*

関東オークス2019の予想を公開!

公開日: : 最終更新日:2019/06/19 地方レース考察・予想

関東オークス2019(川崎ダート2100m)の考察です。

6月12日に川崎競馬場で開催され発走時刻は20:10です。出走馬はマドラスチェック、ローザノワール、ラインカリーナ、トーセンガーネットなど。川崎競馬場のダート2100mで行われるJpnIIです。

 

[PR] 今なら新規登録してされた方限定で安心の1ヶ月間保証サービス!

ちなみに、先週の最大利益は・・・

1,093,500円です。

乗るか、反るか。それはあなた次第ですが
ここまで当たるサイトというのも正直珍しい。

いわゆる「情報サイト」で、怪しい…そんな風に思う方も少なくないでしょう。
しかし今なら新規登録で1ヶ月の保証サービスもあるんです。
これって、いわゆる、自信があるからこそ。

まあそういうことですよね(笑)

ただ、上限持ちです!今週は限定30名しか入会できません!

それだけ人気のサイトなのでこのチャンスは絶対に逃したくないところです!

先週に関しても最大利益は上記でも上げたとおり300万越えの配当。
これが毎週のようにあるわけですからはっきり言ってぼろ儲けです!

近走の結果に関してもこのように高額決着を多数的中!

稼げる競馬予想。

本当にこの言葉が似合うサイト「競馬予想ルクリウス」

競馬予想の成功者が自分の味方!そう思うと心強くないですか!?

はっきり言ってこの機会を逃すことほど損な話はないので

今なら限定30名様ですが
1ヶ月の保証がついているわけですから乗ってみるべきですよ。

▼登録は当然無料!先着30名!お急ぎください!▼

 

関東オークス 2019予想

予想の根拠

普通ならば南関牝馬クラシック2冠のトーセンガーネットが3冠目を獲得するかどうか、それだけに注目が集まりそうな関東オークス。トーセンガーネットは桜花賞も東京プリンセス賞も圧勝でしたし、例年ならば並の中央馬がやってきたところでトーセンガーネットが優勢、、、というレースになるはずでした。

ところが今年のJRA勢は過去最高レベルではないかというぐらいに強力。昨年は未勝利を勝ったばかりのハービンマオが勝ってしまったような低レベルなメンバーでしたが、今年はオープン馬がマドラスチェック、ローザノワール、ラインカリーナの3頭。しかもマドラスチェックはダートで全勝の馬ですし、ローザノワールは500万を逃げて凄まじい時計で大楽勝、ラインカリーナもハイレベルだった伏竜ステークスを3着ですから、ちょっと今年のJRA勢は相当に強いと考えた方が良さそう。

南関の馬場適性もありつつ相当に強いトーセンガーネットとJRA勢の3頭の能力比較が重要になりそうなレースだ。

 

もともとこの関東オークスは3歳時の牝馬ナンバーワンを決めるのになぜこの舞台を使うのか?と首を傾げたくなるような条件設定。

川崎ダート2100mなんて古馬の牡馬でさえも厳しい舞台。大井ダート1800mの東京プリンセス賞ですら牝馬にとっては厳しい条件だったのに、そこから更なる距離延長なんて過酷以外の何物でもありません。

そんなわけでこのレースは2100mを走れない馬が半数ぐらいいると考えて良さそうで、そういった馬は2周目で続々と脱落していきます。結果的に能力上位である程度距離もこなせる馬が圧勝の結果になりやすいレースで、1着から遠く離された2、3着が紛れるケースがよくあります。地方馬が馬券に絡むのもこのパターンでの3着穴が多い。

 

序盤のペースが速くなってそのあとはいったんペースが緩みますが、2周目の向こう正面で一気にペースが上がります。もうその時点で2100mを走れない馬&弱い馬は一気に脱落していって4〜5頭のみの争いになる感じ。そこから抜け出した馬が後ろを突き放してあとは2、3着争いが焦点に、、、となりやすいレースです。

今年はもうJRA勢が超強力な上にトーセンガーネットとそれ以外の地方馬の力差が歴然。まず間違いなくトーセン以外の地方馬は馬券に絡めないはずで、あとはJRA勢とトーセンガーネットの能力比較。そしてJRA勢のどの馬を評価するかが重要になるレースでしょう。

個人的には4強ではなく1強だと思っているレース。スムーズな競馬さえできればあの馬が圧倒的に強いと思っているが、、、

というわけで予想の発表。

 

 

関東オークス  2019の印

本命 ◎ローザノワール

本命はスムーズな競馬さえできれば能力抜けているはずのローザノワールにします。

この馬は前走での逃げての圧勝劇が凄かったので「逃げなきゃダメ」と思っている人が多そうですが、おそらくそれは間違い。500万の初戦はスタートで出遅れた上に先行もできずのチグハグな競馬ながら勝負所で無理矢理に捲って2着に食い込む強い内容。そのレースを見た時からこの馬は強いと評価して次走注目馬にもしていましたし、地味な馬ながら注目と書いていた。

その次走のアッシェンプッテルの500万では抜群のスタートを決めるも内枠で終始揉まれる形に。ずっと砂をかぶる厳しい競馬になった上に、このレースは前半1000m=60.7という超ハイペース。先行してずっとインで砂を被っていたこの馬に好走しろというのは無理な話で、結果的にスムーズに後ろから運んだ差し馬が上位を独占した。

そんな500万での最初の2戦だったが、前走の3戦目でようやくスムーズな競馬ができた感じ。抜群のスタートとテンの速さで一気にハナを奪うと、もうスピードで後続を寄せ付けずにラスト2ハロン目で11.8なんてラップを刻む圧巻のパフォーマンス。同日の1000万よりも時計が速く、翌日の1600万とも0.1秒しか変わらない時計を最後に流しながら記録したのは圧巻としか言いようがなく、勝利してなお次走注目馬にしたようにこの馬はダートならば牡馬と合わせても世代上位の能力があるだろう。

今回は意欲の重賞挑戦となったが、父がマンハッタンカフェで母父ヴァイスリージェント系なら距離延長は全く問題ないはずで、揉まれない外枠が引けたのもこの馬には良いはず。まぁ前走のように逃げても良いですし、前述の通りでこの馬は逃げられなくてもスムーズな外め好位ぐらいのポジションが取れれば十分に強さは出せるはず。前走だけ走ることができれば今回の相手ならば圧勝できると思うので、断然人気にならずにまだ強さがバレきっていない今回はほぼ頭固定で馬券は買いたい。

 

対抗 ◯マドラスチェック

対抗は不安要素もあるがマドラスチェックが無難に走ってくる可能性が高そう。

確かにここ2戦はダートに変わって2連勝ではあるが、どちらもスローペースを前付けして完全に展開に恵まれた結果。まだ一度も厳しい流れを経験しておらず、今回は川崎ダート2100mという過酷な舞台に変わってなお同じようなパフォーマンスができるかが鍵に。

まぁそれでもローザノワール以外の馬に比べれば距離延長は問題なさそうなレース内容や血統ですし、前走で番手から控える競馬ができたのはプラス。なんだかんだで牡馬相手に500万とオープンを連勝できたのは能力の証だとも思いますし、牝馬同士ならば3着は外さないんじゃないだろうか。

 

単穴 ▲ラインカリーナ

三番手はラインカリーナとしましたがこの馬は距離が鍵。

くすの木賞を勝った時のレース回顧でも「1400m〜1700mが主戦場」と書いたように、この馬はパイロ産駒のイメージ通りの立ち回りとスピードを活かしてこその馬か。前走の伏竜ステークスは戦った相手が強かったにしても最後に脚色が鈍りましたし、やはりこの馬は1700m以下でこそ良さが出るはず。

南関のコースで経験がない武藤騎手というのもプラスとは思えませんし、他の中央馬2頭と比べれば色々と不安がありそうなので三番手とします。

 

特注 ☆トーセンガーネット

牝馬クラシック2冠に敬意は示すが、今回はトーセンガーネットは厳しい戦いになる。

確かに桜花賞の強さは圧巻だったのだが、そこから1ハロン伸びた前走は逃げるアークヴィグラスを最後まで交わすのに手間取った平凡な内容。確かにこの世代同士での南関牝馬ならば圧倒的にトップの馬だとは思うが、今回は今までとはまるで違うレベルの馬との戦いになる。

その前走の最後の手応えを見てもどうも距離の壁を感じさせる内容。前走の伸びあぐねが大井コースが合わなかったという理由ならば右回りの川崎でパフォーマンスを上げてきそうだが、母も短距離馬だけに距離の壁があったとすればさらに強い相手での距離延長では厳しそう。

と言っても前述の通りで南関牝馬同士ならば抜けて強いのは当然。中央の3強以外の馬ではこの馬が抜けて強いはずで、中央馬のどれかが距離の問題やアクシデントなどで走れなかった場合はこの馬が相対的に上位に走ってくると思います。

 

印まとめ

◎9   ローザノワール
◯13 マドラスチェック
▲14 ラインカリーナ
☆6   トーセンガーネット

勝負度D

 

推奨馬券

馬単 9→13,14,6 or 単勝 9 ローザノワール ※当日オッズで単勝4倍ぐらいつくならば単勝でいいと思います。

三連複 9,13→14,6 抑え

三連単 9→13→←14,6 ボーナス

※当日にどんなオッズになるのかがわからないのであくまでも参考程度に。おそらく玄人人気でローザノワールは1番人気ぐらいまで売れるとは思いますが、3冠がかかったトーセンガーネットやダート無敗のマドラスチェックの単勝が売れないとは思えず、この3頭で人気はバラけそう。一応、馬単と馬券は書きましたがオッズがバラけて単勝4倍ぐらいで買えるならもうローザノワールの単勝を買えばいいレース。

マドラスチェックだけは底が見えていないので、もしかするとこちらに勝たれるリスクはあり。抑えの感覚で三連複は抑えておいても良さそうだ。単勝なり馬単が当たってもダブルでの的中になりますしね。

どう考えてもこの4頭以外は能力的に厳しそうなレース。基本的にはこの4頭で決まると思いますが、ラインカリーナとトーセンガーネットが距離で完全にバテて凄まじく離れた3着に地方の何かが来る可能性は否定はできないので、本線は三連単ではなく単勝や馬単でいいと思います。

関連記事

【2016】マリーンCの予想(ブチコらの評価は?)

今日は4/13(水)に行われるマリーンCのレース予想を行います。船橋1600mで行われるJpnIII

記事を読む

黒船賞2019の予想を公開!

黒船賞2019(高知ダート1400m)の予想です。 3月21日に高知競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

佐賀記念2017の予想を公開!

佐賀記念2017(佐賀2000m)の予想です。 2月7日に佐賀競馬場で開催され発走時刻は16:

記事を読む

ニューイヤーカップ2018の予想を公開!

ニューイヤーカップ2018 (浦和ダート1600m)の予想です。 1月10日に浦和競馬場で開催

記事を読む

大井記念2018の予想を公開!

大井記念2018 (大井ダート2000m)の予想です。 5月23日に大井競馬場で開催され発走時

記事を読む

笠松グランプリ2017の予想を公開!

笠松グランプリ2017(笠松1400m)の予想です。 11月22日に笠松競馬場で開催され発走時

記事を読む

東京ダービー2017の予想を公開!

東京ダービー2017(大井2000m)の予想です。 6月7日に大井競馬場で開催され発走時刻は2

記事を読む

JBCスプリント [2] 出走馬徹底比較 勝つ馬はどれだ?

どう考えてもマイルチャンピオンシップへ進んだほうがよいと思われるコパノリチャードがJBCスプリントへ

記事を読む

JBCレディスクラシックの予想を公開!

昨日は土日ともにほぼ寝てなかったので起きたら昼過ぎという絶望を味わい、重賞と新馬戦は見直せましたが、

記事を読む

金盃2018の予想を公開!

金盃2018 (大井ダート2600m)の予想です。 2月21日に大井競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

【CBC賞2019の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

CBC賞2019(中京芝1200m)の考察です。 6月30日に中

【ラジオNIKKEI賞2019の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

ラジオNIKKEI賞2019(福島芝1800m)の考察です。 6

6月4週のレース回顧〜本格的な春競馬の終焉〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間

パラダイスステークスの予想を公開!

パラダイスステークス2019(東京芝1400m)の予想です。 6

宝塚記念2019の予想を公開!

宝塚記念2019(阪神芝2200m)の予想です。 6月23日に阪

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑