*

【2016】フィリーズレビュー / 有力馬考察(キャンディバローズ、アットザシーサイドなどの徹底分析)

公開日: : 最終更新日:2016/03/10 重賞レース考察・予想

今日は3/13(日)に行われるフィリーズレビューのレース考察を行います。阪神芝1400mで行われるGII戦です。その前に余談を少し。

bn_03_640x113

 

ようやく横浜F・マリノスに待望の外国人ストライカーの獲得決定のニュースが飛び込んできました。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160308-00010011-footballc-socc

開幕から2試合とも見ていますが、こんなサッカーの試合を見るんだったらお経を聞いていた方がマシというくらい酷い内容で、何の補強もなくシーズンを迎えたフロントの無能さばかりが目立つ開幕序盤となってしまいました。

社長にしてもスポンサー挨拶会で「新外国人はほぼもう決定」とか言っちゃってから契約でもめて3試合くらい出られない羽目に。こういうのを仕事ができないというのです。

そもそも毎年怪我でいないラフィーニャに9番を与えてエースストライカーとして期待していた時点で大間違い。それでアデミウソンが抜けたアタッカーの代わりもろくに補強せずに、即戦力とは言い難い前田だけの補強で済ませていたのではもうフロントの責任は重大。

まぁなんとか第4節くらいからはカイケを使えそうな状況にはなりましたが、これ昨季も同じパターンでフロントの動きが遅くてアデミウソンが序盤フィットできなかったんですよ。何度繰り返せば気がつくんでしょう。

俊輔と中澤の現役期間はもうそう長くないはずです。その間に優勝するという意気込みが選手にはあってもフロントには全くないように見えてしまって気がかりです。。。

ひとまず、獲得の決まったカイケという選手に期待はしてみます。早く競馬だけでなくサッカーも楽しみとなる週末が来てほしいものです。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」

arg1  全レースデータ

サイトだけでは伝えきれない筆者の競馬予想のメソッドを皆さんへお届け。競馬予想の真髄をあなたへ伝授いたします。詳細はコチラから。  

↓↓↓ココからが本題↓↓↓  

【2016】フィリーズレビュー 予想考察

フィリーズレビュー 有力馬考察

キャンディバローズ

ファンタジーSの勝ち馬で1400m適性は割とありそう。ただ、そのファンタジーSもルメールマジックで勝ったような騎乗で、この馬の能力で勝ちきった印象ではなかった。ファンタジーS上位馬はメジェルダ、ブランボヌールを筆頭に軒並み底を見せており、この馬も牝馬クラシックどうこう言えるレベルにはない。

前走も距離が敗因というよりは単純な力負けと阪神コースが合わなかった印象も。坂のあるコースが合うタイプには思えず、同じ1400m戦でも今回は苦戦必至か。打ってもヒモ印だろう。

 

アットザシーサイド

デビューからの2戦を見ても上手く道中で脚が溜められれば最後はギュインと伸びてくれるタイプ。そういった意味でもヒットザターゲットのような内枠巧者のキングカメハメハ産駒と言えそう。

前走は中枠でガチンコ勝負となって一枚能力が足りず。今回は条件自体は前走より合うはずで、メンバーレベルもガタ落ち。とにかく直線で一瞬の脚を使いたい馬なのでなんとか内枠を引きたいところだ。内枠さえ引ければ好勝負になるはず。

 

クードラパン

個人的には2歳戦で立ち回りの上手さで500万勝ちをあげたダイワメジャー産駒はその後あんまり出世するイメージがない。阪神ジュベナイルフィリーズは文字通りの完敗と言える内容で、前走も4着という結果だが、これも田中勝春騎手が例の斜行事件で外差し馬を一気に掃除してくれたからこその4着。あれがなければ2、3頭には交わされていた可能性大。

今回はこれまたフェアリーS並にメンバーが弱いので何とかなりそうな気もするが、特段強調材料もないので取捨に難しい馬だ。

 

ナタリーバローズ

新馬戦は見た目こそ派手だったがタイムランクはE。前走は半信半疑だったが、正攻法で伸びてきての2着。それなりにメンバーは揃っていたので評価はできそう。もちろんメイショウサムソン産駒で道悪馬場だったことや、道悪がうまいデムーロ騎手だったということはあるが、レースセンスに非常に長けた馬の印象で、今回もそう凡走はしなそうなイメージ。極端に重い印はつけないと思うが、ヒモの上位程度には評価すると思う。

 

ペプチドサプル

アルテミスSや阪神ジュベナイルフィリーズを見ても、加速がワンテンポ遅れて伸びてきたところがゴールという内容。どう見ても距離は延びた方が良いように思え、前走は1400mということでバッサリ行ったが、今回に関しても1400mは短いと思う。

1800m以上なら普通に強い馬だと思うので、フラワーCや忘れな草賞あたりを使うべき馬だった気がする。人気するな今回は軽視。

 

こうして書いてみても、まず桜花賞では「話にならねぇ無印」になりそうなメンバー構成。前走レベルが低いから消しでいいや、と思って消したら今回もレベルが低くて走っちゃったみたいになりそうなので、レベルが低いレースだということをきっちりと認識して馬の取捨をしたいところです。

 

本命候補はすでに1頭挙げていますが、もう1頭本命で迷っているのはこの馬。

その馬の名はブログランキング(2)で公開中

 

前走はマイル戦で序盤からかかりにかかりまくって2着に粘る競馬。勝ち馬はチューリップ賞であっけなく負けましたが、フィリーズレビューにでていたら断然の1番人気で単勝1倍台になって普通に走るような馬でしょう。

血統や名前の地味さもあってか今回も全く人気がなさそうで、距離的にも1400mくらいがベストでしょう。ここは引き続き狙い目と見ています。

 

関連記事

ラジオNIKKEI賞 [3] 立ち回りの上手い内枠の馬が強い

絶好のカモにしていた東京ダートが終了してしまったので、どこを収入源にするかを検討中。 中京→芝

記事を読む

【2016】アーリントンC / 枠順&展開考察(アーバンキッド、ボールライトニング等の枠順は如何に)

今日は2/27(土)に行われるアーリントンカップの枠順&展開考察を行います。阪神芝1600m

記事を読む

スプリングステークス2018の予想を公開!

スプリングステークス2018(中山芝1800m)の予想です。 3月18日に中山競馬場で開催され

記事を読む

東京新聞杯 [2] ある程度差しの効く東京馬場

クリストフ・ルメール騎手とミルコ・デムーロ騎手のJRA免許合格が発表されましたね!個人的にはこの2人

記事を読む

エプソムカップ [1] 2大特注血統を持つ馬

新馬戦を全部見ましたが、1頭なかなかに強そうな馬がいましたね。 血統的にどうかなぁと思いました

記事を読む

弥生賞 [2] ダート血統がやたら走るレース

弥生賞にここまで素質馬が集まってしまうとスプリングステークスはどうなってしまうんだろうという不安はあ

記事を読む

東京スポーツ杯2歳ステークス2017の予想を公開!

東京スポーツ杯2歳ステークス2017(東京芝1800m)の予想です。 11月18日に東京競馬場

記事を読む

ステイヤーズSの予想を公開!

またか・・(><) 毎週ご紹介しているサイトが先週に引き続き3連単20点で クリーンヒットを

記事を読む

【フローラS2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

フローラS2017(東京芝2000m)の考察です。 4月23日に東京競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

平安S [3] 枠順発表!明暗を探る

さて、また金曜日がやってまいりました。 5月は毎週末にGIがあるのであっという間に週末が来るな

記事を読む

ブリーダーズゴールドカップ2018の予想を公開!

ブリーダーズゴールドカップ2018 (門別ダート2000m)の予想です

【札幌記念2018の予想ヒント】ローテーションや馬場、展開などを分析考察します

札幌記念2018(札幌芝2000m)の考察です。 8月19日に札

クラスターカップ2018の予想を公開!

クラスターカップ2018 (盛岡ダート1200m)の予想です。

【北九州記念2018の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

北九州記念2018(小倉芝1200m)の考察です。 8月19日に

サマーチャンピオン2018の予想を公開!

サマーチャンピオン2018 (佐賀ダート1400m)の予想です。

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑