*

マーキュリーカップ2022の予想を公開!

公開日: : 最終更新日:2022/08/16 地方レース考察・予想

マーキュリーカップ2022(盛岡ダート2000m)の予想です。

7月18日に盛岡競馬場で開催され発走時刻は18:15です。出走馬はケイアイパープル、メイショウカズサ、ノーヴァレンダ、メイショウフンジンなど。盛岡競馬場のダート2000mで行われるJpnIIIです。

 

※今日はこちらのレースの予想に時間を使ってしまったので、いつものレース回顧記事はお休みさせていただきます!

 

[PR] 地方重賞連勝中の絶好調サイトをご紹介!

マーキュリーC無料公開

夏の地方でギア上げてきました!

3連休最終日はココにお任せです(^_-)

━━━━━━━━━━━━━━

=地方・無料予想=

・ジャパンDD

ワイド6-13:1,000円

ワイド6-14:4,000円

ワイド3.1倍→12,400円

[回収率]248%

━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━

・スパーキングLC

ワイド1-10:5,000円

ワイド1.3倍→6,500円

[回収率]130%

━━━━━━━━━━━━━━

春も…エンプレス杯から

かきつばた記念までよく当たりました!

マーキュリーCの無料予想はこちら↓↓からチェックですよ\(^o^)/

→マーキュリーC無料予想

回収率150~200%を安定して叩き出すイメージです!

 

マーキュリーカップ 2022予想

マーキュリーカップはどんなレースになりやすいのか?

盛岡ダート2000mで行われる地方交流重賞。このレースの特徴は地方交流重賞と言っても盛岡競馬場がデカいコースだということだろう。

だいたいの地方競馬場はJRAの競馬場に比べるとコンパクトで、その分でコーナー部分の比重が大きくなって立ち回りセンスやコーナーリング性能が重要になる感じ。ただ、盛岡競馬場は地方と言っても他の地方競馬場と違って非常に箱が大きく、その大きさはJRAの競馬場と遜色ありません。

そんなデカい盛岡競馬場はコーナーも他の地方競馬場のようにきつくないですし、あんまりコーナーリング性能は問われずでただただ長く良い脚を使えるロンスパ型の馬が走りやすいレースです。近年で言えばミツバ、マスターフェンサーなど不器用ながら長く脚を使える馬が連覇していますし、まさにそういう馬が走りやすい舞台ということでしょう。

 

今年はどんなレースになりそうか?

週末の日本全国の大雨の影響で日曜朝時点で盛岡競馬場は不良馬場。この雨は月曜日にも残りそうで、昨年から砂の入れ替えによって時計がかかるようになった盛岡競馬場だが、昨年ほど時計のかかる決着にはならなそう。

もう出走メンバーを見ても、ここまで徹底先行タイプが揃うこともあるかというぐらいの面々。まず間違いなく先行争いは激しくなるはずで、前傾ラップのハイペース消耗戦になりそう。ある程度控えて競馬ができそうな馬に展開は向くと思います。

 

考察まとめ

【レース質】広いコースでとにかく長く良い脚が問われる。 <□□■■>

【狙えるタイプ】ロンスパ性能が高い馬。

【狙えるタイプ】ハイペース濃厚で展開向きそうな差しタイプ。

 

 

マーキュリーカップ  2022の印

【本命 ◎9 ケイアイパープル】

メイショウハリオ同様にここに来て本格化したパイロ産駒。とにかく揉まれなければ普通に強いと見て良さそうで、メイショウカズサ以下を子供扱いした佐賀記念、ベスト舞台のクリンチャーと接戦に持ち込んだ名古屋大賞典、そして中央重賞のここ2戦の内容を見てもいずれGIの舞台でもチャンスがありそうな感じ。特に前走の平安SはGI馬テーオーケインズに先着されただけですし、3着に負かしたメイショウハリオが次走で帝王賞を勝ったとなれば2着のこの馬も評価していいはず。

ハイペース適性もある馬で揉まれなければ控えても競馬ができるタイプ。今回は外めの枠が引けたのは良いですし、やり合う先行馬を外め好位から見る競馬ができそう。ここでは明らかに能力上位でしょうし、枠も展開もちょうど良く向きそうですし、突然の乗り替わりでも山本政聡騎手なら2000mの仕掛けどころも心得ているでしょうし問題ないと見ます。早め先頭で圧勝する可能性が高い。

 

【対抗 ◯3 ギガキング】

レース映像を見ればわかるが、勝負所の手応えは渋いが最後までじわじわ伸びるスタミナタイプ。そういう馬なので決め手が問われる大井コースの成績は散々で、一方で上がりがかかってスタミナ勝負になる右回りコースではほぼパーフェクトの戦績。ダービーグランプリで盛岡コースを経験しているのも良いですし、その時の4コーナーの手応えを見てもこの馬はコーナー半径が大きい盛岡コースは適性が高そう。今回の出走メンバーの中では数少ない控えて差す競馬ができる馬ですし、ハイペースからのスタミナ勝負も向くと思います。

 

【単穴 ▲10 メイショウフンジン】

父ホッコータルマエ×母父シニスターミニスターのイメージ通りに使いつつ力をつけてきた馬で、とにかくバテないスタミナと先行力が武器。かなりのハイペースでもバテずにジリジリと伸びてきますし、指数や時計以上にこの馬は相手なりに走れると見て良さそう。

今回は先行馬多数でハイペースの展開がどうかですが、これまでのレースぶりを見ても揉まれなければ逃げなくても競馬はできそう。同型の中では周りを見ながら運べる外枠が引けたのはプラスだと思いますし、同馬主のメイショウカズサが逃げないとダメな馬なのでこちらは控えて揉まれずに運ぶオーダーが出るはず。とにかく積極的に乗る坂井騎手がどう乗ってくるかはポイントですが、厳しい流れでも好位からスタミナを活かす競馬なら粘れていいと見ます。

 

【△4 ノーヴァレンダ】

2歳ダート王者になるもその後の中央競馬ではスピード不足が響いて出世できず。そこから南関に移籍して覚醒するわけだが、地方の重い馬場があっていたというより逃げて持続力を存分に活かす競馬があっていた感じ。確かにここ2戦は凄まじく強いのだが、今回は同型がズラリと揃って同じような競馬はできなそう。

前走は今回も逃げ争いになるだろうメイショウカズサが主張していく中を譲らずにハナを主張しましたし、あの森騎手の姿勢を見るに「逃げてこそ」と考えている可能性が高そう。主張したらハイペースで厳しくなるでしょうし、控えてここ数戦のような強さを見せられるかは疑問。基本的に揉まれるとダメなタイプなのでこの枠もマイナスだと思います。

 

【△8 バーデンヴァイラー】

破竹の連勝撃でオープン馬になったが、2勝クラス勝ち、3勝クラス勝ち、オープン勝ちは全てぬるま湯スローで展開に恵まれていた。前走のアンタレスステークスはスムーズな競馬ができていながら何も抵抗できずに負けましたし、ペース流れての地力勝負では現状これぐらいの馬ということじゃないだろうか。

今回は先行馬多数でどう考えてもハイペースになるはずで、前走以上に前に行くと厳しい展開になりそう。福永騎手なのでその展開を見越して控える競馬を試してきそうだが、揉まれ弱さなどある馬なのでそういう競馬に対応できるのかはわからない。

 

【△12 エルデュクラージュ】

左回りしか走らない典型的なサウスポー。報知オールスターカップや川崎記念ぐらい走ればここでも十分にやれそうだが、ここ2戦がさっぱりの内容。出来落ちしている可能性もありそうなので評価を上げきれなかったが、今回のメンバーの中では数少ない控えても競馬ができるタイプ。調子が戻っていればやれてもいいだろう。

 

【△14 サトノディード】

中央在籍時は意外性に溢れた馬で、惨敗続きから突如として激走して大穴を開けることが多々。大井移籍後は上がりが掛かるレースが多いからか毎回差し込んできており、前走は後方待機から素晴らしい末脚を見せて大外一気。

確かに能力的には一枚も二枚も見劣りそうだが、今回は超ハイペース濃厚でどう考えても展開が向きそう。最後にしっかりとした末脚を使えるタイプはこの馬ぐらいですし、無欲の後方待機策で3着拾いはあっていい。

 

【×2 テリオスベル】

逃げることさえできればとにかく渋とい馬。ただ出足が鈍いため逃げるのが難しい馬で、ここ2戦は同型不在で少頭数で外枠でと全てに恵まれていた。今回は条件自体は合うと思うが、同型多数でケイアイパープルの捲りも入りそうなメンバー構成。バッサリ切ってもいいが少し怖いので抑えた。

 

【×6 メイショウカズサ】

気性に脆さがある馬で自分のリズムで走れないとあっさりレースを放棄する。そんな馬だけに逃げないと基本的にダメそうだが、今回はズラリと同型が揃って逃げられるかは微妙なところ。途中で捲りが入って出入りの激しい展開にもなりそうですし、いくら川田騎手でもこれは厳しいだろう。バッサリ切ってもいいが少し怖いので抑えた。

 

【推奨買い目】

三連複 9→3,10→3,10,4,8,12,14,2,6 本線ベース

三連複 9,3→10,4,8,12,14 重ね買い

三連複 9,3,10 重ね買い

三連単 9→3,10→3,10,4,8,12,1 本線ベース

三連単 9→3,10→3,10 重ね買い

 

【買い目及び予想のポイント】

ここはハイペースで前崩れの消耗戦想定で溜めて差すor抜け出す競馬ができるかがポイント。人気馬の中でそれができるor近走で経験しているのは◎ケイアイパープル、◯ギガキング、▲メイショウフンジンぐらい。この3頭の中では能力上位の◎は堅いと見てここは堅軸。相手2頭は坂井騎手の騎乗次第なメイショウよりは信頼できそうな◯の方を2番手に。

三連複で◯▲を2列目においてのフォーメーションと、地力勝負で◎ケイアイが圧勝しつつ、他の有力馬が全て潰れて◯▲が2着まで走ってきた時の三連単フォーメーションを買いたい。

関連記事

JBCスプリント [1] 盛岡ダート1200mの特徴は?

昨日のJBCクラシックに続き、今日は盛岡ダート1200mで行われるJBCスプリントを見ていきたい。

記事を読む

ローレル賞2017の予想を公開!

ローレル賞2017(川崎1600m)の予想です。 11月7日に川崎競馬場で開催され発走時刻は2

記事を読む

東京ダービー2019の予想を公開!

東京ダービー2019(大井ダート2000m)の考察です。 6月5日に大井競馬場で開催され発走時

記事を読む

【2016】大井記念の予想を公開!

今日は5/18(水)に行われる大井記念のレース予想を行います。大井2000mで行われるSII戦です。

記事を読む

【2016】フジノウェーブ記念の予想(ソルテらの評価は?)

今日は2/24(水)に行われるフジノウェーブ記念のレース予想を行います。大井1400mで行われるJS

記事を読む

川崎記念2019の予想を公開!

川崎記念2019(川崎ダート2100m)の予想です。 1月30日に川崎競馬場で開催され発走時刻

記事を読む

東京プリンセス賞2021の予想を公開!

東京プリンセス賞2021(大井ダート1800m)の予想です。 4月28日に大井競馬場で開催され

記事を読む

【2016】JBCレディスクラシックの予想を公開!

今日は11/3(木)に行われるJBCレディスクラシックのレース予想を行います。川崎1600mで行われ

記事を読む

サマーチャンピオンの予想を公開!

お盆の交流重賞は、、、 クラスターカップ=◎サマリーズ 4着 ブリーダーズゴールドカップ

記事を読む

マリーンカップ2017の予想を公開!

マリーンカップ2017(船橋1600m)の予想です。 4月12日に船橋競馬場で開催され発走時刻

記事を読む

【チャレンジカップ2022の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

チャレンジカップ2022(阪神芝2000m)の考察です。 12月

クイーン賞2022の予想を公開!

クイーン賞2022(船橋ダート1800m)の予想です。 11月3

【チャンピオンズカップ2022の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

チャンピオンズカップ2022(中京ダート1800m)の考察です。

11月4週のレース回顧〜今年のジャパンカップも外国馬は活躍できず〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間

京阪杯2022の予想を公開!

京阪杯2022(阪神芝1200m)の予想です。 11月27日に阪

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑