*

桜花賞2020の予想を公開!

公開日: : GIレース考察・予想

桜花賞2020(阪神芝1600m)の予想です。

4月12日に阪神競馬場で開催され発走時刻は15:40です。出走馬はレシステンシア、マルターズディオサ、サンクテュエール、デアリングタクトなど。阪神競馬場の芝1600mで行われるGIです。

 

[PR] 先週の2重賞を大的中!絶好調の予想サイトをここに紹介!

土曜は無料情報のワイドが回収率276%的中!

桜花賞週も注目の重賞プラン★

ーーーーーーーーーーーーーーーー

◆先週の的中実績

【EMINENT-エミネント-】

■4/5(土)「ダービー卿CT(G3)

券種:3連複/点数:16点/推奨:500円

690.4倍×500円=345,200円/回収率4315%

13人気ポンセルヴィーソ2着で大波乱を的中!

■4/6(日)「大阪杯(G1)

券種:3連単/点数:6点/推奨:1500円

78.1倍×1500円=117,150円/回収率1301%

小点数の6点で見事3連単的中!

ーーーーーーーーーーーーーーーー

◆直近1ヵ月重賞的中実績

<
4月の初週も重賞ダブル的中で良い滑り出しでしたね。今週は桜花賞、来週は皐月賞と大きいレースが続くのでこれからも目が離せません!

ーーーーーーーーーーーーーーーー

今週はもちろんG1桜花賞の無料予想が土曜夜に公開されます!人気上位馬が混戦模様で波乱の予感がしています。ぜひ無料なので週末買い目を受け取ってみてください。 今週は8日(水)の大井競馬重賞の東京スプリントも無料予想あるみたいなのでこちらも注目!

桜花賞週の無料予想をゲット!

無料メール登録だけでOK!土日2鞍ずつ週末計4鞍が無料。G1シーズンは特に注目です!

 

桜花賞 2020予想

先出し本命馬(せっかちな方はこちらから)

下記のバナーのクリック先で馬名は公開しておりますので、どうぞ応援クリックよろしくお願いします。


中央競馬ランキング

 

桜花賞の週中分析記事はこちらから

 

予想の根拠

阪神芝は先週までの傾向を見ても前残り傾向が顕著。大阪杯も完全なるイン先行決着になりましたし、今週の桜花賞も先行有利の立ち回り決着と想定する人も多そうな感じ。

ただ、こと桜花賞となると外回りコースになってからの歴史を見てもハイペースになることが多く、基本的には脚を溜めた差し馬の活躍が目立つ。昨年のグランアレグリア、2017年のレーヌミノル、2015年のレッツゴードンキあたりはスローペースや道悪馬場を利しての前残りという感じでしたし、基本的に平均ペース以上で流れた年の桜花賞は脚を溜めた差し馬が台頭してくる。

今年は前哨戦のチューリップ賞がスローペースになり、なおかつ抑える逃げを打ったレシステンシア、逃げられなかったスマイルカナのどちらもが「抑えてもダメ」と実感したはず。本番の今回は阪神ジュベナイルフィリーズのようなハイペースからのポテンシャル勝負になるはずで、例年の桜花賞の傾向から言っても能力ある差し馬同士の末脚比べになる可能性が高そうだ。

と、ここまで週中時点で考えていた内容だが、どうやら日曜日は昼過ぎからまとまった雨が降っての重馬場が濃厚。まずパンパンの良馬場での高速決着は望めないと見て良さそうで、タフ馬場での地力決着のような格好になるか。キレを売りとする馬は若干の割引が必要とは思うが、それでもペース流れてのポテンシャル勝負の格好となれば馬場適性以上に絶対能力が問われるはず。ここは素直に世代最上位の馬から狙い撃ちたい。

というわけで予想の発表。

 



 

 

より詳細な予想考察はメルマガにて

arg1

arg2

メルマガでは金曜日に重賞まとめデータと称して、その週の重賞の全頭診断などを含むより詳細な予想を公開、配信しております。

推奨買い目などもメルマガ限定の公開となっておりますので、ご興味ある方はコチラより詳細をご確認ください。

 

 

桜花賞 2020の印

本命 ◎本命馬はブログランキングの先で公開中!


中央競馬ランキング

本命は世代最上位と見ているこの馬の圧勝に期待したい。

もともと新馬戦からポテンシャルは評価していた馬だが、その凄まじい素質を実感したのは2戦目のパフォーマンス。確かに外差し馬場でハイペースが味方したとはいえ、楽々と外から抜け出すと最後は持ったままで突き抜けての大楽勝。その時計はレースレコードを更新するものですし、この馬より0.1秒遅い時計で過去に走っているウオッカのその後の活躍を見ても明らかに凄まじいパフォーマンスだったと言っていい。しかも、この馬はそんな時計を持ったままで加速ラップで突き抜けているんだから驚きだろう。

その前走は時計やラップ以外でもレースレベルの高さがうかがえるところで、大きく突き放した4着のエーポスが次走でフィリーズレビューを制覇。3着のスマートリアンが次走でチューリップ賞を0.3秒差の5着。ペースの違いこそあったとはいえ、今年の世代最上位級が出ていたチューリップ賞で0.3秒差5着のスマートリアンを0.9秒差つけてぶっちぎったこの馬はどう見ても怪物。

揉まれ弱さのある◯◯◯◯◯◯◯産駒ですが、新馬戦で馬群の中のレースも経験しているのでそこまで弱みはなさそう。枠もスムーズに競馬ができそうな良いところが引けましたし、経験不足の弱みを見せなければここは突き抜けていいんじゃないだろうか。サンデーサイレンス色が薄くて高速決着と上がりに若干の不安があった馬なので、雨の影響も相対的にプラスな感じがします。

これで昔のオッズのように7〜8番人気で買えるならば勝負度Aをつけて良かったが、現代競馬のシビアなオッズならば普通に1番人気を争うぐらいになってしまうか。ただ、オッズを見て当初の狙い馬を変えても良いことはないと思いますし、どうも単勝だけ売れていてその他のオッズには十分妙味がありそうな感じ。初志貫徹、この馬を本命にします。

 

対抗 ◯レシステンシア

雨馬場ならば能力最上位のレシステンシアが崩れることはほとんどなさそう。

もともとファンタジーステークスはレース前からハイレベルなメンバーと書いていたぐらいで、そんなレースで全く展開と馬場が向かない中で先行策から勝利した時点で世代最上位のメジャーエンブレム級と評価していた馬。それだけに阪神ジュベナイルフィリーズでのパフォーマンスには特に驚きはなかった。

前走のチューリップ賞の敗因は叩き台だった上にスローペースの逃げでキレ負けしたのが全てか。今回は陣営コメントを見ても「後ろに脚を使わせる」戦法を取るとのこと。この枠順となるとスマイルカナが逃げる展開になりそうだが、もともと逃げなきゃダメな馬ではありませんしスマイルカナがある程度飛ばした逃げを打ってくれれば外目からじわーっと運べて展開的にも悪くなさそう。おそらく雨の影響で本当に強い馬以外の決め手は削がれる馬場になりそうですし、特にディープインパクト産駒はその影響を受けそう。タフ馬場で少々無理な競馬をする分で最後は本命馬に差されると思いますが、3着以内には粘りこむんじゃないでしょうか。

 

単穴 ▲マジックキャッスル

三番手はいかにも桜花賞で穴を開けそうなマジックキャッスルに期待したい。

まだ1勝馬ではあるのだが、サフラン賞ではマルターズディオサ、フィリーズレビューではレシステンシアと世代最上位級の馬たちと接戦。クイーンカップも展開のアヤで負けただけの内容でしたし、普通にこの馬は桜花賞で通用していいぐらいのレベルだろう。

父は桜花賞で相性抜群のディープインパクト産駒ですし、母ソーマジックは桜花賞3着の実績あり。社台ファーム生産馬はなぜか桜花賞でやたらと激走するイメージ(マルセリーナ、ジュエラー、コンテッサトゥーレ、アットザシーサイドなど)ありますし、揉まれない外枠で脚を溜めて差してくるディープインパクト産駒なんていかにもこのレースでハマりそう。プレ予想の段階まではこちらを本命にするか迷っていたぐらいですし、そんな馬が人気薄で買えるならば上位評価でいいだろう。

ただ、血統的に母父ロベルト×母母父フェアリーキングという配合ではあるが、馬格の小さいディープインパクト産駒で道悪馬場という点はマイナス。当初は対抗評価だったが、その点で三番手まで落とした次第です。

 

特注 ☆マルターズディオサ

馬名や血統が地味なせいかいつも人気のないマルターズディオサだが、普通に能力上位だろう。

サフラン賞やチューリップ賞ではスローペースからの瞬発力勝負で好走。一方で阪神ジュベナイルフィリーズではハイペースを早めに仕掛けて2着に好走。どんな展開でも上位に好走しているのは普通に能力の証明だと思いますし、名前や血統が地味なだけでこの馬は世代上位の存在だろう。阪神ジュベナイルフィリーズとチューリップ賞の上位3頭がそのまま変わらなかったのを見ても戦ってきた相手のレベルも高いはずだ。どんな条件でも相手なりに走りそうな馬なので、おそらく雨馬場もそこそここなしてきそうな感じがします。

 

△ クラヴァシュドール

チューリップ賞の上位3頭の中ではクラヴァシュドールの評価を少し下げる。

新馬戦の頃からクラシック級という評価をしていた馬だが、その新馬戦の時から「マイルではなく中距離」という評価。サウジアラビアロイヤルカップで圧巻の走破時計でサリオスに迫った内容を考えると、阪神ジュベナイルフィリーズでは明らかにパフォーマンスを落としており、そこにこそこの馬の本質がありそう。

サウジアラビアロイヤルカップは東京コースで前半はそこまで厳しくない流れ。追走スピードがそこまで問われない展開だったことで最後までしっかりと脚を伸ばせた感じ。そこから阪神ジュベナイルフィリーズでパフォーマンスを落としたのだが、その理由はハイペースになって追走スピードを問われて脚が溜まらなかったのが全てか。前述の通りで本質が中距離馬であるからこそハイレベルなマイル戦ではパフォーマンスを落としたと見ている。

前走のチューリップ賞はスローペースで追走スピードが問われない展開を1枠から好位追走という最高の流れ。賞金が微妙でトライアル戦でも本気度が高かった上に、トライアル戦で本気で仕上げちゃう中内田厩舎というのも微妙な感じがしますし、今回は阪神ジュベナイルフィリーズと同様のハイペースの展開になれば明確にパフォーマンスを落とすんじゃないでしょうか。ここは評価せずにオークスで重い印を打ちたいです。(ただ、道悪馬場で相対的に全体スピードが落ちた場合、追走が楽になってリスグラシューの時のように突っ込んできそうな感じもするのが厄介です)

 

△ リアアメリア

最後に未知な要素が大きいですが素質はありそうなリアアメリアまで印を打つ。

デビューから2戦までのレースぶりは世代最上位という評価でしたが、阪神ジュベナイルフィリーズでまさかの惨敗。どうもアルテミスステークスの反動だったり、外枠で前に壁が作れなかったことなどが敗因と挙げられていますが、レースを見ても特にかかるそぶりもありませんでしたし、それにしては負けすぎという感じの内容。クラシック級の馬ならば反動が出たにしてももう少し格好をつけると思いますし、おそらくはキャリア初のハイペースの流れで能力の底が見えた可能性が高いんじゃないだろうか。

今回は前走の反省を活かして前哨戦を使わずのぶっつけ本番のローテーション。中内田厩舎の傾向を考えればこのローテーションは良さそうですし、調教内容を見ても明らかに前走よりも状態面は良さそう。ただ、昨年のグランアレグリアと被る臨戦過程なだけにそこまで人気も落とさないでしょうし、そのグランアレグリアの朝日杯FSと比べても前走の阪神JFの内容は比較にならないぐらい負けすぎな感じ。素質を認めて評価してもここまでか。多分どう考えても雨馬場はマイナスだと思います。

 

△ ミヤマザクラ

雨馬場ということでミヤマザクラは最後に印を打った。

全兄弟が全てキレない持続力型という血統の馬で、この馬は牝馬に出ている分でマイルも対応可能な感じですが、それでもスパッとはキレない持続力型。前走のクイーンカップはハイペースで大逃げを打った馬の2番手から完璧な展開で抜け出しての勝利という感じで、いかにもハマった感じが否めなかった。

その前走の福永騎手のレース後コメント(「溜めて末脚を測りたかった」)から考えても今回はもっと脚を溜めて末脚を活かす競馬をしてくると思いますが、おそらくその戦法ではこの馬はキレ負けするはず。ちょうど昨年のビーチサンバと同じような感じでキレ負けすると思いますが、この馬に関しては相対的に道悪馬場がプラスになりそう。その点で最後に印に追加しました。

 

消 サンクテュエール

この内枠とシンザン記念勝ちということで人気になりそうなサンクテュエールはバッサリ切ることにします。

デビューしてから3戦を見ても一度も強いと思ったことがない馬で、どのレースもスローペースの前残りの展開をルメールの神騎乗でなんとか好走したという感じ。アルテミスステークスも強い競馬を見せたのはリアアメリアだけで、この馬はビッククインバイオをやっとやっと交わした程度では全く評価できないか。シンザン記念にしても完璧な競馬でギリギリ交わしたプリンスリターンは朝日杯FSで5着にようやく走れていたような馬。そんなレベルで戦ってきた馬がいきなり牝馬の最上位級とガチンコ勝負というのはさすがに厳しい。

今回もルメールの神騎乗で、、、というのもなくはないと思いますが、ここ3戦とはまるで違うハイペースのガチンコ勝負になりそうですし、それでパフォーマンスを上げるとは全く思えない感じ。過去のシンザン記念好走→桜花賞好走の馬たちと比べても明らかにスケール劣るように見えますし、それでいて人気必至ならば切って妙味と見ます。

 

 

印まとめ

◎本命馬は下記ブログランキングの先で公開中!

中央競馬ランキング

◯レシステンシア
▲マジックキャッスル
☆マルターズディオサ
△クラヴァシュドール
△リアアメリア
△ミヤマザクラ

勝負度 B

 

買い目

桜花賞の買い目はメルマガ限定での公開となっておりますので、そちらもご覧になりたい方はぜひともメルマガを購読してみてください。

 

当メルマガ「競馬をビジネスにする」では、、、

初月無料キャンペーンを実施しております!

まずはお気軽にご登録頂き、競馬予想の真髄はどういったものかを見ていただければ幸いです。

当サイトをご愛顧頂いている方、データベースを見たい方、競馬力を身につけたい方、とにかく馬券を当てたい方、皆様に満足いただけるようなコンテンツとなっておりますので、ぜひともご購読頂けますと幸いです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

購入する!

 

月初からの購読が一番お得なメルマガのご紹介

さて、2020年も4月になりました。

月初になったということで徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」の新規読者募集をさせていただきます。

 

今までサイト「競馬はビジネスである」を通して、私自身、競馬ブログサイトの中でも最上級に時間をかけた分析の上、説得力のある予想をお伝えしてまいりました。外れても納得できるだけの自慢の予想をお送りできていたかと思います。

その予想・考察に結び付くまでにどのようなデータを作成しているのか?どのようなプロセスを踏んでいるのか?そういったところまでをメルマガ「競馬をビジネスにする」では全て隠すことなくお伝えいたします。

正直な話、私は尋常ではない時間をかけて競馬のデータと考察を行っています。それを必要とされる方がいるのであれば還元できれば。そして勝ち組になっていただければ、というのがこのメルマガの趣旨でございます。

 

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

 

当メルマガはクオリティでどの雑誌やメルマガにも劣っていないと思っております

正直、過大広告や一度の的中を誇張するメルマガなどが多く蔓延っているのが実情。その中で当メルマガは「クオリティだけに特化して」配信しています。もしかすると2、3週連続で不調で当たらないかもしれません。ですが、その間に配信している内容にクオリティの低いものは一切ないと断言できます。

 

おかげさまで発行4年になる当メルマガですが、メルマガ発行業界大手のレジまぐ様の売上ランキングで1位になるまでになりました。

購読者数ランキングに関してもPC版とモバイル版の2つに分かれていながら、どちらも2位と3位という圧倒的な支持を頂いています。

この順位までこれたのも「圧倒的に継続読者数が多い」ということが理由です。小手先の一度の的中などに満足せず、必然的に的中するための分析と回顧の積み重ねでクオリティを維持しているおかげと思っております。

もちろんこれだけでは満足せず、、、

圧倒的なクオリティ業界一を目指します!!!

 

さて、ここでメルマガの各曜日ごとの配信詳細を紹介しましょう。

 

【火曜日】先週の重賞回顧

火曜日に先週の重賞回顧を配信します。後ほど下記に詳細を書いておりますが、金曜日に配信する重賞まとめデータに結果を書き入れた形のPDFファイルとしても配信します。

 

【水曜日】地方競馬の重賞予想

地方交流重賞並びに南関競馬の重賞をメルマガ限定コンテンツとして配信しております。だいたい地方競馬の重賞は水曜日に行われるので、水曜日にメルマガにて予想を配信しております。

※以前は地方交流GI並びに南関のSIレースに関してはブログで全体公開としていましたが、今後はメルマガ限定のコンテンツとなります。

 

【木曜日】中央競馬の全レース回顧

木曜日には前週に行われた中央競馬の全レース分の回顧文&データを配布します。

 

各競馬場ごとに前週に行われた全てのレースの詳細と勝ち馬の評価、そしてそのレースで不利を受けた馬や次走注目するべき馬、危険な人気馬などを全て網羅して配信しております。

そんな、文章でのボリューム満載なレース回顧に加えて、、、

スクリーンショット 2015-12-31 15.45.42

スクリーンショット 2015-12-31 15.46.00

エクセルファイルにて競馬場ごとに新馬戦から上級戦まで、全てのレースの結果情報、レース回顧コメント、先週の結果分析のタイムランク情報などを載せたデータファイルを毎週配信しています!

正直言って回顧をやっているブログ、メルマガはあれど、中央競馬の全レースの回顧をまとめて配信している媒体はウチだけだと思います。

これを見れば縦比較で走破時計やレースラップがどれくらい優秀なのか把握できますし、予想の際にこれを見ればどの馬が強いレースを戦ってきたのかが一目瞭然です。

ただ、この文章だけではなかなかどういうものか伝わりにくいと思うので、2016年の函館競馬場の全レース分析データを下記リンクで無料でダウンロードできるようにしておきました。こちらを見てどんなものか確認頂ければ幸いです。

 

【金曜日】重賞まとめデータ配布
金曜日は重賞のまとめデータを配布します。この時点で重賞のプレ予想を配信いたします。

arg1

arg2

このような形で週末の重賞の出走馬の全頭レビューを印付きでPDFファイルにて配信いたします。

 

【土曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【日曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【不定期】海外競馬のレース予想の配信

最近では海外競馬の馬券もPATで購入できるようになりました。海外競馬のレース予想に関してもメルマガにて配信します。こちらは実施が不定期なので配信日はその時々になりますが、メルマガをご購読いただければ海外競馬まであなたの競馬ライフをカバーいたします。

 

これだけのボリュームあるコンテンツを毎日更新予定!!

サイト記事だけではわからない予想する際に使うデータベースや、結論を導くまでのメソッドをメルマガを通して余すことなくお伝えできればと思っております。

今までなんとなく馬券を買ってきたという方は、ぜひ本当の競馬力を身につけていただくためにも読んでいただければ幸いです。競馬予想の真髄をお見せいたします。

 

なお、現在、徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」では、

初月無料キャンペーンを実施しております!

月初の今からお読みいただくのが最もお得となります!

当サイトをご愛顧頂いている方、データベースを見たい方、競馬力を身につけたい方、とにかく馬券を当てたい方、皆様に満足いただけるようなコンテンツとなっておりますので、ぜひともご購読頂けますと幸いです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

購入する!

関連記事

no image

日本ダービー2017の予想を公開!

日本ダービー2017(東京芝2400m)の予想です。 5月28日に東京競馬場で開催され発走時刻

記事を読む

阪神JF [1] 過剰人気する短距離馬を見抜く

土日は競馬以外にもサッカーでとても重要な試合が3試合もありました。 まずJリーグの優勝争いチャ

記事を読む

【大阪杯2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

大阪杯2017(阪神芝2000m)の考察です。 4月2日に阪神競馬場で開催され発走時刻は15:

記事を読む

日本ダービー2020の予想を公開!

日本ダービー2020(東京芝2400m)の予想です。 5月31日に東京競馬場で開催され発走時刻

記事を読む

ヴィクトリアマイル [2] 前哨戦敗退組を狙え

1日1食、炭水化物をほぼとらない生活を続けておりますが、もう1ヶ月くらい経ちましたが目に見えて脂肪が

記事を読む

マイルCS [4] 普通に強いミッキーアイル

王子駅に来ています。今日は音楽関連の集まりでその後飲み予定。王子駅もまたいい飲み屋が多くていい街です

記事を読む

皐月賞 [3] 先行馬に大穴はいるか?

シャイニングレイに続いてアダムスブリッジまで回避となってしまいました。 私の知り合いのラップ超

記事を読む

高松宮記念 [3] エアロヴェロシティの取捨

高松宮記念はデータや血統よりも、今年はペース判断と中京の馬場状態の見極めが一番大事になってくると思っ

記事を読む

【エリザベス女王杯2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

エリザベス女王杯2017(京都芝2200m)の考察です。 11月12日に京都競馬場で開催され発

記事を読む

大阪杯2017の予想を公開!

大阪杯2017(阪神芝2000m)の考察です。 4月2日に阪神競馬場で開催され発走時刻は15:

記事を読む

7月1週のレース回顧〜梅雨ってここまで雨降るもんでしたっけ?〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間

エクリプスステークス2020の予想を公開!

エクリプスステークス2020(サンダウン芝1990m)の予想です。

ラジオNIKKEI賞2020の予想を公開!

ラジオNIKKEI賞2020(福島芝1800m)の予想です。 7

CBC賞2020の予想を公開!

CBC賞2020(阪神芝1200m)の予想です。 7月5日に阪神

安達太良ステークス2020の予想を公開!

安達太良ステークス2020(福島ダート1700m)の予想です。

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑