*

菊花賞2019の予想を公開!

公開日: : 最終更新日:2019/10/25 GIレース考察・予想

菊花賞2019(京都芝3000m)の予想です。

10月20日に京都競馬場で開催され発走時刻は15:40です。出走馬はヴェロックス、ニシノデイジー、ワールドプレミア、ヒシゲッコウなど。京都競馬場の芝3000mで行われるGIです。

 

[PR] 3日開催も重賞ダブル3連単の予想サイト!今年は圧巻過ぎます。

府中牝馬10点62万・・・フロンテアクイーン09人気

秋華賞★12点49万・・・シゲルピンクダイヤ10人気
────────────────────────

パリ凱旋門だ、淀の大賞典だ!各地を飛び回って今年G1~G3的中しまくりですよね?!

ハイランドピークだ、ハヤヤッコだ7~12番人気をいとも簡単に3連単的中しちゃってますよね?!ちょっとここの予想さんは別格に思えますね!!
────────────────────────
そして今週末は菊花賞!

18年は・・・1着7人気フィエールマン、3着10人気ユーキャンスマイル

17年は・・・2着10人気クリンチャー、3着13人気ポポカテペトル

一筋縄ではいきそうにないG1に今年もなりそうですね。

そんなときに朗報!

菊花賞厳選買い目(無料版)が前日に配信されるとのことなのでこれは有難い!!!

菊花賞厳選買い目(無料版)はコチラから!

※メルマガ登録で無料で前日買い目確認できます。同時に出てくる無料買い目でワイドがきたら買いです。今年4~9月ワイドで収支プラス達成なのでガチ軍資金稼ぎにもなります。

 

菊花賞 2019予想

先出し本命馬(せっかちな方はこちらから)

下記のバナーのクリック先で馬名は公開しておりますので、どうぞ応援クリックよろしくお願いします。


中央競馬ランキング

 

菊花賞の週中分析記事はこちらから

 

予想の根拠

近年は高速化が叫ばれる菊花賞。少し前まではリアルシャダイやダンスインザダークを持っているだけで走ると言われていたようなレースだったが、現代競馬の菊花賞では「マイラーでも折り合いつけば走る」とまで言われるレースに。それだけ高速馬場によるスピード化が顕著で、あんまりスタミナが必要ないレースになってきていたのは確かだろう。

ただ、ここ数年に関しては秋の京都の芝はソフト馬場かの傾向。昨年こそ超スローペースからのラスト2ハロンの競馬になったので、全くスタミナが問われないレースになったが、このソフト馬場化しつつある京都芝で普通にペースが流れたら当然スタミナが問われるレースになるはず。近年トレンドになりつつある「スタミナよりスピード」という風潮はあんまり重視しすぎないほうが良さそうだ。

特に今年に関しては先週が台風19号の影響をもろに受けましたし、今週も土曜日に雨の影響を受けたおかげでのタフ馬場。軽い馬場を速く走るようなスピードは要求されなさそうですし、それよりも欧州の競馬を走れるような底力とスタミナが重要になりそう。現代競馬の血統の中でもはやステイヤーというのは死語になっていますが、その中でも相対的にスタミナがありそうな馬、今のタフな馬場をこなせそうな馬をセレクトするべきレースのように感じます。

 

今年の3歳牡馬は何度も書いているように皐月賞の上位3頭の3強と言っていい勢力図。この3頭に関しては古馬と合わせても最強クラスと言っていいはずで、夏を越えても大した新興勢力が出て来ない以上、秋の中心もこの3頭と見ていいだろう。その3頭のうちからサートゥルナーリアとダノンキングリーが菊花賞路線には行かず、そうなればもうヴェロックスが圧倒的な存在と見て良さそうで、ここは当てにいくならばヴェロックス本命で当たるレースと見ています。

「ヴェロックスを除いた勢力の中で強い馬はどれか」というのが予想のポイントになりそうだが、セントライト記念でリオンリオンがあっさりと勝利したように、こちらも春の第2勢力がそのまま上位と見て良さそうな感じ。時計を見ても着差が開いた点を見ても今年の皐月賞と日本ダービーはどちらもレベルが高かったはずで、ここはヴェロックス以外も春までの実績馬を評価すれば良いレースに見えます。

というわけで予想の発表。

 



 

 

より詳細な予想考察はメルマガにて

arg1

arg2

メルマガでは金曜日に重賞まとめデータと称して、その週の重賞の全頭診断などを含むより詳細な予想を公開、配信しております。

推奨買い目などもメルマガ限定の公開となっておりますので、ご興味ある方はコチラより詳細をご確認ください。

 

 

菊花賞 2019の印

本命 ◎ニシノデイジー

本命は上がり馬不在と考えればヴェロックス以外の馬では相対的にこの馬が最上位と見ました。

もともとハイレベルな2歳戦を連勝した時点ではこの世代のクラシックの中心と言われていたような馬。そこからホープフルSは直線でどん詰まり、弥生賞は外伸び馬場でインをついての敗戦。そして皐月賞は改めてパトロールビデオを見直すとレース序盤からずっと鞍上が馬を御せずで全くレースにならずの大敗で、この3戦はこの馬のポテンシャルを全く出せていないので度外視ができる内容。

前述の通りで今年の皐月賞と日本ダービーは上位にきた馬は普通にレベルが高いはずで、それを考えればこの馬の日本ダービーの着順は普通に評価できそう。あと少しでサートゥナーリアまで差し切っていたような末脚でしたし、9着以下は0.4秒差もつけていますから素直に日本ダービー上位馬は今回の菊花賞では評価していいはずだ。

前走のセントライト記念はインしか伸びない馬場で最後方から大外ぶん回し。上がり最速で届かなかったもの仕方なしと言えるようなレース内容で、さすがにオーナーが鞍上変更の決断をしたのも無理はなかった。もともとそこまでスタート遅い馬ではなく、若干かかり気味に追走する癖があるところを今までの鞍上がビビって出していけずに位置が下がっていたような印象を受けていたような馬。

今回の乗り替わった鞍上は「出して行って折り合う」ことに関しては世界一上手いぐらいの名手ですし、おそらく陣営コメントで「もう少し前の位置で」と言ったニュアンスが出ていることや、この枠順を考えても近走の位置とはまるで違う前目のポジションの競馬になりそう。そこまでペースも速くならなそうな上に土曜の競馬を見ても京都の芝はインが普通に伸びる。京都外回りは4コーナーを回ってインにスペースができるので詰まる心配もないですし、最高のポジションから追い出せる可能性が高い。

父は欧州血統で今回のメンバーの中では相対的にタフ馬場適性、距離延長への対応力は高いと言って良さそう。母系はスピード豊かな血ではありますが、祖父に菊花賞馬もいますし今までのレースぶりから距離は問題ないはず。ヴェロックスは相当に強いと思いますが、この馬もポテンシャル的には相当に高いものを持っている馬。近走は発揮しきれなかったその強さをこの舞台で発揮できれば逆転もあって良いと見ます。

 

対抗 ◯ヴェロックス

対抗はこの世代の評価通りにヴェロックスにケチをつけるところがないと見ます。

前述の通りで皐月賞の上位3頭は古馬と合わせても現役トップクラスの能力があると見て良さそう。この馬も菊花賞ではなくジャパンカップあたりを選んでも上位争いになって良さそうな馬ですし、そんな馬がサートゥルナーリアもダノンキングリーもいない3歳馬同士の菊花賞に出てくれば能力抜けているのは当然の話。

神戸新聞杯ではサートゥルナーリアに突き放されましたが、あれは超スローペースでの適性差が出ただけ。川田騎手は前哨戦を勝ちに行く競馬ではなく、馬群の中で折り合いをつけて抜け出すという菊花賞を見据えた競馬をしていましたし、それでちゃんと2着を確保したのだから前哨戦としては満点だったでしょう。

先行勢が少ないメンバー構成で、この馬の先行力や自在性を考えれば2、3番手ぐらいからの横綱競馬ができそう。まずペースはそこまで速くならないと思いますし、途中で変な捲りあいにでもならない限りは、エピファネイアが勝利した時のようなワンサイドゲームになっても驚けない。

距離適性に関しても日本ダービーでサートゥルナーリアを差し返したようなスタミナは今回のメンバーの中では最上位だと思いますし、父ジャスタウェイはジャパンカップ2着でトニービン持ちのハーツクライ系。母父モンズーンのドイツ血統でタフ馬場も距離延長も苦にしなそうと考えれば相対的に今回のメンバーでは距離適性も上位なんじゃないでしょうか。

 

単穴 ▲レッドジェニアル

三番手は能力最上位のレッドジェニアルが人気なさすぎな印象。

ダービー馬ロジャーバローズをあっさりと差し切って3着以下を突き放した京都新聞杯。出遅れながらも追い込んで8着まできた日本ダービーの内容を見ても今回のメンバーならば能力最上位なはず。前述の通りで今年の皐月賞とダービーの上位馬は普通に強いはずで、そのダービー馬のロジャーバローズに勝っていればこの馬も強いだろう。

前走の神戸新聞杯に関しては超スローでのキレ負けが全てか。キングカメハメハ産駒ながら母父のマンハッタンカフェが強く出ている印象の馬で、前走のようなキレ勝負よりは今回のようなタフな追い比べの方が合いそう。血統的に父側では距離不安があるが、そこは母父のマンハッタンカフェで補ってほしい。

 

特注 ☆ホウオウサーベル

近走の勢いならばホウオウサーベルも今回のメンバーでは上位だろう。

あまり上がり馬が出なかった今年の世代の中では最上位レベルの強さを見せたのが阿賀野川特別。楽に抜け出して後ろを完封した内容は掛け値無しに強いもので、もともとデビュー戦から注目されていたように遅れてきた大物という評判通りだったか。

いかにもな晩成なハーツクライ産駒の系譜を辿ってきている感じで、このゆったりとしたローテーションも好感。芝2200mの2勝クラスからの臨戦組は近年は毎年穴を開けていますし、今年はいかにもこの馬はチャンスがありそう。鞍上も引退間近とはいえ現役騎手の中では長距離が屈指に上手い蝦名騎手ですし十分にチャンスあり。

 

△ ヒシゲッコウ

かなり人気しているヒシゲッコウですが、まぁ走られたらしょうがないという感じ。

父はルーラーシップに変わりましたが兄のステルヴィオとイメージが被る部分もあり、エンジンがかかるのが遅いが伸び始めたらズドンと伸びていくタイプの馬。レースセンスがない点もワールドプレミアと同じような感じの馬で、果たして今回の条件でフルゲートとなるとレースになるのかという点は疑問。

 

△ タガノディアマンテ

適性条件はここではない気がするが、ヴェロックスを除いた第2集団ならば能力上位のタガノディアマンテも抑えておきたい。

この馬は過去の一連のレース内容を見ても、溜めて一瞬の末脚が使えれば非常に強い馬。皐月賞は例年のレースレベルならば3着ぐらいに走れていいものでしたし、セントライト記念も伸びない外を通ったにしては頑張っていました。

一方で京都新聞杯は先行してロンスパ戦を伸び切れなかったように使える脚に限界がある馬で、その点でこの条件がどうか。もう溜めに溜めて直線勝負に徹するような競馬ができれば一発あるかも。

 

△ ザダル

スタミナはあるか疑問ですが立ち回りは抜群に上手いザダルも抑えておく。

これまでのキャリアを見てもレースセンスが非常に高くてどんなレースでも自在に走ってくるタイプ。おそらくは適性は2000m前後のコーナー4回の舞台だとは思うが、今回も1枠1番を引いた以上、完璧なレースはしてくると思うのでそれなりに警戒は必要。

 

△ ユニコーンライオン

この父親で3000mを走れるのか疑問でしかないが、レースセンスを評価してユニコーンライオンも抑えておく。

父ノーネイネヴァーは芝スプリントGIを勝利したような馬で、どう考えてもこの馬も欧州スピードタイプが本質と見て良さそう。ただ、走りっぷりを見ていると距離はこなせてもいい感じがしますし、神戸新聞杯の負け方も悪くない。枠順も良いところを引けたので一枚抑えておいても良いか。

 

△ ヴァンケドミンゴ

抑えでヴァンケドミンゴまで。ちょっと京都新聞杯の負けっぷりは評価できないが、それでも近走はタフ馬場で毎回確実に差し込めているように馬場への適性は高そう。血統的にもヒシゲッコウを買うならこちらを買ったっていいだろう。

今年のメンバーはヴェロックス以外は後にGIで好走できるのか怪しいメンバーばかり。そんな中ならば3勝クラスで上位争いをしたというだけで威張れていいはずで、ここは全く人気ありませんが抑えておきます。

 

△ シフルマン

最後の抑えにシフルマンを買っておく。神戸新聞杯は完敗だったがまぁキレ負けしたのが全てだろう。ハービンジャー産駒は今回のメンバーなら相対的にスタミナ上位でしょうし、祖母ファビラスラフィンはジャパンカップ2着馬。展開的に逃げるかどうかはわかりませんが、超スローになる可能性もありますしここまで人気ないならば抑えておく。

 

印まとめ

◎ニシノデイジー
◯ヴェロックス
▲レッドジェニアル
☆ホウオウサーベル
△ヒシゲッコウ
△タガノディアマンテ
△ザダル
△ユニコーンライオン
△ヴァンケドミンゴ
△シフルマン

勝負度 C

 

推奨馬券

菊花賞の買い目、及びその他の平場の予想は基本的にメルマガ限定での配信となります。もしご興味ある方はこの機会にメルマガにご登録してみてください。

 

当メルマガ「競馬をビジネスにする」では、、、

初月無料キャンペーンを実施しております!

まずはお気軽にご登録頂き、競馬予想の真髄はどういったものかを見ていただければ幸いです。

当サイトをご愛顧頂いている方、データベースを見たい方、競馬力を身につけたい方、とにかく馬券を当てたい方、皆様に満足いただけるようなコンテンツとなっておりますので、ぜひともご購読頂けますと幸いです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」のご紹介

さて、2019年も10月になりました。

月初になったということで徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」の新規読者募集をさせていただきます。

 

今までサイト「競馬はビジネスである」を通して、私自身、競馬ブログサイトの中でも最上級に時間をかけた分析の上、説得力のある予想をお伝えしてまいりました。外れても納得できるだけの自慢の予想をお送りできていたかと思います。

その予想・考察に結び付くまでにどのようなデータを作成しているのか?どのようなプロセスを踏んでいるのか?そういったところまでをメルマガ「競馬をビジネスにする」では全て隠すことなくお伝えいたします。

正直な話、私は尋常ではない時間をかけて競馬のデータと考察を行っています。それを必要とされる方がいるのであれば還元できれば。そして勝ち組になっていただければ、というのがこのメルマガの趣旨でございます。

 

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

 

当メルマガはクオリティでどの雑誌やメルマガにも劣っていないと思っております

正直、過大広告や一度の的中を誇張するメルマガなどが多く蔓延っているのが実情。その中で当メルマガは「クオリティだけに特化して」配信しています。もしかすると2、3週連続で不調で当たらないかもしれません。ですが、その間に配信している内容にクオリティの低いものは一切ないと断言できます。

 

おかげさまで発行4年になる当メルマガですが、メルマガ発行業界大手のレジまぐ様の売上ランキングで1位になるまでになりました。

購読者数ランキングに関してもPC版とモバイル版の2つに分かれていながら、どちらも2位と3位という圧倒的な支持を頂いています。

この順位までこれたのも「圧倒的に継続読者数が多い」ということが理由です。小手先の一度の的中などに満足せず、必然的に的中するための分析と回顧の積み重ねでクオリティを維持しているおかげと思っております。

もちろんこれだけでは満足せず、、、

圧倒的なクオリティ業界一を目指します!!!

 

さて、ここでメルマガの各曜日ごとの配信詳細を紹介しましょう。

 

【火曜日】先週の重賞回顧

火曜日に先週の重賞回顧を配信します。後ほど下記に詳細を書いておりますが、金曜日に配信する重賞まとめデータに結果を書き入れた形のPDFファイルとしても配信します。

 

【水曜日】地方競馬の重賞予想

地方交流重賞並びに南関競馬の重賞をメルマガ限定コンテンツとして配信しております。だいたい地方競馬の重賞は水曜日に行われるので、水曜日にメルマガにて予想を配信しております。

※以前は地方交流GI並びに南関のSIレースに関してはブログで全体公開としていましたが、今後はメルマガ限定のコンテンツとなります。

 

【木曜日】中央競馬の全レース回顧

木曜日には前週に行われた中央競馬の全レース分の回顧文&データを配布します。

 

各競馬場ごとに前週に行われた全てのレースの詳細と勝ち馬の評価、そしてそのレースで不利を受けた馬や次走注目するべき馬、危険な人気馬などを全て網羅して配信しております。

そんな、文章でのボリューム満載なレース回顧に加えて、、、

スクリーンショット 2015-12-31 15.45.42

スクリーンショット 2015-12-31 15.46.00

エクセルファイルにて競馬場ごとに新馬戦から上級戦まで、全てのレースの結果情報、レース回顧コメント、先週の結果分析のタイムランク情報などを載せたデータファイルを毎週配信しています!

正直言って回顧をやっているブログ、メルマガはあれど、中央競馬の全レースの回顧をまとめて配信している媒体はウチだけだと思います。

これを見れば縦比較で走破時計やレースラップがどれくらい優秀なのか把握できますし、予想の際にこれを見ればどの馬が強いレースを戦ってきたのかが一目瞭然です。

ただ、この文章だけではなかなかどういうものか伝わりにくいと思うので、2016年の函館競馬場の全レース分析データを下記リンクで無料でダウンロードできるようにしておきました。こちらを見てどんなものか確認頂ければ幸いです。

 

【金曜日】重賞まとめデータ配布
金曜日は重賞のまとめデータを配布します。この時点で重賞のプレ予想を配信いたします。

arg1

arg2

このような形で週末の重賞の出走馬の全頭レビューを印付きでPDFファイルにて配信いたします。

 

【土曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【日曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【不定期】海外競馬のレース予想の配信

最近では海外競馬の馬券もPATで購入できるようになりました。海外競馬のレース予想に関してもメルマガにて配信します。こちらは実施が不定期なので配信日はその時々になりますが、メルマガをご購読いただければ海外競馬まであなたの競馬ライフをカバーいたします。

 

これだけのボリュームあるコンテンツを毎日更新予定!!

サイト記事だけではわからない予想する際に使うデータベースや、結論を導くまでのメソッドをメルマガを通して余すことなくお伝えできればと思っております。

今までなんとなく馬券を買ってきたという方は、ぜひ本当の競馬力を身につけていただくためにも読んでいただければ幸いです。競馬予想の真髄をお見せいたします。

 

当メルマガ「競馬をビジネスにする」では、、、

初月無料キャンペーンを実施しております!

まずはお気軽にご登録頂き、競馬予想の真髄はどういったものかを見ていただければ幸いです。

当サイトをご愛顧頂いている方、データベースを見たい方、競馬力を身につけたい方、とにかく馬券を当てたい方、皆様に満足いただけるようなコンテンツとなっておりますので、ぜひともご購読頂けますと幸いです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

購入する!

関連記事

【桜花賞2018の予想ヒント】レースラップや馬場、展開などを分析考察します

桜花賞2018(阪神芝1600m)の考察です。 4月8日に阪神競馬場で開催され発走時刻は15:

記事を読む

阪神JF [2] ステイゴールド牝馬の仮説

1日1食生活が10日目を迎えつつあります。 前にも前書き部分で触れたと思いますが、いま朝昼は特

記事を読む

皐月賞 [3] 先行馬に大穴はいるか?

シャイニングレイに続いてアダムスブリッジまで回避となってしまいました。 私の知り合いのラップ超

記事を読む

天皇賞(秋) [4] 金曜オッズの見解と絶対やってはいけない予想法

さて、金曜がやってまいりました。 景気が回復してきたせいか、競馬人気も回復してきているようで、

記事を読む

【NHKマイルカップ2018の予想ヒント】レースラップや馬場、展開などを分析考察します

NHKマイルカップ2018(東京芝1600m)の考察です。 5月6日東京競馬場で開催され発走時

記事を読む

スプリンターズステークス2019の予想を公開!

スプリンターズステークス2019(中山芝1200m)の予想です。 9月29日に中山競馬場で開催

記事を読む

有馬記念[2] 出走ボーナス制度の罠

仕事が忙しくて久しく海外へ旅に出ていなかったので、2月頃にちょっとどこかへ行こうか計画中です。といっ

記事を読む

チャンピオンズカップ2018の予想を公開!

チャンピオンズカップ2018(中京ダート1800m)の予想です。 12月2日に中京競馬場で開催

記事を読む

ホープフルステークス2018の予想を公開!

ホープフルステークス2018(中山芝2000m)の予想です。 12月28日に中山競馬場で開催さ

記事を読む

宝塚記念の予想を公開!

先週の無料予想、2戦2勝! 絶好調の予想家の宝塚記念予想を参考にしてみてください。

記事を読む

【マイルチャンピオンシップ2019の予想ヒント】枠順から見るレース見解

マイルチャンピオンシップ2019(京都芝1600m)の考察です。

【マイルチャンピオンシップ2019の予想ヒント】ローテーションや馬場、展開などを分析考察します

マイルチャンピオンシップ2019(京都芝1600m)の考察です。

【東京スポーツ杯2歳ステークス2019の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

東京スポーツ杯2歳ステークス2019(東京芝1800m)の考察です。

【マイルチャンピオンシップ2019の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

マイルチャンピオンシップ2019(京都芝1600m)の考察です。

11月2週のレース回顧〜展開って本当に難しいものですねぇ〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑