*

【小倉2歳ステークス2018の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

公開日: : 最終更新日:2018/08/31 重賞レース考察・予想

小倉2歳ステークス2018(小倉芝1200m)の考察です。

9月2日に小倉競馬場で開催され発走時刻は15:35です。出走馬はシングルアップ、ルチアーノミノル、セプタリアン、ファンタジスト、ジャカランダシティ、ミヤジシルフィードなど。小倉競馬場の芝1200mで行われるGIII戦です。今回の記事では過去データやレースラップ、血統、予想オッズなどを考察いたします。

 

PR) 重賞ダブル的中!「号外」認定の超堅軸が穴馬連れて10万馬券的中!

競馬予想サイトでなかなかないtwitterを使ったリアルタイム配信。
そして、手に入り辛い「外厩情報」を駆使して的中を届けてくれている「レープロ
twitterは是非、チェックしてください!

先週は「キーンランドC」と「新潟2歳S」を的中!

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
■8月26日(日)
札幌11R「キーンランドC」
3連単384.8倍的中 230,880円獲得!

新潟11R「新潟2歳S」
3連単159.5的中 159,500円獲得!
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

そして号外認定の超堅軸が穴馬引き連れ10万馬券!
新潟4Rの推奨馬は2着でしたが、フォーメーションの組み合わせが抜群で3連単を的中。
払戻額639,540円獲得!

今すぐサイトを見に行く!

レープロの豊富な情報網は地方競馬まで及んでいます。
毎週火曜日に無料で鉄板馬を紹介しているので、すぐ登録することをオススメします!

先週の門別と水沢競馬の推奨馬がバッチリ上位にきてます。お見事!

twitterをチェックしながら無料コンテンツを読み漁ってください。
火曜日から土曜日まで毎日のように更新されます!

メアド登録して確認メールのURLからログインしてください。
今週も週末の小倉2歳ステークスから爆当てしましょう!

小倉2歳ステークスの情報を見に行く!

 

 

小倉2歳ステークス 2018 考察

過去5年のレース傾向

夏の小倉開催のフィナーレを飾る2歳スプリント重賞。あんまりクラシックに繋がるような印象のないレースですが、2016年の勝ち馬レーヌミノルは桜花賞を制しましたし、やはり小倉芝1200mという極限のスピード条件で勝てる馬のスピードは相当高いと見て良さそうです。

このレースを予想する上での重要なポイントは「走破時計」「多頭数」「高速馬場」の3点だと思います。今回はそれぞれ分けて解説したいと思います。

 

[ポイント1] 走破時計

小倉2歳ステークスを考える上で重要なポイントは初戦の走破時計をどう見るかという事。

キャリアが1戦や2戦の馬が多くてあまりにも判断材料がない2歳重賞ですから、ファンが信頼を置きがちなのが走破時計の速い馬。単純に走破時計が速い馬が一番強いと考えるファンは2歳戦では多く、実際に函館2歳ステークスでも走破時計が抜けていたナンヨーイザヨイが1番人気になりました。

ただ、その結果はどうだったでしょうか?

ナンヨーイザヨイはスプリント重賞の流れについていけずに9着惨敗。昨年の小倉2歳ステークスでも1番人気に推されたのは新馬戦で1:08:5の圧巻の時計で勝利したモズスーパーフレアでしたが、本番では人気になるも揉まれて全く伸びずに惨敗。このように走破時計で押し出されて人気になる馬は2歳重賞では期待値が限りなく低いのです。

なぜ走破時計が速い馬がその時計通りに走れないのか、その理由はレースがタイムトライアルではなく「競馬」だから。枠順や頭数、展開、馬場など全てが絡まりつつ、ほかの馬とレースをするのが競馬ですから時計が走るわけではないのです。

今年で言えば、、、

ルチアーナミノル 1:08:2

シングルアップ 1:08:4

あたりが時計の速さで人気をすると思いますが、大事なのはその走破時計でなくてレース内容。もちろん時計も速くてレース内容も良ければ文句のつけようがありませんし、その辺りはきちんと考えたいところです。

 

[ポイント2] 多頭数

小倉2歳ステークスの2つ目のポイントは多頭数になるという事。夏の小倉開催はとにかく芝1200mの新馬戦と未勝利馬が多く、スプリントの1勝馬がたくさんいる事になるので小倉2歳ステークスはまずフルゲートになります。

だいたいの馬は初戦が10頭立てぐらいの頭数でレースをしてきますから、16頭揃ってのレースは今回が初めてという馬がほとんど。この多頭数競馬に対応できるかというのもこのレースで重要なポイントです。

例えば昨年の1番人気モズスーパーフレアは多頭数で揉まれる競馬になって惨敗。2番人気のヴァイザーは多頭数で位置を落として直線で捌けずに馬券外に。このように頭数が増える事で初戦のパフォーマンスが出せない馬が出てくるのでそのあたりは注意したほうがいいでしょう。

 

[ポイント] 高速馬場

この点に関しては次回の考察で詳しく述べますが、今年に関しては最終週まで間違いなく続くだろう高速馬場も重要なポイント。

夏の小倉開催は数年前はエアレーション作業の影響でタフな外差し馬場になっていましたが、昨年あたりからエアレーション作業の影響が落ち着いてきたのか、ただの高速馬場になっている感じ。

今年は開幕週からずーーっと速い馬場が続いていますし、先週はBコース替わりでさらに馬場レベルが回復した印象で、まず最終週でも時計のかかる外差し馬場にはならないはず。

北九州記念の考察の時にも書きましたが、以前は外差しが決まる傾向が多かった小倉芝1200mのスプリント重賞。ですが、今の高速馬場では後ろから行く馬が届くとは思えず、ある程度前々で競馬ができた馬が上位にくると思います。

 

レースラップ分析

2週前に北九州記念が同じコースで行われたので、その時に書いたこととほぼ丸かぶりになりますが再度説明します。

小倉芝1200mはスタートから直線入り口までひたすら下り坂が続き、なおかつ直線部分が平坦なので騎手意識が前に行きやすいコース。先行争いが激しくなりやすい上に下り坂で勢いがつきやすいのでとにかく前半部分のラップが速くなります。

北九州記念では前半32秒台中盤になる事も多く、その上で直線が平坦で上がりもかからないので前半部分のスプリント性能が高い馬がとにかく走る傾向にあり、今年もアイビスサマーダッシュの1、2着がそのまま好走しました。

その北九州記念に比べるとテンのスピードは若干劣って33秒台前半ぐらいになるのが小倉2歳ステークスの特徴。そりゃ2歳馬でキャリア1戦の馬ばかりですから、古馬の一流スプリンターたちほどスピードがあるわけがありません。それでも前半33秒台前半で行くとこの時期の2歳馬にとってはかなり厳しいペースと言ってよく、終いのラップはかなりかかるのがこのレースの特徴。以前は開催最終週という事もあって、この終いのラップがかかる部分で差し馬が台頭してくる事も多かったレースで、2014年などはオーミアリスが大外一気で大穴を開けました。

近年はエアレーション作業の影響もひと段落して最終週まで速い馬場になる傾向。前半が33秒フラットぐらいで行っても今の小倉の馬場で大外一気が決まるとは思えず、北九州記念のようにある程度の位置で立ち回った馬が上位を独占すると思います。

 

血統傾向

この血統傾向も基本的には激流スプリント戦をイメージすればだいたい理解できるようなもの。前半部分に追走エネルギーを使うレースラップになるので溜めて良さの出るサンデーサイレンス系は強調できないレース。父か母父にダート短距離血統を持つ馬の成績が圧倒的で、それ以外でも父サンデーサイレンス系よりは非サンデーサイレンス系の方が好走率が良いです。これは上がりがかかって消耗戦の様相になった時に粘り込める持久力が問われる部分もあるからではないでしょうか。

父サンデーサイレンス系で走るのはほぼダイワメジャー産駒とキンシャサノキセキ産駒の2つのみ。どちらも非サンデーサイレンス系がよく走るレースで例外的に走るサンデー系で、早熟傾向あって仕上がりが早く、それでいてスピードに特化しているので前半部分に負担がかかるレースへの適性が高いのがその理由でしょう。

と言うわけで、このレースは基本的には父か母父にダート短距離血統を持つ非サンデーサイレンス系の馬を買いつつ、サンデーサイレンス系はダイワメジャー産駒とキンシャサノキセキ産駒を重視すれば良いレースだと思います。

 




考察まとめ

というわけで枠順発表前の小倉2歳ステークスの想定オッズはこちら。

枠順発表前の想定オッズ(当サイト予測)

人気 馬名 オッズ
1 ルチアーナミノル 3.8
2 シングルアップ 4.5
3 セプタリアン 5.4
4 ファンタジスト 6.2
5 ジャカランダシティ 7.0
6 ミヤジシルフィード 9.5
7 チュウワフライヤー 11.2
8 タムロドリーム 17.6
9 タガノジェロディ 25.5
10 ブルベアオーロ 41.2
11 アズマヘリテージ 44.5
12 アーデントリー 52.1
13 カシノティーダ 79.0
14 エイシンノホシ 88.0
15 セイウンコービー 175.0
16 ステイグリーン 188.0

 

単純に走破時計が抜けていて手応えも余裕十分だったルチアーノミノルが1番人気になりそう。それを追うのはフェニックス賞勝ちのシングルアップだと思います。近年はフェニックス賞勝ちというだけで人気にはならなくなってきているので、こちらが2番人気なんではないでしょうか。

 

最後に現時点で面白いと思う馬をピックアップ!

↓↓のバナーのクリック先で馬名は公開しておりますので、どうぞ応援クリックよろしくお願いします。


中央競馬ランキングの説明文欄で馬名公開中

<推奨根拠>

前走は時計が速いだけではなく内容も圧巻。スタートが速くて多頭数レースも経験済みとなると死角は少ない。中枠〜外枠を引くことができれば勝ち負けは堅そうだ。

 

一方でちょっと危ういと思っている人気馬はこちら。

↓↓↓


最強競馬ブログランキングへ

前走はスタートこそ速かったが、跳びが大きいのでこのペースについていくのもギリギリだった印象。全兄ブランモンストルはマイルで未勝利を勝っているようにもう少し距離は長い方が良さそう。1400mでスピードの持続力を活かした方が良さそうで、小倉2歳Sではスピード負けすると見ています。

 

━【PR】━━━━━━━━━━━━━━
一撃回収で帯封を連発するサイト!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

圧倒的な情報量を武器に、
安定感のある的中+驚異の回収率を実現!

一撃帝王では近走も帯封馬券を含む高額的中を公開!

■■■先日の高配当的中■■■

2018-08-19
小倉09R 戸畑特別
3連単:02-13-05
「605万4500円」炸裂!

その他の的中実績をその目でご確認ください!

その他の的中実績はこちら!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

馬主・生産者側との密接な情報網から得られる

”極秘情報!”

なによりも大切な情報を現場から生で仕入れることができるからこそ
これだけの配当的中できるわけです。

更に、最強の予想家軍団が極秘情報から
好走馬を見つけ出す!

その結果、無料情報でも帯超えを達成!!

[今週も鉄板情報を無料公開!

▼今週の無料情報提供レースは▼

「小倉2歳ステークス」

メディアには乗らない裏情報を掴み勝負馬券を形成する。

無料登録でこの情報、勝負馬券を入手可能!

※先着順のためお早めにご登録ください。

⇒ 無料登録はこちら

関連記事

【武蔵野S2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

武蔵野ステークス2017(東京ダート1600m)の考察です。 11月11日に東京競馬場で開催さ

記事を読む

【2016】ユニコーンS / 枠順&展開考察(ストロングバローズ、グレンツェント等の枠順は如何に)

今日は6/19(日)に行われるユニコーンステークスのレース考察を行います。東京ダート1600mで行わ

記事を読む

【2016】プロキオンSの予想を公開!

今日は7/10(日)に行われるプロキオンSの予想です。中京ダート1400mで行われるGIII戦です。

記事を読む

【オーシャンステークス2018の予想ヒント】過去データやローテ、血統などを分析考察します

オーシャンステークス2018(中山芝1200m)の考察です。 3月3日に中山競馬場で開催され発

記事を読む

毎日王冠2018の予想を公開!

毎日王冠2018(東京芝1800m)の予想です。 10月7日に東京競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

【毎日王冠2018の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

毎日王冠2018(東京芝1800m)の考察です。 10月7日に東京競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

平安S [3] 枠順発表!明暗を探る

さて、また金曜日がやってまいりました。 5月は毎週末にGIがあるのであっという間に週末が来るな

記事を読む

きさらぎ賞 [2] ディープには絶対に逆らわない

日本代表のハビエル・アギーレ監督が契約解除となりました。まぁ予想はついていましたが、さすがに後任人事

記事を読む

カペラS [1] 激流になるか、それとも・・・

1月にロンドンに行く予定だったんですが、ISのテロの関係でちょっといま欧州にわざわざ行く必要はないか

記事を読む

【2016】新潟大賞典/ 枠順&展開考察(フルーキー、サトノラーゼン等の枠順は如何に)

今日は5/7(日)に行われる新潟大賞典のレース考察を行います。新潟芝2000mで行われるGIII戦で

記事を読む

北九州記念の予想を公開!

北九州記念2019(小倉芝1200m)の予想です。 8月18日に

札幌記念2019の予想を公開!

札幌記念2019(札幌芝2000m)の予想です。 8月18日に札

札幌日刊スポーツ杯の予想を公開!

札幌日刊スポーツ杯2019(札幌芝2600m)の予想です。 8月

台風直撃のお盆後半・・・週末の注目馬などもご紹介

金曜時点で週末の重賞のネタが尽きかけたので、もろもろの雑記を書きつつ週

ブリーダーズゴールドカップの予想を公開!

ブリーダーズゴールドカップ2019(門別ダート1200m)の考察です。

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑