*

白山大賞典2017の予想を公開!

公開日: : 地方レース考察・予想

白山大賞典2017(金沢2100m)の予想です。

10月3日に金沢競馬場で開催され発走時刻は16:30です。出走馬はインカンテーション、クリノスターオー、コパノチャーリー、ナムラアラシ、タガノディグオなど。金沢競馬場2100mで行われるJpnIII戦です。

 

sponcered link

【高配当専門!3連単12点で配当500万越えをだした!】

高配当馬券を獲りたい人は、このサイト以外見なくて大丈夫です。

このサイトの使い方は

【公開された予想を、そのまま買うだけ!】

秋競馬で大逆転を狙っている人は、ぜひチェックしてみてください!
コチラ(無料)

9月の新潟記念週には、100万越え馬券をトータル6本もたたき出しました!!

そして、12点で500万超えの高配当!
2日 新潟8R 3連単12点 配当:5,296,900円

さらに、先日のキーンランドカップ(G3)では200万を超える高配当!
27日 札幌11R 3連単16点 2,282,600円

そしてさらに、同日600万超えの超高配当!
27日 新潟9R 3連単60点 6,805,060円

秋競馬で大逆転を狙っている人は、ぜひチェックしてみてください!
コチラ(無料)

 

白山大賞典 2017予想

過去のレース傾向

前週に日本テレビ盃とシリウスステークスがあり、週末には南部盃もある時期に行われるJpnIII戦。そんな明らかに有力馬が参戦してこない時期に行われるレースだからこそ低レベルなメンバーになりがち。

それでも今年は前走JpnI2着馬のインカンテーションに、重賞2勝の実績あるクリノスターオー、準オープン勝ちで勢いに乗るナムラアラシとコパノチャーリー、3歳馬からはタガノディグオとまぁそれなりには揃ったか。

過去5年のレース結果を見てもほとんど荒れることはなく、1〜4番人気馬の順番付けで決まっているレース。

金沢2100mは向こう正面の2コーナー地点スタート。

そこからコーナーを6回周るコース形態になっており、どう考えても先行力があって器用に立ち回れる馬が有利な舞台。

過去5年のレース結果を見ても4コーナー時点で4番手以内にいなければ話にならないのは当然であって、それ以前に3コーナー時点で4番手以内にいなければダメという感じ。つまりは最終コーナーで捲るようなレースにもほぼならないという感じで、2周目の向こう正面ぐらいまでに位置を取れるかどうかが勝負というレース。

出遅れ癖あるデムーロのタガノディグオだったり、あまり金沢コースへの理解が少なそうな若手の松山騎手が乗るナムラアラシあたりは果たして3コーナー時点で位置が撮れるんでしょうか。

では、ここから展開を考えてみましょう。

まず間違いなく逃げるのはコパノチャーリーで決まりでしょう。この馬は揉まれるとダメなので、他の馬も特にハナじゃなきゃダメという馬はいないのでこの馬が逃げるでしょう。

外枠からクリノスターオーが2番手を取りに行くはず。前走のエルムステークスの敗因は馬場などもありましたが、恐らく幸騎手は敗因を位置取りと捉えているはずで今回は2番手を取りに行くはず。

カツゲキキトキトは隣にタガノディグオやナムラアラシなどテンに遅い馬がいる好枠。この枠ならスッとインの2、3番手が取れそうで、終始経済コースを回って来れそうな感じがします。

インカンテーションも岩田騎手ならまず確実に位置を取りに行くはず。ただこの馬に関しては好位で脚を溜める競馬で復調してきた感じなので、距離も考えるとそこまで積極的に乗っては来ないはず。

 

一方でタガノディグオはまず位置は取れないはず。前走のレパードステークス見てもテンは遅い馬。この馬はデムーロとの相性はかなり悪いはずで、スタートで出遅れて無駄なところで脚を使って・・・という競馬になりそう。

ナムラアラシに関してもテンが極端に遅い馬。まず間違いなく中央馬の中では一番後ろぐらいからの競馬になるはずで、そうなると地方交流重賞では相当厳しそうだが・・・

というわけで、予想の方に移りましょうか。

 

 

白山大賞典 2017の印

本命 ◎クリノスターオー

本命はクリノスターオーが条件替わりで一変するはず。

前走のエルムステークスは馬場、枠順全てが向かずで完全に度外視可能。とにかくバテないが急加速が苦手な馬で、勝負所の4コーナーをいかに凌ぐかというのがポイントの馬。言われているようなコーナーが苦手というタイプではないので、コーナー6回のコースは特に大丈夫なはず。

2走前のマーキュリーカップではミツバやピオネロといった相手に最後まで競り合っての3着。その2頭はシリウスステークスで大した走りはできませんでしたが、さすがに準オープンを微妙なレベルで勝ち上がったナムラアラシやコパノチャーリーよりは強いはずで、それを考えてもクリノスターオーは普通にこのレベルなら上位。

今回は前走に比べれば楽な先行策が取れるメンバー構成と条件。距離も問題ないですし急加速が問われない平均的なスピード性能が問われる条件もベスト。タガノディグオやナムラアラシが一気にこの馬の位置まで捲くってこれるとも思えませんし、3コーナーぐらいで2番手以内にいれれば勝ち負けになると思います。

 

対抗 ◯カツゲキキトキト

対抗はカツゲキキトキトが重賞制覇の大チャンス到来。

前走着順の良い馬が揃っているからか、某競馬掲示板では今回は相手が揃ったと書かれていたが、どう考えても名古屋大賞典よりは与し易いメンバー構成。距離が200m伸びるのもプラスだ。

前走は南関馬相手に2着という結果だったが、逃げてスローに落としすぎてのキレ負けという感じ。だいたい好走時を見ても上がり39秒ぐらいかかるレースがベストで、コパノチャーリーがそこそこ飛ばしてくれれば今回はハマる可能性が高そう。

昨年は大敗しているが位置を取れなかったのが大きな敗因と見て良さそうで、最近は先行力も出てきたので今回は絶好の2、3番手ぐらいが取れるはず。位置さえ取れれば少なくともタガノディグオやナムラアラシ程度には差されないと思うが。

 

単穴 ▲インカンテーション

三番手候補はインカンテーションが有力。

2走前からいきなり復調したような馬柱だが、みやこS、東海S、フェブラリーSと全て展開的に厳しい競馬になっており、ようやくまともな展開になったマーチSで巻き返したという感じ。

この馬自身のMAXパフォーマンスは明らかに落ちていると思うが、今のダート中距離路線は下からの突き上げが全くなく、そのおかげでかしわ記念でも2着に走れちゃった感じ。そのかしわ記念も走破時計を見ればレベルは相当低そうで、今回断然人気に推されるなら少し嫌いたい感じも。

ただ、人気馬の中でも先行力はある方だということと岩田騎手が乗るという点で評価を下げすぎてもダメそう。かしわ記念の内容を見る感じでは距離はマイルでは短かった感じで、2100mは未知だが恐らくはこなせるはず。たぶん3着内には来ると思いますが、必ず勝つとかそういうレベルの馬ではない。

 

△ コパノチャーリー

能力面や距離に不安はあるが位置とれるコパノチャーリーは抑えに。

とにかく揉まれるとダメな徹底先行タイプの馬で、半兄コパノリッキーとほとんど同じイメージでいればいいはず。

前走はオープン勝ちでしたが道中でペースが緩んでかなりのぬるま湯レース。走破時計を見ても全く評価できません。

2走前の名鉄盃は途中でマイネルクロップに絡まれる厳しい展開の中で3着に残しましたが、逆に言えば衰え目立つマイネルクロップに絡まれただけで厳しくなる馬ということで、今回はクリノスターオーやインカンテーションに絡まれてどうなのか。

半兄コパノリッキーも川崎ダート2100mでは一気にパフォーマンスを落としましたし、この血統は距離的な不安もありそう。リッキーの父ゴールドアリュールよりもこちらのアグネスデジタルの方が若干距離が持たなそうな感じありますし、4コーナーでズルズルと下がっていく感じはしますがまぁ逃げ馬なので抑えまで。

消 タガノディグオ

デムーロ騎乗で人気しそうなタガノディグオですが、どう考えても来る気がしません。

この馬はテンに遅いのでまず5番手以下からの競馬になるはず。加えてデムーロとなれば出遅れる可能性も結構高そう。実際にデムーロはスタート速いモンドクラッセでも去年やらかして1番人気を飛ばしています。

この馬は前走のレパードステークスの内容を見ても淡々としたラップを途中で動くと脚が長く続かないタイプ。エンパイアメーカー産駒はどうも集中力欠如型の馬が多く、逃げて前半に一気にエネルギーを使うか、前半は脚を溜めて直線だけエネルギーを使うような競馬が合っている感じ。今回のような平均してスピードを要求されるような条件はいかにも合わなそう。

そもそもレパードステークスの走破時計だったり、ジャパンダートダービーを南関馬に奪われたりしているところを見ても、今年の3歳馬は芝だけでなくてダートもレベル低そう。重賞で好走している古馬相手に通用する気が全くしません。エンパイアメーカー産駒の大敗後の次走という点も不安。

 

消 ナムラアラシ

前走の派手なパフォーマンスからそれなりに人気しそうなナムラアラシも消します。

この馬も恐らくタガノディグオと同じで長く良い脚は使えない集中力欠如型のエンパイアメーカー産駒。しっかり脚を溜められれば凄い脚が使えるが、途中でなし崩しに脚を使わされるようなレースでは最後に伸びないタイプ。

前走は超ハイペースで完全に展開が向いた上に幸騎手が完璧なタイミングで動いての捲り差し。2走前の薩摩ステークスでは前走ほどペースが速くない中、若干早いタイミングで動いた結果、直線は脚色同じになって全く伸びなかった。

前走は完全にハマった感じが強く、それだけに脚の長さがわかっていた幸騎手が乗り変わるのはマイナス。テンに遅いので序盤の位置取りは後ろになるはずで、そこからじっくり構えるにしても途中で動くにしてもこの馬のキャラを考えるとマイナスだと思います。そもそも前走の2着馬がクリノリーソクツモだということを考えても能力的に足りるのか・・・

 

印まとめ

◎クリノスターオー
◯カツゲキキトキト
▲インカンテーション
△コパノチャーリー

勝負度D

 

推奨買い目

三連複 ◎◯▲ 本線

馬連 ◎→◯▲ 本線

三連複 ◎△→◯▲ 抑え

三連単 ◎◯→▲→←◎◯ ボーナス

もう後ろからいきそうなタガノディグオとナムラアラシは完全に消します。3着ぐらいなら来ちゃいそうですが、その場合は馬連で回収するイメージで。

3コーナーぐらいで逃げるコパノチャーリーを潰してクリノスターオーとインカンテーションが抜け出しそうで、インで溜めたカツゲキキトキトも進出してきそう。4コーナーぐらいではもうこの3頭で決まりそうだな、というレースになれば大本線決定。

前述の通りでインカンテーションは抜けて強いとは見ていないので、この馬が一本で被るのであればこの馬が勝てなかったパターンの三連単をボーナスで買っておきたい。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」のご紹介

さて、早いもので2017年も9月になりました。

今までサイト「競馬はビジネスである」を通して、私自身、競馬ブログサイトの中でも最上級に時間をかけた分析の上、説得力のある予想をお伝えしてまいりました。外れても納得できるだけの自慢の予想をお送りできていたかと思います。

その予想・考察に結び付くまでにどのようなデータを作成しているのか?どのようなプロセスを踏んでいるのか?そういったところまでをメルマガ「競馬をビジネスにする」では全て隠すことなくお伝えいたします。

正直な話、私は尋常ではない時間をかけて競馬のデータと考察を行っています。それを必要とされる方がいるのであれば還元できれば。そして勝ち組になっていただければ、というのがこのメルマガの趣旨でございます。

 

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

 

さて、ここでメルマガの各曜日ごとの配信詳細を簡単に紹介しましょう。

 

【月曜日】重賞回顧データ配布

【火曜日】競馬力に直結する週間コラム

週1で良いのでコラム的なものを書いて欲しいというリクエストを多数頂きました。火曜日に競馬力に直結する週間コラムを配信させていただこうと思います。取りあえげるテーマ等はリクエスト頂ければ反映します。

【水曜日】全レース分析

水曜日には前週に行われた全レース分のデータを配布します。

スクリーンショット 2015-12-31 15.45.42

スクリーンショット 2015-12-31 15.46.00

エクセルファイルにて競馬場ごとに新馬戦から上級戦まで、全てのレースの結果情報、レース回顧コメント、先週の結果分析のタイムランク情報などを載せたデータファイルになります。

正直言って回顧をやっているブログ、メルマガはあれど、中央競馬の全レースの回顧をまとめて配信している媒体はウチだけだと思います。

これを見れば縦比較で走破時計やレースラップがどれくらい優秀なのか把握できますし、予想の際にこれを見ればどの馬が強いレースを戦ってきたのかが一目瞭然です。

 

また、エクセルでの全レース分析データの配信と同時に、メルマガ内にて前週の全レースの中で不利を受けたりペースに泣かされたりして次走は狙い目だと思われる馬を多数ピックアップしてお伝えしております。

↓こんな感じ↓

この次走注目馬リストをnetkeibaのMy登録馬に書きいれたり、JRA-VANのMy登録馬に書き込んでおけば、その馬が次に出走してきた時には狙い目が丸わかり!他のファンよりも間違いなく一歩先へ行った予想ができると思います。

【木曜日】新馬戦レビュー

木曜日は前週のレースの中でも特に新馬戦だけを抜き出して、そのレースレベルや勝ち馬の将来性についてを配信しております。

↓こんな感じ↓

水曜日に全レースの回顧を配信した上で、新馬戦に関してはここまで細かいレビューを出しています。まず他ではここまでの回顧は出していないでしょう。とにかく競馬を極めたいマニアな方のために新馬もここまでやっちゃいます。

【金曜日】重賞まとめデータ配布
金曜日は重賞のまとめデータを配布します。この時点で重賞のプレ予想を配信いたします。

arg1

arg2

このような形で週末の重賞の出走馬の全頭レビューを印付きでPDFファイルにて配信いたします。

【土曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。

【日曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。

【不定期】地方競馬の予想

地方競馬の予想はメルマガ限定コンテンツとさせていただきます。

 

これだけのボリュームあるコンテンツを毎日更新予定!!

サイト記事だけではわからない予想する際に使うデータベースや、結論を導くまでのメソッドをメルマガを通して余すことなくお伝えできればと思っております。

今までなんとなく馬券を買ってきたという方は、ぜひ本当の競馬力を身につけていただくためにも読んでいただければ幸いです。競馬予想の真髄をお見せいたします。

 

いまご登録頂ければ本日の回顧号からすぐにお読み頂けますので、是非とも今週分からお試しにお読みいただければと思います。

 

なお、現在、徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」では、

初月無料キャンペーンを実施しております!

 

まずはお気軽にご登録頂き、競馬予想の真髄はどういったものかを見ていただければ幸いです。

当サイトをご愛顧頂いている方、データベースを見たい方、競馬力を身につけたい方、とにかく馬券を当てたい方、皆様に満足いただけるようなコンテンツとなっておりますので、ぜひともご購読頂けますと幸いです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

購入する!

 

関連記事

ダイオライト記念2017の予想を公開!

ダイオライト記念の予想 ダイオライト記念2017(船橋2400m)の予想です。 3月15日に

記事を読む

京成盃グランドマイラーズ2017の予想を公開!

京成盃グランドマイラーズ2017(船橋1600m)の予想です。 6月21日に船橋競馬場で開催さ

記事を読む

【2016】埼玉新聞栄冠賞の予想を公開!

今日は10/19(水)に行われる埼玉新聞栄冠賞のレース予想を行います。浦和1900mで行われるSII

記事を読む

【2016】サマーチャンピオンの予想を公開!

今日は8/18(木)に行われるサマーチャンピオンのレース予想を行います。佐賀1400mで行われるSI

記事を読む

かしわ記念の予想を公開!

最近は競馬週に雨が降ることが少ないので良馬場でできているのでいいですよねぇ。 今日もぽかぽか陽

記事を読む

東京大賞典 [1] コパノリッキー狙い目論に物申す

メリークリスマス!! 世の中は幸せムードいっぱいですね。我が家もシャンパンを開けてはいますが、

記事を読む

全日本2歳優駿の予想を公開!

暇なときにネットサーフィンしてますが全日本2歳優駿を予想してるサイトやブログって少ないんですよね。一

記事を読む

【2016】関東オークスの予想を公開!

今日は6/9(木)に行われる関東オークスのレース予想を行います。川崎2100mで行われるJpnII戦

記事を読む

マイルチャンピオンシップ南部杯2017の予想を公開!

マイルチャンピオンシップ南部杯2017(盛岡ダート1600m)の予想です。 10月9日に盛岡競

記事を読む

ハイセイコー記念の予想を公開!

さて、3日間開催の後ということで、ひたすらに火〜水とレースを見直しているんですが、全く終わりません(

記事を読む

【富士ステークス2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

富士ステークス2017(東京芝1600m)の考察です。 10月2

【菊花賞2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

菊花賞2017(京都芝3000m)の考察です。 10月22日に京

オクトーバーS2017の予想を公開!

オクトーバーステークス2017(東京芝2000m)の予想です。

秋華賞2017の予想を公開!

秋華賞2017(京都芝2000m)の予想です。 10月15日に京

府中牝馬ステークス2017の予想を公開!

府中牝馬ステークス2017(東京芝1800m)の予想です。 10

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑