*

神戸新聞杯2019の予想を公開!

公開日: : 重賞レース考察・予想

神戸新聞杯2019(阪神芝2400m)の予想です。

9月22日に阪神競馬場で開催され発走時刻は15:35です。出走馬はサートゥルナーリア、ヴェロックス、ワールドプレミア、レッドジェニアルなど。阪神競馬場の芝2400mで行われるGIIです。

 

[PR] 今夏絶好調の予想サイト「TAZUNA」の実力をここで紹介します!

人気競馬サイト「TAZUNA」
ここの予想が今夏的中が相次いだということで調べました!
まずキャンペーン情報では直近の的中でもご覧の通りズラリと的中実績が!
まだこれはあくまでも抜粋にすぎません!

【無料予想重賞成績(抜粋)】
左→札幌記念(G2)
中→小倉記念(G3)
左→CBC賞(G3)
▼実際に配信された買い目



▼札幌記念(G2)無料3連複予想
3連複1-9-10 1,260円的中◎
▼8/4(日)小倉記念(G3)的中◎
小倉記念(G3)3連複8-9-6 8,030円×500=40,150円的中!!
1番人気メートルグラースを完全に信頼して1頭軸で、5.6番人気を絡めて見事に的中!
▼6/30(日)中京11RCBC賞(G3)的中◎
3連複フォーメーション予想的中!
3-4-9 3,350×500=16,750円(推奨金額)

そして今年はここからTAZUNAの伝説は始まっています!桜花賞と皐月賞両無料配信!
今年の「桜花賞(G1)、皐月賞(G1)」実際に配信された「無料」買い目はこちら。


桜花賞回収率599、皐月賞回収率148%を達成!!

TAZUNAは毎週土日2鞍ずつ基本ワイド・3連複予想を無料配信!
今週は「神戸新聞杯・オールカマー(G2)」週。
今週ももちろん無料予想が配信されるのでこの実績の予想を受け取らないには損でしかありません!

無料でTAZUNAに登録で無料配信を受け取る!

無料予想で稼いでキャンペーン情報に移行もアリ!

 

神戸新聞杯 2019予想

先出し本命馬(せっかちな方はこちらから)

下記のバナーのクリック先で馬名は公開しておりますので、どうぞ応援クリックよろしくお願いします。


中央競馬ランキング

 

神戸新聞杯の週中分析記事はこちらから

 

予想の根拠

「今年の牡馬クラシックはもう明確な3強状態と考えて良さそうで、超ハイレベルだった皐月賞の1〜3着(サートゥルナーリア、ヴェロックス、ダノンキングリー)の3頭が抜けて強いと考えていいはず。

この3強が出てきた場合はコース適性云々を置いておいて「ただ強い」というだけで重い印を打たなければならないと思うが、この3強以外に関してはほとんど能力差のない団子状態の勢力図というのが個人的な見立て。

実際に皐月賞と日本ダービーで3強以外の馬の着順はガラリと変わりましたし、この世代は中距離重賞でも毎回のように違う馬が台頭して荒れることが多かった。それだけ3強以外の能力差はほとんどないと考えるのが妥当で、そのコース適性に合うかどうかで着順がガラリと変わってしまう感じだ。」

こちらはセントライト記念の予想の時に考察の中で書いた文章。この見立てからセントライト記念は適性最上位の◎リオンリオンを本命としてあとは横一線という見解に至ったわけだが、神戸新聞杯はそういうわけにはいかない。それもそのはずで、この世代で最も強い3頭のうちの2頭がこの神戸新聞杯には出てくるからだ。

もともと神戸新聞杯は紛れの少ない阪神芝2400mで行われますし、人気馬が実力通りにきっちりと走るレース。そういうガチガチの傾向が強いレースに今年の3歳牡馬の中で圧倒的に強い3強のうちの2頭が出てくるんですから、もうあえて逆らっての穴狙いをしても当たらないレースかと思います。

 

日曜日の阪神競馬場の天気は実に予測が難しいところだが、土曜夜時点ではそこまで競馬開催中の大雨はなさそうな感じ。馬場が悪化しても稍重馬場ぐらいで済みそうですし、今の絶好の馬場コンディションの阪神競馬場ならば、稍重馬場になっても少し時計がかかるぐらいで道悪適性が要求されるような馬場にはならないだろう。

強すぎる2強を避けたというのもあるのか、菊花賞のトライアル戦とは思えないほどの少頭数になりましたし、逃げ先行タイプも全くいないメンバー構成。どの馬も権利だったり賞金を考慮して乗るとなれば奇をてらった大逃げをしてくるような馬もいないでしょうし、まずスローペースからの瞬発力勝負になるだろう。

基本的には上位人気馬でガチガチの決着で決まる可能性が高いとは見ているが、紛れる可能性があるとすればこのスローペースが鍵になりそう。馬の総合力よりも一瞬の決め脚の質が問われるようなレース質になりそうですし、そういう展開になれば2強同士のワンツーではなく一角崩しぐらいはあってもいいと見て予想を組み立てました。

というわけで予想の発表。

 



 

 

より詳細な予想考察はメルマガにて

arg1

arg2

メルマガでは金曜日に重賞まとめデータと称して、その週の重賞の全頭診断などを含むより詳細な予想を公開、配信しております。

推奨買い目などもメルマガ限定の公開となっておりますので、ご興味ある方はコチラより詳細をご確認ください。

 

 

神戸新聞杯 2019の印

本命 ◎本命馬は下記ブログランキングの文中で公開!


中央競馬ランキング

本命は今までのキャリアでベストな条件と見てこの馬の激走に期待したい。

もともとセレクトセールで2億5000万越えのスーパーな値段で競り落とされた期待馬で、日本ダービーでの実績豊富な有能厩舎に預けられたのを見ても相当な期待を込められていた馬。ただ、この調教師は決して無謀なチャレンジはせずに馬にとって最も良い選択ができる人物という印象で、せっかく皐月賞に出られる権利を持ちながらも春のクラシックをパスして成長を促す選択をした。現役調教師で最も中長距離馬を作ることに長けている人物ですし、過去にはヴィブロスもこのパターンで夏には別馬になった実績もある。

今までの戦績を見てもワンターンの直線の長い舞台では2戦2勝。しかも500万勝ちはタイムランクAの超ハイレベル戦でしたし、馬群を捌くのに手間取ったおかげで着差は少しでしたが最後は流していたので2着以下とは相当な能力差があっただろう。

一方でコーナー4回の芝2000mでは全く良さが出ない馬で、4コーナー部分のスピードアップについていけずに最後方まで置いていかれ、その後に直線で伸びてはくるが小回りの短い直線では届かず、、、という競馬を繰り返していた。この辺りがまだ未完成状態だった春シーズンのこの馬の最大の課題だったと言っていい。それでも若葉ステークスでは加速がついた後はヴェロックスと遜色ない末脚を見せていましたし、素質的な面ではここまでのオッズほどの差はないと見ている。

今回は直線が長い外回りの阪神芝2400mというのはいかにもこの馬にとって向きそうな条件。ズブさを見せていた馬だけに距離延長も良さそうですし、今回のメンバーの中で舞台適性が最も高いのはこの馬か。前述の通りで春のクラシックで無理をしなかった事で、馬が化けている可能性も結構ありそうですし、この血統は休み明け初戦からいきなり走れる事で有名。

不器用な馬なので少頭数もプラスですし、スローペースからの瞬発力勝負になればこの血統の良さが最大限に活きる可能性は十分にありそう。一団の競馬からの瞬発力勝負になれば、サートゥルナーリアはまだしも瞬発力には欠けるだろうヴェロックスなら先着できてもおかしくないと見ています。なんとか2強のワンツーをこの馬が阻止してくれれば、少しは配当妙味が出てくるんじゃないでしょうか。

 

対抗 ◯サートゥルナーリア

対抗は断然人気でもサートゥルナーリアが崩れることはまず考えにくい。

キャリアを通して崩れたのは日本ダービーの4着だけ。その日本ダービーも出遅れた上に高速馬場のハイペース戦を4コーナーから外を回してヴェロックスと競り合ってのあの着差。前走でヴェロックスよりも強い競馬をしていたのはこちらですし、今回はスローペースからの瞬発力勝負になると考えれば適性高いのは間違いなくこちらでしょう。

前走こそ出遅れましたが、今回はルメールに手が戻ることで完璧なレースセンスを取り戻しそう。少々出遅れたところでこの相手と頭数ならば大した痛手になるとも思えませんし、単勝1倍台前半かもしれませんが普通にこの馬があっさり勝って終わる可能性が最も高いんじゃないでしょうか。

 

単穴 ▲ヴェロックス

2強のうちでどちらかが崩れるならば、それはヴェロックスの方だと思います。

跳びが大きい雄大なフットワークを誇りながら立ち回りが上手く、コーナリングセンスで優位に立つことができる馬で、直線の長い末脚の質を問われる競馬場よりもコーナー4回の小回りコースを得意とするタイプ。

過去の戦績を見ても、勝利しているのは全てがコーナー4回の小回りコース。非常に強い競馬を見せて2着に好走した皐月賞も小回りコースでしたし、一方でワンターンで直線の長い舞台だった野路菊Sと東スポ杯では、この馬の絶対能力を考えれば負けようのない馬に先着されている。

これらを踏まえても、この馬は抜群の立ち回りセンスと素晴らしい心肺能力を持っているが、一方で直線の長いコースでの決め手比べはそこまで得意ではないと考えるのが妥当。日本ダービーでは私は◎ヴェロックスで本命を打ったが、それはペースが流れることが明らかで瞬発力よりも持続力が問われると考えたため。そういうレース質になれば直線が長いコースでも強い競馬を見せると思うが、おそらく今回の神戸新聞杯はそういうレースにならない。

ここを勝ちに行くのが最大目標であれば、4コーナーぐらいから早めに動いてロンスパ戦に持ち込んで押し切れば良いと思うが、もう絶対目標は次走の菊花賞というのは明白。次走で3000mを走ることを考えれば折り合い重視で溜める競馬をしそうですし、もし早めに動かずに他馬と同じタイミングでのスパート勝負になれば、決め手で屈して3着、もしかすると4着まであっても良いかなと見ています。まぁそれでも普通に強いので3着は確保してくるんじゃないでしょうか。

 

特注 ☆レッドジェニアル

ここ2戦のレース内容は評価できそうなレッドジェニアルだが絶対的な瞬発力には欠ける印象。

キングカメハメハ産駒ではあるが母父マンハッタンカフェの影響を受けているような持続力差しタイプという感じで、スローの決め手勝負よりは前が止まるような持続力勝負でこそ良さが出そうな差し馬という印象を持っています。今回はスローから直線だけの徒競走になりそうですし、そうなると他のキレるタイプの馬に先着するのはどうかという感じはします。

また、もう一点気になるのがアザレア賞で負けてから京都新聞杯→日本ダービーで一気にパフォーマンスを上げている点。アザレア賞は今回と同じ阪神芝2400mでしたし、雨の影響でかなりタフな馬場でした。急坂コースがダメな可能性もありますし、とにかく高速馬場が得意な可能性もあり。明日はなんだかんだで雨で馬場が渋りそうですし、リスクがあるとなるとここまでの評価が精一杯でした。

 

 

消 ユニコーンライオン

ユニコーンライオンに関してはコース適性ない上にどう考えても距離が長そう。

確かにつばき賞2着の内容は強いのだが、血統イメージ通りにスパッとキレない持続力型で外回りコースは間違いなく合わないはず。父ノーネイネヴァーはスプリント戦で活躍したような馬ですし、この馬も馬体を見ても明らかに距離に限界がありそう。適性的には小回り1800mでスピードを活かしてこその馬だと思いますし、まずここは外回りも距離延長も無理だろう。

 

消 シフルマン

シフルマンは今回の条件での決め手勝負では分が悪そう。確かにここ2戦は立ち回りも上手くて成長を見せてはいますが、前走にしてもラチ沿いから完璧な競馬ができたのは確か。

今までの戦績を見てもスパッとキレるタイプの馬には見えませんし、阪神芝2400mのスロー瞬発戦ではあっさりとキレ負けして終わると思います。

 

 

印まとめ

◎本命馬はブログランキングの先にて公開中!

中央競馬ランキング

◯サートゥルナーリア
▲ヴェロックス
☆レッドジェニアル

勝負度 E

 

推奨馬券

神戸新聞杯の買い目、及びその他の平場の予想は基本的にメルマガ限定での配信となります。もしご興味ある方はこの機会にメルマガにご登録してみてください。

 

当メルマガ「競馬をビジネスにする」では、、、

初月無料キャンペーンを実施しております!

まずはお気軽にご登録頂き、競馬予想の真髄はどういったものかを見ていただければ幸いです。

当サイトをご愛顧頂いている方、データベースを見たい方、競馬力を身につけたい方、とにかく馬券を当てたい方、皆様に満足いただけるようなコンテンツとなっておりますので、ぜひともご購読頂けますと幸いです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版>

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」のご紹介

さて、2019年も9月になりました。

月初になったということで徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」の新規読者募集をさせていただきます。

 

今までサイト「競馬はビジネスである」を通して、私自身、競馬ブログサイトの中でも最上級に時間をかけた分析の上、説得力のある予想をお伝えしてまいりました。外れても納得できるだけの自慢の予想をお送りできていたかと思います。

その予想・考察に結び付くまでにどのようなデータを作成しているのか?どのようなプロセスを踏んでいるのか?そういったところまでをメルマガ「競馬をビジネスにする」では全て隠すことなくお伝えいたします。

正直な話、私は尋常ではない時間をかけて競馬のデータと考察を行っています。それを必要とされる方がいるのであれば還元できれば。そして勝ち組になっていただければ、というのがこのメルマガの趣旨でございます。

 

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

 

当メルマガはクオリティでどの雑誌やメルマガにも劣っていないと思っております

正直、過大広告や一度の的中を誇張するメルマガなどが多く蔓延っているのが実情。その中で当メルマガは「クオリティだけに特化して」配信しています。もしかすると2、3週連続で不調で当たらないかもしれません。ですが、その間に配信している内容にクオリティの低いものは一切ないと断言できます。

 

おかげさまで発行4年になる当メルマガですが、メルマガ発行業界大手のレジまぐ様の売上ランキングで1位になるまでになりました。

購読者数ランキングに関してもPC版とモバイル版の2つに分かれていながら、どちらも2位と3位という圧倒的な支持を頂いています。

この順位までこれたのも「圧倒的に継続読者数が多い」ということが理由です。小手先の一度の的中などに満足せず、必然的に的中するための分析と回顧の積み重ねでクオリティを維持しているおかげと思っております。

もちろんこれだけでは満足せず、、、

圧倒的なクオリティ業界一を目指します!!!

 

さて、ここでメルマガの各曜日ごとの配信詳細を紹介しましょう。

 

【火曜日】先週の重賞回顧

火曜日に先週の重賞回顧を配信します。後ほど下記に詳細を書いておりますが、金曜日に配信する重賞まとめデータに結果を書き入れた形のPDFファイルとしても配信します。

 

【水曜日】地方競馬の重賞予想

地方交流重賞並びに南関競馬の重賞をメルマガ限定コンテンツとして配信しております。だいたい地方競馬の重賞は水曜日に行われるので、水曜日にメルマガにて予想を配信しております。

※以前は地方交流GI並びに南関のSIレースに関してはブログで全体公開としていましたが、今後はメルマガ限定のコンテンツとなります。

 

【木曜日】中央競馬の全レース回顧

木曜日には前週に行われた中央競馬の全レース分の回顧文&データを配布します。

 

各競馬場ごとに前週に行われた全てのレースの詳細と勝ち馬の評価、そしてそのレースで不利を受けた馬や次走注目するべき馬、危険な人気馬などを全て網羅して配信しております。

そんな、文章でのボリューム満載なレース回顧に加えて、、、

スクリーンショット 2015-12-31 15.45.42

スクリーンショット 2015-12-31 15.46.00

エクセルファイルにて競馬場ごとに新馬戦から上級戦まで、全てのレースの結果情報、レース回顧コメント、先週の結果分析のタイムランク情報などを載せたデータファイルを毎週配信しています!

正直言って回顧をやっているブログ、メルマガはあれど、中央競馬の全レースの回顧をまとめて配信している媒体はウチだけだと思います。

これを見れば縦比較で走破時計やレースラップがどれくらい優秀なのか把握できますし、予想の際にこれを見ればどの馬が強いレースを戦ってきたのかが一目瞭然です。

ただ、この文章だけではなかなかどういうものか伝わりにくいと思うので、2016年の函館競馬場の全レース分析データを下記リンクで無料でダウンロードできるようにしておきました。こちらを見てどんなものか確認頂ければ幸いです。

 

【金曜日】重賞まとめデータ配布
金曜日は重賞のまとめデータを配布します。この時点で重賞のプレ予想を配信いたします。

arg1

arg2

このような形で週末の重賞の出走馬の全頭レビューを印付きでPDFファイルにて配信いたします。

 

【土曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【日曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【不定期】海外競馬のレース予想の配信

最近では海外競馬の馬券もPATで購入できるようになりました。海外競馬のレース予想に関してもメルマガにて配信します。こちらは実施が不定期なので配信日はその時々になりますが、メルマガをご購読いただければ海外競馬まであなたの競馬ライフをカバーいたします。

 

これだけのボリュームあるコンテンツを毎日更新予定!!

サイト記事だけではわからない予想する際に使うデータベースや、結論を導くまでのメソッドをメルマガを通して余すことなくお伝えできればと思っております。

今までなんとなく馬券を買ってきたという方は、ぜひ本当の競馬力を身につけていただくためにも読んでいただければ幸いです。競馬予想の真髄をお見せいたします。

 

当メルマガ「競馬をビジネスにする」では、、、

初月無料キャンペーンを実施しております!

まずはお気軽にご登録頂き、競馬予想の真髄はどういったものかを見ていただければ幸いです。

当サイトをご愛顧頂いている方、データベースを見たい方、競馬力を身につけたい方、とにかく馬券を当てたい方、皆様に満足いただけるようなコンテンツとなっておりますので、ぜひともご購読頂けますと幸いです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版>

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

購入する!

関連記事

小倉2歳ステークスの予想を公開!

小倉2歳ステークス2019(小倉芝1200m)の予想です。 9月1日に小倉競馬場で開催され発走

記事を読む

ファルコンS2017の予想を公開!

ファルコンS2017(中京芝1400m)の予想です。 3月18日に中京競馬場で開催され発走時刻

記事を読む

チャレンジC [2] ウインフルブルームがレースの鍵

箱根駅伝のエントリーが発表されましたね。私は往路も復路も現地参戦、正直な話を言ってしまうと金杯よりも

記事を読む

京成杯オータムハンデ2018の予想を公開!

京成杯オータムハンデ2018(中山芝1600m)の予想です。 9月9日に中山競馬場で開催され発

記事を読む

【函館記念2018の予想ヒント】枠順から見るレース見解

函館記念2018(函館芝2000m)の考察です。 7月15日に函館競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

マーチSの予想を公開!

中京3Rも微妙に外が伸びそうな感じで、どこの会場も曇りがかっていつ雨が降るかわかんない感じで午後は買

記事を読む

札幌2歳ステークス2017の予想を公開!

札幌2歳ステークス2017(札幌芝1800m)の予想です。 9月2日に札幌競馬場で開催され発走

記事を読む

ファンタジーステークスの予想を公開!

今日の東西の重賞は日本国民全体が悩んでいるんじゃないか。そう思わせるほど難解なレースだ。それでは京王

記事を読む

平安ステークス2019の予想を公開!

平安ステークス2019(京都ダート1800m)の予想です。 5月18日に京都競馬場で開催され発

記事を読む

【2016】日経賞の予想を公開!

今日は3/26(土)に行われる日経賞の予想です。中山芝2500mで行われるGII戦です。 【PR】

記事を読む

【菊花賞2019の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

菊花賞2019(京都芝3000m)の考察です。 10月20日に京

白秋ステークス2019の予想を公開!

白秋ステークス2019(東京芝1400m)の予想です。 10月1

府中牝馬ステークス2019の予想を公開!

府中牝馬ステークス2019(東京芝1800m)の予想です。 10

マイルチャンピオンシップ南部杯2019の予想を公開!

マイルチャンピオンシップ南部杯2019(盛岡ダート1600m)の予想で

秋華賞2019の予想を公開!

秋華賞2019(京都芝2000m)の予想です。 10月13日に京

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑