*

スワンステークス2019の予想を公開!

公開日: : 最終更新日:2019/10/30 重賞レース考察・予想

スワンステークス2019(京都芝1400m)の予想です。

10月26日に京都競馬場で開催され発走時刻は15:35です。出走馬はモズアスコット、グァンチャーレ、スマートオーディン、ダイアトニックなど。京都競馬場の芝1400mで行われるGIIです。

 

[PR] 絶好調の予想サイトがスワンステークスの予想を無料公開!


─────────────────────

スワンステークスは配当妙味?!
京都芝1400m(G2)

18年グァンチャーレ 08人気3着(3連複1,760円3連単9,820円)
17年ヒルノデイバロー12人気2着(3連複8,650円3連単66,850円)
16年サトノルパン  08人気→2着(3連複21,930円3連単110,840円)
─────────────────────

騎手で見ると去年は

関屋記念  Mデムーロ2着
安田記念  Mデムーロ3着
NHKマイル Mデムーロ2着

からのスワンステークスは ロードクエスト鞍上Mデムーロで1着

騎手で見るか馬で見るか血で見るか?!いつも迷いますね。今年もどこから買おうかどうも迷いますよね?!トゥザクラウン、 グァンチャーレ、マイスタイル、モズアスコット・・・ 個人的にはムーンクエイクが気になる1頭かな。。
阪急杯1着スマートオーディンもな~
1番人気こないからな~天皇賞よりも配当的にはよさそうだし的中欲しいな~?!
─────────────────────
そんな迷う時は5頭まで絞りんでくれるえーとこあります!
ダービー、Vマイル、京王杯SC、札幌記念、小倉記念、宝塚記念、ながつきS、STV賞などなどG1~G3、裏開催メインなど無料情報5頭BOXでガチ当ててきてます。

先週の菊花賞もサトノルークス入れて3連複的中!

そんな予想サイトがスワンステークス厳選買い目無料公開予定。
天皇賞・秋も見れるそうなので今週末はここエントリーしておいてください。
無料予想でこの精度なので頼りになります。前日夜20~22時頃買い目きます!

─────────────────────

 

スワンステークス 2019予想

先出し本命馬(せっかちな方はこちらから)

下記のバナーのクリック先で馬名は公開しておりますので、どうぞ応援クリックよろしくお願いします。


中央競馬ランキング

 

スワンステークスの週中分析記事はこちらから

 

予想の根拠

以前は秋の京都の高速馬場で1分20秒台前半で決まるのがスワンステークスの傾向だったが、ここ2年ほどは京都芝のタフ馬場化に伴い一気に時計のかかるタフなレースに変貌。今年もすでにAコース最終週時点で相当なタフ馬場になっていることに加え、金曜日に京都競馬場周辺に凄まじい大雨が降ったということで土曜メインまで影響が残るのは確実だろう。東京競馬場ほど路盤が良いとは思えず、稍重馬場ぐらいに乾いてもかなりタフな馬場になると思います。

先週日曜時点で京都芝は外伸び傾向が見えてきた感じで、今週末はAコース最終週ということでおそらく外の方が伸びる馬場になりそう。加えて金曜の大雨ですから一気に外差し馬場に変貌する可能性も高そうで、このスワンステークスも競馬を知っている人ほど外枠、外差し狙いで買う人が多いんじゃないだろうか。

 

展開を見てみると、徹底先行タイプのマルターズアポジーがいることでまずスローペースは考えられなさそう。そこにイエローマリンバ、セイウンコウセイ、トゥザクラウンといった馬たちが絡んでいきそうですし、前半3ハロンは34秒を切るぐらいのペースになってもおかしくないか。

今の馬場で前半34秒を切るぐらいのペースで行けば後半は相当に上がりがかかるはずで、レース上がりは36秒くらいで時計が1分21秒台前半の決着になる推測。もう馬場と展開の決め打ちで外枠、外差し狙いをしても良いのだが、メインレースまでに顕著な外伸び馬場になってしまうと2年前のように馬群全体が傷んだ部分を避けて結果的に外枠不利になるケースもありそう。

正直、メインレース時点でどんな感じの馬場、騎手意識になっているかは難しいところで、現時点では外枠有利や内枠有利と決めつけずに予想をした方が良さそう。

どこが伸びる馬場になったとしても、前述の通りでタフ馬場のハイペース戦になるのは間違いなさそうで、後半上がり36秒ぐらいかかる消耗戦になりそう。そういったタフ馬場の消耗戦を苦にせずに伸びて来れそうな馬を本命に推したい。

というわけで予想の発表。

 



 

 

より詳細な予想考察はメルマガにて

arg1

arg2

メルマガでは金曜日に重賞まとめデータと称して、その週の重賞の全頭診断などを含むより詳細な予想を公開、配信しております。

推奨買い目などもメルマガ限定の公開となっておりますので、ご興味ある方はコチラより詳細をご確認ください。

 

 

スワンステークス 2019の印

本命 ◎マイスタイル

本命は危険な人気馬と捉えられそうなこの馬を逆に狙ってみたい。

前走は確かに全てに恵まれての勝利だったが、3走前の重賞レースはハイペースのマイル戦を好位追走からハイレベル戦を3着という非常に強い内容。こんなペースを追走できれば1400mでもスピード負けしないはずで、何よりこの時に倒しているダイアトニックが1番人気ということを考えてもこの馬がここまで人気がないのはおかしい。危険な人気馬と誰もが考えた結果、普通に穴馬帯のオッズで買えてしまう感じだ。

初めての1400mへの不安ばかりが聞かれるが、今回のメンバーの中で今年に入ってからマイル重賞で2回も馬券に絡んでいるのはこの馬ぐらい。前述の通りで3走前の重賞レースではハイペースを好位追走できていますし、京都金杯も外枠から先行できているのでスピードは問題ないはず。それ以外のレースを見ても前半3F=33秒台後半のペースをスッと先行できたりしていますから基礎スピードは問題ないでしょう。母はスプリンターでしたし、陣営コメントにある通りで「本質は短距離にありそう」というのも一理あると思います。

今回は一気の距離短縮+行きたい馬が多いので陣営としても控える競馬を選ぶはず。鞍上は全く信頼できませんが、本番のGIの前のステップレースという位置付けならあんまり考えなく気楽に乗れるはずで、出たなりのポジションで運んでくれれば今回に限ってはそれが絶好位になりそう。今までのレースを見ても自身の上がりが34秒台中盤ぐらいで足りるレースならば条件関係なく好走できていますし、今回もレース上がりが36秒ぐらいかかりそうという想定ならば絶好の展開になるはず。ぶっ飛ばす馬を行かせての5、6番手ぐらいでマイペースで運べれば、タフ馬場も大得意なのでじわじわ伸びて勝ち負けになりそうな感じがします。

 

対抗 ◯グァンチャーレ

コース適性もタフ馬場適性もあって能力上位のグァンチャーレだがこの久々がどうだろう。

馬場に恵まれたとはいえ安田記念4着は驚きのレース結果で、7歳にして本格化してきたことを感じさせる内容。昨年のスワンステークスも3着ということでコース適性もありそうだが、その昨年は超低レベルなメンバーでやっとやっとの3着。コース適性もタフ馬場適性もあるとは思うが、基本的には叩き良化型なのでこの休み明けがどうだろう。坂路調教の動きからもまだ復調途上な感じはします。

 

単穴 ▲ダイアトニック

三番手は外の美馬場になればダイアトニックが人気通りに上位評価が妥当か。

戦績やレース内容を見てもマイルでは若干距離が長い1400m巧者。それでもハイレベルだったダービー卿チャレンジトロフィーで4着に走れていますし、単純にここでは能力上位の存在か。今回は休み明けになりますが、ノーザンファーム天栄仕上げですしロードカナロア産駒は休み明けの方が良さそう。外が伸びる馬場も良さそうですし、無難にスミヨンもある程度は信用できそうだ。

 

特注 ☆モズアスコット

復調気配は見えるモズアスコットだが人気する今回のタイミングは飛びつきにくい。

ここ2戦はハイレベル戦で想像以上の善戦を見せてはいるが、やはり一度萎れたフランケル産駒は復調した試しがない。この馬とて復調気配といっても一時期のような凄みはないですし、それでいて今回は相対的に人気になるとなれば妙味があんまりないように感じます。

 

△ スマートオーディン

阪急杯のインパクトが凄まじかったスマートオーディンも巻き返しの可能性あり。

おそらく武豊騎手ならば今回は阪急杯のように最後方で構えて直線に賭ける競馬をしてくるはず。阪急杯のように馬群が密集するかも現時点ではわかりませんし、外枠が不利な馬場になった場合は目も当てられないかも。休み明けで単純に仕上げの不安も若干あります。

 

△ アマルフィコースト

実績や血統からも舞台適性はベストに見えるアマルフィコーストは展開がどうだろう。

マイルでの好走実績はほとんどが展開に恵まれたもの。一方で京都牝馬ステークスは骨っぽい相手に差し決着を前で粘っての3着。リナーテと接戦という点を考えてもある程度は評価できそう。今回も同じような条件だが、前に行きそうな馬だけに先行激化になりそうな展開がどうだろうか。

 

△ ロードクエスト

昨年覇者のロードクエストは枠順が微妙にしても人気がなさすぎ。一瞬の脚しか使えない右回り巧者で1400mの距離はベスト。ピッチ走法でタフ馬場も大得意なので今回は走り時のタイミング。ただ、外伸びになる可能性が高そうな馬場でのこの1枠1番。さすがに上位評価とするにはギャンブルすぎる。

 

△ ノーワン

大敗するかと見ていた前走が見せ場あったノーワンはベスト条件で巻き返してもいいか。軽量もあって穴人気しているが、やはりフィリーズレビューを勝っているようにこの距離は魅力。あとは内枠を引いたので馬場がどうなるか。

 

△ キャナルストリート

前走は不可解な負けだったが、2〜3走前のパフォーマンスからもキャナルストリートはここで通用しても驚けない。懸念点は新馬戦以来の右回りコースだが、その点もオッズに反映されて人気がないですし抑えておいてもいいはずだ。

 

 

印まとめ

◎マイスタイル
◯グァンチャーレ
▲ダイアトニック
☆モズアスコット
△スマートオーディン
△アマルフィコースト
△ロードクエスト
△ノーワン
△キャナルストリート

勝負度 E

 

推奨馬券

ワイド 8→7,17,10,15,6,1,2,13 本線

馬連 8→7,17,10,15,6,1,2,13 本線ベース

馬連 8→7,17,10 重ね買い

関連記事

【エプソムカップ2024の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

エプソムカップ2024(東京芝1800m)のレース考察です。 6月9日に東京競馬場で開催され発

記事を読む

【2016】富士S / レース考察(東京芝1600mで行われるGIII戦を徹底考察します)

今日は10/22(土)に行われる富士ステークスのレース考察を行います。東京芝1600mで行われるGI

記事を読む

京都金杯 [2] 絶対内有利の京都馬場

往路優勝は駒沢=明治の馬連ワイドなだけに、結構当たりそうな予感。総合優勝も東洋の2、3着付けの三連単

記事を読む

【クイーンステークス2018の予想ヒント】ローテーションや馬場、展開などを分析考察します

クイーンステークス2018(札幌芝1800m)の考察です。 7月29日に札幌競馬場で開催され発

記事を読む

東京新聞杯の予想を公開!

渋谷の立てこもり事件解決して何よりです。東京の都市の中で最も出没するのが渋谷なのでやはり気がかりでし

記事を読む

【鳴尾記念2019の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

鳴尾記念2019(阪神芝2000m)の考察です。 6月1日に阪神競馬場で開催され発走時刻は15

記事を読む

【ターコイズステークス2018の予想ヒント】ローテーションや馬場、展開などを分析考察します

ターコイズステークス2018(中山芝1600m)の考察です。 12月15日に中山競馬場で開催さ

記事を読む

【カペラステークス2019の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

カペラステークス2019(中山ダート1200m)の考察です。 12月8日に中山競馬場で開催され

記事を読む

高松宮記念 [5] 枠順発表で見えてきたものは・・?

ようやく高松宮記念の枠順が発表!! 正直、今回の高松宮記念は枠順と馬場がすべてだと思っています

記事を読む

【ダービー卿チャレンジトロフィー2018の予想ヒント】レースラップや馬場、展開などを分析考察します

ダービー卿チャレンジトロフィー2018(中山芝1600m)の考察です。 3月31日に中山競馬場

記事を読む

【クイーンステークス2024の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

クイーンステークス2024(札幌芝1800m)のレース考察です。

【アイビスサマーダッシュ2024の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

アイビスサマーダッシュ2024(新潟芝1000m)のレース考察です。

7月3週のレース回顧〜今の競馬ファンはニホンピロキーフを狙いたがる〜

2024年7月3週の中央競馬レース回顧です。前の週に行われた中央競馬の

中京記念2024の予想を公開!

中京記念2024(小倉芝1800m)のレース考察です。 7月21

TVh賞2024の予想を公開!

TVh賞2024(札幌芝1200m)のレース予想です。 7月20

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑