*

淀短距離ステークスの予想を公開!

公開日: : 重賞レース考察・予想

高校サッカーの決勝戦を見てます。個々のテクニックの高さで勝負する前橋育英と組織力で勝る星陵って感じでいい試合です。ギリギリ、メイン前に終わるかって感じの試合なので馬券を買い忘れなように注意します。

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」

arg1  全レースデータ

サイトだけでは伝えきれない筆者の競馬予想のメソッドを皆さんへお届け。競馬予想の真髄をあなたへ伝授いたします。詳細はコチラから。  

↓↓↓ココからが本題↓↓↓  

淀短距離ステークス 印

◎リアルヴィーナス
◯エイシンブルズアイ
▲アンバルブライベン
にて公開中!!(キーワードB)
△ラインスピリット
△アイラブリリ
△サドンストーム
△マコトナワラタナ
△ダノンプログラマー

ニザエモンが何が何でもハナ宣言。アンバルブライベンも間違いなく逃げたいはずで、内のラインスピリットもアイラブリリも行きたい口の馬。

いくら先行、内有利としてもこれだけ徹底先行型が揃えばペースは上がり、逃げタイプは軸にしづらい。かといって今の京都馬場は外を回しての差しは届かない。有力どころの差し馬は全て外枠に入り、しかも一番人気のエイシンブルズアイは馬場を読めない福永騎手。そうなれば内からスパッと差せそうな穴馬を狙ってみたい。

本命は◎リアルヴィーナスに打つ。

ここ3戦は重賞でちぐはぐな競馬が続いていたが、葵ステークスでの勝ちっぷりを見る限り立て直せば重賞でも十分にやれる器。今回は葵ステークスとおなじ京都1200mに戻り、十分に間隔をとってたて直されてきた。ペースは速くなるが外を回してはいけないレースになりそうで、内でじっとして直線を向いて内を突ければ穴をあける資格は十分。

関連記事

【カペラステークス2018の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

カペラステークス2018(中山ダート1200m)の考察です。 12月5日に中山競馬場で開催され

記事を読む

北九州記念の予想を公開!

【3週連続高配当的中の無料予想】 「夏競馬は調子が重要」「夏競馬は格より勢い」などと 言われ

記事を読む

【毎日杯2018の予想ヒント】レースラップや馬場、展開などを分析考察します

毎日杯2018(阪神芝1800m)の考察です。 3月24日に阪神競馬場で開催され発走時刻は15

記事を読む

マーチS [2] 素質よりも中山適性

マーチSはちょっと登録馬が多すぎて予想自体はメンバーが確定してからになりそうだが、ある程度の狙いだけ

記事を読む

京成杯 [1] 1800m以上の実績ない馬は必要なし

バロンドールがクリスティアーノ・ロナウドに決まりましたね。まぁどう考えてもゴール数とか見たら当たり前

記事を読む

マイラーズC2017の予想を公開!

マイラーズC2017(京都芝1600m)の考察です。 4月23日に京都競馬場で開催され発走時刻

記事を読む

【2016】府中牝馬Sの予想を公開!

今日は10/15(土)に行われる府中牝馬ステークスの予想です。   3場開催は

記事を読む

【2016】福島牝馬S / 有力馬考察(シャルール、アースライズなどの徹底分析)

今日は4/23(土)に行われる福島牝馬Sのレース考察を行います。福島芝1800mで行われるGIII戦

記事を読む

【オーシャンステークス2018の予想ヒント】過去データやローテ、血統などを分析考察します

オーシャンステークス2018(中山芝1200m)の考察です。 3月3日に中山競馬場で開催され発

記事を読む

【2016】アルゼンチン共和国杯/ レース考察(東京芝2500mで行われるGII戦を徹底考察します)

今日は11/6(日)に行われるアルゼンチン共和国杯のレース考察を行います。東京芝2500mで行われる

記事を読む

Message

【東海ステークス2019の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

東海ステークス2019(中京ダート1800m)の考察です。 1月

【AJCC2019の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

AJCC2019(中山芝2200m)の考察です。 1月20日に中

1月2週のレース回顧〜デムルメの2019年のはじまり

さて、先週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時

京成杯2019の予想を公開!

京成杯2019(中山芝2000m)の予想です。 1月14日に中山

日経新春杯2019の予想を公開!

日経新春杯2019(京都芝2400m)の予想です。 1月13日に

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑