*

愛知杯2017の予想を公開!

公開日: : 重賞レース考察・予想

愛知杯2017(中京芝2000m)の予想です。

1月14日に中京競馬場で開催され発走時刻は15:25です。出走馬はシャルール、マキシマムドパリ、ヒルノマテーラ、クリノラホール、プリメラアスールなど15頭を予定。中京競馬場の芝2000mで行われるGIII戦です。

 

sponsored link

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第64回 日経新春杯(G2)

本物の情報で馬券を獲りたい方は必見
日経新春杯【◎−穴】1点無料公開
ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

冬場だけに一線級は少ないが、賞金の高いG2ということで重賞で勝ち負けしている実績馬が参戦。また、ハンデ戦なので準オープンや1000万を勝ったばかりの格下馬が加わり、実力差と斤量差を的確にジャッジすることが馬券的中に向けた最大のポイントと言えよう。

また、各陣営の思惑も様々で、実績馬でも「今の内に賞金を加算して春に備えたい」場合もあれば、「この後は放牧に出すから使ってしまおう」という場合もあるように、勝負度合いは全然違う。格下馬も「今年はこの馬に期待しているんだ。ココでも勝負になるはず」と、「使いたい距離の条件がなかったからね。とりあえず使ってみる」とでは、どちらが“買いなのかは一目瞭然だろう。

しかし、公正競馬を謳っている以上、各紙面には当たり障りないコメントしか並ばない。馬券的中のカギとなる“本音”を掴めるのは、関係者と親しくしている人間、つまり弊社情報ルートのような存在に限られている。事実、昨年の的中はもちろんのこと、6番人気アドマイヤデウスから10番人気フーラブライドで決着した一昨年も馬連1万0150円的中をお伝えしているのだ。

もちろん、今年も各陣営から本音を聞き出せる情報収集態勢が整っている。そこで、今週は弊社シンクタンクに初めてご参加される方に限り、日経新春杯の【◎−穴】1点馬券を無料公開する。コレは必見と付け加えさせて頂こう。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第64回 日経新春杯(G2)

本物の情報で馬券を獲りたい方は必見
日経新春杯【◎−穴】1点無料公開
ココをクリック!

 

愛知杯2017

予想の根拠はコチラです

現在のJRAの全コースの中で一番難しいのは中京芝コース。イン延びと外差しが極端に傾向が出る上に、その傾向がいつそうなるかがわからない。

しかも最近は超高速馬場になりがちで、雨が降ると逆に一気に激重馬場になる。もう一言で言えばカオスな馬場なので、中京芝は傾向が固定化されるまではなるたけ買わないというのが良い選択。しかも今回の愛知杯は馬場傾向が全くわからない開幕週に行われるレース。予想は至極難解だ。

 

手がかりになるのは昨年の1月の開幕週の傾向。基本的に開幕週というとエアレーション影響なければイン有利と想定しがちだが、昨年はエアレーション作業なしでも開幕週から顕著な差し馬場に。AコースからBコースに替わることで時計もだいぶ速くなっていましたし、差し脚がある馬の方が信頼できそう。

昨年の愛知杯は完全な差し決着になりましたが、あれは予想外のハイペースで先行馬が総崩れになった影響が大きく、普通に考えて牝馬限定戦であそこまでのハイペースになるのはレアケースと言っていいだろう。今年のメンバーを見てもプリメラアスール以外逃げ馬はいませんし、スローペースもしくはスローに近いミドルペースぐらいで推移するはず。昨年のようなズバッと差しが決まる展開になるかは怪しいところ。

 

そんなただでさえも難しい中京の開幕週の芝レースに、今回は土曜日の雪予報というおまけつき。どうもピンポイント予報を見ると土曜の開催中はそこまで馬場に影響があるほどは降らなそうだが、いったん湿ると一気に傾向が変わるのが中京の芝コース。

ただ、傾向を見るにしても土曜日の平場の芝レースは一番最初にあるのが13:30とまた遅い時間(苦笑)JRAはこのレースを何を根拠に私たちに予想させようとしているんだろうか、とまで考えたくなるが、ブログで予想を出す以上、明日の13:30以降に予想を出しても仕方がないので、もう予想は決めてしまいました。

 

 

愛知杯2017の印

本命 ◎

本命は大穴だろうがこの馬の一撃に期待したい。

恐らくは二桁人気になると思うが、今回のメンバーはとても重賞レベルとは言えないもの。その根拠としてあげられるのが1600万条件を勝っている馬が極端に少ないこと。

 

<1600万勝ち実績あり(格上勝ち含む)>
クインズミラーグロ、サンソヴール、ウインリバティ、シャルール、マキシマムドパリ、クリノラホール、ヒルノマテーラ、ダイワドレッサー

<1600万勝ち実績なし>
マラムデール、カゼルタ、リーサルウェポン、プリメラアスール、ゴールドテーラー、アンジェリック、レーヴデトワール

 

ハンデ戦の重賞といいながらほぼ半数は格上挑戦という低レベル戦。しかもヒルノマテーラやダイワドレッサーは上のクラスで賞金を稼いだのでオープンクラスだが、実際は1600万は勝っていない。こんなメンバーならば準オープン勝ち実績ある馬ならばその時点で穴馬の資格ありだろう。

この馬は準オープン時代から毎回それなりに走ってきた馬。ただいかんせんジリ脚なので位置が取れないと差し込めないジレンマが続いていた。それがここ数戦はスタートが安定してきたことで成績が良化。とにかく最後は自分の脚だけはきっちりと使ってくるので、キレ負けさえしなければそれなりにやれる馬という印象。

前走のターコイズSも今回のメンバーよりはだいぶ強い相手(今回のクリノラホールと同じような戦績のエテルナミノルが7番人気、おそらく今回はクリノラホールは3、4番人気だろう)にペース恵まれない中で直線で狭いスペースを突きながらまずまずの競馬。

津村騎手とのコンビではスタート抜群ですし、雪が降れば時計がかかりそうなのも良さそう。父キングカメハメハで母系にドクターデヴィアスがあれば道悪も鬼だろう。TVh賞の内容を見ても少し渋った馬場を番手から抜け出す競馬ならここでもやれると見た。

 

対抗 ◯マキシマムドパリ

対抗はマキシマムドパリがここでは能力上位。

もともと3歳時には秋華賞で3着に走ったことがあるような馬。能力は牝馬限定ならば重賞級だろうが、いかんせん決め手に欠けるので未だ準オープンを突破できず、という感じの馬だ。

昨年の愛知杯はハイペースを早めに仕掛けながら4着に粘る強い内容。今年は昨年よりもメンバー落ちですし、ペースもそこまで速くはならないはず。位置さえしっかり取れればここでは有力か。

 

単穴 ▲クリノラホール

夏以降に急成長を遂げた馬で、前走の勝ちっぷりを見る限りはここでも通用して良さそう。いかにも狙えそうな馬なんだが、さすがに3連勝という近走成績と他のメンバーが弱すぎることで、今回は普通に人気の一角になってしまいそう。中山金杯のストロングタイタンでもわかったように、条件戦を連勝して人気になる馬は少し割り引いたほうが長い目で見ればプラス。ここも最初は中心視しようと思っていたが、人気ならば相手までに。

 

特注 ☆シャルール

能力をフルに発揮できればここは明らかにシャルールが抜けて強いはず。

ただ、この馬はとにかくここ2戦で全く折り合いがついておらず、今回も折り合えるかどうかが鍵になりそう。その意味で内枠を引いて馬込みで脚を溜めたかったところだが、今回も外枠を引いてしまって前に壁を作れなそうなのはネック。

どうも昨年から活躍する部隊が小回りの1800mだけというのは折り合いがつきやすいから、というのと、少々折り合いを欠いても押し切れるからという部分が大きいように見え、中京コースでは能力上位でも暴走して終わる可能性はありそう。

 

△プリメラアスール

netkeibaでは6番人気想定だがプリメラアスールは普通に1〜3番人気くらいになる。

行けばバテない逃げ馬で、牝馬版ヤマカツライデンのような印象の馬。ここも単騎で行けそうなのはプラスだが、前走はGI5着とはいえ超スローで展開には恵まれた。なんだかんだでまだ準オープンを勝っていない身ですし、それでいて今回は人気先行となるのであれば買い時ではないか。差しが決まりやすい中京コースというのもネック。

 

△ヒルノマテーラ

馬場と展開次第な部分はあるがヒルノマテーラも能力は上位。

いかにもなマンハッタンカフェ産駒の差し馬で、馬群の外を回して届くレースでは鬼脚を使ってくる。愛知杯はスイートサルサが鬼脚で突っ込んできたような過去もあるレースで、この馬がハマってもおかしくないはず。

 

△ダイワドレッサー

なぜか福島コース以外では人気がないダイワドレッサーも圏内だろう。

クイーンCやオークスの内容を見ても左回りコースは問題ないはずで、能力さえ発揮できればここでも上位なはず。前走はハイペースに嫌気が差しての大敗で、今回は末脚を活かす競馬なら上位争いになっても。

 

△クインズミラーグロ

枠順が最悪な感じもするクインズミラーグロは抑えまで。

イメージとしてはスケールを小さくしたルージュバックという感じの馬で、マンハッタンカフェ産駒の例にもれず、直線で馬群の外を回した時だけ伸びてこれる馬。

前走はたまたまスタート抜群で先行策を取ることができ、直線もスムーズに外を回せたことが幸いしたが、もともとスタートはあまり上手くない馬。この枠だと先行策取れなければ直線で揉まれるのは確実で、この馬のパターン的には今回は走らない番だと思うが。

 

印まとめ


◯マキシマムドパリ
▲クリノラホール
☆シャルール
△プリメラアスール
△ヒルノマテーラ
△ダイワドレッサー
△クインズミラーグロ

勝負度E

 

推奨買い目

中央競馬の重賞の買い方に関しましては、メルマガにてのみの公開とさせていただいております。会員様は本日配信しましたメルマガにて閲覧ください。

なお、メルマガでは重賞予想の買い目以外の平場の勝負レースも配信しております。ご興味ある方は下記より購読登録をお願いいたします。

 

<ご登録はコチラから>

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

購入する!

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

購入する!

 

[PR]
2017年注目必須の指数サイト
●北条流新競馬指数が熱い●

各ブロガー、会員より熱い視線の漢。
かくいう私も驚かされた新指数論。

北条直人

何がすごいのか!??
※無料版は全開催版の前半1〜6レースまで見放題

以下的中実績で信用性を得たい。(一部抜粋)

2017年1月7日(土)



2017年1月8日(日)

指数予想は自分でやって体験してみないと価値がわからない。
まずは無料で。北条流新競馬指数を今週試してる方はコチラ。
>>> コチラからメールアドレス登録

 

そして無料の実力がわかって、
7レース以降のコラボ指数を見たい方は
【コラボ放題プラン】月額1,980円をご用意。

 

2017年1月8日(日)(一部抜粋)

参考買い目はこのプランで見れる特典。
※うまコラボを使いこなす北条が推奨する買い目だと去年はこんな感じの結果。(一部抜粋)

2016年12月24日(土)

お申込みの前にコラボ指数の精度が気になる場合
【先週までの指数、結果】【星川オフィシャルブログ】で確認。
それからでも遅くはない。


北条流新競馬指数を月額1,980円ぐらいならという方はコチラ。
>>> コチラからメールアドレス登録

 

買い目を提供されるのは嬉しいことだが、
もちろん自分で予想をして的中させた方が競馬は楽しいはず。

そんなアナタのサポートを全面的にできるのがうまコラボ。
あなたの競馬予想力を高めるシステムがうまコラボ。

今アナタが競馬をやっていて、

こんな気持ちが少しでもあるなら、うまコラボが全面的にサポート。
なぜなら、このシステムを使えば北条の買い目提供はもちろんだが、
今までの自分の予想が、情報不足でマト外れな予想をしていたと気づくことになるだろう。

わからない事があれば星川が対応入ります。
>>> コチラからメールアドレス登録

関連記事

新潟記念2017の予想を公開!

新潟記念2017(新潟芝2000m)の予想です。 9月3日に新潟競馬場で開催され発走時刻は15

記事を読む

チャレンジC [2] ウインフルブルームがレースの鍵

箱根駅伝のエントリーが発表されましたね。私は往路も復路も現地参戦、正直な話を言ってしまうと金杯よりも

記事を読む

【神戸新聞杯2018の予想ヒント】ローテーションや馬場、展開などを分析考察します

神戸新聞杯2018(阪神芝2400m)の考察です。 9月23日に阪神競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

大阪杯 [2] キズナの評価は如何に?

もうこの導入部分の内容が半分は野球ネタになることを勘弁ください。 昨日はベイスターズは国吉→エ

記事を読む

新潟大賞典の予想を公開!

なんだかんだで東京競馬場にいるわけなんですが、1Rで◎ショウナンマラークがあまりにも人気なかったので

記事を読む

【札幌記念2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

札幌記念2017(札幌芝2000m)の考察です。 8月20日に札幌競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

【2016】紫苑Sの予想を公開!

今日は9/10(土)に行われる紫苑ステークスの予想です。今年からGIIIに格上げされてメンバーも揃っ

記事を読む

【2016】京都記念 / レース考察(京都芝2200mで行われるGII戦を徹底考察します)

今日は2/14(日)に行われる京都記念のレース考察を行います。京都芝2200mで行われるGII戦です

記事を読む

CBC賞 [4] 枠順発表!明暗を探る

さて、また今週も競馬がやってきます。 当サイトが配信しております徹底分析メルマガ「競馬をビジネ

記事を読む

【弥生賞2018の予想ヒント】レースラップや馬場、展開などを分析考察します

弥生賞2018(中山芝2000m)の考察です。 3月4日に中山競馬場で開催され発走時刻は15:

記事を読む

12月3週のレース回顧〜朝日杯はやはり牡馬のものだった

さて先月からブログの方できちんとレース回顧を書いています。 重賞

【有馬記念2018の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

有馬記念2018(中山芝2500m)の考察です。 12月23日に

ディセンバーステークス2018の予想を公開!

ディセンバーステークス2018(中山芝1800m)の予想です。

朝日杯フューチュリティステークス2018の予想を公開!

朝日杯フューチュリティステークス2018(阪神芝1600m)の予想です

ターコイズステークス2018の予想を公開!

ターコイズステークス2018(中山芝1600m)の予想です。 1

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑