*

新潟記念2017の予想を公開!

公開日: : 重賞レース考察・予想

新潟記念2017(新潟芝2000m)の予想です。

9月3日に新潟競馬場で開催され発走時刻は15:45です。出走馬はアストラエンブレム、トーセンバジル、マイネルフロスト、ルミナスウォリアー、ロイカバード、タツゴウゲキなど。新潟競馬場の芝2000mで行われるGIII戦です。

 

今週末がメルマガ購読開始が一番お得です!

さて、早いもので2017年もなんと9月になりました。

月初になったということで徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」の新規読者募集をさせていただきます。

 

今までサイト「競馬はビジネスである」を通して、私自身、競馬ブログサイトの中でも最上級に時間をかけた分析の上、説得力のある予想をお伝えしてまいりました。外れても納得できるだけの自慢の予想をお送りできていたかと思います。

その予想・考察に結び付くまでにどのようなデータを作成しているのか?どのようなプロセスを踏んでいるのか?そういったところまでをメルマガ「競馬をビジネスにする」では全て隠すことなくお伝えいたします。

正直な話、私は尋常ではない時間をかけて競馬のデータと考察を行っています。それを必要とされる方がいるのであれば還元できれば。そして勝ち組になっていただければ、というのがこのメルマガの趣旨でございます。

 

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

 

さて、ここでメルマガの各曜日ごとの配信詳細を簡単に紹介しましょう。

 

【月曜日】重賞回顧データ配布

【火曜日】競馬力に直結する週間コラム

週1で良いのでコラム的なものを書いて欲しいというリクエストを多数頂きました。火曜日に競馬力に直結する週間コラムを配信させていただこうと思います。取りあえげるテーマ等はリクエスト頂ければ反映します。

【水曜日】全レース分析

水曜日には前週に行われた全レース分のデータを配布します。

スクリーンショット 2015-12-31 15.45.42

スクリーンショット 2015-12-31 15.46.00

エクセルファイルにて競馬場ごとに新馬戦から上級戦まで、全てのレースの結果情報、レース回顧コメント、先週の結果分析のタイムランク情報などを載せたデータファイルになります。

正直言って回顧をやっているブログ、メルマガはあれど、中央競馬の全レースの回顧をまとめて配信している媒体はウチだけだと思います。

これを見れば縦比較で走破時計やレースラップがどれくらい優秀なのか把握できますし、予想の際にこれを見ればどの馬が強いレースを戦ってきたのかが一目瞭然です。

 

また、エクセルでの全レース分析データの配信と同時に、メルマガ内にて前週の全レースの中で不利を受けたりペースに泣かされたりして次走は狙い目だと思われる馬を多数ピックアップしてお伝えしております。

↓こんな感じ↓

この次走注目馬リストをnetkeibaのMy登録馬に書きいれたり、JRA-VANのMy登録馬に書き込んでおけば、その馬が次に出走してきた時には狙い目が丸わかり!他のファンよりも間違いなく一歩先へ行った予想ができると思います。

【木曜日】新馬戦レビュー

木曜日は前週のレースの中でも特に新馬戦だけを抜き出して、そのレースレベルや勝ち馬の将来性についてを配信しております。

↓こんな感じ↓

水曜日に全レースの回顧を配信した上で、新馬戦に関してはここまで細かいレビューを出しています。まず他ではここまでの回顧は出していないでしょう。とにかく競馬を極めたいマニアな方のために新馬もここまでやっちゃいます。

【金曜日】重賞まとめデータ配布
金曜日は重賞のまとめデータを配布します。この時点で重賞のプレ予想を配信いたします。

arg1

arg2

このような形で週末の重賞の出走馬の全頭レビューを印付きでPDFファイルにて配信いたします。

【土曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。

【日曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。

【不定期】地方競馬の予想

地方競馬の予想はメルマガ限定コンテンツとさせていただきます。

 

これだけのボリュームあるコンテンツを毎日更新予定!!

サイト記事だけではわからない予想する際に使うデータベースや、結論を導くまでのメソッドをメルマガを通して余すことなくお伝えできればと思っております。

今までなんとなく馬券を買ってきたという方は、ぜひ本当の競馬力を身につけていただくためにも読んでいただければ幸いです。競馬予想の真髄をお見せいたします。

 

いまご登録頂ければ本日の回顧号からすぐにお読み頂けますので、是非とも今週分からお試しにお読みいただければと思います。

 

なお、現在、徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」では、

初月無料キャンペーンを実施しております!

つまり、、、

月替わりの今週末よりご購読頂くのが一番お得になります!!

まずはお気軽にご登録頂き、競馬予想の真髄はどういったものかを見ていただければ幸いです。

当サイトをご愛顧頂いている方、データベースを見たい方、競馬力を身につけたい方、とにかく馬券を当てたい方、皆様に満足いただけるようなコンテンツとなっておりますので、ぜひともご購読頂けますと幸いです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

購入する!

 

 

新潟記念 2017 予想

予想の根拠はコチラです

このレースのポイントは主に3点。それぞれ項目に分けて解説していきたいと思います。

馬群がインを開けて走る外伸び馬場

新潟競馬場は今日が最終日。さすがにインが伸びなくなってきており、土曜競馬を見ても全馬がインを開けて走るような傾向が見られた。

いわゆる「外伸び」馬場というやつで、これが一昔前の開催後半の外伸び馬場であれば外枠の差し馬を買うというのがセオリーだったと思います。

 

ただ、新潟芝コースはインが相対的に伸びないと言っても極端に時計がかかる馬場ではなく、土曜日には芝2000mで2歳レコードが出るように時計水準はまだまだ標準レベル。

馬場レベルの向上というべきかエアレーション作業で色々といじられた結果なのか、現代競馬の馬場は開催後半まで極端な時計鈍化を防ぐ方向で進んでおり、直線の長い新潟、東京、中京などのコースでは時計はかかっていないのに外が伸びるという馬場が頻繁に発生するようになった印象。

 

時計がある程度早いとなれば、それなりにロスない立ち回りが要求されるわけで、そうなれば馬が伸びるギリギリのインの部分をいかに通れるか、という点がレースの重要なポイントとなる。そのギリギリのポイントを知り尽くしているのがデムーロや戸崎といった現代競馬のリーディングを争っている騎手たちであり、その騎手たちが通るポイントこそ外伸び馬場で伸びるギリギリの部分ということだ。

そして、そのギリギリの部分を通るためには他の馬よりも先にその部分を通らなくてはならない。そうなると後ろから進めたい馬は物理的に不利になり、外が伸びる馬場なのに前に行く馬の方が有利ということが現代競馬では頻発している。

 

その典型例として挙げられるのはエプソムカップな感じで、この時の東京芝はそこまで時計のかかっていない外伸び馬場。

と言ってもコーナー通過順位とレース結果を見比べれば明らかで、外枠から位置を取りに行った馬と内枠からロスなく競馬をした馬しか上位に来れていない。

時計のかからない外伸び馬場は物理的に前に行く馬が有利になりがち

というのは現代競馬で覚えておくべきファクターか。

 

どう考えてもスローになりそうな展開

そんな外伸び馬場を踏まえた上で考えたいのが展開面。

逃げ馬と呼べる存在がウインガナドルしかいないメンバー構成で、その番手につけそうなのもマイネルフロスト。

この2頭はどちらもラフィアングループのいわゆるマイネル軍団。岡田代表は主要なレース前には騎手に細かい乗り方まで指示をするのは有名な話で、今回もウインガナドルの津村とマイネルフロストの柴田大知にはペースなどの細かい部分まで指示が行くはずだ。

ペースを作るのがこのマイネル2騎となると、マイネル軍団の思惑としては前有利の展開を作り出したいはず。2頭が競り合うことなど考えられず、極端な瞬発力勝負を避けるために序盤だけ少し流れるかもしれませんが、道中は確実に緩むペースになりそう。

それについていきそうなアストラエンブレムもスローからの決め手勝負を好みますし、タツゴウゲキは暫定サマー2000チャンピオンである以上、勝つことよりも無難な競馬を指示されるはず(なんせ馬主に3200万、厩舎関係者に800万の報酬がある以上、新潟記念を勝つよりもこちらの方が重要だろう)

そんなシナリオが崩れる可能性あるとすればスタート上手い三浦騎手が乗るスピリッツミノルあたりが無理矢理に逃げの手を打つぐらいだが、今のスピリッツミノルの行き足でそれが叶うとも思えず、ここまで可能性の低いところを考えても仕方がないか。

マイネル2頭が作り出すペースは確実に前有利なスローペースになる

常識的に考えて展開はこうなるだろう。

 

スパッとキレる馬がいないメンバー構成

そして最後にメンバー全体を見てみたい。

各馬を先行、自在中団、差しの項目に分けるとザックリこうなった。

 

<先行>
ウインガナドル
マイネルフロスト
アストラエンブレム
ハッピーモーメント

<自在>
ソールインパクト
タツゴウゲキ
スピリッツミノル

<差し>
ルミナスウォリアー(メイショウサムソン)
シャドウウィザード(ハーツクライ)
ロッカフラベイビー(キングカメハメハ×ジャングルポケット)
ロイカバード(キレないディープ産駒)
カフジプリンス(ハーツクライ)
フルーキー(リダウツチョイス)
トーセンバジル(ハービンジャー)
ラストインパクト(キレないディープ産駒)
マイネルスフェーン(キレないステゴ産駒)
トルークマクト(アドマイヤジャパン産駒)

こうしてみても明らかに先行馬が手薄で差し馬だらけなメンバー構成に見えるが、それに加えてスパッとキレる差し馬がいないというのも今回のメンバーの特徴。

人気の差し馬のほとんどが非サンデーサイレンス系の馬で、瞬発力勝負よりは小回りコースで上がりが掛かってこそという条件を好む馬が多い。

サンデーサイレンス系でもじり脚のハーツクライ産駒(それなりにペース流れるならば新潟コースは絶好だが)や、キレないタイプのディープインパクト産駒などばかりのメンバー構成で、外伸び馬場のスローペースを後ろからぶった切れるような破壊力ある末脚を持つ馬がいない。

(唯一、イメージとして末脚の破壊力が想像できるのはトーセンバジルだが、この馬とて極限の瞬発力勝負は苦手でしょうし、2000mは少し短いはず。それにハービンジャー産駒の休み明けは基本的に動けませんし、藤原厩舎がここで仕上げるでしょうか・・・)

 

こんな感じで邪推をしていくと今年の新潟記念は、、、

(1)時計がかかっていない外伸び馬場である程度ロスない立ち回りは重要

(2)スローペース必至で断然前有利

(3)後ろから行く馬でスローをぶった切れるような末脚を持つ馬がいない

と、こんな感じにまとまりました。

 

もうこうなれば狙うのは「前」でいいはず。

徹底的に前に行く馬だけを狙い撃ちたい。

 

というわけで予想の発表。

 

 

新潟記念 2017の印

本命 ◎

本命は血統、展開ともにここが狙い目な感のあるこの馬にします。

とにかく新潟記念はディープインパクト産駒しか走っていないレース傾向。しかもスパッとキレるディープではなく、キレないディープインパクト産駒がよく走っている。この馬は母父トニービンという配合を見ても典型的な例年走ってくるディープインパクト産駒という感じ。

スタート良く常に好位から競馬ができるはずで、まず今回も5番手以内には確実につけてきそう。確かにこの馬もキレないのだが、早春Sでは超スローの瞬発力勝負戦で33.1という末脚を使えていますし、マイネルフロストあたりよりはキレの心配はなさそう。

休み明けは(2-2-1-2)と絶好の成績ですし、調教を見てもここを狙っている感じがプンプンします。そこまで人気ないですしここから買ってみたい。

 

対抗 ◯アストラエンブレム

対抗はアストラエンブレムでいいでしょう。

ここ数戦で位置を取れるようになり、好位から鋭い決め手を活かすというスタイルを確立。こういうスタイルができた以上、よほど前に厳しい流れにでもならなければ崩れなそうで、そうガツンとかかるわけでもないので2000mぐらいならば問題ないだろう。

鞍上のデムーロは馬場読みに関しては天下一品ですし、ゲートを出たらスッと好位につけて後ろは成す術がないパターンになる可能性はかなりありそう。

 

単穴 ▲マイネルフロスト

若干キレ負けの心配はあるがマイネルフロストは明らかに展開向くはず。

どう考えてもマイネル軍団2騎の談合的な展開になるはずで、そうなれば2番手から進めるこの馬はぬるま湯なレースになりそう。

ただ、あまりにもペースが遅くなりすぎるとキレ負けの心配はあり。この馬は今までの数多いキャリアの中で上がり33秒台を2回しか記録したことがない馬。新潟大賞典2着といってもあの時は稍重馬場でトーセンレーヴの奇策逃げである程度ペースが流れたことで上がり34.2の末脚で足りた事が大きかった。

今回は恐らくは33秒台の末脚が要求されるような展開になりそうで、そういう展開になった場合に対応できるかという点は少し心配。

 

特注 ☆ソールインパクト

もし前に行くのであればソールインパクトも走破圏内。

1000万クラスで勝ち味に遅い競馬を繰り返しながら、格上挑戦の七夕賞でいきなり3着に走れちゃったところなどを見ても、この馬は能力はオープン級のものがあるがとにかく決め手に欠けるタイプ。

こういうキレないディープ産駒は新潟記念でもよく走りますし、とにかく位置さえ取ってくれば連続好走あっても驚けない。

 

△ ウインガナドル

少し厳しい気はするが単騎逃げ叶うウインガナドルは抑えておく。

そもそも現3歳の牡馬中距離路線はかなりレベルが低そうで、秋からの古馬混合重賞=GIではほぼ通用しないとみており、この馬も重賞では厳しそうなイメージ。

ステマ配合でかなりスタミナに特化したタイプで、ラジオNIKKEI賞のような淀みない流れのレースや、夏木立賞のような道悪馬場で渋とく粘るようなレースはかなりこの馬に向いた感じ。

そこから一転しての新潟芝でのスローからの加速勝負となるとどうかなぁという気もしますが、スロー見え見えの展開で逃げ馬を抑えないというのはやめておきます。

 

もう今回は前に行く馬しか買いません。

とにかく先行馬だけの行った行ったが決まればドカンと大きく跳ねるように買うつもり。

 

印まとめ


◯アストラエンブレム
▲マイネルフロスト
☆ソールインパクト
△ウインガナドル

勝負度C

 

推奨買い目

このレースの買い方に関しましては、メルマガにてのみの公開とさせていただいております。会員様はメルマガにて閲覧ください。

メルマガでは本予想の買い目以外の平場の勝負レースも配信しております

 

なお、現在、徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」では、

初月無料キャンペーンを実施しております!

つまり、、、

月替わりの今週末よりご購読頂くのが一番お得になります!!

まずはお気軽にご登録頂き、競馬予想の真髄はどういったものかを見ていただければ幸いです。

当サイトをご愛顧頂いている方、データベースを見たい方、競馬力を身につけたい方、とにかく馬券を当てたい方、皆様に満足いただけるようなコンテンツとなっておりますので、ぜひともご購読頂けますと幸いです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

<ご登録はコチラから>

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

購入する!

 

 

【無料】日曜昼、新潟記念で勝てる方法教えます。

最近の競馬って荒れてる気がしませんか?
三連単10万20万配当のレースをよく見ます。
当たれば一瞬にして大金持ちです!

【 当・た・れ・ば 】 ですが笑

そこで、みなさんの予想の的中率を急激にあげる方法があります。
指数を使うのですが、数ある指数サイトの中でも抜群の的中率をだす「コラボ指数」です。

27日 「馬単」 新潟4R 4頭BOX 12点 5,300円的中

お金がかかるような話ですが、
【今なら無料で実戦スタートできるのでPRしてます】笑

単勝的中率80%以上、馬単的中率50%以上、三連単的中率40%以上。

今日からこの的中率が、あなたの最低ラインです。

27日 「三連単」 新潟6R 軸1頭ながしマルチ 36点 18,310円的中

いざ!無料で実戦スタートは

コチラから(無料)

8月の結果をまとめてみました。
的中率がよくても、しょぼい的中じゃ嫌ですからね。

【単勝 三連単の最高的中金額】です。

5日(土)【920円 52,850円】
6日(日)【3,620円 102,850円】

12日(土)【1,580円 138,940円】
13日(日)【2,120円 105,110円】

19日(土)【4,820円 78,360円】
20日(日)【1,150円 43,590円】

26日(土)【1,380円 96,740円】
27日(日)【1,790円 35,960円】

どうですか?

今日からこの的中が、あなたのものです。

【今なら無料で実戦スタートできます】

ぜひこの機会に使ってみてはいかがですか?

コチラから(無料)

26日「馬単」 札幌4R 軸1頭ながしマルチ 6点 3,340円的中

関連記事

京都大賞典 [1] 平坦長距離コース巧者を狙い撃つ

白山大賞典は大本線的中来ましたーーー!!! 1着:◎マイネルバイカ 2着:◯エーシンモア

記事を読む

フラワーC [2] 前走ダート馬の躍進

今週末は阪神大賞典を阪神競馬場で観戦。そのためにいまさっき大阪入りしました。本当はトーホウジャッカル

記事を読む

【日経新春杯2018の予想ヒント】レースラップや馬場、展開などを分析考察します

日経新春杯2018(京都芝2400m)の考察です。 1月14日に京都競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

ダイヤモンドS [1] 現在の東京馬場を読み切る

さてサッカーだけでなく野球もキャンプ中。いまは紅白戦で戦力になるかどうか、それぞれの贔屓チームの選手

記事を読む

エプソムカップ2018の予想を公開!

エプソムカップ2018(東京芝1800m)の予想です。 6月10日に東京競馬場で開催され発走時

記事を読む

【京成杯2018の予想ヒント】過去データやローテ、血統などを分析考察します

京成杯2018(中山芝2000m)の考察です。 1月14日に中山競馬場で開催され発走時刻は15

記事を読む

【阪神カップ2018の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

阪神カップ2018(阪神芝1400m)の考察です。 12月22日に阪神競馬場で開催され発走時刻

記事を読む

【アーリントンカップ2018の予想ヒント】過去データやローテ、血統などを分析考察します

アーリントンカップ2018(阪神芝1600m)の考察です。 4月14日に阪神競馬場で開催され発

記事を読む

【京成杯2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

京成杯2017(中山芝2000m)の考察です。 1月15日に中山競馬場で開催され発走時刻は15

記事を読む

ステイヤーズSの予想を公開!

またか・・(><) 毎週ご紹介しているサイトが先週に引き続き3連単20点で クリーンヒットを

記事を読む

ユニコーンステークスの予想を公開!

ユニコーンステークス2019(東京ダート1600m)の予想です。

函館スプリントステークス2019の予想を公開!

函館スプリントステークス2019(函館芝1200m)の予想です。

HTB杯2019の予想を公開!

HTB杯2019(函館芝1200m)の予想です。 6月15日に函

禁止薬物検出で152頭出走取消、今週末の中央競馬はどうなる?

もう皆さんご存知の通りかと思いますが、 JRA大激震 禁止薬物検

今週末は全国的に大荒れの空模様。競馬だけじゃなく色々と心配な週末に。

さて、あれやこれやしているうちに今週も出馬表が発表される金曜日になりま

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑