*

【2016】毎日王冠 / 有力馬考察(アンビシャス、ルージュバックなどの徹底分析)

公開日: : 重賞レース考察・予想

今日は10/9(日)に行われる毎日王冠のレース考察を行います。東京芝1800mで行われるGII戦です。その前に余談を少し。

 

いま京都にいます。今年で5回目、滞在日数にすると2016年の中の30日くらい京都にいます。お寺めぐりとかは一切していませんが、なんだか雰囲気だけでもいいですよね。京都は。

今週から競馬も京都開催。秋になると紅葉のシーズンでもありますし、1年で1番京都が盛り上がるシーズンでしょうか。ホテルが取りづらくなるシーズンでもありますよね。実際、今夜泊まるホテルも実はまだ決まっていなかったりもします。。。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」

arg1  全レースデータ

サイトだけでは伝えきれない筆者の競馬予想のメソッドを皆さんへお届け。競馬予想の真髄をあなたへ伝授いたします。詳細はコチラから。  

↓↓↓ココからが本題↓↓↓  

【2016】毎日王冠 予想考察

毎日王冠 有力馬考察

ルージュバック

前走のエプソムカップは相手がGIIIレベルだったとはいえ、やはり見た目通りに強い競馬。ただあまりにもインパクトの強い勝ち方だったため、同コースで行われる今回は1番人気が濃厚。

ただ、この馬はTHEマンハッタンカフェ産駒というイメージある馬なだけに、ピンかパーという走りをするのが特徴。ヴィクトリアマイルでも見れたように、揉まれると全く伸びない馬なので、常に外から差す競馬しかできない馬。その意味でエプソムカップは開催後半で外しか伸びない荒れ馬場で大外枠、というこの馬にとってベストの条件だったことは否めないか。

とにかく今回も外枠を引けるかが全てだが、基本的には内枠の方が有利になるはずですし、秋の東京開催がどれだけエアレーション外伸びになるかも微妙。外枠を引いて馬場頼みという立場な気がしますし、内枠を引いてしまったら危険な人気馬になると思います。

 

アンビシャス

そこまで長い脚が使える馬ではなく、溜めて溜めてギュインと一瞬の脚を使うのが得意な馬。実際に脚さえ溜まれば中山記念でドゥラメンテに迫れるような競馬ができますし、逆に脚が溜まらないようなタフな流れになれば宝塚記念のように崩れる馬だと思います。

そういった意味でこの馬にとってベストな条件は1800m〜2000m。東京コースは一見あっていそうですが、一瞬の脚を活かすには小回りの方が向くはず。ただ、タフな流れよりはステップレースのスロー気味の方が合うはずで、天皇賞よりは毎日王冠の方が走りそうなタイプ。中山記念で完璧に乗りこなしているルメール騎手も問題ないでしょう。あとは陣営コメントを見てどんな位置を取るのか見たいところです。

 

リアルスティール

福永騎手からようやく乗り替わった、という感想をお持ちの方がほとんどだろうこの馬。ただ、この馬は福永騎手が乗っていたせいでGIを勝てなかったのかというと微妙なところ。確かに日本ダービーはよく分からない騎乗でしたが、それ以外はそこまでケチのつける部分ありませんでしたし(安田記念は乗り方というより滅茶苦茶なローテのせいだと思います)この馬のキャラクターからして福永騎手は合わないわけではなかったと思います。

この血統はラングレーを見てもプロディガルサンを見ても、ディープインパクト産駒特有のスパッとキレるイメージは思ったほどなく、それよりも立ち回りの上手さと豊富な基礎体力で勝負するタイプ。日本ダービーのように溜めても大してキレるわけではなく、ドバイシーマクラシックのように強気に位置をとって前々で脚を使う競馬が向いている気がします。

その点でルメールや川田あたりへの乗り替わりなら良いと思いましたが、デムーロはあんまり向かなそう。前々で強気なレースをすることはありますが、大体が暴走気味のレースになりますし、この馬の優等生キャラと騎手が合わない気がするんですよね。世間が思っているよりも福永騎手から乗り替わってもあまり変わらない気がします。

※出走回避で天皇賞に直行とのことです

 

ステファノス

宝塚記念でも末脚の破壊力を見せてくれましたし、現役でもナンバーワンクラスの決め手を持った馬と考えてよさそう。昨年の天皇賞もあと一歩という内容でしたし、秋の最大目標は天皇賞→ジャパンカップ(か香港カップ)と考えてよさそう。

だからこそ今回は大いに嫌う、というのがこの厩舎のセオリーだろう。昨年も同じローテで完全に毎日王冠はステップレースとして捨てたレースに。もともとこのレース自体が後方一気は届かないレースですし、いくら能力高くてもこういうタイプの馬は中心視すべきではない。その上で藤原厩舎となればなおさらだ。

 

ロゴタイプ

ここ2戦の復調を調子が戻ってきたと捉えるか、マイルが合っていたからと捉えるかが非常に難しい馬。馬のタイプ的に見て1800mは全く問題ないと思いますが、中山記念は相手が非常に強かったとはいえ突き放される競馬に。この距離をどう見るかが課題か。

ただ中山記念は流れも厳しく、完全に差し競馬になりましたし、マイルとはいえ富士ステークスでは厳しい流れを一頭だけ前々で粘り切る内容。前走GI勝ち後の今回は積極的に狙うべき馬とも思えませんが、ある程度の評価は必要か。

 

今年の毎日王冠は例年通りある程度位置が取れる馬を重視しながらも、そういうタイプが多いので、そういった中から取捨選択を行うのが重要か。

現時点で穴馬として一番面白いのはこの馬だと思っています。

その馬の名はブログランキング(穴)で公開中

 

皐月賞では穴馬として好走し、いざ日本ダービーへというところで故障。もし出走していたら私のダービー本命馬になっていたでしょうし、おそらくあの世代のレベルを考えてもダービー馬になっていてもあながちおかしくなかったかも。

スタートが現役馬の中でもナンバーワンクラスに早い馬で、その上で前々でバテないという非常に良い馬。ここ2戦は小回りコースでの好走ですが、広いコースも全く問題ない馬ですし、逃げるマイネルミラノを2、3番手から好位差しするイメージで乗れればあっと驚く好走あっていいと思います。

 

関連記事

【阪神カップ2018の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

阪神カップ2018(阪神芝1400m)の考察です。 12月22日に阪神競馬場で開催され発走時刻

記事を読む

京都牝馬S [3] 上がり最速が使える馬を狙う

「花燃ゆ」を見ています。毎年、大河ドラマは見るようにはしていますが、幕末物のほうが好きなので、しかも

記事を読む

【京王杯スプリングカップ2018の予想ヒント】レースラップや馬場、展開などを分析考察します

京王杯スプリングカップ2018(東京芝1400m)の考察です。 5月12日に東京競馬場で開催さ

記事を読む

ユニコーンS [3] 上位人気馬の短評

今週末から函館開催が始まりますねー。個人的に函館競馬場は大好きなので開催期間中に一度は行きたいんです

記事を読む

【プロキオンステークス2019の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

プロキオンステークス2019(中京ダート1400m)の考察です。 7月7日に中京競馬場で開催さ

記事を読む

【天皇賞(春)2019の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

天皇賞(春)2019(京都芝3200m)の考察です。 4月28日に京都競馬場で開催され発走時刻

記事を読む

札幌記念 [3] このレースは夏競馬ではない

ちょっと最近のニュースが他人事じゃないことが多いんで色々と気になっています。 まず池袋の路上暴

記事を読む

【2016】シンザン記念 / 有力馬考察(アストラエンブレム、ラルクなどの徹底分析)

今日は1/10(日)に行われるシンザン記念のレース考察を行います。京都芝1600mで行われる3歳限定

記事を読む

シンザン記念2018の予想を公開!

シンザン記念2018(京都芝1600m)の予想です。 1月8日に京都競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

デイリー杯2歳S [1] 血統考察とアッシュゴールド

さて、デイリー杯2歳ステークスも今週末にやってくる。一番の注目はアッシュゴールドだろう。オルフェーヴ

記事を読む

【京阪杯2019の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

京阪杯2019(京都芝1200m)の考察です。 11月24日に京

【京都2歳ステークス2019の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

京都2歳ステークス2019(京都芝2000m)の考察です。 11

【ジャパンカップ2019の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

ジャパンカップ2019(東京芝2400m)の考察です。 11月2

11月3週のレース回顧〜淀の地から反省を込めて、馬券購入は慎重に〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間

マイルチャンピオンシップの予想を公開!

マイルチャンピオンシップ2019(京都芝1600m)の予想です。

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑