*

京都記念2023の予想を公開!

公開日: : 最終更新日:2023/02/16 重賞レース考察・予想

京都記念2023(阪神芝2200m)の予想です。

2月12日に阪神競馬場で開催され発走時刻は15:45です。出走馬はドウデュース、エフフォーリア、キラーアビリティ、プラダリアなど。阪神競馬場の芝2200mで行われるGIIです。

 

[PR] 京都記念2023攻略法

好走3人気データと・・先週

また収支プラス!東京新聞杯も的中!

ここを掛け合わすのが的中への近道か!

────────────────

京都記念データをご紹介

昨年こそ12番人気-8番人気で決着しましたが、過去10年の好走馬30頭中28頭は6番人気以内馬。 しかしながら最も成績がいいのは3番人気で(2-4-1-3)複勝率70%。 次に成績がいいのは6番人気で(4-0-2-4)複勝率60%
新聞に印がついている1,2番人気以外の馬を狙うと良さそうです。

────────────────
そして最後はここをチェック

先週東京新聞杯427%回収

無料公開スクショ

無料予想またプラス収支の週末

無料公開予想収支

◎02月 04戦2勝 +10,260円

◎01月 20戦7勝 +180,090円

◎12月 18戦9勝 +69,260円

◎11月 09戦6勝 +107,430円

◎10月 11戦5勝 +28,100円

◎09月 11戦7勝 +21,160円

◎08月 09戦5勝 +12,080円
────────────────
推奨通り買うだけで毎月負けてない予想

ここが3,6人気をどう配置するか?!

無料予想有馬記念も3連複168%回収!

エフフォーリアをどうするのか?!

先週4人気ウインカーネリアンを読んでたので今週も買い方期待です!

京都記念2023予想
↑からメール登録へ

前夜買い目開放されてきます。
今週も土曜から収支期待ですね!要注目です!

 

京都記念 2023 予想

先出し本命候補(せっかちな方はこちらから)

下記のバナーのクリック先で馬名は公開しておりますので、どうぞ応援クリックよろしくお願いします。


最強競馬ブログランキングへ

 

京都記念のレース概要

レース名の冠通りに例年は京都競馬場で開催される重賞だが、今春のリニューアルオープンまでの間は阪神競馬場での開催。阪神芝2200mの重賞となると宝塚記念のイメージがすぐに浮かぶが、あちらが梅雨時期の阪神芝の開催後半に行われるのに対して、この京都記念が行われるのは阪神の開幕週。馬場状態が全く異なるのでなかなか両者を並列にして参考にするのは難しい感じもします。

馬場コンディションこそ異なりますが、阪神芝2200mはスタートしてから最初のコーナーまでの距離が長く、中盤ラップが緩まない持続力勝負になる非根幹距離条件。現代競馬で重要なオーソドックスなものとは違う適性が問われるので十分に波乱もあるレースでしょう。

 

データ的な見地からの考察

過去2年しかサンプルがないのでデータ的な考察は難しいところ。京都開催時のデータも含めるとこのレースは前走GI組の成績が複勝率45%で非常に優秀。やはり前走で強い相手と戦ってきた馬は評価できるレースでしょう。

 

ラップ的な見地からの考察

過去2年しかサンプルがないのでなかなかここからラップ的な考察をするのは難しいところ。しかも昨年は雨馬場の超スロー戦になったので例外的な年に見えます。

どちらかといえば今年のレースラップとして参考になりそうなのは2021年のほうか。基本的に阪神芝2200mは中盤ラップが緩まずの持続力勝負になることが多く、キレよりも先行力やスタミナが重要になります。

 

血統的な見地からの考察

過去2年しかサンプルがないのでなかなかここから血統的な考察をするのは難しいところ。この2年を見る限り最も好走率が良いのはステイゴールド系の馬。昨年のアフリカンゴールド、タガノディアマンテはどちらも人気薄でしたし、それだけステイゴールド系の血のおかげで好走できたと考えて良さそう。

宝塚記念では父も母父もサンデーサイレンスではない馬の好走が目立っており、過去2年の京都記念でステイゴールド系が活躍しているのを見ても、主流とは違うスタミナ要素が問われるレースだと言えるんじゃないでしょうか。

 

レベルや馬場、展開などを踏まえて今年はどんなレースになりそうか?

今週が阪神競馬場は開幕週。当初は金曜日に雪予報だったがほとんど雪も雨も降らずで土曜日から高速馬場。日曜も雨は降らなそうなので、開幕週らしい高速馬場での開催になりそうです。

昨年のダービー馬ドウデュースに一昨年の年度代表馬エフフォーリア、それ以外にも2歳GIを勝ったキラーアビリティや青葉賞馬プラダリアなどなかなか豪華なメンバーが揃った印象。ただ一方でこの条件に適性がありそうな馬があまりおらず、大きな波乱があっても驚けません。

土曜日の馬場を見る限り、速い上がりが出ていて決め手が要求される馬場コンディション。非根幹距離の芝2200mでもある程度の決め手がないと厳しそうで、スッと位置が取れて持続力+決め手に優れた馬を狙いたいです。

 

考察まとめ

【レース質】持続力とスタミナが問われる非根幹距離条件。<□■■□>

【波乱度】上位人気馬のコース適性が怪しく波乱もあり得る

【ラップ特徴】中盤ラップが緩まない持続力勝負になりやすい。

【血統特徴】ステゴ系やサンデーを持たない非主流血統が走りやすい。

【狙えるタイプ】非根幹距離実績がある馬。

【狙えるタイプ】前走GI組。

 




 

京都記念 2023の印

◎プラダリア

今年の4歳世代はイクイノックスの活躍を見ても相当なハイレベル世代と見て良さそうだが、この馬も十分に世代上位と言っていい能力があるはず。

昨年の日本ダービーは前半1000m=58.9の速い流れで後方待機勢が上位独占。後ろにいればいるほど恵まれていたはずで、上位8頭の中で9番手以内につけて好走したのは2頭だけ。そんな展開不向きな中で3着に走ったアスクビクターモアは相当な素材だろうが、この馬も5番手追走で粘り込んでいるんだから相当に強い。

昨秋の2戦は状態整わなかったり距離が長かったりで結果を出せなかったが、前走の日経新春杯はカオス馬場のスロー戦でインを通った馬が上位独占の中で外を回して非常に強いレースぶり。全く馬場バイアスが合わない中でヴェルトライゼンデと僅差でしたし、この馬は条件や馬場などが合えば十分にGIでも好走できていい馬に見えます。

ディープインパクト産駒ですが母父クロフネでスパッとキレるよりはじわじわと長く脚を使えるイメージの馬で、日本ダービーであれだけの持続力勝負を前付けして粘り込めるあたり阪神芝2200mの適性は高そう。今回はある程度位置を取りに行くそうですし、開幕週の馬場で持続力+決め手が問われるようなレースになればこの馬が最上位の存在に見えます。

 

【対抗 ◯10 エフフォーリア】

一昨年の無双状態の頃に比べれば物足りないが、宝塚記念は追走に苦労しながら最後はハイレベル戦で差し込んできていますし、有馬記念は前に行った馬は総崩れの中で先行してよく頑張っていた。昨年シーズンから行きっぷりが悪くなっていたのがネックだったが、前走の有馬記念は行きっぷり良くてスッと先行できたのは収穫だった。

今回は感想をはっきりと口にする横山武史騎手が良化をほのめかしていますし、1コーナーまでの距離が長い阪神芝2200mなら楽に位置が取れるはず。ここ2戦でのGIでの結果からもGIIレベルなら十分に勝負になるはずで、人気馬の中では開幕週で位置が取れるこの馬を信頼する。

 

【△1 マテンロウレオ】

皐月賞やダービーの結果を見ても世代上位の馬とは差がありそう。中山金杯は位置を落として脚を余し気味だったとはいえ、その前の2戦は横山典弘騎手の完璧な騎乗で好走できた感じ。中日新聞杯は2勝クラスの中日スポーツ杯と同レベルぐらいに見えますし、今回のメンバーでどこまでやれるか。開幕週の馬場で1枠1番を引けたので、再び横山典弘騎手の神騎乗が炸裂する可能性もありと見て抑える。

 

【△3 ウインマイティー】

馬群の中で揉まれる競馬が良いタイプで、そういう競馬ができた時はマーメイドSも有馬記念もなかなかの内容。エリザベス女王杯はカオス馬場で外枠から外外を回る競馬が厳しかった感じで度外視していいか。いかにも非根幹距離が合いそうなステイゴールド系ですし、もう少し雨が降っていれば十分にチャンスはあったか。

ところが予想外に阪神競馬場は雨が降らず、決め手が存分に問われる高速馬場になっている感じ。キレキレの若駒に末脚を使われるようなレースになってしまうと厳しそうで、土曜日の芝のレースを見ても和田騎手の良さが活きる馬場には見えない。

 

【△5 キングオブドラゴン】

準オープン勝ちが非常に強い内容で重賞でも通用する馬と見ていたが、オープン昇級後は鳴尾記念と京都大賞典は根幹距離でキレ負け。オールカマーとアルゼンチン共和国杯は精神面の脆さを見せた感じで、初めて非根幹距離で渋とさを活かす競馬ができた前走の日経新春杯で2着好走。その前走はカオス馬場に恵まれた感じはありますが、いかにも開幕週の阪神芝2200mに合いそうな馬で、今回は雨の影響で馬場が渋るならチャンス十分と見ていた。

ところが予想外に阪神競馬場は雨が降らず、決め手が存分に問われる高速馬場になっている感じ。キレキレの若駒に末脚を使われるようなレースになってしまうと厳しそうで、内ラチをロスなく立ち回ってどこまで抵抗できるか。

 

【△6 ユニコーンライオン】

もともと今回と同条件の宝塚記念で2着の実績がある馬。長期休養を挟んで低迷が続いていたがここに来て復調気配。今回は同型のアフリカンゴールドがいるがテンスピードはこちらの方が上ですし、スムーズに行き切れればやれていいはず。

 

【△12 ドウデュース】

超ハイレベルだったダービーでイクイノックスを倒しているように能力は現役最強級。ただ、秋のフランス遠征でサッパリな結果で調子を落としている可能性があり、じっくり溜めて差すタイプの馬なので開幕週の阪神芝2200mはあんまり適性がないはず。状態が戻っている場合はあっさりまであって良いが、少し馬がおかしくなっていた場合は力が抜けていてどこまで差し込めるか。

 

【消9 キラーアビリティ】

折り合いに難しいところがある馬で、日本ダービーや目黒記念を見ても距離に限界あり。前走の中日新聞杯はメンバーレベルに恵まれて1枠から完璧な競馬ができていた。今回は距離延長で相手強化で強気に動かす傾向のあるムルザバエフ騎手。全てが条件悪化に見えます。

 

印まとめ

◎プラダリア
◯エフフォーリア
△1,3,5,6,12

勝負度 D

 

買い目

京都記念の買い目はメルマガ限定での公開となっておりますので、そちらもご覧になりたい方はぜひともメルマガを購読してみてください。

 

2月にメルマガをお読みいただいた方に特典として「東京競馬場徹底コースガイド」を配布いたします!

どんなものかは以前に配布した新潟競馬場verのサンプルを載せておきますのでご確認ください。

このようなコースガイドを現在「新潟」「札幌」「小倉」「中京」「中山」「阪神」の6つ作成済み。今回は東京開催ということで「東京競馬場ver」を作成しましたので配布いたします。

こちらは2/28までの期間限定ダウンロードとなります。お早めにダウンロードの方をお願いいたします。

 

「毎週大きな馬券が当たる!」なんていう誇大広告をあげているところのような派手な結果は期待できませんが、そこそこ毎週当たって2、3週に1回ぐらいドッカーンと大きい万馬券がハマるような感覚で競馬を楽しみたいなら、当ブログが発行しているメルマガ「競馬をビジネスにする」がオススメです。

もう発行して6年になりますが、いまだに発行当時からの読者もいるぐらい購読期間が長い方が多いのがウチのメルマガの特徴。一般的に競馬メルマガやオンラインサロンは誇大広告で煽って一時的にお客を集めるところが多いですが、ウチはそういうところではありません。長く読み続けたい方は長く読んでもらって、少しだけかじってノウハウを身につけたら購読をやめるなんて人も全然OK。

こういうメルマガやオンラインサロンの類の中では珍しく(?)地道に真面目にコツコツと運営していますので、あまり気張らずにお試し読みをしていただければと思います。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」のご紹介

さて、2023年も2月になりました。

ここでは徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」の新規読者募集をさせていただきます。

 

今までサイト「競馬はビジネスである」を通して、私自身、競馬ブログサイトの中でも最上級に時間をかけた分析の上、説得力のある予想をお伝えしてまいりました。外れても納得できるだけの自慢の予想をお送りできていたかと思います。

その予想・考察に結び付くまでにどのようなデータを作成しているのか?どのようなプロセスを踏んでいるのか?そういったところまでをメルマガ「競馬をビジネスにする」では全て隠すことなくお伝えいたします。

正直な話、私は尋常ではない時間をかけて競馬のデータと考察を行っています。それを必要とされる方がいるのであれば還元できれば。そして勝ち組になっていただければ、というのがこのメルマガの趣旨でございます。

 

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

 

当メルマガはクオリティでどの雑誌やメルマガにも劣っていないと思っております

正直、過大広告や一度の的中を誇張するメルマガなどが多く蔓延っているのが実情。その中で当メルマガは「クオリティだけに特化して」配信しています。もしかすると2、3週連続で不調で当たらないかもしれません。ですが、その間に配信している内容にクオリティの低いものは一切ないと断言できます。

 

おかげさまで発行4年になる当メルマガですが、メルマガ発行業界大手のレジまぐ様の売上ランキングで1位になるまでになりました。

購読者数ランキングに関してもPC版とモバイル版の2つに分かれていながら、どちらも2位と3位という圧倒的な支持を頂いています。

この順位までこれたのも「圧倒的に継続読者数が多い」ということが理由です。小手先の一度の的中などに満足せず、必然的に的中するための分析と回顧の積み重ねでクオリティを維持しているおかげと思っております。

もちろんこれだけでは満足せず、、、

圧倒的なクオリティ業界一を目指します!!!

 

さて、ここでメルマガの各曜日ごとの配信詳細を紹介しましょう。

 

【月曜日】先週の重賞回顧

月曜日に先週の重賞回顧を配信します。前週に行われた重賞レース出走馬全ての馬に回顧コメントをつけて配信しております。次走注目馬などもご紹介。

 

【水曜日】中央競馬の全レース回顧

水曜日には前週に行われた中央競馬の全レース分の回顧文&データを配布します。

 

各競馬場ごとに前週に行われた全てのレースの詳細と勝ち馬の評価、そしてそのレースで不利を受けた馬や次走注目するべき馬、危険な人気馬などを全て網羅して配信しております。

そんな、文章でのボリューム満載なレース回顧に加えて、、、

スクリーンショット 2015-12-31 15.45.42

スクリーンショット 2015-12-31 15.46.00

エクセルファイルにて競馬場ごとに新馬戦から上級戦まで、全てのレースの結果情報、レース回顧コメント、先週の結果分析のタイムランク情報などを載せたデータファイルを毎週配信しています!

正直言って回顧をやっているブログ、メルマガはあれど、中央競馬の全レースの回顧をまとめて配信している媒体はウチだけだと思います。

これを見れば縦比較で走破時計やレースラップがどれくらい優秀なのか把握できますし、予想の際にこれを見ればどの馬が強いレースを戦ってきたのかが一目瞭然です。

ただ、この文章だけではなかなかどういうものか伝わりにくいと思うので、2016年の函館競馬場の全レース分析データを下記リンクで無料でダウンロードできるようにしておきました。こちらを見てどんなものか確認頂ければ幸いです。

 

【金曜日】重賞プレ予想
金曜日は重賞のプレ予想を配信いたします。ここで「競馬開催日の競馬ノート」の週末のパスワードを配布いたします。ここから週末のレース予想が始まっていきます!

 

【土曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【日曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【不定期】地方競馬の重賞予想

地方交流重賞並びに南関競馬の重賞をメルマガ限定コンテンツとして配信しております。

※以前は地方交流GI並びに南関のSIレースに関してはブログで全体公開としていましたが、今後はメルマガ限定のコンテンツとなります。

 

【不定期】海外競馬のレース予想の配信

最近では海外競馬の馬券もPATで購入できるようになりました。海外競馬のレース予想に関してもメルマガにて配信します。こちらは実施が不定期なので配信日はその時々になりますが、メルマガをご購読いただければ海外競馬まであなたの競馬ライフをカバーいたします。

 

これだけのボリュームあるコンテンツを毎日更新予定!!

サイト記事だけではわからない予想する際に使うデータベースや、結論を導くまでのメソッドをメルマガを通して余すことなくお伝えできればと思っております。

今までなんとなく馬券を買ってきたという方は、ぜひ本当の競馬力を身につけていただくためにも読んでいただければ幸いです。競馬予想の真髄をお見せいたします。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

関連記事

阪神カップの予想を公開!

中山競馬場は寒いです。毎年思いますが有馬記念の待機列を経験することで、それまで一年を表す漢字が「幸」

記事を読む

【神戸新聞杯2022の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

神戸新聞杯2022(中京芝2200m)の考察です。 9月25日に中京競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

【2016】シルクロードS / レース考察(京都芝1200mで行われるGIII戦を徹底考察します)

今日は1/31(日)に行われるシルクロードステークスのレース考察を行います。京都芝1200mで行われ

記事を読む

小倉記念 [2] 上位人気馬の総評

上野暑い。。。。。 昨日は池袋で飲んでまして、芋焼酎を2本ほど空けたのですが、年齢を重ねるごと

記事を読む

【毎日王冠2021の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

毎日王冠2021(東京芝1800m)の考察です。 10月10日に東京競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

函館日刊スポーツ杯2022の予想を公開!

函館日刊スポーツ杯2022(函館芝1200m)の予想です。 6月11日に函館競馬場で開催され発

記事を読む

【2016】きさらぎ賞 / レース考察(京都芝1800mで行われるGIII戦を徹底考察します)

今日は2/7(日)に行われるきさらぎ賞のレース考察を行います。京都芝1800mで行われるGIII戦で

記事を読む

葵ステークス2023の予想を公開!

葵ステークス2023(京都芝1200m)の予想です。 5月27日に京都競馬場で開催され発走時刻

記事を読む

【2016】エルムSの予想を公開!

今日は8/14(日)に行われるエルムステークスの予想です。先週の小倉記念は悶絶のクビ差で大万馬券を逃

記事を読む

京都記念の予想を公開!

なんだかハープスターとキズナを本命にしてはいけない、みたいな雰囲気出ていますよね、京都記念。私は今回

記事を読む

弥生賞ディープインパクト記念2024の予想を公開!

弥生賞ディープインパクト記念2024(中山芝2000m)のレース予想で

オーシャンステークス2024の予想を公開!

オーシャンステークス2024(中山芝1200m)のレース予想です。

チューリップ賞2024の予想を公開!

チューリップ賞2024(阪神芝1600m)のレース予想です。 3

3月1週の中央競馬レースプレビュー 〜引退調教師と新人騎手、別れと出会いが一挙に到来〜

3月1週の中央競馬レースプレビューです。 この記事は週末に行われ

【オーシャンステークス2024の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

オーシャンステークス2024(中山芝1200m)のレース考察です。

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑