*

京王杯スプリングカップ2021の予想を公開!

公開日: : 最終更新日:2021/05/21 重賞レース考察・予想

京王杯スプリングカップ2021(東京芝1400m)の予想です。

5月15日に東京競馬場で開催され発走時刻は15:45です。出走馬はラウダシオン、タイセイビジョン、ミッキーブリランテ、エングレーバーなど。東京競馬場の芝1400mで行われるGIIです。

 

[PR] 京王杯SC2021無料予想

土曜の重賞メインに強い無料予想!

先週は新潟メインをちゅんと的中◎

━━━━━━━━━━━━━━

【無料予想】谷川岳S

結果:2-1-8/ワイド計5.9倍

獲得額:7,080円/回収率:148%

━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━

無料公開買い目
基本5,000円前後投資

4/18サンシャインS回収率413%

4/17中山GJ   回収率193%

3/27日経賞    回収率163%

3/21スプリングS 回収率255%

3/07壇ノ浦S   回収率238%

こんな高回収率もあり↓

3/06オーシャンS 回収率1865%

3/06チューリップ賞回収率103%

━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━

ワイド・3連複で5千円が時には10万円に大化け!

土曜日の勝率高いので京王杯SCは頼ってください!

→京王杯SCの無料予想

過去3年の京王杯SCを見ると比較的に4~7人気が絡むイメージ!中穴入れ込み妙味なココの無料予想に期待です◎

 

京王杯スプリングカップ 2021予想

先出し本命馬(せっかちな方はこちらから)

下記のバナーのクリック先で馬名は公開しておりますので、どうぞ応援クリックよろしくお願いします。


最強競馬ブログランキングへ

 

京王杯スプリングカップの週中分析記事はこちらから

 

予想の根拠

東京芝1400mで行われる唯一の古馬混合重賞。芝1400mの重賞というだけでも特殊な適性が要求される傾向にあるが、その中でも東京芝1400mはかなり異質なコース条件と言って良さそうで、阪神芝1400mや京都芝1400mとはまた違う適性が要求されやすい。

道悪馬場になった2017年を除けばほぼ全ての年で1分19秒台の決着になっているレースで、昨年は雨の影響を受けながらも1:19:8の時計が出た。近年の高速馬場化+サラブレッドのスピード性能上昇に伴い、今年も高速馬場で行われた場合はとんでもない高速決着になる可能性もありそう。今週からBコース替わりになりますし、ペース次第では1分19秒を切る可能性すらあるんじゃないだろうか。

JRAの馬場発表を見ても、クッション値が10.0でかなり硬い高速馬場になりそう。今開催は比較的差しも決まる馬場とはいえ、コース替わり開幕週の芝1400mとなると外を回るよりはロスなく立ち回れた方が良さそう。そんな馬場での高速決着を想定するならば、ベタに内枠からスムーズな競馬ができる馬が有利になると見ます。

というわけで予想の発表。

 

どんなレースになるかを推理

[コース特徴] スタート直後に登り坂があるために前半ペースが上がりにくい。差し馬も台頭してくるが速い上がりを使えないとダメ。
[馬場レベル] S=超高速
[馬場バイアス] フラット
[血統傾向] 近年はダンジグ=デインヒルの活躍が顕著。ロードカナロア産駒は全場の芝1400mで成績優秀。先週の東京芝はロードカナロア祭りといっていいぐらいのバイアスが発生していた。
[レース展開] 大外枠に先行馬が入ったので平均ペースでは流れそう。
[メンバーレベル] C=標準
[想定ラップ] 12.1 – 10.8 – 11.2 – 11.3 – 11.3 – 11.0 – 11.7
[想定時計] 1:19:4
[勝負度] C

※2021年より馬場レベルという基準を設定。基準はS-A-B-C-D-E-Fの7段階。Sが超高速馬場、Fが超タフ馬場というイメージです



 

より詳細な予想考察はメルマガにて

arg1

arg2

メルマガでは金曜日に重賞まとめデータと称して、その週の重賞の全頭診断などを含むより詳細な予想を公開、配信しております。

推奨買い目などもメルマガ限定の公開となっておりますので、ご興味ある方はコチラより詳細をご確認ください。

 

京王杯スプリングカップ 2021の印

【本命 ◎6 シャインガーネット】

もともとは今回1番人気になるだろうラウダシオンを芝1400mで子供扱いしたことがある馬で、その後は折り合い難が顕著になってしまってなかなか良い走りができず。もう3歳春以降はまともに走れていないと考えていいだろう。

NHKマイルカップもターコイズSもマイル戦でハミを噛んで折り合いを欠いてしまい、ラスト1ハロンで伸びを欠くようなレースぶり。そこからの距離短縮の芝1400mは絶好と見ていた2走前のレースは外枠で前に壁を作れず、序盤から直線に向くまでずっとかかり通しでさすがにここまで折り合いを欠いてしまっては直線で伸びきれないのも当然。前走に関してはダート適性がゼロだっただけでしょうし、完全にノーカウントでいいんじゃないだろうか。

今回は同じく折り合い難を抱えていた同厩舎のタイトルホルダーで矯正効果があったクロス鼻革着用で、中間の調教でも折り合い面は改善しているように見える。今回は何よりも内目の枠を引けたのが良いと思いますし、もともとは左回りの芝1400mなら好時計でラウダシオンをあっさり倒せる馬。ここでの一変に期待したい。

もともとは今回1番人気になるだろうラウダシオンを芝1400mで子供扱いしたことがある馬で、その後は折り合い難が顕著になってしまってなかなか良い走りができず。もう3歳春以降はまともに走れていないと考えていいだろう。

NHKマイルカップもターコイズSもマイル戦でハミを噛んで折り合いを欠いてしまい、ラスト1ハロンで伸びを欠くようなレースぶり。そこからの距離短縮の芝1400mは絶好と見ていた2走前のレースは外枠で前に壁を作れず、序盤から直線に向くまでずっとかかり通しでさすがにここまで折り合いを欠いてしまっては直線で伸びきれないのも当然。前走に関してはダート適性がゼロだっただけでしょうし、完全にノーカウントでいいんじゃないだろうか。

今回は同じく折り合い難を抱えていた同厩舎のタイトルホルダーで矯正効果があったクロス鼻革着用で、中間の調教でも折り合い面は改善しているように見える。今回は何よりも内目の枠を引けたのが良いと思いますし、もともとは左回りの芝1400mなら好時計でラウダシオンをあっさり倒せる馬。ここでの一変に期待したい。

 

【対抗 ◯10 ラウダシオン】

これまでのレース内容を見ても左回り専用機なイメージで、1200mでは短くマイルでは長い距離適性。今回は左回りの芝1400mというのはこれ以上ないベスト条件に見えますし、スムーズな競馬ができれば上位争いになるか。あんまり人気馬が来ないレースなので、デムーロがちゃんと乗ってくれるかが鍵になる。

 

【単穴 ▲4 エーポス】

前走の阪神牝馬Sは長期休養明けで、なおかつマイル戦でかかり気味に先行しながら差のない競馬にまとめた。もともと3歳春にもマイル戦で距離が長かったところから短縮でフィリーズレビューを勝利していますし、今回も距離短縮での芝1400m戦というのは良さそう。馬場を考えてもこの内枠も良いんじゃないだろうか。

 

【特注 ☆14 タイセイビジョン】

マイルCSや富士Sのレース内容を見ても、マイル戦では距離が長そうで1400mがベストという感じ。京都金杯は外枠からロスの大きい競馬ながら差のないレースができましたし、ベスト条件の芝1400mなら十分にやれて良さそう。この舞台は京王杯2歳Sを楽勝していますし、鞍上もルメールなら有力だろう。ちょっと外すぎる枠を引いてしまった点がマイナス。

 

【△5 カイザーミノル】

3走前に芝1400mを使ってからパフォーマンスが一変した感じで、オーシャンSでも馬券圏内まであと一歩という競馬。マイラーズCは相手に恵まれたとはいえ、明らかに距離が長いマイル戦で3着に走ったのは評価できるか。今回はハイペースのマイル戦からの距離短縮はどう考えてもプラスに見えますし、内枠が引けたのでスムーズな競馬もできるんじゃないでしょうか。

 

【△13 エングレーバー】

以前から折り合いに難があった馬で、前走は初めての芝1400mで一変を見せて圧勝。その前走時は高速馬場が連続していた阪神開催の中でも標準レベルの馬場だった日で、それでこの時計は普通に優秀だろう。能力的にここでいきなりでも通用していいと思うが、今回は外枠を引いたことで前走ほど上手く折り合いがつくかどうかがポイントになりそうだ。

 

【×1 エアアルマス】

チャンピオンズカップやフェブラリーSのレース内容を見ても、ダート路線なら最上位の能力と見ていいはず。どうもダートでは砂をかぶるとダメな点が出世を妨げており、そこを考慮してか今回は芝に使ってきた。コテコテのダート血統だけに芝の重賞でどうかとは思うが、条件戦時代にサウンドキアラを子供扱いしていますし、内枠で松山騎手なら抑えておいても。

 

【×2 ビッククインバイオ】

一連のレース成績を見ても東京芝1400mに抜群の相性を誇っており、この条件自体は間違いなく合うはず。マイル戦では距離が長い感じで、前走の阪急杯で伸びきれなかったところを見ても、1400mでもそこまで速くない流れが合うんだろう。今回はベスト条件で内枠を引けた点は良いと思うが、あとは重賞で速すぎるペースにならなければという感じか。

 

【×3 グルーヴィット】

もともと左回りしか走らないサウスポーで、キャリア序盤のイメージから言えば東京芝1400mはベストに近い条件。ただ、3歳時の中京記念制覇以降は色々と迷走した感じで、昨年の京王杯SCもスローで展開に恵まれてギリギリの3着。今回は2戦連続で1200mに使われてからの距離延長ローテというのは嫌な感じで、このレースは高松宮記念以外の延長ローテは全く走らない。

 

【×11 ミッキーブリランテ】

折り合い面に難しさがある馬で、とにかく内枠を引いてじっくり構える競馬じゃなきゃダメなタイプ。阪急杯は短縮ローテで内枠を引けたことでの激走という感じで、今回はスプリントGIからの距離延長で外枠となると折り合いがつかない可能性の方が高いか。

 

【×16 シーズンズギフト】

能力が高いのは間違いないが、とにかくかかり癖があって折り合いに難があるタイプ。前走はカオスな不良馬場以前に1800mの距離が長かった感じで、終始折り合いを欠き気味だった。ターコイズSはじっくり折り合いをつける騎乗で4着までは来ていますし、1400m戦で腹を括った差し競馬ができれば一変するかも。杉原騎手が信頼できないので△評価までとした。

 

【推奨買い目】

三連複 6→10,4,14,5→10,4,14,5,13,1,2,3,11,16

馬連 6→10,4,14,5,13

単勝 6 シャインガーネット

 

【買い目及び予想のポイント】

ここは京都牝馬Sでは外枠に泣いた◎シャインガーネットに再び期待したい。さすがに京都牝馬Sで見放した層が多いと思うので、今回は7〜9番人気ぐらいで買えるだろう。相手は大混戦だと思うので、三連複を広めに流して波乱に対応したい。

関連記事

【根岸ステークス2019の予想ヒント】ローテーションや馬場、展開などを分析考察します

根岸ステークス2019(東京ダート1400m)の考察です。 1月27日に東京競馬場で開催され発

記事を読む

【2016】根岸Sの予想を公開!

【危険】根岸ステークスは落とし穴だらけ!? ╋━…━━…━━…━━…━╋ 過去10年間ほ

記事を読む

AJCC2020の予想を公開!

AJCC2020(中山芝2200m)の予想です。 1月26日に中山競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

フラワーC [1] タフさと決め脚が重要

オーストラリアGPは予想通りにメルセデスの圧勝。昨年のレースを思い起こさせるような予想通りのレースで

記事を読む

【ファルコンステークス2018の予想ヒント】過去データやローテ、血統などを分析考察します

ファルコンステークス2018(中京芝1400m)の考察です。 3月17日に中京競馬場で開催され

記事を読む

【アンタレスステークス2019の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

アンタレスステークス2019(阪神ダート1800m)の考察です。 4月14日に阪神競馬場で開催

記事を読む

ローズS [2] 上位人気馬の総評

昨日の東京記念は、、、 1着:☆プレティオラス 2着:◯ユーロビート 3着:◎カキ

記事を読む

【2016】東京スポーツ杯2歳S / 有力馬考察(ムーヴザワールド、トラストなどの徹底分析)

今日は11/19(土)に行われる東京スポーツ杯2歳ステークスのレース考察を行います。東京芝1800m

記事を読む

金鯱賞の予想を公開!

【わずか3点で195倍的中!!ジャパンカップも◎ラストインパクトで的中!!その秘訣は?】 突然

記事を読む

【2016】ファルコンS / 枠順&展開考察(シュウジ、トウショウドラフタ等の枠順は如何に)

今日は3/19(土)に行われるファルコンSの枠順&展開考察を行います。中京芝1400mで行わ

記事を読む

秋華賞2021の予想を公開!

秋華賞2021(阪神芝2000m)の予想です。 10月17日に阪

府中牝馬ステークス2021の予想を公開!

府中牝馬ステークス2021(東京芝1800m)の予想です。 10

エーデルワイス賞2021の予想を公開!

エーデルワイス賞2021(門別ダート1200m)の予想です。 1

【府中牝馬ステークス2021の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

府中牝馬ステークス2021(東京芝1800m)の考察です。 10

【秋華賞2021の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

秋華賞2021(阪神芝2000m)の考察です。 10月17日に阪

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑