*

東京記念2018の予想を公開!

公開日: : 最終更新日:2018/09/23 地方レース考察・予想

東京記念2018 (大井ダート2400m)の予想です。

9月19日に大井競馬場で開催され発走時刻は20:10です。出走馬はカツゲキキトキト、シュテルングランツ、ウマノジョー、サブノクロヒョウ、クラージュドールなど。大井競馬場のダート2400mで行われるSI戦です。

 

遅くなりましたが東京記念の予想を配信いたします。

先週行われた戸塚記念は、、、

1着:△チャイヤプーン 5番人気
2着:◯トキノパイレーツ 1番人気
3着:◎クレイジーアクセル 4番人気

で的中!うまいことチョイ荒れ狙いの三連複が来てくれました。今週もサクッと東京記念を当てて週末に向かいたいところです。

 

PR)週末レースの無料買い目情報はレープロで!

競馬予想サイトでなかなかないtwitterを使ったリアルタイム配信。
そして、手に入り辛い「外厩情報」を駆使して的中を届けてくれている「レープロ
twitterは是非、チェックしてください!

先週のセントライト記念をバッチリ的中させてます。
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
中山11R「セントライト記念
3連単(700円/36点)
330.5倍的中 231,350円獲得。
206,150円勝ち!
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

☆無料買い目情報でも的中☆
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
★9月15日(土)
阪神2R「2歳未勝利
馬連(6,600円/3点)
11.3倍的中 74,580円獲得。
54,780円勝ち!
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

無料で的中が狙える「レープロ」は欠かせません!
⇒今すぐサイトを見に行く!

レープロの豊富な情報網は地方競馬まで及んでいます。
今週の推奨馬も馬券内に入線しています。
毎週火曜日に無料で鉄板馬を紹介しているので、すぐ登録することをオススメします!


twitterをチェックしながら無料コンテンツを読み漁ってください。
火曜日から土曜日まで毎日のように更新されます!

メアド登録して確認メールのURLからログインしてください。
今週も地方競馬を楽しみながら、週末の神戸新聞杯に備えましょう!

神戸新聞杯の情報を見に行く!

 

東京記念 2018予想

過去のレース傾向

南関競馬のコース条件の中でも2番目ぐらいには長い大井ダート2400mが舞台の名物重賞。当然のようにスタミナが問われるレースで、出走してくる馬もスタミナ自慢の馬が多いので基本的には上位人気馬で堅く決まる事が多いレース。

このレースは過去5年のレース傾向を見てもとにかく前に行った馬が有利。4コーナーで5番手以内にいた馬の通過順位を赤く塗ってみたが、過去5年でこの5番手以下から差してきたのは特異な差し馬であったプレティオラスのみ。そのプレティオラスが2015年に追い込み勝ちを決めた年は下のラップ構成のところを見てもわかるように、スパートがかなり早くなったおかげで差しがハマった感じで、基本的には圧倒的に前が有利なレースと考えたい。

 

ご覧のような感じで前半からゆったりと進んでそこからロングスパート戦になるのがこのレースの特徴。もうほぼ全馬が最後はきつくなるので後ろから差してくるというのは難しいんだろう。

そんな前有利なレースではあるが、今年は前走で逃げている馬が3頭おり展開は鍵になりそう。例年以上にスタミナを問われるレースになるかもしれない。

というわけで予想の発表。

 

 

東京記念 2018の印

本命 ◎キングニミッツ

本命は絶好枠から馬場や展開もハマりそうなキングニミッツに期待したい。

この馬は過去の戦績を見ても好走パターンがはっきりしており、前半部分で無理をしないでの後半のロングスパート勝負で非常に強い馬。昨年の東京記念では外枠から位置を取りに行ってあと一歩でカツゲキキトキトを競り落とすような内容。最後の脚色を見ても完全に脚を余していましたし、この条件であればカツゲキキトキトなどの人気馬との能力差は全くないだろう。

金盃では道中スローからのロンスパ戦で先行馬が全て脱落する中で3番手追走から3着に好走。とにかく前半部分がさほど速くならない長距離戦ならば脚が溜まるという感じで、後半部分はロンスパで負担がかかってもしっかりと伸びてこれる感じ。

皐月盃は前半からペースの速い小回りコースで良さが活かせず。大井記念は逃げを打ったがサブノクロヒョウに早めに潰されての大敗。武蔵野オープンは明らかに短いマイル戦で前半部分でゆったりと追走できなかったのが敗因と見ていいだろう。

前走は久々に適条件の2000mでじっくりとインから脚を溜める競馬で一変。やはりこの馬は前半部分で負荷をかけずの後半勝負をしてこその馬で、その前走もインから最後までグイグイ伸びており余力は十分。戦績を見ても更なる距離延長は大歓迎だと思いますし、今日の馬場は不良ダートである程度前目で競馬をしないと厳しそう。この馬は絶好枠から好位をスンナリと取れそうですし、前を立ち回る馬の中では決め手はナンバーワンだろう。前走のような競馬ができれば展開は最高に向くはずで、ここは馬券圏内に食い込んできてほしい。

 

対抗 ◯サブノクロヒョウ

対抗は昨年覇者のサブノクロヒョウがこの条件なら期待できるはず。

この馬は先週本命にしたクレイジーアクセルと同じロージズインメイ産駒の体力型。スッと加速はできないがまずバテないというタイプの馬で、とにかく仕掛けどころを間違えずに長く良い脚を活かしてこその馬。昨年は外枠から積極的な競馬でカツゲキキトキトを突き放しており、当然同じ条件ならば強調できるはず。

前走は3着に負けたが、3〜4コーナーで内に押し込められて揉まれる形に。加速力がない馬なのでこうなってしまうと持ち味を活かす事ができず、この馬は長距離戦で外枠を引いて積極的な競馬をしてこその馬。今回は絶好の外枠が引けましたし、ここならばこの馬の巻き返しを期待していいはずだ。

 

単穴 ▲カツゲキキトキト

三番手はこの条件ならばカツゲキキトキトの能力が一枚抜けているはず。

ダートの長距離条件ならば中央馬とも互角に戦えるという能力の持ち主で、今回のメンバーはほとんどが中央のオープンで使い物にならなくなった馬ばかり。どう考えてもここでは能力上位だ。

スッと動けないがバテずに伸びるタイプなのでダートの長距離条件はベスト。今年に入ってからの戦績は大した事ないが、名古屋大賞典は超スローで消極的な競馬に終始してキレ負け。帝王賞は流石に相手が強すぎたでしょうし、それでもアウォーディーやテイエムジンソクと少差ならばここであれば能力上位。

恐らくはこの条件ならば積極的に前々で運ぶ競馬をしそうですし、そういう競馬をするにはこの3枠6番という枠順も絶好だろう。タイプ的に確実に勝つとは言い切れない馬ですし、昨年の絶好調時からは少し勢いが衰えた感じはしますが、ここは上位争いになりそうだ。

 

特注 ☆クラージュドール

例年よりも前がやりあう可能性を踏まえてクラージュドールを四番手評価に。

この馬は南関転入後は中距離で後ろから末脚がハマった時に好走というタイプだったが、3走前の金盃ではそのイメージを覆す好位から早仕掛けで最後まで伸びきって完勝。レースラップを見てもスローからかなりのロングスパートを決めており、金盃の内容はフロックではない。

ブリリアントカップは距離不足に加えて主戦の森泰斗が乗れない上に58kgで大外ぶん回しで届かず。前走は休み明けでインを完璧に捌いたキングミニッツにやられただけですし、前哨戦としては上々の内容だろう。

今回は陣営コメントを見ても「流れに乗った競馬」を示唆しており、鞍上も南関no1の森泰斗騎手となればかなりの高確率で金盃のデジャヴのような戦法を仕掛けてきそう。今年はそれなりにペース流れそうで好位差しは決まりそうですし、上位争いになっていいと思います。

 

△ ステージインパクト

全く人気はないがこの条件で不良馬場ならステージインパクトは通用していいはず。

2歳戦ほどではないが門別のダート路線は古馬もそれなりのレベルがあり、その一級線レベルならば南関の重賞でも通用するというのが大体の構図。この馬は昨年末の道営記念で当時は門別の最強馬だったオヤコダカを倒しており、南関で金盃2着の実績あるドラゴンエアルを突き放している。能力ベースであればここでも十分に通用していい。

どうも戦績が安定しないが、この馬は道悪ダートの時に一気にパフォーマンスを上げている感じ。前走も不良馬場で余裕の手応えでの圧勝でしたし、門別のタフなダートで2000mを圧勝できるのならば2400mも全く問題ないだろう。

今回は待望の不良馬場になりそうですし、この枠も上手く立ち回ることさえできればプラスに働きそう。大井コースでの仕掛けどころという点で五十嵐騎手が不安なのでこれぐらいの評価にしたが、普通に勝利しても驚けないと見ている。

 

△ スギノグローアップ

スタミナ条件は合いそうなスギノグローアップは仕掛けどころ次第で穴候補。

近走内容を見てもどのレースでも後ろからは差されておらず、マンハッタンカフェ産駒で距離を伸ばしてスタミナを活かして良さが出てきている印象。前走も直線では末脚が目立っていましたし、もう少しこの脚を前目で使えれば一発あっていいはず。陣営コメントを見ても積極的な競馬を示唆していますし、真島騎手の手腕で穴を開けられるか。

 

△ シュテルングランツ

前走でトライアルを逃げ勝っているシュテルングランツはオッズ的にも今回はあまり買いたくない。前走は途中で14秒台が2回刻めたのが良かった感じでマイペースで逃げられたのも良かったか。最多勝を記録したばかりで周りも的場騎手に遠慮して誰も競りかけにいかなかったのも大きいように感じた。

今回も楽な逃げが打てればやれても良さそうだが、カツゲキキトキト含め強力な先行馬が多数いますし、まず前走よりはストレスのかかる競馬になりそう。抑えぐらいがちょうど良いか。

 

△ ウマノジョー

色々と好走条件は限られるウマノジョーだが今回は一応は走れる条件になるだろう。

この馬は58kgの斤量ではダメで、大井コースの長距離戦で前半部分で脚を溜められば最後は伸びてくる馬。今回は斤量56kgで大井2400mという条件は良さそうだが、大外枠というのがネック。前走は少頭数で差しがハマった感じもありましたし、この外枠で御神本騎手となると変なタイミングで動いてしまって脚が溜まらない可能性が高そう。

 

△ ユーロビート

衰えは見えるユーロビートだが、長距離でスタミナを活かす形ならあともう一発ぐらい穴を開けても驚けない。ここ2戦をみても仕掛けどころ次第ではやれていい感じがします。

 

△ カンムル

ここ2戦は何もできていないカンムルだが、このレースで穴を開けるだけのものは揃っている。なんせ長距離の戸塚記念を勝っている馬ですし、ここ2戦は休み明けで距離が短いというエクスキューズあり。それでもここで絶対変わるとは言い切れないのでこれぐらいの評価ですが、ここは普通に一発あってもおかしくない。

 

△ ストロングサウザー

前走は相手が弱かったストロングサウザーだが腐っても交流ダート王者。道悪馬場で56kgで揉まれずに運べれば一発あっても。ここは不良馬場で大荒れになってもおかしくないので広めに抑えておく。

 

印まとめ

◎5   キングニミッツ
◯14 サブノクロヒョウ
▲6   カツゲキキトキト
☆8   クラージュドール
△2   ステージインパクト
△11 スギノグローアップ
△4   シュテルングランツ
△16 ウマノジョー
△7   ユーロビート
△10 カンムル
△9   ストロングサウザー

勝負度D

 

推奨馬券

三連複 5→14,6,8→14,6,8,2,11,4,16,7,10,9 本線ベース

三連複 5→14,6,8 重ね買い

関連記事

クイーン賞の予想を公開!

【穴党必見】穴馬一筋26年、大穴男の的中が止まらない!穴党は必見です! 穴馬見つけるならコレし

記事を読む

川崎記念2017の予想を公開!

川崎記念2017(川崎2100m)の予想です。 2月1日に川崎競馬場で開催され発走時刻は16:

記事を読む

しらさぎ賞2018の予想を公開!

しらさぎ賞2018 (浦和ダート1400m)の予想です。 4月25日に浦和競馬場で開催され発走

記事を読む

東京記念の予想を公開!

なんだか最近、中央競馬だけじゃなくて地方競馬もやたら調子良いなぁ、、、と思って、改めて最近の結果を見

記事を読む

兵庫ゴールドトロフィー2018の予想を公開!

兵庫ゴールドトロフィー2018 (園田ダート1400m)の予想です。 12月27日に園田競馬場

記事を読む

マーキュリーカップ2018の予想を公開!

マーキュリーカップ2018 (盛岡ダート2000m)の予想です。 7月16日に盛岡競馬場で開催

記事を読む

全日本2歳優駿2017の予想を公開!

全日本2歳優駿(川崎1600m)の予想です。 12月13日に川崎競馬場で開催され発走時刻は20

記事を読む

エーデルワイス賞2018の予想を公開!

エーデルワイス賞2018 (門別ダート1200m)の予想です。 10月16日に門別競馬場で開催

記事を読む

【2016】報知オールスターカップの予想(ムサシキングオーらの評価は?)

さて、私自身としてもこのサイトとしても今年初の競馬です! その舞台は川崎2100m。かなり癖の

記事を読む

東京シンデレラマイルの予想を公開!

さて、もう2015年もあと2日。 欧州サッカーも前半戦が終わったのですが、、、

記事を読む

【徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」】をぜひこの機会にご購読下さい!

こんにちわ!「競馬はビジネスである」主催のKAZです。 今回は私

小倉大賞典2019の予想を公開!

小倉大賞典2019(小倉芝1800m)の予想です。 2月17日に

フェブラリーステークス2019の予想を公開!

フェブラリーステークス2019(東京ダート1600m)の予想です。

京都牝馬ステークス2019の予想を公開!

京都牝馬ステークス2019(京都芝1400m)の予想です。 2月

ダイヤモンドステークス2019の予想を公開!

ダイヤモンドステークス2019(東京芝3400m)の予想です。

【フェブラリーステークス2018の予想ヒント】枠順から見るレース見解

フェブラリーステークス2019(東京ダート1600m)の考察です。

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑