*

10月4週のレース回顧〜今年の菊花賞は歴史的な名勝負に〜

公開日: : レース回顧

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないので、2022年はサクッと短時間で書けるぐらいの量で回顧を続けていければと思います(メルマガでは通常営業でボリュームある回顧を書きます)

 




 

関東も一気に寒くなってきました。なんだか明日は最低気温7度とからしく少しビビっているのですが、そんな中で来週は岩手県の方に行ってきます。もちろん目的はJBCの盛岡開催。

毎年、南部杯を観戦するために盛岡競馬場は行っているのですが、今年はJBCがあったので南部杯はパスしてこちらの方に行ってきます。JBC開催ということで、競馬関連の方や単なる知り合いとか色々現地で会えるみたいなのでそのあたりも楽しみ。

JBC開催自体は11月3日(木)にあるんですが、少し早めに岩手入りして沿岸の宮古に2日ほど滞在しようかなと思っております。昨年の盛岡競馬場遠征時に宮古に寄って物凄く良かったのでまた行きたかったんですよね。どうやら現地の方に聞いたところ極寒らしいので少々ビビっております・・・

まぁJBCの前に天皇賞(秋)がありますし、まずはそちらを当ててから心と体を岩手の方に向けていこうと思います!

 

恒例の先週末の競馬の中で次走に注目したい馬のブログ版。これのフルボリュームverをメルマガでは毎週配信しておりますので、ご興味ある方は読んでみてください。

今週は菊花賞よりこの馬をピックアップ。

その馬名はブログランキングの先でご覧ください。

↓↓↓


最強競馬ブログランキングへ

外枠から位置を取りに行ってほぼ完ぺきな騎乗。勝負所で前が詰まるロスがなければ勝っていた可能性も。適性距離は2400m-3000mぐらいに見えますし、アスクビクターモアと力差はほぼない。次走が有馬記念なら穴本命候補。

 

<菊花賞 レース結果>
1着:◯アスクビクターモア 2番人気
2着:消ボルドグフーシュ
 7番人気
3着:◎ジャスティンパレス 4番人気

当初から今年の3歳牡馬は超ハイレベル世代と言ってきて、なかでも日本ダービーは凄まじいハイレベル戦で上位馬は化け物級に強いと言い続けてきました。

そんなハイレベル世代のクラシック上位組は菊花賞に出てきませんでしたが、秋の菊花賞トライアルがこれまた素晴らしいレースばかりで、セントライト記念はハイレベル戦で1、2着馬はGI級。神戸新聞杯も勝ち馬ジャスティンパレスは相当に強い馬でGI級と評価していましたが、やっぱりそうでしたね。本当に菊花賞のメンバーは低レベルと言ってる人に対して「???」という気持ちでいっぱいだったので、この驚愕レコードでとんでもなく強い上位馬の走りが見れてなんだか嬉しいです。

セイウンハーデスが逃げて前半から中盤が全く緩まなかったおかげでこれだけのレコードになったわけですが、普通はこんなペースになったら上位馬はボルドグフーシュみたいな差しタイプで上位独占になりますからね。これを2番手で受けて押し切ったアスクビクターモアと好位で不利を受けながら突っ込んできたジャスティンパレスは相当に強かったですね。どちらも今後GIで何回も好走するような馬になっていくでしょう。

唯一、ガイアフォースだけ崩れてしまいましたが、こちらはやはり血統的にステイヤーっぽくなかったですからね。この馬だって2000m前後の距離ならGI級だと思うので、来年の大阪杯は楽しみな馬だと思います。

 

それにしても3頭しか出走していなかった”ほぼ”ラストクロップのディープインパクト産駒の中で2頭が馬券圏内に。唯一ディープインパクトで好走できなかったプラダリアは母系がスピード要素しかない配合で菊花賞では厳しいと評価していましたし、きっちり母系でスタミナ要素が補われたディープインパクト産駒が順当に走ってきた結果でした。

1、3着馬はディープインパクト産駒で母系がスタミナ血統。2着のボルドグフーシュは父が欧州スタミナ血統で母がサンデーサイレンス産駒のフランス育成馬。それでいて上位3頭全てがロベルトを持っていた馬でした。

今の日本の長距離路線はディープインパクト系やそのディープインパクトのようなフランス要素を備えたサンデーサイレンス系の血に、ロベルトやサドラーズウェルズのようなヨーロッパのスタミナ血統を持っている馬が有利ということでしょう。

ボルドグフーシュは印をいっぱいつけるなら拾えていたと思いますが、正直◎ジャスティンパレスと◯アスクビクターモアの2頭だけが評価できて、それ以外はハマれば何が来てもおかしくないと見ていたので、◎◯のワイドを買えばあんまり印は増やさなくていいかなという判断で印抜け。買い方的に拾えていれば三連複の重ね買いも当たっていたので、ここら辺の△印の取捨はこれから精度を上げていかなければと反省です。

 

<富士ステークス レース結果>
1着:☆セリフォス 1番人気
2着:▲ソウルラッシュ
 3番人気
3着:◯ダノンスコーピオン 2番人気
除外:◎スマートリアン

ここは8時間ぐらい予想をして割と色気十分で期待していた穴馬◎スマートリアンが他馬に蹴られて競争除外・・・もう本当にこのレースの予想時間を返してくれという気持ちでいっぱいでした(苦笑)

このレースを予想した際のポイントは、、、

(1)とにかく決め手優位

(2)外枠有利

(3)ディープインパクト系 or キングカメハメハ系有利

の3点。

今年の富士ステークスは上位人気3頭がどれも決め手優位で、なおかつ外枠を引いたので人気馬は堅そう。その中でどれが穴を開けるかと言ったらスマートリアンしかない!!と見ていて、実際に外から差し込んできたワンツースリーで決まったのでちょっと萎えましたね・・・

除外になっていない世界線で、スマートリアンがこの人気3頭相手にどれくらいやれたかはちょっと見てみたかった感じがします。

 

富士ステークスは本命馬除外で全額返還。菊花賞もワイドの本線は当たってプラスで終わりましたが、2着馬に無印馬が来ているので、個人的な感覚ではなかなか「的中!」と言いづらく。他の平場レースも単勝を買ったら2着、馬連を買ったら1、3着、複勝を買ったら4着と何かに取り憑かれているんじゃないかという結果ばかりでした(泣)

まぁきっと今週末はその分でドカンとハマることを期待して、最後に上手く行った平場のレースはここに予想を載せておきます。

以下、実際の予想文になります。

↓↓↓

[10/23(日)] 阪神10R 元町S サラ3歳上3勝クラス 芝1600m

◎8   フラーズダルム
◯1   シャイニングフジ
▲6   マルカエイペックス
☆10 サトノラムセス
△2,4,8,9

[馬場]A=高速 [バイアス]フラット [展開]スロー [レース質]□□□■ [勝負度]E

【レース見解】

少頭数ながらまずまずのメンバーが揃った一戦。ただ、ゾンニッヒは速い上がりを使ったことがなく、ヴィアルークスも決め手勝負はそこまでというタイプ。コスタボニータは恵まれての3連勝という感じがぷんぷんしますし、この頭数でも荒れる要素は十分にあるんじゃないだろうか。

【本命 ◎8 フラーズダルム】

水準レベルの決め手はあるのだがどうしても直線平坦コースだと相対的にキレ負けしてしまうタイプで、ベスト条件は急坂コースでの決め手比べ。昨年も平坦の新潟コースでキレ負けを2戦した後に阪神で3連続好走という芸当をやっていますし、この馬は阪神コースだと瞬発力勝負でも十分に対応できる馬になります。

近4走は結果が出ていませんが、ストークSは超スローを馬群の中でどん詰まり。捌けていればほぼ間違いなく突き抜けていたようなレースぶり。湘南Sは直線ほぼ平坦の東京コースで外枠も厳しかった上にハイレベル戦。桑名Sは雨馬場の特殊レースでノーカウントでOK。長岡Sは外伸び馬場の外枠から下げて直線で最内を突くという理解不能の競馬になっていました。

今回は直線に急坂があるベスト条件の阪神マイルになりますし、鞍上が坂井騎手なら悠長に後ろで構える競馬になるとはなかなか考えにくい。坂井騎手はストークSでどん詰まりで脚を余した記憶があるので、外枠から包まれずにスムーズな競馬を心がけてくるはずで、この条件で外からスムーズに決め手を活かせれば普通に上位だと思います。

【対抗 ◯1 シャイニングフジ】

かなり掛かるところがある馬で、道中でしっかりと折り合いがつけば最後は脚が使えるタイプ。前走は中山マイルの大外枠という最悪な条件で、前に壁が作れずで途中で動いてしまって全く競馬にならず。今回は阪神マイルの1枠なら折り合いもつけやすいでしょうし、今回は巻き返せる順番じゃないでしょうか。

【単穴 ▲6 マルカエイペックス】

じっくり溜める競馬ならなかなかの脚が使える馬で、2勝クラス勝ち時にはタガノディアーナを完封して差し切り勝ち。昇級初戦の豊橋Sはハイレベル戦で対応できなかったが、ストークSは超スローからの上がり勝負で前が詰まっていてノーカウントで良さそう。前走も1400mのハイペース戦で忙しそうだったが、最後は差してきて0.2秒差の1:20:3の時計で走れていればこのクラスに目処も立っただろう。

今回はクラス慣れしてきたタイミングでベスト条件の阪神マイルを使ってきたのは絶好で、この条件でじっくり溜めて差す競馬ができれば普通にやれていいんじゃないだろうか。

【特注 ☆10 サトノラムセス】

一連のレースぶりを見ても時計の限界があるように見えるが、おそらく時計というよりは使える上がりに限界がありそう。1勝クラス勝ちと2勝クラス勝ちの連勝内容からしてそこまで弱い馬には見えませんし、今回は陣営コメントを見ても前目の競馬を狙ってくるとのことなので変わり身があっていいか。

【△2 ゾンニッヒ】

前走で初めてマイル戦を使われたが、じっくり溜める競馬でなかなかのパフォーマンス。走破時計1:33:4というのを評価しても良さそうで、母系が短距離血統ということもあってマイルの距離が合っても良さそう。ただ、前走で使った上がりは35.2ですし、これまでに使った最速上がりも34.2。阪神マイルで速い上がりが出せるかは今回で判明する感じがします。

【△4 コスタボニータ】

確かに未勝利レベルにいる馬ではなかったが、1勝クラス勝ちは外伸び馬場、2勝クラス勝ちはメンバーレベルに恵まれての3連勝。そこまでスパッとキレるタイプでないので高速馬場の阪神マイルで内枠というのは微妙ですし、今回で脆さを見せる可能性は十分にありそう。

【△8 メイショウホシアイ】

スピードと持続力が売りのモーリス産駒。1400mで持続力を活かしてこその馬でマイルへの距離延長は微妙なところ。コスモエスパーダ同様に切ることも考えたが、こちらの方がまだ成長力がありそうで鞍上福永ということで抑えました。

【△9 ヴィアルークス】

母父サドラーズウェルズということもあってキレキレの脚を使うタイプではないが、しっかり溜めれば最後は堅実に差してこれるディープインパクト産駒。1勝クラス勝ちも2勝クラス勝ちもそこまでキレの問われないレースに恵まれた感じで、桑名Sも特殊馬場でキレがあまり必要なかった。前走はスローペースでキレ負けしていますが、今回も同じようなレースになりそう。

【消3 クロスマジェスティ】

アネモネS勝ちはあるがその後はさっぱり見所のないレース続き。よほどアネモネSが恵まれたんだと思います。

【消5 コスモエスパーダ】

先行力と持続力が売りの馬で、キレが問われない条件でこその馬。ここ2戦は上手く上がりが掛かっていますが、今回は阪神マイルとなると末脚キレ系に飲み込まれる。

【推奨買い目】

単勝 8 フラーズダルム

三連複 8→1,6,10→1,6,10,2,4,8,9

【買い目及び予想のポイント】

ここは外からスムーズな競馬(できれば前目で)が叶いそうな◎フラーズダルムが有力。ストークSの内容からも勝ち目までありと見て単勝と、穴目3頭を2列目に入れた三連複で波乱を狙いたい。

<レース結果>
1着:◎フラーズダルム 5番人気
2着:△ゾンニッヒ
 1番人気
3着:△メイショウホシアイ 4番人気

 

秋華賞、菊花賞に引き続いて今週末は天皇賞(秋)!!

一時はメンバーレベルがなんだかなぁと思うことも多くなっていたレースでしたが、最近はやたらにハイレベルなメンバーが揃うことが多いですね。今年も好メンバーがズラリと揃って非常に面白いレースになりそう。現地には行けませんが、テレビの前でその興奮を味わえればと思います。もちろん的中馬券と共に。

今週もブログ及びメルマガともどもよろしくお願いいたします(^^)

 

「毎週大きな馬券が当たる!」なんていう誇大広告をあげているところのような派手な結果は期待できませんが、そこそこ毎週当たって2、3週に1回ぐらいドッカーンと大きい万馬券がハマるような感覚で競馬を楽しみたいなら、当ブログが発行しているメルマガ「競馬をビジネスにする」がオススメです。

もう発行して6年になりますが、いまだに発行当時からの読者もいるぐらい購読期間が長い方が多いのがウチのメルマガの特徴。一般的に競馬メルマガやオンラインサロンは誇大広告で煽って一時的にお客を集めるところが多いですが、ウチはそういうところではありません。長く読み続けたい方は長く読んでもらって、少しだけかじってノウハウを身につけたら購読をやめるなんて人も全然OK。

こういうメルマガやオンラインサロンの類の中では珍しく(?)地道に真面目にコツコツと運営していますので、あまり気張らずにお試し読みをしていただければと思います。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」のご紹介

さて、2022年も10月になりました。

ここでは徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」の新規読者募集をさせていただきます。

 

今までサイト「競馬はビジネスである」を通して、私自身、競馬ブログサイトの中でも最上級に時間をかけた分析の上、説得力のある予想をお伝えしてまいりました。外れても納得できるだけの自慢の予想をお送りできていたかと思います。

その予想・考察に結び付くまでにどのようなデータを作成しているのか?どのようなプロセスを踏んでいるのか?そういったところまでをメルマガ「競馬をビジネスにする」では全て隠すことなくお伝えいたします。

正直な話、私は尋常ではない時間をかけて競馬のデータと考察を行っています。それを必要とされる方がいるのであれば還元できれば。そして勝ち組になっていただければ、というのがこのメルマガの趣旨でございます。

 

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

 

当メルマガはクオリティでどの雑誌やメルマガにも劣っていないと思っております

正直、過大広告や一度の的中を誇張するメルマガなどが多く蔓延っているのが実情。その中で当メルマガは「クオリティだけに特化して」配信しています。もしかすると2、3週連続で不調で当たらないかもしれません。ですが、その間に配信している内容にクオリティの低いものは一切ないと断言できます。

 

おかげさまで発行4年になる当メルマガですが、メルマガ発行業界大手のレジまぐ様の売上ランキングで1位になるまでになりました。

購読者数ランキングに関してもPC版とモバイル版の2つに分かれていながら、どちらも2位と3位という圧倒的な支持を頂いています。

この順位までこれたのも「圧倒的に継続読者数が多い」ということが理由です。小手先の一度の的中などに満足せず、必然的に的中するための分析と回顧の積み重ねでクオリティを維持しているおかげと思っております。

もちろんこれだけでは満足せず、、、

圧倒的なクオリティ業界一を目指します!!!

 

さて、ここでメルマガの各曜日ごとの配信詳細を紹介しましょう。

 

【月曜日】先週の重賞回顧

月曜日に先週の重賞回顧を配信します。前週に行われた重賞レース出走馬全ての馬に回顧コメントをつけて配信しております。次走注目馬などもご紹介。

 

【水曜日】中央競馬の全レース回顧

水曜日には前週に行われた中央競馬の全レース分の回顧文&データを配布します。

 

各競馬場ごとに前週に行われた全てのレースの詳細と勝ち馬の評価、そしてそのレースで不利を受けた馬や次走注目するべき馬、危険な人気馬などを全て網羅して配信しております。

そんな、文章でのボリューム満載なレース回顧に加えて、、、

スクリーンショット 2015-12-31 15.45.42

スクリーンショット 2015-12-31 15.46.00

エクセルファイルにて競馬場ごとに新馬戦から上級戦まで、全てのレースの結果情報、レース回顧コメント、先週の結果分析のタイムランク情報などを載せたデータファイルを毎週配信しています!

正直言って回顧をやっているブログ、メルマガはあれど、中央競馬の全レースの回顧をまとめて配信している媒体はウチだけだと思います。

これを見れば縦比較で走破時計やレースラップがどれくらい優秀なのか把握できますし、予想の際にこれを見ればどの馬が強いレースを戦ってきたのかが一目瞭然です。

ただ、この文章だけではなかなかどういうものか伝わりにくいと思うので、2016年の函館競馬場の全レース分析データを下記リンクで無料でダウンロードできるようにしておきました。こちらを見てどんなものか確認頂ければ幸いです。

 

【金曜日】重賞プレ予想
金曜日は重賞のプレ予想を配信いたします。ここで「競馬開催日の競馬ノート」の週末のパスワードを配布いたします。ここから週末のレース予想が始まっていきます!

 

【土曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【日曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【不定期】地方競馬の重賞予想

地方交流重賞並びに南関競馬の重賞をメルマガ限定コンテンツとして配信しております。

※以前は地方交流GI並びに南関のSIレースに関してはブログで全体公開としていましたが、今後はメルマガ限定のコンテンツとなります。

 

【不定期】海外競馬のレース予想の配信

最近では海外競馬の馬券もPATで購入できるようになりました。海外競馬のレース予想に関してもメルマガにて配信します。こちらは実施が不定期なので配信日はその時々になりますが、メルマガをご購読いただければ海外競馬まであなたの競馬ライフをカバーいたします。

 

これだけのボリュームあるコンテンツを毎日更新予定!!

サイト記事だけではわからない予想する際に使うデータベースや、結論を導くまでのメソッドをメルマガを通して余すことなくお伝えできればと思っております。

今までなんとなく馬券を買ってきたという方は、ぜひ本当の競馬力を身につけていただくためにも読んでいただければ幸いです。競馬予想の真髄をお見せいたします。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

関連記事

3月1週のレース回顧〜牡牝ともにクラシック一冠目の様相が見えてきました〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

2月4週のレース回顧〜大阪杯への楽しみが増えるパンサラッサという個性派の登場〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

6月4週のレース回顧〜タイトルホルダーが堂々と現役最強宣言!〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

5月5週のレース回顧〜第89回東京優駿はドウデュース号の勝利〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

6月1週のレース回顧〜不利はある程度予測できたか??〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

2月3週のレース回顧〜雨と展開は読むのが至難〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

2月1週のレース回顧〜小倉より、矢作調教師の眼力に脱帽〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

11月1週のレース回顧〜JBCも含めて怒涛の競馬週間でございました〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

5月4週のレース回顧〜晩成血統ドゥラメンテが二冠馬を輩出〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

8月3週のレース回顧〜WINS横手で競馬観戦してきました〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

【チャレンジカップ2022の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

チャレンジカップ2022(阪神芝2000m)の考察です。 12月

クイーン賞2022の予想を公開!

クイーン賞2022(船橋ダート1800m)の予想です。 11月3

【チャンピオンズカップ2022の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

チャンピオンズカップ2022(中京ダート1800m)の考察です。

11月4週のレース回顧〜今年のジャパンカップも外国馬は活躍できず〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間

京阪杯2022の予想を公開!

京阪杯2022(阪神芝1200m)の予想です。 11月27日に阪

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑