*

【宝塚記念2024の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

公開日: : 最終更新日:2024/06/20 GIレース考察・予想

宝塚記念2024(京都芝2200m)のレース考察です。

6月23日に京都競馬場で開催され発走時刻は15:40です。出走馬はドウデュース、ジャスティンパレス、ローシャムパーク、ベラジオオペラなど。今回の記事では過去データやレースラップ、血統、予想オッズなどを考察いたします。

 

[PR] 2年連続もありえる!宝塚記念2023-403%回収!!

無料情報G1好調↓↓ガチおすすめ3連複

─────────────────────AD
無料公開レース
宝塚記念2023 3連複BOX10点500円

馬番5,6,9,12,13
→20,150円 403%

─────────────────────
今年G1も好調↓↓

オークス2024
3連複10点500円
→8,450円 141%


天皇賞春2024
3連複12点400円
→31,000円 646%


皐月賞2024
3連複10点500円
→23,760円 594%

桜花賞2024
3連複9点500円
→16,300円 362%

─────────────────────

G1はココです!ココしかないです!
宝塚記念2024無料開放
メール登録しておき
前夜必ずチェックを!

 

宝塚記念はどのようなレースか解説します

概要・データ

上半期のG1レースのフィナーレを飾るグランプリレース。グランプリは年に2回ありますが、ファンが選んだ馬によるオールスターレースという面がありながら、行われる舞台がクセ強い非根幹距離コースで行われるというのがポイント。直線の短い中山や阪神で行われる上に馬場がタフになることが多いですし、グランプリレースでは人気馬が飛んで伏兵が好走することもよくあります。

ただ、今年に関しては阪神競馬場のスタンド改修の影響で京都競馬場で開催されるというのは注意したいところ。非根幹距離の2200mはかなりクセの強い舞台ではありますが、他場の2200mと比較しても京都競馬場は唯一直線が長い外回りコースになります。非根幹距離の2200mにしては直線スピードを活かしやすく、例年よりは王道タイプの人気馬が走りやすいレースになるんじゃないかと見ています。

 

レースラップ

今年は京都開催ということで例年のラップ傾向は参考になりません。リニューアル後の京都芝2200mで開催された4つの重賞レースを見ていきましょう。

京都記念こそアフリカンゴールドという逃げ馬がいたことでやや前傾ラップになりましたが、それ以外のレースはかなり後傾に寄ったスローペース戦ばかり。前半はゆっくり流れて4コーナーの下り坂から一気にペースアップするラスト4ハロンの瞬発戦になることが多いです。

 

血統傾向

今年は京都開催ということで例年の血統傾向は参考になりません。リニューアル後の京都芝2200mで開催された4つの重賞レースを見ていきましょう。

3着内好走馬15頭のうち12頭が父サンデーサイレンス系。父が非サンデーサイレンス系で馬券に絡んだベラジオオペラとブレイディヴェーグはどちらも1番人気で能力が抜けていたから来たんだと思いますし、この舞台は決め手に優れた父サンデーサイレンス系が圧倒的に有利な舞台と見て良さそうです。

そのサンデーサイレンス系の中でも好走率が高いのがディープインパクト系。その中でもキズナ産駒は京都芝2200mで恐ろしいぐらいに好走しています。キズナ産駒はディープインパクト系の中でも長距離適性が高くてタフさやパワーも備えた血統というイメージ。そんなキズナ産駒がよく走る条件だけあって、他のサンデーサイレンス系やディープインパクト系の馬も母系にタフさやパワーに優れた欧州血統を持っている馬がよく走っています

 

今年の宝塚記念を予想する上で重要なファクターを解説します

馬場・トラックバイアス

京都競馬場は今週が連続開催の最終週。先週はDコース変更で超高速馬場だったにも関わらず外伸び傾向が出ていましたし、今週は雨の影響を受けてソフトな馬場になると考えれば最終週らしい外差し馬場になるんじゃないでしょうか。

 

展開想定

逃げ馬不在。前走の追走スピード面から考えるとベラジオオペラが押し出されて逃げる可能性あり。騎手キャラ面を考えると幸騎手のディープボンド、坂井騎手のヒートオンビートあたりが主張していく可能性もあり。逃げ先行馬不在でスローペースで前残りと見ている方も多そうですが、個人的にはそんなレースはあまり想定していません。

イメージしたいのは2017年の宝塚記念。この年も少頭数で逃げ先行馬不在でシュヴァルグランが押し出されて逃げて前半はスローペース。だいたいG1レベルのこういう見え見えのスロー戦は途中で誰かが動くので中盤からはロングスパート勝負になることがほとんど。少頭数で隊列が一団になるので差し馬が追い越さなければいけない距離が短くなりますし、無理に途中で動いて最後に脚が止まってしまう先行馬や捲り馬よりもじっと脚を溜めて直線にエネルギーを残していた馬の方が向く展開になるんじゃないかと見ています。

 

ノーザン・ルメール・川田の取捨

阪神開催の時になりますが、ルメール騎手は宝塚記念はあまり得意にしていないレースでした。ただ、京都芝2200mは阪神とは違い外回りコースになりますし、阪神開催の時よりルメールは信頼できるかも。

川田騎手を買えるタイミングは、乗り馬を厳選しているので「関西会場での平場レース」と、早めに仕掛けるので「直線の短いコースでのビッグレース」。今回の宝塚記念は乗り馬を厳選できないG1レースですし、外回りコースで開催されるので直線も長い舞台。川田騎手は信頼できないレースと見ていいはずです。

ノーザンファーム生産馬に関しては、宝塚記念は非根幹距離で行われるレースということもあり、他の中距離G1レースに比べれば存在感は薄くなるはずです。

 

[結論] どのような馬を狙えばいいか

想定するレース質

最終週の外差し馬場でスローからのロンスパ戦

 

狙える馬のタイプ

道中じっとしていて直線でビュンと差せる馬、騎手

 

嫌える馬のタイプ

中途半端なところで動いてしまいそうな馬、騎手

 




 

考察まとめ

枠順発表前の宝塚記念の想定オッズ

※現代競馬においてオッズを事前に予想するのは非常に重要。明確に買える根拠のある馬は基本的に穴人気するので、穴人気するかどうかも事前にわかっておくべきです。

ファン投票1位のドウデュース、ルメール騎乗のジャスティンパレスが抜けた人気になるか。それに続くのも大阪杯1、2着のローシャムパークとベラジオオペラになると思いますが、4歳馬ということで少しベラジオオペラは嫌われそうな気がしています。

 

最後に現時点で面白いと思う馬をピックアップ!

↓↓のバナーのクリック先で馬名は公開しておりますので、どうぞ応援クリックよろしくお願いします。


最強競馬ブログランキングへ

<推奨根拠>
もう全競馬ファンにバカにされまくって史上最弱世代と呼ばれている4歳世代ですが、確かに世代全体のレベルは低いにしても何頭かは古馬G1でも通用する素質の馬はいるという認識。

タスティエーラが皐月賞で見せたパフォーマンス、ドゥレッツァが菊花賞で見せたパフォーマンスは普通に強いと言えるもの。この2頭に関しては能力云々というよりも古馬になって馬が精神的な問題で走らなくなってしまった感じで、世代レベルが低いから走っていないということではないでしょう。クラシック路線には出ていませんが、ロードデルレイという馬も順調なら古馬G1で好走できていい馬でしょうね。

それに加えて古馬G1でも通用すると思っている馬が2頭いるのですが、その2頭はセントライト記念で素晴らしい時計とレースラップで好走した上位2頭。勝ち馬レーベンスティールは精神的な脆さを見せたものの先日のエプソムカップを圧勝して復活。そのレーベンスティールよりも距離ロス大きい中でセントライト記念で外から突っ込んできたこの馬が弱いとは思えないんですよね。

セントライト記念以降は結果が出ていませんが、菊花賞と有馬記念は距離が長すぎた印象。中山記念は逆に距離不足で完全な前残りレースの中で大外から鬼脚を見せて4着好走。大阪杯はこのジョッキーがよくやってしまう無理な外捲り競馬で全く馬の力を出せずに終わっていました。

これまでのレース内容を見ても、この馬の力をMAXに発揮できるのは差しが決まる2000m-2200m。父が圧倒的なパワーと脚力を秘めたサンデーサイレンス系でなんと言っても母がフランス血統馬で母父がモンジューの系統のモティヴェイター。2000m前後の距離でソフトな馬場で末脚を爆発させてこそ良いタイプの馬と見ていいでしょう。

今回は開催最終週の京都の外伸び馬場で、なおかつ週末にかけて雨予報が出ておりパンパンの良馬場は見込めなさそうなコンディション。今回は陣営コメントを見ても「直線に賭ける競馬」をするとのことですし、このジョッキーがよくやってしまう早仕掛けにはならなそう。逃げ馬不在でスロー前残りを予想する人も多そうですが、一団隊列でどこかで動く馬も出るはずなので逆に差しも決まるレースになる可能性も十分。ここは世間が完全に見放したタイミングでこの馬の本来の強さを見せて欲しいものです。

 

一方でちょっと危ういと思っている馬はこちら。

↓↓↓

ベラジオオペラ

弱い弱いと言われている4歳世代ですが、その中でも上であげた5頭(本命予定馬、レーベンスティール、タスティエーラ、ドゥレッツァ、ロードデルレイ))は古馬G1レベルでも通用していいと見ている馬。逆を言えばそれ以外の馬は大して強くはないはずで、この馬に関しても低調なメンバーの大阪杯を相対的に恵まれて勝利しただけ。

血統的にも距離に限界はありそうで、同条件の京都記念は2着好走と言っても勝利したプラダリアはG1で全く通用していない馬。そんな馬と接戦レベルで宝塚記念での好走は無理でしょう。

 

今週から函館競馬場が始まって夏競馬の開幕ですが、この度、函館競馬場のコースガイドを作成したのでメルマガにて配布いたします。

これまでに何回か競馬場ガイドを作成配布しましたが、函館競馬場バージョンは未作成。この度は夏競馬の開幕ということで作成いたしましたので、今月のメルマガ購読特典として配布させていただきます。こちらは6/30までのダウンロード期限となっております。

 

こちらはメルマガの継続特典としても配布はしておらず、不定期でプレゼント期間の気まぐれ配信となります。ですので、今回のようなタイミングでなければGETできません。

今回は函館競馬場に加えて現在開催されている東京競馬場と京都競馬場のコースガイドもセットにして配布!6月末日から開催が始まる福島開催、小倉開催に関しましてはまた別の案内とさせてください。

 

こちらのプレゼント特典は今週金曜日に配信するメルマガにて入手方法などご案内しておりますので、そちらをご参照ください。

6月末日までのプレゼントとなりますのでこの機会にGETしてみてください!

 

「毎週大きな馬券が当たる!」なんていう誇大広告をあげているところのような派手な結果は期待できませんが、そこそこ毎週当たって2、3週に1回ぐらいドッカーンと大きい万馬券がハマるような感覚で競馬を楽しみたいなら、当ブログが発行しているメルマガ「競馬をビジネスにする」がオススメです。

もう発行して8年になりますが、いまだに発行当時からの読者もいるぐらい購読期間が長い方が多いのがウチのメルマガの特徴。一般的に競馬メルマガやオンラインサロンは誇大広告で煽って一時的にお客を集めるところが多いですが、ウチはそういうところではありません。長く読み続けたい方は長く読んでもらって、少しだけかじってノウハウを身につけたら購読をやめるなんて人も全然OK。

こういうメルマガやオンラインサロンの類の中では珍しく(?)地道に真面目にコツコツと運営していますので、あまり気張らずにお試し読みをしていただければと思います。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」のご紹介

さて、2024年も6月になりました。

ここでは徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」の新規読者募集をさせていただきます。

 

今までサイト「競馬はビジネスである」を通して、私自身、競馬ブログサイトの中でも最上級に時間をかけた分析の上、説得力のある予想をお伝えしてまいりました。外れても納得できるだけの自慢の予想をお送りできていたかと思います。

その予想・考察に結び付くまでにどのようなデータを作成しているのか?どのようなプロセスを踏んでいるのか?そういったところまでをメルマガ「競馬をビジネスにする」では全て隠すことなくお伝えいたします。

正直な話、私は尋常ではない時間をかけて競馬のデータと考察を行っています。それを必要とされる方がいるのであれば還元できれば。そして勝ち組になっていただければ、というのがこのメルマガの趣旨でございます。

 

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

 

当メルマガはクオリティでどの雑誌やメルマガにも劣っていないと思っております

正直、過大広告や一度の的中を誇張するメルマガなどが多く蔓延っているのが実情。その中で当メルマガは「クオリティだけに特化して」配信しています。もしかすると2、3週連続で不調で当たらないかもしれません。ですが、その間に配信している内容にクオリティの低いものは一切ないと断言できます。

 

おかげさまで発行4年になる当メルマガですが、メルマガ発行業界大手のレジまぐ様の売上ランキングで1位になるまでになりました。

購読者数ランキングに関してもPC版とモバイル版の2つに分かれていながら、どちらも2位と3位という圧倒的な支持を頂いています。

この順位までこれたのも「圧倒的に継続読者数が多い」ということが理由です。小手先の一度の的中などに満足せず、必然的に的中するための分析と回顧の積み重ねでクオリティを維持しているおかげと思っております。

もちろんこれだけでは満足せず、、、

圧倒的なクオリティ業界一を目指します!!!

 

さて、ここでメルマガの各曜日ごとの配信詳細を紹介しましょう。

 

【月曜日】先週の重賞回顧

月曜日に先週の重賞回顧を配信します。前週に行われた重賞レース出走馬全ての馬に回顧コメントをつけて配信しております。次走注目馬などもご紹介。

 

【水曜日】中央競馬の全レース回顧

水曜日には前週に行われた中央競馬の全レース分の回顧文&データを配布します。

 

各競馬場ごとに前週に行われた全てのレースの詳細と勝ち馬の評価、そしてそのレースで不利を受けた馬や次走注目するべき馬、危険な人気馬などを全て網羅して配信しております。

そんな、文章でのボリューム満載なレース回顧に加えて、、、

スクリーンショット 2015-12-31 15.45.42

スクリーンショット 2015-12-31 15.46.00

エクセルファイルにて競馬場ごとに新馬戦から上級戦まで、全てのレースの結果情報、レース回顧コメント、先週の結果分析のタイムランク情報などを載せたデータファイルを毎週配信しています!

正直言って回顧をやっているブログ、メルマガはあれど、中央競馬の全レースの回顧をまとめて配信している媒体はウチだけだと思います。

これを見れば縦比較で走破時計やレースラップがどれくらい優秀なのか把握できますし、予想の際にこれを見ればどの馬が強いレースを戦ってきたのかが一目瞭然です。

ただ、この文章だけではなかなかどういうものか伝わりにくいと思うので、2016年の函館競馬場の全レース分析データを下記リンクで無料でダウンロードできるようにしておきました。こちらを見てどんなものか確認頂ければ幸いです。

 

【金曜日】重賞プレ予想
金曜日は重賞のプレ予想を配信いたします。ここで「競馬開催日の競馬ノート」の週末のパスワードを配布いたします。ここから週末のレース予想が始まっていきます!

 

【土曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【日曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【不定期】地方競馬の重賞予想

地方交流重賞並びに南関競馬の重賞をメルマガ限定コンテンツとして配信しております。

※以前は地方交流GI並びに南関のSIレースに関してはブログで全体公開としていましたが、今後はメルマガ限定のコンテンツとなります。

 

【不定期】海外競馬のレース予想の配信

最近では海外競馬の馬券もPATで購入できるようになりました。海外競馬のレース予想に関してもメルマガにて配信します。こちらは実施が不定期なので配信日はその時々になりますが、メルマガをご購読いただければ海外競馬まであなたの競馬ライフをカバーいたします。

 

これだけのボリュームあるコンテンツを毎日更新予定!!

サイト記事だけではわからない予想する際に使うデータベースや、結論を導くまでのメソッドをメルマガを通して余すことなくお伝えできればと思っております。

今までなんとなく馬券を買ってきたという方は、ぜひ本当の競馬力を身につけていただくためにも読んでいただければ幸いです。競馬予想の真髄をお見せいたします。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

関連記事

ホープフルステークス2017の予想を公開!

ホープフルステークス2017(中山芝2000m)の予想です。 12月28日に中山競馬場で開催さ

記事を読む

【宝塚記念2017全頭診断】ミッキークイーン、レインボーラインなど

宝塚記念2017(阪神芝2200m)の全頭診断part3です。 6月25日に阪神競馬場で開催さ

記事を読む

ジャパンカップ2019の予想を公開!

ジャパンカップ2019(東京芝2400m)の予想です。 11月24日に東京競馬場で開催され発走

記事を読む

【天皇賞(春)2021の予想ヒント】枠順から見るレース見解

天皇賞2021(阪神芝3200m)の考察です。 5月2日に阪神競馬場で開催され発走時刻は15:

記事を読む

天皇賞(秋) [3] 好走血統を分析する

過去2回で天皇賞(秋)が厳しいレースであり、並大抵の馬では好走できないことは理解いただけたはずだ。今

記事を読む

有馬記念 [8] 祭典を彩る16の戦士が決定

いよいよ有馬記念まであと二日・・・ みなさん少しは予想は固まってきましたか? 私は狙い馬

記事を読む

桜花賞 [2] ディープインパクトと心中する

マー君残念。。。 やはり怪我の影響でしょうか、昨季前半や日本でのラストシーズンのような「まず間

記事を読む

エリザベス女王杯 [5] 枠順発表!明暗を探る

阪急ビル最上階タリーズで騎手キャラリスト作成終わり、明日の準備はほぼ終わりました! 私自身も楽

記事を読む

【マイルチャンピオンシップ2020の予想ヒント】ローテーションや馬場、展開などを分析考察します

マイルチャンピオンシップ2020(阪神芝1600m)の考察です。 11月22日に阪神競馬場で開

記事を読む

エリザベス女王杯 [4] ヌーヴォレコルトの真実

江坂のホテルに金曜まで宿泊していますが快適すぎて移動したくありません。土曜が寝屋川市のホテル、日曜が

記事を読む

【クイーンステークス2024の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

クイーンステークス2024(札幌芝1800m)のレース考察です。

【アイビスサマーダッシュ2024の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

アイビスサマーダッシュ2024(新潟芝1000m)のレース考察です。

7月3週のレース回顧〜今の競馬ファンはニホンピロキーフを狙いたがる〜

2024年7月3週の中央競馬レース回顧です。前の週に行われた中央競馬の

中京記念2024の予想を公開!

中京記念2024(小倉芝1800m)のレース考察です。 7月21

TVh賞2024の予想を公開!

TVh賞2024(札幌芝1200m)のレース予想です。 7月20

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑