*

【2016】オールカマー / 枠順&展開考察(マリアライト、ゴールドアクター等の枠順は如何に)

公開日: : 重賞レース考察・予想

今日は9/25(日)に行われるオールカマーのレース考察を行います。中山芝2200mで行われるGII戦です。

 

シルバーウィーク期間ということで、世間の例に倣って私もただいま帰省中。ぬくぬくと生活しているわけですが、辺鄙なところに田舎があるせいで競馬新聞を買えるのが夕方5時過ぎというのが非常に難点なところ。しかも馬三郎が最寄りのコンビニに1つしか来ないので、たまに競合客に奪われて馬三郎難民になります。

普段よく新聞を買う渋谷駅だと、もうこれを書いている時間(11時半くらい)にはハチ公前の売店に競馬新聞並んでますからね。新聞配達格差を感じる週末になりそうです。

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」

arg1  全レースデータ

サイトだけでは伝えきれない筆者の競馬予想のメソッドを皆さんへお届け。競馬予想の真髄をあなたへ伝授いたします。詳細はコチラから。  

↓↓↓ココからが本題↓↓↓  

【2016】オールカマー 予想考察

枠順考察

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-23-10-45-55

昨年こそ出走頭数多かったオールカマーですが、今年は例年通りに少頭数のレースになりました。それでもゴールドアクターとマリアライト、ワンアンドオンリーとGI馬が3頭も揃いましたし、なかなか面白いメンバーが揃ったと言えそう。

人気的にも二分が予想されるゴールドアクターとマリアライトは隣同士の枠順になりました。ただ、前哨戦のここでは蛯名騎手はゴールドアクターをマークするような騎乗はしないと思いますし、あんまり隣同士ということは影響しなそうな感じ。

 

展開考察

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-23-10-37-01

厩舎コメントを見る感じはエーシンマックスが逃げの手を打ちそう。サムソンズプライドも「自分の競馬をするだけ」というコメント出ているので、ここも横山騎手ですし逃げの手を打ってくる可能性はありそう。

カレンミロティックは前に馬を置いた番手が理想ですし、クリールカイザーは4コーナーで先頭の競馬をするというコメント。ゴールドアクターもある程度の位置を取りそうですし、マイネルメダリストも位置自体は取れるので松岡正海騎乗となるとそれなりに早仕掛けしてきそうな気も。

と、こんな感じで少頭数の割には動きがありそうなメンバー構成。その上で週中でずっと降り続いた雨の影響でかなりタフな馬場になりそうですし、いかにもマリアライトに向きそうな展開、馬場になりそうですけどねぇ。

 

今回のまとめと想定オッズ

最後に今回のまとめと私が独自に考えた想定オッズを書いておきます。

1 マリアライト     2.5倍
2 ゴールドアクター   2.8倍
3 サトノノブレス    6.4倍
4 カレンミロティック  12.1倍
5 ショウナンバッハ  14.5倍
6 クリールカイザー  15.2倍
7 ツクバアズマオー  17.0倍
8 ワンアンドオンリー 19.8倍
9 サムソンズプライド  40.8倍
10 アクションスター  84.6倍
11 エーシンマックス  95.0倍
12 マイネルメダリスト 155.2倍

マリアライトとゴールドアクターのどちらが人気するかは微妙なところですが、この2頭が抜けたオッズになるのはまず間違いないか。その次に1枠1番を引くことができて今年重賞2勝のサトノノブレスとなるのは間違いなさそう。

問題は4番人気以降のオッズで、おそらくは天皇賞(春)の実績を買われてカレンミロティックあたりが4番人気になると思いますが、下手するとショウナンバッハが4番人気になる可能性も十分にありそう。レディスプレリュードのサンソヴールの人気も異常でしたし、もう戸崎だけ買ってればいい論者が相当多数いる感じ。この馬の場合は近走戦績が酷いも酷いので、それがどれだけ購買意欲を低下させるかといったところですが。

 

今年のオールカマーは一見すると2強で堅そうな感じも。ただ、このレースは例年そこそこ荒れるレースですし、1、2番人気で堅く決まった年はほとんどありません。

その中でも枠順を見て一番面白いと思うのはこの馬です。

その注目馬の名はブログランキング(枠)で公開中

 

ここ5戦は大敗続きのレースが続いていますが、京都記念はあまりにも馬場が悪すぎて度外視可能。中日新聞杯はスローペースを最後方から大外ブン回し。新潟大賞典は前付けしすぎて脚が溜まらず。目黒記念は絶不調の岩田騎手が最後方から大外ブン回し。エプソムカップは外差し馬場でインを突いて伸びきれず、となかなか敗因は明確な感じ。

とにかく乗り難しい馬ですが、ちゃんとした騎手が乗ればスタートもきちんと出ますし、最後はとんでもない末脚を使ってくれる馬。この馬の特性を知らない騎手が乗ると大外ブン回しになりがちですが、この馬はAJCCの走りなどを見ても馬群をスルスルと捌いてこれるショウナンパンドラのような器用なタイプの差し馬。今回はこの馬を完璧に理解している騎手に手が戻りますし、その特性を活かしやすい枠も引けました。まず過剰人気は必至ですが、今回ばかりはこの騎手に期待してみたい気もします。

 

関連記事

ファルコンSの予想を公開!

ファルコンSのオッズを見て、まぁそうなりますよねという結果。netkeibaで想定5番人気とか嘘だろ

記事を読む

【フローラS2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

フローラS2017(東京芝2000m)の考察です。 4月23日に東京競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

【京阪杯2018の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

京阪杯2018(京都芝1200m)の考察です。 11月25日に京都競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

京都記念2017の予想を公開!

京都記念2017(京都芝2200m)の予想です。 2月12日に京都競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

福島牝馬Sの予想を公開!

今日のマリノス戦は恐らく中村俊輔とラフィーニャとアデミウソンの初めての共演が見れそう。ラフィーニャの

記事を読む

【2016】京成杯オータムハンデ / 枠順&展開考察(ロードクエスト、ダノンプラチナ等の枠順は如何に)

今日は9/11(日)に行われる京成杯オータムハンデのレース考察を行います。中山芝1600mで行われる

記事を読む

【小倉2歳ステークス2018の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

小倉2歳ステークス2018(小倉芝1200m)の考察です。 9月2日に小倉競馬場で開催され発走

記事を読む

京都新聞杯2018の予想を公開!

京都新聞杯2018(京都芝2200m)の予想です。 5月5日に京都競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

チューリップ賞 [1] 力がそのまま発揮されるコース形態

現在、静岡県清水市に来ております。 ちびまる子ちゃんと清水エスパルスで有名なところですね。食べ

記事を読む

【ニュージーランドトロフィー2018の予想ヒント】過去データやローテ、血統などを分析考察します

ニュージーランドトロフィー2018(中山芝1600m)の考察です。 4月7日に中山競馬場で開催

記事を読む

ディセンバーステークス2018の予想を公開!

ディセンバーステークス2018(中山芝1800m)の予想です。

朝日杯フューチュリティステークス2018の予想を公開!

朝日杯フューチュリティステークス2018(阪神芝1600m)の予想です

ターコイズステークス2018の予想を公開!

ターコイズステークス2018(中山芝1600m)の予想です。 1

【朝日杯フューチュリティステークス2018の予想ヒント】枠順から見るレース見解

朝日杯フューチュリティステークス2018(阪神芝1600m)の考察です

【ターコイズステークス2018の予想ヒント】ローテーションや馬場、展開などを分析考察します

ターコイズステークス2018(中山芝1600m)の考察です。 1

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑