*

帝王賞2022の予想を公開!

公開日: : 最終更新日:2022/07/06 地方レース考察・予想

帝王賞2022(大井ダート2000m)の予想です。

6月29日に大井競馬場で開催され発走時刻は20:10です。出走馬はテーオーケインズ、オメガパフューム、チュウワウィザード、クリンチャーなど。大井競馬場のダート2000mで行われるJpnIです。

 

[PR] 上半期よく当たりました!

帝王賞・無料予想

上半期も大変お世話になりました!

地方・重賞がよくくる無料予想です↓↓

━━━━━━━━━━━━━━

[無料公開地方買い目]

■かきつばた記念→9,100円/182%

■しらさぎ賞  →10,000円/200%

■東京スプリント→6,150円/123%

■マリーンC  →8,700円/174%

■浦和桜花賞  →9,450円/189%

■黒船賞    →13,000円/260%

■エンプレス杯 →8,400円/168%

━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━

これほど当たる無料予想も珍しい~

帝王賞もここの無料予想を見てください。

→帝王賞・無料予想

地方無料予想に今週も目が離せません\(^o^)/

 

帝王賞 2022予想

帝王賞はどんなレースになりやすいのか?

ダートの上半期総決算レース、帝王賞。大井ダート2000mは直線も長くて地力を発揮しやすく、基本的には力通りで決まって波乱は起きにくい舞台。昨年は大波乱となりましたが、これは重馬場の影響でインを通った馬しか無理な極端な馬場バイアスが発生したことで例外的な事象と見ていいんじゃないでしょうか。

力通りで決まって波乱が起きにくい舞台なので強い馬が出ている時はその馬が人気に応えて順当に走りやすいレース。ダート中距離路線が混戦になっている時は波乱も起きるでしょうが、強い馬が数頭いるような時にはガチガチで決まることがほとんどです。その年のダート中距離路線のレベルをしっかりと把握することが重要でしょう。

 

今年はどんなレースになりそうか?

もう関東地方は月曜日に梅雨明け宣言が出て雨が一切降っていない状態。もう含水率が限りなく低いパッサパサの馬場になるはずで、しっかりとスタミナが問われるコンディションと言えるか。

今のダート中距離路線の最上位と言えるテーオーケインズ、オメガパフューム、チュウワウィザードの3頭が揃って出走してきたことで、勝負にならないと見た馬が出てこずで9頭立ての少頭数に。逃げ馬不在でオーヴェルニュが先手を奪ってスローペースが濃厚だと思いますが、仕掛けは早くなって地力はしっかり問われるんじゃないでしょうか。

 

考察まとめ

【レース質】地力がしっかりと問われるダート頂上戦。 <■□■□>

【狙えるタイプ】単純に能力上位の馬。

 

帝王賞  2022の印

【本命 ◎8 テーオーケインズ】

若干のスタートの出遅れリスクはあるが、それ以外は弱点がない完全無欠なダート王者。揉まれても何ら問題なく好位でセンス良く立ち回ることができるのが最大の売りで、よほどのことがない限りは大きく崩れないタイプに見えます。

近走で崩れた2戦はスタートで大きく立ち遅れたJBCクラシックと超ハイペースで追走に苦労したサウジカップのみ。今回は先行馬不在のメンバー構成でスッと番手が取れそうですし、スローペース濃厚の展開を考えれば前に行ける事が悪いわけはなさそう。

どちらかといえばスタミナよりはスピードに秀でたタイプなので、パサパサの大井のダート2000mの追い比べに少し不安は残りますが、それでもよほどのことがない限りは勝ち負けは堅いんじゃないでしょうか。

 

【対抗 ◯2 オメガパフューム】

これまでの大井コース通算成績は(5-4-0-1)という圧倒的なもの。唯一の馬券圏外は昨年の重馬場での特殊バイアスに泣いたものですし、まともな馬場コンディションで大井競馬場で崩れるというのは考えづらい。

昨年末の東京大賞典も4コーナーで大きな不利を受けながらクリンチャーを差し切っていますし、前走のアンタレスステークスも59kgを背負いながらグロリアムンディを相手にしませんでした。今回は大得意な大井コースでパサパサでタフな馬場コンディションで捌きやすい9頭立てなら馬券圏内は堅いだろう。

 

【単穴 ▲6 チュウワウィザード】

一昨年のチャンピオンズカップ覇者。昨年のチャンピオンズカップも外枠から差し込んで強い2着でしたし、前走のドバイワールドカップはアメリカの競合相手に大健闘の3着好走。いくら展開がハマったとはいえライフイズグッド相手に先着できる馬は日本の現役でも最上位だろう。

今回は大井コースに実績がないということで少し評価を落としているが、一昨年のJBCクラシックはルメールの無謀な先行策でよく3着に頑張っていますし、昨年の帝王賞は重馬場での特殊バイアスに泣いたもの。パサパサのタフな馬場なら大井コースでも現役最上位でしょうし、鞍上が川田騎手という点を踏まえても上位候補だろう。

 

【△3 ノンコノユメ】

昨年は特殊馬場バイアスがハマったとはいえ超強力なメンバー相手に2着は上出来。前走の大井記念も大外から差し込んで一頭だけまるで違う脚色でしたし、10歳馬とはいえ3着ぐらいなら可能性はあっても。

 

【△7 クリンチャー】

昨年の帝王賞はイン先行有利馬場で外枠から外を回して3着は最も強い内容。ただ、秋頃から若干パフォーマンスを落としており、東京大賞典は2着に走ったとはいえオメガパフュームが不利を受けていなければ突き放されていただろう。現状は前走接戦だったケイアイパープルと同じくらいの能力と考えるのが妥当な感じで、テーオーケインズ、オメガパフューム、チュウワウィザードが相手となると3着争いが精一杯だろう。

 

【推奨買い目】

三連単 8→2→6,3,7

三連単 2→8→6,3,7

三連単BOX 8,2,6

三連単 2,6→8→2,6

 

【買い目及び予想のポイント】

ここはさすがに◎テーオーケインズは堅そう。ほぼ勝ち負けは間違いないと見て三連単フォーメーションを買う。相手も◯オメガパフュームが馬券内に来るのはほぼ間違いない。

◎テーオーケインズ勝ち負け濃厚

◯オメガパフュームは3着以内確実

のイメージで三連単フォーメーションを買いたい。

パサパサのダート2000mではテーオーケインズが若干追い比べで負ける可能性はアリと見て、なんとか2着になってくれれば最高。だがそんなに甘くなくガチガチで決まりそうな感じがします。

 

関連記事

ハイセイコー記念2017の予想を公開!

ハイセイコー記念2017(大井1600m)の予想です。 11月1日に大井競馬場で開催され発走時

記事を読む

北海道2歳優駿2018の予想を公開!

北海道2歳優駿2018 (門別ダート1800m)の予想です。 11月1日に門別競馬場で開催され

記事を読む

全日本2歳優駿2017の予想を公開!

全日本2歳優駿(川崎1600m)の予想です。 12月13日に川崎競馬場で開催され発走時刻は20

記事を読む

クイーン賞2019の予想を公開!

クイーン賞2019(船橋ダート1800m)の予想です。 12月11日に船橋競馬場で開催され発走

記事を読む

【2016】テレ玉杯オーバルスプリントの予想を公開!

今日は9/15(木)に行われるテレ玉杯オーバルスプリントのレース予想を行います。浦和1400mで行わ

記事を読む

兵庫ジュニアグランプリ2021の予想を公開!

兵庫ジュニアグランプリ2021(園田ダート1400m)の予想です。 11月25日に園田競馬場で

記事を読む

東京盃2022の予想を公開!

東京盃2022(大井ダート1200m)の予想です。 10月5日に大井競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

【2016】TCK女王盃の予想(ホワイトフーガらの評価は?)

今日は1/13(水)に行われるTCK女王杯のレース予想を行います。大井1800mで行われる牝馬限定の

記事を読む

【2016】ダイオライト記念の予想(クリソライトらの評価は?)

今日は3/9(水)に行われるダイオライト記念のレース予想を行います。船橋2400mで行われるJpnI

記事を読む

【2016】マーキュリーCの予想を公開!

今日は7/18(月)に行われるマーキュリーCのレース予想を行います。盛岡2000mで行われるJpnI

記事を読む

【チャレンジカップ2022の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

チャレンジカップ2022(阪神芝2000m)の考察です。 12月

クイーン賞2022の予想を公開!

クイーン賞2022(船橋ダート1800m)の予想です。 11月3

【チャンピオンズカップ2022の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

チャンピオンズカップ2022(中京ダート1800m)の考察です。

11月4週のレース回顧〜今年のジャパンカップも外国馬は活躍できず〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間

京阪杯2022の予想を公開!

京阪杯2022(阪神芝1200m)の予想です。 11月27日に阪

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑