*

金鯱賞2024の予想を公開!

公開日: : 最終更新日:2024/03/14 重賞レース考察・予想

金鯱賞2024(中京芝2000m)のレース予想です。

3月10日に中京競馬場で開催され発走時刻は15:25です。出走馬はドゥレッツァ、プログノーシス、ヤマニンサルバム、ノッキングポイントなど。中京競馬場の芝2000mで行われるGIIです。

 

土曜競馬は3場ともに凄まじい強風影響があってとても難しいレースが続きましたが、阪神競馬で何本か本線馬券を的中できたおかげで勝ち越しスタートとできました!

<ゆきやなぎ賞 レース結果>
1着:◎ショウナンラプンタ 3番人気
2着:◯ヴェローチェエラ  2番人気
3着:▲モンブランミノル  5番人気

ここは印通りの完璧な的中でしたが、モンブランミノルが2着だったらもっと大きかったんですがねぇ(汗)

 

<コーラルS レース結果>
1着:◯レディバグ   9番人気

ここは手に汗握る写真判定でしたが、ダブル本命の◯レディバグがなんとか勝ち切ってくれました!!久々にこういう写真判定で良い方に転がった感じがします。

 

日曜日も平場、重賞どちらもしっかり的中できるよう頑張りますので、ご興味ある方はメルマガを読んでみてください。

 

[PR] 無料買い目情報

金鯱賞3年連続を狙う

昨年3月は無料予想が無双状態!

今週からはここの無料情報です(*^^*)

━━━━━━━━━━━━PR

無料予想の実績

・金鯱賞2023

三連複14点400円 44.2倍

[払戻]17,680円[回収率]316%

・金鯱賞2022

三連複6点900円 35.4倍

[払戻]31,860円[回収率]590%

━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━

昨年は阪神大賞典を含めて3月良い感じでした。

今週からはここの無料情報を押さえてください。

→無料情報を確認

金鯱賞・阪神大賞典と無料情報ベタ乗り推奨です!

 

金鯱賞 2024 予想

先出し本命候補(せっかちな方はこちらから)

下記のバナーのクリック先で馬名は公開しておりますので、どうぞ応援クリックよろしくお願いします。


最強競馬ブログランキングへ

 

金鯱賞はどのようなレースか解説します

概要・データ

2014年から現在の時期に変更。大阪杯がGIに格上げされたこともあり、大阪杯の前哨戦としての位置付けのレースになった。

近年のレース結果を見ても1番人気が圧倒的な戦績で全く崩れていないのが特徴。大阪杯の前哨戦として圧倒的な能力を持つGI馬が始動戦としてここを使ってきますし、そんな人気馬は基本的に崩れないレースということでしょう。

 

金鯱賞は開幕週の中京芝で行われるレースということもあり、圧倒的に逃げ馬が有利なレース傾向。逃げた馬の複勝率は86%にもなりますし、前走の4コーナー地点での順位も前にいればいるほど好走率が高いレースです。

 

レースラップ

中京芝2000mは坂下スタートで前半はスローペースになるのが確定的。向こう正面の中盤から下り坂になるのでロンスパ戦になりやすいのがこの舞台の特徴で、少しタフな馬場ならズバッと差しが決まりやすい舞台です。ただ、金鯱賞は絶好の馬場コンディションで行われるということもあり、スローからのロンスパ戦で前に行った馬が粘り込むことが多いレースです。

 

血統傾向

根幹距離の芝2000mで開催されるレースということで王道血統の成績が優秀。特にディープインパクト系の成績が優秀ですね。

 

今年の金鯱賞を予想する上で重要なファクターを解説します

馬場・トラックバイアス

今週が中京競馬場は開幕週。水曜に東海地方は雨が降りそうですが、木金土日と晴れるので土日は終日良馬場での開催になりそうです。普通に開幕週らしい絶好の馬場コンディションと見て良さそう。

土曜日は凄まじい強風が1日中吹いているようなコンディションでしたが、それを抜きにしてもかなりのイン先行有利馬場だった感じ。日曜もイン先行有利の見立てでいいんじゃないでしょうか。

 

展開想定

前走で逃げた馬は不在。このメンバーとなるとエアサージュ、バラジ、ヤマニンサルバムあたりが逃げ候補でしょうか。圧倒的に前有利のスローペース濃厚と見ます。

 

ノーザン・ルメール・川田の取捨

川田騎手とルメール騎手は通算で複勝率が50%でちょうど半分。今年はどちらもかなりの有力馬に乗りますから無視はできません。

ノーザンファーム生産馬はそこまで好走率が高いレースではありませんね。

 

[結論] どのような馬を狙えばいいか

想定するレース質

開幕週の馬場でスロー濃厚で前に行った馬が有利

 

狙える馬のタイプ

前に行ける馬 & 単純に実績上位の馬

 

嫌える馬のタイプ

後ろから行きそうな馬

 

 




 

金鯱賞 2024の印

◎エアサージュ

なかなか順調に使えずで出世が遅れていたが、最近は勝ち味に遅いとはいえ2000m路線で全く崩れずに連続好走中。崩れずに走れているのはスタートが良くて楽に先行できるからで、なおかつ持続力に優れた馬なので少々ペースが速くなっても前付けしてバテない。地味ではあるがこういう馬は昇級しても相手なりに走ってくるイメージがあります。

今回の出走メンバーからするとおそらく逃げるのはこの馬かヤマニンサルバムの2択。ヤマニンの方は前走の成功パターンからかできれば番手というイメージを持っていそうですし、そうなるとこの馬は外枠からでもあっさりと先手を奪える可能性が高い。しっかりと陣営コメントで「開幕週なので前で競馬をしたい」と言及されている点も魅力ですね。

金鯱賞はこの時期に移設されてから逃げ馬が(2-3-1-1)という圧倒的な成績を誇っており、好走馬を当てるレースというよりは「どの馬が逃げるのかを当てるレース」と言っても良さそう。今年も先行馬不在でスローペースが確定的なメンバー構成ですし、どうも土曜日の馬場を見ても例年以上にイン先行有利のトラックバイアスになっている可能性あり。すんなりと逃げられそうで、速い上がりをまとめられる上に父ロベルト系で持続力も文句なし。ここはスムーズな競馬さえできれば粘り込めるんじゃないだろうか。

 

【対抗 ◯7 ヤマニンサルバム】

前半ゆったり進めて後半のロンスパ勝負に持ち込めれば強い馬。オープンGIIIレベルとはいえここにきて力はつけてきていますし、レースセンス抜群なので得意舞台ならあんまり崩れないイメージの馬だ。

戦績通りに中京芝2000mはベスト条件だと思いますし、前有利のレース傾向で例年以上にイン先行有利な馬場ということを踏まえると明らかに恵まれそう。今回は逃げるか番手かはわからないが、前に行く馬は自動的に評価しておきたい。

 

【単穴 ▲4 プログノーシス】

昨年はこのレースを大外一気で勝利。札幌記念の圧勝ぶりや超ハイレベルだった天皇賞(秋)の上位好走などを見ても、今回のメンバー云々ではなく芝2000m路線なら今の日本競馬の中でも最上位の存在と言えるだろう。

ただ、そんな能力的には絶対の馬ではあるが、開幕週の馬場のスロー戦という見立てからは最も向かなそうなタイプ。テンに遅くて確実に後ろから外を回す形になりますし、果たしてそれで地力だけで届くかどうか。

今年は1月の中京開催がなかったことで昨年以上にイン先行有利の馬場に見えますし、Bコース実施で先行馬がより有利になりそう。どうもコメントを見ても休み明けで仕上がり途上な感じもしますし、極端なスローやトラックバイアスが生じた場合は差し損ねの不発もありとみます。

 

【特注 ☆3 ドゥレッツァ】

菊花賞は素晴らしい勝利だったが、世代レベル低い上にタスティエーラとソールオリエンスの長距離適性が怪しく、そんな中でルメール騎手が神騎乗を見せてこれだけの着差をつけたという感じか。

もちろん走破時計を見ても例年の菊花賞馬ぐらいのレベルにあるとは思っているが、特殊条件の菊花賞での完勝だけで59キロを背負って開幕週の馬場で1000mの距離短縮で断然の存在とまでは言えなそう。いかにも休み明けな仕上がりな感じにも見えますし、この距離だとテンに置かれる可能性もあり。これで断然人気なら崩れる可能性も考えたい。

 

【△1 シーズンリッチ】

毎日杯はかなりレベルが低そうだったとはいえ今回人気になるノッキングポイントに先着。どうもダービー、神戸新聞杯、菊花賞は掛かり気味で距離が長かったように見えますし、今回は久々に適性条件だろう芝2000m前後の距離を使える点はプラス。

まぁこの世代は普通に弱そうですしここでどれだけ通用するかですが、休み明けで大幅に馬体が増えているということで成長があって良さそうですし、例年以上にイン先行有利な馬場になりそうなので1枠から完璧に立ち回った場合は出番があっても。

 

【△8 バラジ】

オープンに入ってからはヴァンセンヌ産駒ということもあって芝2400m路線では少し距離が長そう。それでも目黒記念では先行して差のない競馬ができていましたし、新潟記念は出遅れてチグハグな競馬になりながら外から差してきてほとんど差のない競馬。毎日王冠は距離不足でスピード負けしただけに見えますし、条件や展開が向けばこの馬は重賞でも戦えるはず。

今回は去勢手術明け初戦ということでいきなり動けるかがポイントですが、もし動けた場合は展開的にも怖さはある。逃げ馬不在のメンバー構成で行こうと思えば逃げられるスピードがありますし、ここは大穴で抑えておきたい。

 

【△9 ノッキングポイント】

世代レベルが低いと言われているが、ダービーで展開向かない中で差して5着だったり、新潟記念で古馬相手に勝ち切った点からもそれなりには評価できそう。菊花賞は単純に距離が長かっただけなのでノーカウントでOK。

行きっぷり良い馬なので行こうと思えば先行できると思いますが、今回は戸崎騎手のテン乗りとなると出たなりで抑え気味の競馬になりそう。今回は休み明けで叩きつつというコメントも出ていますし、ここはこれぐらいの評価が妥当か。

 

【△10 アラタ】

好不調の波が激しい馬で、好調期はテンの行きっぷりが良いのでだいたい一目でわかる。好調期は昨年の金鯱賞で3着に走ったり、メンバー揃っていた札幌記念で4着に走ったりとGIIでも差のない競馬ができている。

昨年後半は調子を崩していたが、休養を挟んだ前走の中山記念はテンの行きっぷりからして復調気配。ただ、1コーナー地点で壮絶な不利を受けて位置を落としてしまったのが致命的で、スムーズな競馬ができていれば十分に馬券圏内の可能性もあったでしょう。

今回はCW調教で素晴らしい時計を出していて間違いなく絶好調だと思いますし、ここで通用する可能性もありそう。何より怖いのはこういう逃げ馬不在のメンバー時の横山典弘騎手の出方で、誰も行かないなら逃げを狙っている可能性もありそう。全く人気もないので抑えておきたい。

 

印まとめ

◎エアサージュ
◯ヤマニンサルバム
▲プログノーシス
☆ドゥレッツァ
△1,8,9,10

勝負度 E

 

買い目

金鯱賞の買い目はメルマガ限定での公開となっておりますので、そちらもご覧になりたい方はぜひともメルマガを購読してみてください。

 

当メルマガの予想は点数少なく、少額でも大きく配当を増やせるような予想を提供しております。あんまり投資金額が多いとそもそも賭けられなかったりリスクが大きかったりしますもんね。

先週は中山ダート1800mの上級戦が2つほどバシッと的中。他のレースで悔しさも残りましたが、綺麗に当てられるレースがあって良かったです。

↓↓↓

<上総ステークス レース結果>
1着:◎ミラクルティアラ  1番人気
2着:▲フランスゴデイナ  2番人気
3着:◯ゴールドバランサー 7番人気

ここは印3点で上位独占で予想は完璧だったと思いますが、着差を考えるとミラクルティアラが2着以下になってくれれば・・・三連複の配当が意外なほどについたので助かりましたが、できればミラクルティアラが2着以下での馬単が欲しかったです。

 

<総武ステークス レース結果>
1着:◎ゴールドハイアー  6番人気
2着:◯サーマルソアリング 1番人気
3着:☆キタノヴィジョン  7番人気

ここは◎ゴールドハイアーが完璧な騎乗で勝ち切ってくれてほぼ完璧な予想でしたが、予想で寝不足だったこともあってか配信では書いてある単勝を買い忘れました(汗)サーマルソアリングがここまで人気を被っていただけに、単勝や馬単をしっかり買うべきレースでしたね。うーん、ショック!

 

今週末はこれ以上にもっとバシッと爽快な的中を目指しますので、この機会にメルマガを読み始めることをオススメいたします!

 

 

「毎週大きな馬券が当たる!」なんていう誇大広告をあげているところのような派手な結果は期待できませんが、そこそこ毎週当たって2、3週に1回ぐらいドッカーンと大きい万馬券がハマるような感覚で競馬を楽しみたいなら、当ブログが発行しているメルマガ「競馬をビジネスにする」がオススメです。

もう発行して8年になりますが、いまだに発行当時からの読者もいるぐらい購読期間が長い方が多いのがウチのメルマガの特徴。一般的に競馬メルマガやオンラインサロンは誇大広告で煽って一時的にお客を集めるところが多いですが、ウチはそういうところではありません。長く読み続けたい方は長く読んでもらって、少しだけかじってノウハウを身につけたら購読をやめるなんて人も全然OK。

こういうメルマガやオンラインサロンの類の中では珍しく(?)地道に真面目にコツコツと運営していますので、あまり気張らずにお試し読みをしていただければと思います。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」のご紹介

さて、2024年も3月になりました。

ここでは徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」の新規読者募集をさせていただきます。

今までサイト「競馬はビジネスである」を通して、私自身、競馬ブログサイトの中でも最上級に時間をかけた分析の上、説得力のある予想をお伝えしてまいりました。外れても納得できるだけの自慢の予想をお送りできていたかと思います。

その予想・考察に結び付くまでにどのようなデータを作成しているのか?どのようなプロセスを踏んでいるのか?そういったところまでをメルマガ「競馬をビジネスにする」では全て隠すことなくお伝えいたします。

正直な話、私は尋常ではない時間をかけて競馬のデータと考察を行っています。それを必要とされる方がいるのであれば還元できれば。そして勝ち組になっていただければ、というのがこのメルマガの趣旨でございます。

 

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

 

当メルマガはクオリティでどの雑誌やメルマガにも劣っていないと思っております

正直、過大広告や一度の的中を誇張するメルマガなどが多く蔓延っているのが実情。その中で当メルマガは「クオリティだけに特化して」配信しています。もしかすると2、3週連続で不調で当たらないかもしれません。ですが、その間に配信している内容にクオリティの低いものは一切ないと断言できます。

 

おかげさまで発行4年になる当メルマガですが、メルマガ発行業界大手のレジまぐ様の売上ランキングで1位になるまでになりました。

購読者数ランキングに関してもPC版とモバイル版の2つに分かれていながら、どちらも2位と3位という圧倒的な支持を頂いています。

この順位までこれたのも「圧倒的に継続読者数が多い」ということが理由です。小手先の一度の的中などに満足せず、必然的に的中するための分析と回顧の積み重ねでクオリティを維持しているおかげと思っております。

もちろんこれだけでは満足せず、、、

圧倒的なクオリティ業界一を目指します!!!

 

さて、ここでメルマガの各曜日ごとの配信詳細を紹介しましょう。

 

【月曜日】先週の重賞回顧

月曜日に先週の重賞回顧を配信します。前週に行われた重賞レース出走馬全ての馬に回顧コメントをつけて配信しております。次走注目馬などもご紹介。

 

【水曜日】中央競馬の全レース回顧

水曜日には前週に行われた中央競馬の全レース分の回顧文&データを配布します。

 

各競馬場ごとに前週に行われた全てのレースの詳細と勝ち馬の評価、そしてそのレースで不利を受けた馬や次走注目するべき馬、危険な人気馬などを全て網羅して配信しております。

そんな、文章でのボリューム満載なレース回顧に加えて、、、

スクリーンショット 2015-12-31 15.45.42

スクリーンショット 2015-12-31 15.46.00

エクセルファイルにて競馬場ごとに新馬戦から上級戦まで、全てのレースの結果情報、レース回顧コメント、先週の結果分析のタイムランク情報などを載せたデータファイルを毎週配信しています!

正直言って回顧をやっているブログ、メルマガはあれど、中央競馬の全レースの回顧をまとめて配信している媒体はウチだけだと思います。

これを見れば縦比較で走破時計やレースラップがどれくらい優秀なのか把握できますし、予想の際にこれを見ればどの馬が強いレースを戦ってきたのかが一目瞭然です。

ただ、この文章だけではなかなかどういうものか伝わりにくいと思うので、2016年の函館競馬場の全レース分析データを下記リンクで無料でダウンロードできるようにしておきました。こちらを見てどんなものか確認頂ければ幸いです。

 

【金曜日】重賞プレ予想
金曜日は重賞のプレ予想を配信いたします。ここで「競馬開催日の競馬ノート」の週末のパスワードを配布いたします。ここから週末のレース予想が始まっていきます!

 

【土曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【日曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【不定期】地方競馬の重賞予想

地方交流重賞並びに南関競馬の重賞をメルマガ限定コンテンツとして配信しております。

※以前は地方交流GI並びに南関のSIレースに関してはブログで全体公開としていましたが、今後はメルマガ限定のコンテンツとなります。

 

【不定期】海外競馬のレース予想の配信

最近では海外競馬の馬券もPATで購入できるようになりました。海外競馬のレース予想に関してもメルマガにて配信します。こちらは実施が不定期なので配信日はその時々になりますが、メルマガをご購読いただければ海外競馬まであなたの競馬ライフをカバーいたします。

 

これだけのボリュームあるコンテンツを毎日更新予定!!

サイト記事だけではわからない予想する際に使うデータベースや、結論を導くまでのメソッドをメルマガを通して余すことなくお伝えできればと思っております。

今までなんとなく馬券を買ってきたという方は、ぜひ本当の競馬力を身につけていただくためにも読んでいただければ幸いです。競馬予想の真髄をお見せいたします。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

関連記事

京王杯2歳ステークス2017の予想を公開!

京王杯2歳ステークス2017(東京芝1400m)の予想です。 11月4日に東京競馬場で開催され

記事を読む

【新潟大賞典2023の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

新潟大賞典2023(新潟芝2000m)の考察です。 5月7日に新潟競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

【新潟2歳ステークス2022の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

新潟2歳ステークス2022(新潟芝1600m)の考察です。 8月28日に新潟競馬場で開催され発

記事を読む

中山金杯 [2] 中山巧者が揃いハンデと出来が鍵か?

今日は東福岡高校と日大藤沢高校の二回戦があるんですが、日テレが独占放送権を持っているので箱根駅伝が終

記事を読む

【小倉大賞典2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

小倉大賞典S2017(小倉芝1800m)の考察です。 2月19日に小倉競馬場で開催され発走時刻

記事を読む

【マーメイドステークス2023の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

マーメイドステークス2023(阪神芝2000m)の考察です。 6月18日に阪神競馬場で開催され

記事を読む

【2016】根岸S / 有力馬考察(モーニン、タガノトネールなどの徹底分析)

今日は1/31(日)に行われる根岸ステークスのレース考察を行います。東京ダート1400mで行われるG

記事を読む

愛知杯2022の予想を公開!

愛知杯2022(中京芝2000m)の予想です。 1月15日に中京競馬場で開催され発走時刻は15

記事を読む

【京都大賞典2021の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

京都大賞典2021(阪神芝2400m)の考察です。 10月9日に阪神競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

函館記念2023の予想を公開!

函館記念2023(函館芝2000m)の予想です。 7月16日に函館競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

羽田盃2024の予想を公開!

羽田盃2024(大井ダート1800m)の予想です。 4月17日に

【天皇賞(春)2024の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

天皇賞2024(京都芝3200m)のレース考察です。 4月28日

マイラーズカップ2024の予想を公開!

マイラーズカップ2024(京都芝1600m)のレース予想です。

フローラステークス2024の予想を公開!

フローラステークス2024(東京芝2000m)のレース予想です。

福島牝馬ステークス2024の予想を公開!

福島牝馬ステークス2024(福島芝1800m)のレース予想です。

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑