*

【秋華賞2017の予想ヒント】枠順と馬場から見るレース見解

公開日: : GIレース考察・予想

秋華賞2017(京都芝2000m)の考察です。

10月15日に京都競馬場で開催され発走時刻は15:40です。出走馬はファンディーナ、アエロリット、ディアドラ、ラビットラン、リスグラシューなど。京都競馬場の芝2000mで行われるGI戦です。

 

PR<週末データ追加>【3歳牝馬三冠獲ります】桜花賞・オークス共に三連単を的中させた予想

後半で書きますが、秋華賞(G1)で3連単を取る為の重要なデータを公開します。

ということで、今週の秋華賞(G1)は
春の桜花賞(G1)、オークス(G1)に続く3歳牝馬三冠の最終戦です。

以前に、秋華賞を的中させるためには、3歳牝馬戦の共通点を見つける事を話しました。また、「前走の着順」「前走のタイム差」「近走の芝重賞での上位人気馬」
こんな情報も必要ということも話しました。

ですが情報収集が大変すぎるので、

桜花賞・オークスともに3連単を的中させている指数
を参考にするのがベストとの話をしました。
それが⇒この指数

この指数を参考にして、
2017年、3連単にビビッて馬単にした僕の桜花賞の的中PAT
【2017年4月9日(日) 桜花賞(G1)】

それではこの指数を使って3連単を取る為の<追加データ>です。

【指数29以下、指数順位6位以下】

この条件で馬券を買えば2017年の桜花賞・オークスについて3連単的中です。
さらに

【指数順位1位、2位、6位の3頭】

この3頭だけで、2017年の桜花賞・オークスについて3連単的中です。
ですが、これだけの条件で絞って秋華賞に挑むのは誰しもが危険と思います。
さらに詳しく絞るとなると、秋華賞と
「同条件の距離」「馬場」「枠順」などからの馬券の組み立ては必須。

そこでみなさんに追加で見てもらいのは、

【上の指数条件+日曜レース昼公開の北条のブログ(秋華賞予想)】

下のコチラから無料会員登録をすれば北条のブログを見れます。
ぜひ参考にしてみてください。

※余談です:府中牝馬S(G2)についての情報も北条のブログで掲載されています。

コラボ指数1位の3着内率は80%越え
だそうです。
府中牝馬は過去10年で4回も10万馬券以上になるほどの荒れるレースなので、3連単を確実に取りたいレースです。
このデータはすごいありがたい。
【10月のG2データ】

指数1位
の着別度数(5- 5- 4- 3/ 17)勝率29.4% 連対率58.8% 複勝率82.4%
【11月のG2データ】【12月のG2データ】など詳しくは北条のブログで。
コチラ

秋華賞について、プライベートなんですが、競馬素人の友達と競馬場に行きます。
競馬が初めてなんで【ワイド6頭BOX15点買い】を勧めようかなって思ってます。

というのが、指数上位6位でワイド6頭BOX15点買いをすると、
■2017年桜花賞(G1)
2,760円、880円、420円 合計4,060円的中 回収率270.1%
■2017年オークス(G1)
830円、370円、1,680円 合計2,880円的中 回収率192%

勝てましたね。
秋華賞も勝てる確率はかなり高いと思うので楽しめると思います。

 

秋華賞 2017 考察

枠順と馬場から見る見解

秋華賞の枠順が出ましたね〜。もう皆さんご存知かと思いますが枠順は以上の通りになります。

秋華賞を始めとする秋の京都GIは一言で言えば、、、

ベタな馬がベタに好走しやすいGI

といった印象。

 

というのも秋の京都コースは物理的に走れる馬が限定されやすい舞台。もともと平坦コースで内枠の方が物理的に有利になりやすい上に、野芝100%で馬場コンディションも絶好なのでよりロスなく回れる馬の方が有利に。

京都コースなので決め手あるディープインパクト産駒が有利になりやすいのは当然ですし、秋華賞であれば内回りの2000m戦なのでそれにキングカメハメハ産駒も特注血統が加わるのはわかりやすいこと。

それに加えて3歳GIは夏での成長力を把握することが重要。秋初戦の前哨戦でさっぱり結果が出せなかったような馬は秋華賞でも菊花賞でもまず走りませんし、去年のジュエラーもそんな感じで4着が精一杯でした。

 

(1)内枠絶対的有利

(2)ディープインパクト産駒&キングカメハメハ産駒の成績が圧倒的

(3)とにかく前走で着順の良い馬を (相性良いのはローズS5着以内)

 

主にこの3点を守れば当たるのが秋華賞。

どれもデータ派にはバレているので、それなりに人気にはなってしまいますが、それでもベタに走ってくるのが秋の京都GIであり秋華賞。

特に前哨戦のローズS3着で内枠を引いたリスグラシューみたいな馬は「なんか人気しているから嫌ってみよう」ではなく、ベタにこういう馬は買った方がいいのが秋華賞だと思います。

 

この枠順でアエロリットとモズカッチャンの人気はかなり上がりそう。一方でファンディーナとディアドラは人気を下げそうですね。

ファンディーナに関しては内枠ならほぼ消しで良いと思っていたのでこの枠はこの馬にとっては良いんじゃないでしょうか。揉まれる馬群の中の競馬なんてできないでしょうから、外目を通れるこの枠は良いと思います。ただ京都コースで外外通って来れるほど強い馬なのか、という点が全てでしょうが。

 

ディアドラに関してはこの枠で人気を落とすなら変に内枠を引くより良かったですよね。なんせ鞍上ルメールは内枠有利のレースで外枠から完璧なレースをすることに関しては日本一(世界一?)な騎手ですから。

もともと枠順関係なく上位評価にできる馬だと思っているので、これでディアドラは外枠引いたから評価落とすという世論になってくれれば逆に良かったかなと。

 

次は枠順を見てみます。今年は展開面は柔軟に考えた方がよさそう。

まずポイントは当然1枠1番を引いたアエロリットという存在。前走で逃げの手を打っていますが、鞍上が横山典弘ということを考えれば、番手で折り合わせることなんて全く問題ないでしょうし、この馬がどういう競馬をしてくるか。

一方でカワキタエンカは逃げの競馬を打ちたいはず。ただ、この馬は2走前はスタートで出遅れているんですよね。テン乗りの北村友一騎手がどう乗るのかというのもポイントになるでしょう。

 

横山騎手に関しては昔から結構相性が良いので、どのタイミングでどういう乗り方をするかはだいたいわかっているつもりですが、今回に関してはフワッと出してカワキタエンカを牽制するはず。

「行くならどうぞ、行かないならスローで逃げますけど?」

という感じで1コーナーに入っていくはず。ここで北村友一騎手がハナを取りきるかがポイントでしょう。おそらくカワキタが主張して2番手がアエロリットになると思いますが、もしアエロリットが逃げる形になれば圧倒的に先行馬有利の立ち回り勝負になると思います。内回りコースでの横山騎手の逃げとはそういうものです。

カワキタエンカが逃げる形をとればそれなりに1コーナーまでの入りは速くなるはずですが、アエロリットは変について行かずに自分のペースで走るはずなんでどちらにせよそれなりにいい競馬はしてくると思います。

 

この2頭を外めからファンディーナ、レーヌミノル、タガノヴェローナあたりが追走する形になるでしょうが、レーヌミノルあたりは少し控える競馬をするかもしれませんね。

展開はハイペースにはならないはずで、前述の通りで1コーナーまでにカワキタが行き切るかどうかでスロー〜ミドルに動くはずです。

 

馬場に関してはそこまで道悪にはならないかも、、、と今朝時点では書いたんですが、どうもその後に天気予報が変わって関西地方は日曜日が1日雨になる模様・・・さすがにレース中に雨となると道悪適性は要求されそうですね。

 

最後に調教も少し見た感じでの感想。

ファンディーナは本当にこの調整でいいんでしょうか??

前走の+22kgは「太め残り」と判断されていたと記憶していますが、陣営が必死に強めに追って今回絞ろうとしていますが、最終追い切り後の馬体重は526kgで前走時と変わらず。調教内容を見てもかなり微妙ですし、完全に調整ミスっている感じしかしません。

 

モズカッチャンもなんだか怪しい調教。

もともとこの馬、調教見ても全くGIで走るような馬には見えないのでローズステークスでは怪しんでいたんですが、今回もさすがに馬なりでもそれはないんじゃないかという内容。春のフローラSとオークスの2戦しか良いパフォーマンスができていないという点がこの馬を理解するためのポイントな感じはします。

 

ディアドラは調教自体は良いんですが中間の馬体重が一気に増えてきましたね。

前走が減った馬体+輸送面のケアのために明らかに手控えた調教だったのが、今回は輸送面の心配がないので調整も抜群に上手くいっているということなのか。ただ、それにしても一気に増えすぎな感じもしないことはないです。当日も+10kgぐらいでは出てきそう。

 

調教が一番良かったのは最後に枠順発表後の注目馬に挙げた馬です。ちょっとここまで動く馬ではなかったので、これは明らかに馬が化けた感じも・・・

 

考察まとめ

というわけで秋華賞の枠順発表後の予想オッズはこちら。

枠順発表後の想定オッズ(当サイト予測)

人気 馬名 オッズ
1 アエロリット 4.3
2 リスグラシュー 5.1
3 ディアドラ 5.5
4 ファンディーナ 5.8
5 モズカッチャン 6.4
6 ラビットラン 7.6
7 カワキタエンカ 11.5
8 ミリッサ 14.5
9 リカビトス 21.0
10 レーヌミノル 24.5
11 メイショウオワラ 38.5
12 ポールヴァンドル 42.1
13 カリビアンゴールド 45.5
14 ヴゼットジョリー 82.0
15 ブラックオニキス 105.0
16 ブラックスビーチ 155.0
17 ハローユニコーン 180.0
18 タガノヴェローナ 355.0

 

この枠を引いた以上、さすがにアエロリットが1番人気でしょうね。2番人気はリスグラシューが濃厚で、おそらく複系オッズはリスグラシューが1番人気の可能性も。

ディアドラとファンディーナが3、4番人気になりそうですが、さすがにこの枠で前走成績で調教も散々で陣営コメントも微妙となるとファンディーナは単以外は売れない気もします。

穴党の期待を一身に引き受けるのはモズカッチャンで確実。枠順と鞍上を見ても玄人層からもライト層もどちらからの支持を受けそうで、前走の負け方はほぼノーカウントな人気になってもおかしくないです。

 

最後に枠順を見て絶好枠を引いたと思う馬をあげておきます

↓↓のバナーのクリック先で馬名は公開しておりますので、どうぞ応援クリックよろしくお願いします。


中央競馬ランキングの説明文欄で馬名公開中

これ以上ない枠を引いてくれましたね。前述の通り、調教の動きを見ても別馬に変わった感じがありますし、今回は相当面白い馬になると思います。

 

さて、秋華賞のプレ予想は既に終わっておりますが、これから府中牝馬ステークスの予想をはじめます。その府中牝馬ステークスが終わり次第、メルマガのプレ予想を配信予定。秋華賞のメルマガプレ予想配信は本日16:00頃を予定しております。

 

本音を申し上げると、今週末はクライマックスシリーズがあるので競馬は買いたいレースだけ買ってクライマックスシリーズに齧りつこうと思っていたのですが、秋華賞が予想以上に面白いレースになりそうなので気持ちを改めて競馬もちゃんとやります(笑)

 

月初購読がお得なメルマガのご紹介

さて、早いもので2017年もなんと10月になりました。

月初になったということで徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」の新規読者募集をさせていただきます。

 

今までサイト「競馬はビジネスである」を通して、私自身、競馬ブログサイトの中でも最上級に時間をかけた分析の上、説得力のある予想をお伝えしてまいりました。外れても納得できるだけの自慢の予想をお送りできていたかと思います。

その予想・考察に結び付くまでにどのようなデータを作成しているのか?どのようなプロセスを踏んでいるのか?そういったところまでをメルマガ「競馬をビジネスにする」では全て隠すことなくお伝えいたします。

正直な話、私は尋常ではない時間をかけて競馬のデータと考察を行っています。それを必要とされる方がいるのであれば還元できれば。そして勝ち組になっていただければ、というのがこのメルマガの趣旨でございます。

 

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

 

さて、ここでメルマガの各曜日ごとの配信詳細を簡単に紹介しましょう。

 

【月曜日】重賞回顧データ配布

【火曜日】競馬力に直結する週間コラム

週1で良いのでコラム的なものを書いて欲しいというリクエストを多数頂きました。火曜日に競馬力に直結する週間コラムを配信させていただこうと思います。取りあえげるテーマ等はリクエスト頂ければ反映します。

【水曜日】全レース分析

水曜日には前週に行われた全レース分のデータを配布します。

スクリーンショット 2015-12-31 15.45.42

スクリーンショット 2015-12-31 15.46.00

エクセルファイルにて競馬場ごとに新馬戦から上級戦まで、全てのレースの結果情報、レース回顧コメント、先週の結果分析のタイムランク情報などを載せたデータファイルになります。

正直言って回顧をやっているブログ、メルマガはあれど、中央競馬の全レースの回顧をまとめて配信している媒体はウチだけだと思います。

これを見れば縦比較で走破時計やレースラップがどれくらい優秀なのか把握できますし、予想の際にこれを見ればどの馬が強いレースを戦ってきたのかが一目瞭然です。

 

また、エクセルでの全レース分析データの配信と同時に、メルマガ内にて前週の全レースの中で不利を受けたりペースに泣かされたりして次走は狙い目だと思われる馬を多数ピックアップしてお伝えしております。

↓こんな感じ↓

この次走注目馬リストをnetkeibaのMy登録馬に書きいれたり、JRA-VANのMy登録馬に書き込んでおけば、その馬が次に出走してきた時には狙い目が丸わかり!他のファンよりも間違いなく一歩先へ行った予想ができると思います。

【木曜日】新馬戦レビュー

木曜日は前週のレースの中でも特に新馬戦だけを抜き出して、そのレースレベルや勝ち馬の将来性についてを配信しております。

↓こんな感じ↓

水曜日に全レースの回顧を配信した上で、新馬戦に関してはここまで細かいレビューを出しています。まず他ではここまでの回顧は出していないでしょう。とにかく競馬を極めたいマニアな方のために新馬もここまでやっちゃいます。

【金曜日】重賞まとめデータ配布
金曜日は重賞のまとめデータを配布します。この時点で重賞のプレ予想を配信いたします。

arg1

arg2

このような形で週末の重賞の出走馬の全頭レビューを印付きでPDFファイルにて配信いたします。

【土曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。

【日曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。

【不定期】地方競馬の予想

地方競馬の予想はメルマガ限定コンテンツとさせていただきます。

 

これだけのボリュームあるコンテンツを毎日更新予定!!

サイト記事だけではわからない予想する際に使うデータベースや、結論を導くまでのメソッドをメルマガを通して余すことなくお伝えできればと思っております。

今までなんとなく馬券を買ってきたという方は、ぜひ本当の競馬力を身につけていただくためにも読んでいただければ幸いです。競馬予想の真髄をお見せいたします。

 

いまご登録頂ければ本日の回顧号からすぐにお読み頂けますので、是非とも今週分からお試しにお読みいただければと思います。

 

なお、現在、徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」では、

初月無料キャンペーンを実施しております!

つまり、、、

月替わりの今週よりご購読頂くのが一番お得になります!!

まずはお気軽にご登録頂き、競馬予想の真髄はどういったものかを見ていただければ幸いです。

当サイトをご愛顧頂いている方、データベースを見たい方、競馬力を身につけたい方、とにかく馬券を当てたい方、皆様に満足いただけるようなコンテンツとなっておりますので、ぜひともご購読頂けますと幸いです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

購入する!

関連記事

皐月賞は世代一の能力を見せてドゥラメンテの圧勝

皐月賞が終わりました。 何よりも感じたのは、、、 人が少なすぎること やっぱり今年はス

記事を読む

【マイルチャンピオンシップ2017の予想ヒント】枠順と馬場から見るレース見解

マイルチャンピオンシップ2017(京都芝1600m)の考察です。 11月19日に京都競馬場で開

記事を読む

天皇賞(秋) [6] ジェンティルドンナはギャンブル要素大

前回はフェノーメノに関しての考察を行ったが、今日はジェンティルドンナについて見ていきたい。 &

記事を読む

【皐月賞2018の予想ヒント】過去データやローテ、血統などを分析考察します

皐月賞2018(中山芝2000m)の考察です。 4月15日に中山競馬場で開催され発走時刻は15

記事を読む

フェブラリーSはモーニンが見事なレコード勝利!!

昨日はフェブラリーSを観戦しに東京競馬場に行ってまいりました。朝8時半くらいに府中競馬正門前

記事を読む

桜花賞 [5] 枠順発表!明暗を探る。

今日は晴れていたのでお出かけしております。 本当は毎週水曜日がお出かけ日なんですがね、昨日は雨

記事を読む

チャンピオンズカップ2018の予想を公開!

チャンピオンズカップ2018(中京ダート1800m)の予想です。 12月2日に中京競馬場で開催

記事を読む

【スプリンターズステークス2018の予想ヒント】ローテーションや馬場、展開などを分析考察します

スプリンターズステークス2018(中山芝1200m)の考察です。 9月30日に中山競馬場で開催

記事を読む

【菊花賞2018の予想ヒント】ローテーションや馬場、展開などを分析考察します

菊花賞2018(京都芝3000m)の考察です。 10月21日に京都競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

桜花賞の予想を公開!

予想以上にルージュバックが被りましたね。 やはりきさらぎ賞で牡馬に勝ったということが評価された

記事を読む

【新潟大賞典2019の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

新潟大賞典2019(新潟芝2000m)の考察です。 4月29日に

【天皇賞(春)2019の予想ヒント】ローテーションや馬場、展開などを分析考察します

天皇賞(春)2019(京都芝3200m)の考察です。 4月28日

羽田盃2019の予想を公開!

羽田盃2019(大井ダート1800m)の予想です。 4月24日に

【青葉賞2019の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

青葉賞2019(東京芝2400m)の考察です。 4月27日に東京

東京プリンセス賞2019の予想を公開!

東京プリンセス賞2019(大井ダート1800m)の予想です。 4

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑