいだろう。

 

<ノベンバーステークス>

東京10レースのノベンバーステークスのレース映像を見ても、前述の通りでサラブレッドの能力比べではなく、どの馬が馬場の外側を通れるかという点だけで着順が決まっている感じ。

もう3勝クラスでは明らかに能力上位で、GIIIぐらいでも好勝負になるようなサトノウィザード(単勝2.4倍)でさえ馬場の内側を通っただけで全く伸びないようなレースでしたし、4番人気のオメガラヴィサンも馬場の内側を通ってなす術なく負けていきました。

 

<京王杯2歳ステークス>

東京11レースの京王杯2歳ステークスのレース映像を見ても、もう完全に馬場の外側をどの馬が通れるか、というのが着順の全てだった感じ。4着馬のストライプは勝負所で進路を内側に選択していなければ外から突き抜けていたと思いますし、もう内枠の馬だったり直線で内側の馬場を通った馬はいくら能力があったとしても何もできないような馬場状態ということでしょう。

 

こうしてレース結果を改めて見ても先行して馬場の良い部分を通れたモントライゼ以外の1〜4枠の馬は壊滅的なレース結果に。もうそれだけ今の東京競馬場の芝コースは「馬場の外側を通れるかが全て」ということでしょう。

 

では、この非常にはっきりとした馬場バイアスがアルゼンチン共和国杯にどれぐらい影響を及ぼすか、をこれから見ていこう。

一般的に顕著な外差し馬場になった場合に外枠が有利になりやすいのは距離が短い条件。前回開催の京都芝を見てもそうでしたが、芝の中距離戦となると道中で騎手がリカバーできる部分も大きいために外が伸びる馬場でも内枠の馬が十分に好走が可能。一方で1200mや1400mとなると、もうスタートしてから枠なりに一気に走り抜くしかありませんから内枠の馬は馬場の悪いインを通る羽目になり、圧倒的に外枠有利になる傾向が出ていました。土曜に行われた京王杯2歳Sも芝1400mという距離だったからここまで外枠有利なレース傾向が出たとも考えられます。

 

ただ、こうしてアルゼンチン共和国杯のスタート地点を見てもお分かりになるように、東京芝2500mは直線部分の坂下がスタート地点。もう内側の馬場が一番悪い部分にスタート地点があるようなもので、内枠の馬は必然的に1コーナーまで馬場の悪い内側部分を走らなければいけなくなります。

もちろんフルゲート戦でなかなか馬場の良い外側の部分に出すのも難しくなるはずで、内枠の馬は最後の直線でも馬場の外側に出すことができるかは微妙なところ。そう考えるとアルゼンチン共和国杯で内枠を引いた馬はレースの中で2回も馬場の悪い内側を走らされる可能性が高いといえます。

もう、こうして考えていけば芝2500mの長距離戦と言っても圧倒的に内枠不利で外枠有利なレースになると見て良さそう。最初の1コーナーまでで馬場の良いところを通ってスタミナを消費せずに、最後の直線でも馬場の外側を通れる馬が圧倒的に有利なレースになると見て予想を組み立てました。

というわけで予想の発表。

 



 

 

より詳細な予想考察はメルマガにて

arg1

arg2

メルマガでは金曜日に重賞まとめデータと称して、その週の重賞の全頭診断などを含むより詳細な予想を公開、配信しております。

推奨買い目などもメルマガ限定の公開となっておりますので、ご興味ある方はコチラより詳細をご確認ください。

 

アルゼンチン共和国杯 2020の印

本命 ◎サンアップルトン

戦績や血統、キャラクター的に非常に地味な馬なのだが、速い脚こそ使えないがどこまでも伸びていくスタミナ差しタイプでいかにも東京芝2500mの条件は合いそうな感じ。本格化してからのレースを見ても、前が止まらなかったりキレ負けして差し損ねている事はあっても力負けしていることはほとんどなく、ある程度上がりがかかってタフな差し決着になれば重賞でも普通に通用する馬と見ていいはず。実際に日経賞では一番外を回りながらその後に天皇賞(春)を好走するミッキースワロー、スティッフェリオ、そしてその後に宝塚記念を好走するモズベッロあたりと全く差のないレースができていました。

そして何よりもこの馬が評価できそうなのは鞍上がほぼ間違いなく直線で外を回してくれそうな事。

こうして今回の騎手が乗った際のレースぶりを全て確認しましたが、極端な内枠から外に出すことができなかった前走と早春S以外は全て外を回して伸び伸びと大外を走らせるような騎乗。これはこの騎手のキャラクターとして外を回しやすいというのもありますが、あんまり溜めて一瞬の決め脚を使うよりも勢いをつけて長く脚を使わせた方がいいというベテラン騎手らしい判断もあるんでしょう。

もうこの上記4つのような直線でのコース取りは今の東京芝の外差し馬場では最高のコース取りと言って良さそうで、この枠順でこの鞍上ならばまず直線でも荒れたインを選択しないという安心感は得られるはず。それでいて普通に重賞で通用する能力の持ち主でなおかつコース適性も抜群となれば評価しない理由がないだろう。

なかなか近年はあまり活躍が目立たない◯◯◯◯◯◯◯産駒だが、極端なキレに欠ける一方で長く良い脚が使えるので東京芝2500mでは抜群の成績。過去のアルゼンチン共和国杯でもルルーシュとトレイルブレイザーが勝利していますし、血統相性は抜群と言っていいか。そんな父に加えて、この馬は母母父がトニービンでアルゼンチン共和国杯の特注血統も保持。もうこの時点で「血統」「能力」「馬場」「鞍上」と好走要素が全て揃ってしまいましたし、それでいて人気薄で収まるならばもうこの馬から狙えばいいんじゃないでしょうか。

 

【対抗 ◯17 ゴールドギア】

ロードカナロア産駒ながら長く良い脚を活かしてこそというタイプの馬で、3走前の緑風ステークスは完全な前残りの展開を大外一気で突き抜ける非常に強いレースぶり。この馬はとにかく末脚の絶対値を活かすような競馬ができれば重賞でも通用していいはず。

目黒記念では直線で最内を突いたことでスムーズに捌けずに脚を余した感じでしたし、新潟記念は外差し馬場でせっかく外枠を引いたのに馬場を理解していない鞍上がインに突っ込んでしまったので度外視可能。

今回は前走並みの外差し馬場で大外枠が引けましたし、今度の鞍上は田辺騎手なのでもう変なことはせずにリズム重視の騎乗からの大外一気をしてきそう。条件も馬場も枠順もすべてがハマりそうな割に全く人気がなさそうですし、このレースの特注血統であるトニービンまで保持しているとなれば上位評価にするしかないだろう。

 

【単穴 ▲8 サンレイポケット】

とにかく長く良い脚が使えてどこまでも伸びていきそうなフットワークで差せる非常に良い馬。条件戦時代からずっと重賞で通用すると言い続けてきた馬で、その時にいつも言っていたのは「たとえばアルゼンチン共和国杯など」という感じで、この条件はもうベスト条件と言っていいはず。

タフな馬場も差しが効く馬場傾向もこの馬には向くはずで、前走からの距離延長も最高と見ていいはずだが、何よりも心配なのが荻野極騎手がどこを通ればいいのかわかっているのか、という点。ここ2戦のように何も考えずに直線で外に出せばいいとは思うのだが、絶妙な中枠を引いてしまったことで鞍上が直線でぽっかり空きそうなインを突く可能性が浮上。土曜日は福島に乗っているので当日まで今の馬場傾向はわからないでしょうし、アルゼンチン共和国杯より前の東京芝レースでの騎乗予定はなし。今の進路取りだけで全てが決まる馬場に若手騎手がぶっつけ本番で挑むというのはリスクが高そうですし、それでいて玄人人気がここに全て集中しての3番人気となると相手評価までが妥当と見ました。

 

【特注 ☆5 ユーキャンスマイル】

一連の戦績を見ても現在の中距離の怪物クラスに肉薄できる数少ない存在。阪神大賞典は特に得意でもないだろう長距離戦で2着以下を突き放しましたし、天皇賞春は全く伸びないインを突いて4着。ベスト条件は間違いなく左回りのこれぐらいの距離でしょうし、休み明けも(3-0-0-0)ならば普通に考えて今回は絶対的な存在。当初はここは盲目的に信じる予定だったが、さすがにサトノウィザード級がなすすべなくぶっ飛ぶ外差し馬場の内枠という点はやはり気になる。

<ダイヤモンドS>

<ダイヤモンドS>

<ダイヤモンドS>

こうして岩田騎手が鞍上で勝利した3つのレースを振り返ってみても、その全ては道中馬群の中でじっとして直線で最内を突いてのもの。やはり岩田騎手の真骨頂といえばコースロスなくタイトに内を突く騎乗だと思いますし、ユーキャンスマイルはその騎乗において最大限に力を発揮してきたと言えるか。

ただ、今の東京の外差し馬場を考えると、こういうタイトにインを突く騎乗では馬場の最悪な部分を通ることになりそう。岩田騎手はこういう馬場でもバイアスを気にして外を回すイメージがあんまりありませんし、逆に他馬が外を回しているからこそ最内を突いたりする印象。馬の能力やコース適性は抜けていると思うので、少々の内を突くぐらいでは大丈夫かなとも思うのですが、トップハンデ58kgを背負う1番人気馬が内枠を引いて今の外差し馬場でインを突く可能性があるなら盲目的に信じたくはないです。

 

【△6 トーセンカンビーナ】

ポテンシャル自体はある馬だが、とにかく不器用でスタートが下手な馬。そんな馬にデムーロが乗ったらまず出遅れ確実と言えるかも。ただ、今の東京の馬場状態とこの馬の枠順を考えれば逆に出遅れた方が良さそうな感じはあり、後方から外を回す形で末脚を活かせれば好走あっても。ただ、どういう競馬をするにしてもスムーズに外を回す競馬はできない感じがします。

 

【△15 サトノルークス】

血統背景や菊花賞で激走したところを見ても、タフな舞台でじっくりと脚を溜めてこそ良さが出る馬か。復帰してからのここ2戦は適性ゼロだろう小回りのスピード勝負で外枠と最悪な条件。今回は明らかに条件プラスに見えますし、外差し馬場もじっくり構えそうな大野騎手も魅力的。ただ、適性外条件にしてもここ2戦は見せ場すらありませんし、そのレース結果にしては人気しすぎな印象。絶好枠であることは認めてもオッズ的な妙味はほとんどないか。

 

【△12 メイショウテンゲン】

とにかく前が止まった時にだけ走ってくる消耗差しタイプ。こちらが思っていたよりは強い馬ではあるのだが、もうことごとく毎回のように馬場や展開に恵まれている感じはあり。今回も外差し馬場になれば恵まれそうですし、実際に枠順自体は絶好。ただ今の東京の芝コースは外が伸びるというだけで普通に速い上がりは求められますし、34秒台の上がりが問われて対応できるかは疑問。

 

【△13 タイセイトレイル】

昨年は展開が全く向かない中で2着に好走。トニービンとロベルトのどちらも持っている馬で、今春はデムーロのクソ騎乗連発でキャリアを狂わされた感じだが、まだ年齢的にもやれていいはず。ただ前走の京都大賞典があまりにも見所がなかったので、評価をしてもこれぐらいまでか。昨年のアルゼンチン共和国杯2着で、なおかつこのレースの好走血統であるロベルトとトニービンをダブル持ちになりますし、それでいて今の馬場で外枠が引けたなら大穴では期待したい。

 

【△14 オセアグレイト】

ダイヤモンドSこそスタミナ勝負でギリギリ3着に粘ったが、それ以外のレースを見ても緩い質の展開で走れる一方で、厳しい展開になると脆さを見せる感じ。特に今回と同条件の目黒記念はルメールが完璧に乗りながらも完敗という感じでしたし、若干底を見せたかなという感じはあります。

条件戦時代の走りやメトロポリタンSなどを見ても、道中ゆったりと追走できる時には力を発揮できていますし、今回は出走馬を見ても目黒記念ほどペースが流れる可能性は低そう。絶好の外枠を引いた馬の中ではある程度前目の位置で運べそうな感じもしますし、それでいて人気ないならば抑えておきたい。

 

【△18 オーソリティ】

3歳馬が走りやすいレースではあるが、この馬はホープフルSでも弥生賞でも完全に力負けしている上に、青葉賞ではインしか来れない馬場でヒューイットソン騎手の神騎乗で好走した感じ。明らかにブラヴァスの方が強い競馬をしていましたし、青葉賞上位組のその後を見ても古馬相手で2番人気で買える馬には見えない・・・陣営コメントを見てもまだ復調途上な感じですし、本来なら切るつもりだったがこの馬場で大外枠となると最後に抑えておく。

 

【消1 バレリオ】

母父クロフネの色が出ていてだらーっと長く良い脚を使うタイプ。東京コースの長丁場は合うはずで、今回のメンバーなら相対的に人気も落としそう。ただ外差し馬場になった場合にこの枠はどうなのか。土曜の馬場を見ても厳しいだろう。

 

【消2 ラストドラフト】

一連のレースぶりを見ても能力自体は上位。どうにもまだ適性が掴めない馬だが、スパッとキレるよりは長く脚を活かして良さそうな馬でこの条件が合うこともありそう。ただ外差し馬場になった場合にこの枠はどうなのか。土曜の馬場を見ても厳しいだろう。

 

【消7 アイスバブル】

目黒記念では2着に好走。その後は新潟記念が適性外条件で京都大賞典は外枠で位置を落として差し損ねな感じ。今回は条件自体は合いそうだが、横山武史騎手となると先行馬がいないと見て積極策からラチ沿い先行策のような競馬になりそう。土曜日の芝レースを見ても外差し馬場だったのにほぼすべてのレースでインを突いていましたし、この馬もこの枠を引いてしまったとなると積極的でタイトな競馬をしてしまいそうな気がします。

印まとめ

◎サンアップルトン
◯ゴールドギア
▲サンレイポケット
☆ユーキャンスマイル
△トーセンカンビーナ
△サトノルークス
△メイショウテンゲン
△タイセイトレイル
△オセアグレイト
△オーソリティ

勝負度 C

 

買い目

アルゼンチン共和国杯の買い目はメルマガ限定での公開となっておりますので、そちらもご覧になりたい方はぜひともメルマガを購読してみてください。

 

10月は重賞予想が好調で大本線的中の連続となりました!

少しだけ振り返って見ましょう。

 

シリウスステークスは9番人気◎エイコーンから大本線の的中!

<シリウスS レース結果>
1着:◯カフェファラオ 1番人気
2着:☆サクラアリュール 7番人気
3着:◎エイコーン 9番人気

実際のレース予想の全文はコチラからご覧になれます。

先々週行われた南部杯も6番人気◎アルクトスから大本線の的中!

<マイルCS南部杯 レース結果>
1着:◎アルクトス 6番人気
2着:▲モズアスコット 2番人気
3着:△モジアナフレイバー 7番人気

 

先週行われた秋華賞も◎デアリングタクトから差し穴狙いで本線的中!

<秋華賞 レース結果>
1着:◎デアリングタクト 1番人気
2着:☆マジックキャッスル 10番人気
3着:△ソフトフルート 9番人気
4着:◯パラスアテナ 12番人気

たくさんの的中報告いただきましてありがとうございました!

11月もこれと同じくらいの大爆発をお届けできれば良いなぁと思い、予想に励む次第でございます。

 

先週は重賞予想こそダメでしたが平場の予想が好調!コチラに先週の平場の的中結果などは載せてありますので、ご興味ある方は見てみてください。

 

当メルマガ「競馬をビジネスにする」では、、、

初月無料キャンペーンを実施しております!

月初の今から読み始めるのが最もお得になります

まずはお気軽にご登録頂き、競馬予想の真髄はどういったものかを見ていただければ幸いです。

当サイトをご愛顧頂いている方、データベースを見たい方、競馬力を身につけたい方、とにかく馬券を当てたい方、皆様に満足いただけるようなコンテンツとなっておりますので、ぜひともご購読頂けますと幸いです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

 

月初の今から読み始めるのが最もお得なメルマガのご紹介

さて、2020年も10月になりました。

月初になったということで徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」の新規読者募集をさせていただきます。

 

今までサイト「競馬はビジネスである」を通して、私自身、競馬ブログサイトの中でも最上級に時間をかけた分析の上、説得力のある予想をお伝えしてまいりました。外れても納得できるだけの自慢の予想をお送りできていたかと思います。

その予想・考察に結び付くまでにどのようなデータを作成しているのか?どのようなプロセスを踏んでいるのか?そういったところまでをメルマガ「競馬をビジネスにする」では全て隠すことなくお伝えいたします。

正直な話、私は尋常ではない時間をかけて競馬のデータと考察を行っています。それを必要とされる方がいるのであれば還元できれば。そして勝ち組になっていただければ、というのがこのメルマガの趣旨でございます。

 

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

 

当メルマガはクオリティでどの雑誌やメルマガにも劣っていないと思っております

正直、過大広告や一度の的中を誇張するメルマガなどが多く蔓延っているのが実情。その中で当メルマガは「クオリティだけに特化して」配信しています。もしかすると2、3週連続で不調で当たらないかもしれません。ですが、その間に配信している内容にクオリティの低いものは一切ないと断言できます。

 

おかげさまで発行4年になる当メルマガですが、メルマガ発行業界大手のレジまぐ様の売上ランキングで1位になるまでになりました。

購読者数ランキングに関してもPC版とモバイル版の2つに分かれていながら、どちらも2位と3位という圧倒的な支持を頂いています。

この順位までこれたのも「圧倒的に継続読者数が多い」ということが理由です。小手先の一度の的中などに満足せず、必然的に的中するための分析と回顧の積み重ねでクオリティを維持しているおかげと思っております。

もちろんこれだけでは満足せず、、、

圧倒的なクオリティ業界一を目指します!!!

 

さて、ここでメルマガの各曜日ごとの配信詳細を紹介しましょう。

 

【火曜日】先週の重賞回顧

火曜日に先週の重賞回顧を配信します。後ほど下記に詳細を書いておりますが、金曜日に配信する重賞まとめデータに結果を書き入れた形のPDFファイルとしても配信します。

 

【水曜日】地方競馬の重賞予想

地方交流重賞並びに南関競馬の重賞をメルマガ限定コンテンツとして配信しております。だいたい地方競馬の重賞は水曜日に行われるので、水曜日にメルマガにて予想を配信しております。

※以前は地方交流GI並びに南関のSIレースに関してはブログで全体公開としていましたが、今後はメルマガ限定のコンテンツとなります。

 

【木曜日】中央競馬の全レース回顧

木曜日には前週に行われた中央競馬の全レース分の回顧文&データを配布します。

 

各競馬場ごとに前週に行われた全てのレースの詳細と勝ち馬の評価、そしてそのレースで不利を受けた馬や次走注目するべき馬、危険な人気馬などを全て網羅して配信しております。

そんな、文章でのボリューム満載なレース回顧に加えて、、、

スクリーンショット 2015-12-31 15.45.42

スクリーンショット 2015-12-31 15.46.00

エクセルファイルにて競馬場ごとに新馬戦から上級戦まで、全てのレースの結果情報、レース回顧コメント、先週の結果分析のタイムランク情報などを載せたデータファイルを毎週配信しています!

正直言って回顧をやっているブログ、メルマガはあれど、中央競馬の全レースの回顧をまとめて配信している媒体はウチだけだと思います。

これを見れば縦比較で走破時計やレースラップがどれくらい優秀なのか把握できますし、予想の際にこれを見ればどの馬が強いレースを戦ってきたのかが一目瞭然です。

ただ、この文章だけではなかなかどういうものか伝わりにくいと思うので、2016年の函館競馬場の全レース分析データを下記リンクで無料でダウンロードできるようにしておきました。こちらを見てどんなものか確認頂ければ幸いです。

 

【金曜日】重賞まとめデータ配布
金曜日は重賞のまとめデータを配布します。この時点で重賞のプレ予想を配信いたします。

arg1

arg2

このような形で週末の重賞の出走馬の全頭レビューを印付きでPDFファイルにて配信いたします。

 

【土曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【日曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【不定期】海外競馬のレース予想の配信

最近では海外競馬の馬券もPATで購入できるようになりました。海外競馬のレース予想に関してもメルマガにて配信します。こちらは実施が不定期なので配信日はその時々になりますが、メルマガをご購読いただければ海外競馬まであなたの競馬ライフをカバーいたします。

 

これだけのボリュームあるコンテンツを毎日更新予定!!

サイト記事だけではわからない予想する際に使うデータベースや、結論を導くまでのメソッドをメルマガを通して余すことなくお伝えできればと思っております。

今までなんとなく馬券を買ってきたという方は、ぜひ本当の競馬力を身につけていただくためにも読んでいただければ幸いです。競馬予想の真髄をお見せいたします。

 

なお、現在、徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」では、

初月無料キャンペーンを実施しております!

月初の今から読み始めるのが最もお得になります

当サイトをご愛顧頂いている方、データベースを見たい方、競馬力を身につけたい方、とにかく馬券を当てたい方、皆様に満足いただけるようなコンテンツとなっておりますので、ぜひともご購読頂けますと幸いです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

関連記事

フィリーズレビューの予想を公開!

中京新聞杯は馬連、馬単本線的中で◎ディサイファが人気してなかったのでなかなかの配当になりました。あの

記事を読む

【オールカマー2018の予想ヒント】ローテーションや馬場、展開などを分析考察します

オールカマー2018(中山芝2200m)の考察です。 9月23日に中山競馬場で開催され発走時刻

記事を読む

【阪神大賞典2018の予想ヒント】過去データやローテ、血統などを分析考察します

阪神大賞典2018(阪神芝3000m)の考察です。 3月18日に阪神競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

エルムS [1] ジェベルムーサが展開のポイント

ちょっと2週間ほど特に予定もない期間が取れたので「そうだ減量しよう!」ということで、今日からロングラ

記事を読む

【2016】京都記念の予想を公開!

【みなさんも脱サラ予想家の買い目を今週無料で試してみませんか?】 脱サラして予想家になった「江

記事を読む

AJCCの予想を公開!

京都牝馬ステークスは結構自信があったんですが大荒れで的中せず、申し訳ない次第です。ケイアイエレガント

記事を読む

【函館2歳S2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

函館2歳S2017(函館芝1200m)の考察です。 7月16日に函館競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

函館スプリントS [2] 内枠優等生タイプの人気馬は危ない

帝王賞の想定メンバーも発表されました。パッと見た感じ1点馬券で当たるんじゃないかと。この重賞は非常に

記事を読む

根岸S [2] 圧倒的に差し馬有利のレース

仕事の合間に新宿バルト9でPSYCHO-PASS劇場版を鑑賞。若者の文化も取り込まないと精神が老化し

記事を読む

フィリーズレビュー [1] 桜花賞に繋がらないトライアル

先週は競馬もサッカーも散々。 まぁそういう週もあって仕方ないとは思いますが、ダブルパンチを食ら

記事を読む

セントライト記念2021の予想を公開!

セントライト記念2021(中山芝2200m)の予想です。 9月2

ローズステークス2021の予想を公開!

ローズステークス2021(中京芝2000m)の予想です。 9月1

ケフェウスステークス2021の予想を公開!

ケフェウスステークス2021(中京芝2000m)の予想です。 9

【セントライト記念2021の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

セントライト記念2021(中山芝2200m)の考察です。 9月2

【ローズステークス2021の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

ローズステークス2021(中京芝2000m)の考察です。 9月1

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑